もしも紫式部が大企業のOLだったら

マンガです。
著者は井上ミノルという人。

自分では買わないけど、図書館で見つけたので。

私は、源氏物語の登場人物をマンガで解説してる本と勘違いしたのだけど、これはあくまでも紫式部とか、清少納言とか、和泉式部とか、藤原道長とか、平安時代の実在の人物がどんな人だったのか、、、という話だったのでした。

けっこう面白かったです。
もう忘れちゃったけど。

高校時代にこういう本があったら、もうちょっと日本の古典に興味を持ったかしら。



[PR]

by foggykaoru | 2017-10-02 20:12 | マンガ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://foggykaoru.exblog.jp/tb/27804380
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< その手をにぎりたい 眉山 >>