♪モンテネグロいいとこ一度はおいで

c0025724_943498.jpg

ヨーロピアンにとって、海辺でごろごろすることこそが、夏休みの正しい過ごし方。
そんな彼らの注目を集めているのが、最近ユーゴスラビアから分離独立したばかりのモンテネグロです。
自然の美しさはピカイチだし、イタリアから夜行フェリーで行けるし、通貨はユーロだし。

これはモンテネグロのコトル湾の奥に位置するペラスト。
ビーチと呼ぶにはあまりにも貧弱な、道路のすぐ脇の狭い砂浜にも、こんなふうに人々が一生懸命ごろごろ(笑)
一方、私たちはといえば、彼らを横目で見ながら、ガイドに引率されてランチに乗り、マジメに教会見学をしたのでありました。

詳細はメインサイトの「えせBPの旅日記---アドリア海の風に吹かれて」をご覧ください。
[PR]

by foggykaoru | 2006-11-12 09:55 | メインサイトのボツ写真 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://foggykaoru.exblog.jp/tb/4938736
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by KEIKO@Ufak-Ev at 2006-11-14 18:31 x
いつもロムばっかりで失礼してます(^_^;)

そうですよね~、海辺でごろごろが正しい(笑)!
やっぱり次回はモンテネグロで考えよ~っと。メインもこれから見せていただきますね!
Commented by foggykaoru at 2006-11-14 22:27
KEIKOさん。
こちらでははじめまして♪
実を言うと、私は海岸でごろごろするのが苦手なんですよ~
きっとKEIKOさんは血中ヨーロピアン度が高いんですね!

<< ヨットが見あたらない 「長い冬休み」 >>