廃道探索 山さ行がねが

著者の平沼義之は「山さ行がねが」というサイトの運営者。
でも彼の言う「山」はただの山ではない。
そもそも山が目的ではない。
目的は「廃道」---昔は道だったところ---を歩くことにある

石田ゆうすけあたりと比べると、文章が読みにくいのだけれど、内容で読ませる。

いやー、、、

今は道でないところを歩くというのは、想像を絶することなのです。
危ないよ、下手したら遭難するよ
という場面もたくさん。

高野秀行氏が、「大学の探検部では、探検とは何かということで盛んに議論し、何が何だかわからなくなった」的なことを書いていたけれど、

いやいや、、、
この日本にさえ、探検するところはまだまだたくさんある。

カンチェンジュンガを道を通らずに登るのと通じるところがあります。

うん。
私はこの本にランサム的なものを感じてしまったのでした。

文章がいまいちなのと、地図が小さくてわかりにくいということを差し引いても、80点はつけたい。
(詳しく場所を確認したい人のために、各所に二次元バーコードがついています。さすがネット由来の本だ)
旅と探検・冒険に憧れる人に特にお薦め。



[PR]

by foggykaoru | 2016-11-13 10:44 | ルポ・ノンフィクション | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://foggykaoru.exblog.jp/tb/26144496
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 戦場のコックたち ひとり暮らし >>