角野栄子著「魔女の宅急便」

前の本がつかえていて、なかなか順番が回ってこなかった作品。読み出したらあっという間でした。字は大きいし、短いし。児童書って楽でいいわ(笑)

実は私が観たことがあるジブリアニメは3作だけ。
「ルパン三世---カリオストロの城」「ハウルの動く城」、そしてこの「魔女宅」なのです。

アニメと原作とはずいぶん違うのだと聞いていましたが、この程度の改変なら可愛いもんです。
舞台設定も、登場人物の性格も、原作どおり。原作のアニメ化という点において、「魔女宅」は成功作ですね。

まず最初に、キキ13歳の旅立ちの場面で、目頭が熱くなりました。
そして、最後もまたウルウル。びしょびしょになるほどじゃないけれど。

心の琴線を震えさせてくれるお話っていいものです。


この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2007-02-11 18:13 | 児童書関連 | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : http://foggykaoru.exblog.jp/tb/5503909
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ふゆき at 2007-02-11 22:07 x
原作あるんだ。
ふゆきもききちゃん大好きです♪♪♪
あんな町でくらしてみたい。
Commented by Titmouse at 2007-02-12 13:29 x
これはアニメも原作もそれぞれに好きな作品です。アニメのドラマチックな楽しみ、原作の日常の中のちょっとしたできごと、どちらもいいです。原作は続編もあって、私は2巻目が好き。

>実は私が観たことがあるジブリアニメは3作だけ。
そうなんだ~。うちではジブリのベストは「天空の城ラピュタ」だと、親子で意見が一致しています。私の場合、一番好きなのはというと「耳をすませば」なんだけど。
Commented by foggykaoru at 2007-02-12 21:06
ふゆきちゃん。
あら、知らなかった? 
私は原作があること、若い子に教えてもらったんだけど、ふゆきちゃんの年代だと却って知らないのかな。
原作に出てくるあの町は、ドブロブニクよりも、ポルトに似てます。
Commented by foggykaoru at 2007-02-12 21:12
Titmouseさん。
アニメも途中まではかなり原作に忠実ですよね。
最後を盛り上がらせたいというアニメ製作者の気持ちは、十分に理解できました。
続編もあれば読んでみようかと思ったのですが、図書館には見あたらなくてちょっと残念でした。
でもまあ、今どうしても読まなくちゃというほどじゃないんですけどね。

<< 宿曜占星術 塩野米松著「イギリス職人ばなし」 >>