オリンピア ナチスの森で

沢木耕太郎著。図書館で借りた。
映画「帰ってきたヒトラー」を観る前に読み始め、観てから読み終わった。
この本が映画を観るきっかけだったのかもしれない(よく覚えてないけど)

ベルリンオリンピックの記録映画の監督であるレニ・リーフェンシュタールのインタビューに始まる。
彼女の話がメインかと思っていたら、そのインタビューは冒頭と最後のみだったので、若干期待外れ。
もっとも、外国の人の人生をたどるには、その言語に通じていないと無理なんだろうな。

中心はオリンピックに参加した日本人選手たちの物語である。
これはこれで興味深い。

走るのが得意だった若者が、周囲に勧められて上級の学校に進む。
それが京都大学だったり早稲田だったり、いわゆる名門。

その昔観た「炎のランナー」を思い出した。
あれはイギリスの選手の話だけれど、やっぱり名門大学の学生。
まだ国家をあげての選手育成態勢はできていなかったけれど、「学校」の存在が大きい。
新興国の日本が欧米に伍して陸上や水泳で活躍できたのは、たぶん学校教育制度がすみやかに整ったということが大きいのでは。

体操の選手など、自分が参加する競技がどういうものなのか、観たことがなくて、わからないまま参加したのだそうだ。
今だったら考えられない。

世界は広かったんだなあ。
[PR]

by foggykaoru | 2016-07-06 20:45 | ルポ・ノンフィクション | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://foggykaoru.exblog.jp/tb/25767939
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< カツオが磯野家を片づける日 帰ってきたヒトラー >>