戸塚真弓著「パリからのおいしい旅」

「パリ住み方の記」の著者の手になる本。彼女の専門はむしろこういう本なのでしょう。どちらが面白いかと問われれば、間違いなく「住み方」の方なのですが、この本も悪くありません。料理以外の記述も、かなりしっかりしているので、フランス好きにはお薦めできます。次から次へと美味しい料理やワインが登場してきて、生唾ゴックン状態になること請け合い。フランスに行く機会は比較的あるものの、胃の働きがあまりよくない私には縁の無い世界なのだけれど、それでも十分に楽しみました。

ブルゴーニュワインの旅の章を読んでいて、友人とともにかの地を旅したときのことを思い出しました。ほんとうのワイン好きは、ぶどう畑を見ただけで大興奮するのだということを、あのとき知りました。お陰で、この本に出てくる数々の地名は、すでに親しいものでした。
友よ、ありがとう!(^^; 


忘れたくないことを書いておきます。これがこのブログの本来の趣旨だから。

★ボーヌの救済院は修道女たちによって運営されていた。その運営費は、寄付されたぶどう園でとれたぶどうでワインを作り、それを売ることによってまかなわれている。←「いる」という現在形が気になる。今もそうなのだろうか?

★ヴェズレーにはロマン・ロランの家がある。

★あの華やかなプロバンス柄は、東インド会社がインドからその技術を盗んできたものなのである。

★ニースはイギリス人が開拓したリゾートである。
だから海岸沿いの遊歩道を「Promenade des Anglais(イギリス人の遊歩道)」と呼ぶのね!!

★プロバンスではロゼを飲め。
例外はカッシ。辛口の白。ブイヤベースにはカッシでキマリ。
このワインを生んだカッシの町はジモティの憩う素敵な町らしい。

★ヴェルサイユの町歩きは楽しそう。
次回パリに行ったときは絶対に足を伸ばそう。

★アルザスといえば白ワイン。(「のだめ」の千秋がフランスのレストランで注文してるのがアルザスの白)
その中に1つだけ、赤ワインがある。それはピノ・ノワール。

★フランスでルーブルに次いで2位の入場者数を残る美術館は、コルマールにある「ウンテルリンデン美術館」。

★現在、フォアグラといえばぺリゴール地方が有名だが、フォアグラのパテを生み、フォアグラの名を世に知らしめたのはストラスブールである。


この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2006-10-31 22:23 | エッセイ | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://foggykaoru.exblog.jp/tb/4851148
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ラッコ庵 at 2006-11-01 07:28 x
昨日取材で行ったレストラン。
帰りがけに
「フォアグラもおいしいですから、是非また来て下さい」
といわれた。
フォアグラが自慢料理なのね、と思ったのですが・・・

そのレストランの名前が「ストラスブール」。
なるほどお。
Commented by foggykaoru at 2006-11-03 21:02
ラッコ庵さん。
うわお、グッドタイミング! 
今回召し上がったのはシュークルートなのでしょうか?

<< 「長い冬休み」 ドブロブニクで見つけた謎なオブジェ >>