林望著「イギリス観察辞典」

この本に関する情報はこちら

リンボウ先生がいろんなところに書き散らかしたイギリスに関するエッセイを集めたもの。ただ集めただけではなくて、冗談半分で「辞典」という体裁にしてある。長い項目で数ページ、短いものだと1ページそこそこなので、暇を見つけてちびちび読むのにぴったり。

イギリス好きなら楽しく読める。
イギリス好きでない人には面白くないかも。

ある国のセールスマンとしてうってつけなのは、「その国の専門家ではないけれど、その国の事情に詳しくて、その国に親近感を抱いている、筆の立つ知識人」だと思うのです。その好例がリンボウ先生。
いつも彼の本を楽しみながら、こんな腕利きのセールスマンを抱えているイギリスに、一種の羨望というか、嫉妬すら覚えてしまうのが、イギリス好きながらもフランス贔屓でもある、コウモリ女の私なのです。

この本のツボは3点。

1) 古い牧師館に泊まる
牧師館に限らず、古い建築物に手を入れて、泊まれるようにしているのだそうな。
管理しているのはランドマーク・トラストという財団。
泊まってみたいなあ。
仲間を集めてそういうところでまったりしてみたい。

2) ウナギ
ケンブリッジからイーリーにかけては真っ平らな土地で、しかも湿地。干拓してかなり改善したものの、今もその名残の沼地が多く、ウナギがたくさんいるそうだ。
「イーリー」という地名が「ウナギ」に由来するということは聞いたことがあったけれど、そこまでイギリスとウナギの関係が深いとは思っていなかった。



3) サマーハウス
ちょっと長いけど引用します。
ヴィクトリア時代の建築のめざましい特色の1つに、ガラスを多用して明るい空間を室内に求めたことがある。(中略)ちょっとした貴族の館などには、サマーハウスと呼ばれるあずまやがあることがある。涼しい半日影に、ガラス張り温室風のこしらえで、ゆったりしたテラスには籐椅子なんかが置いてある。

・・・こっ、これ・・・子どものときからよく知ってる!  

北極だわ!!
[PR]

by foggykaoru | 2007-04-25 20:30 | エッセイ | Trackback(1) | Comments(14)

トラックバックURL : http://foggykaoru.exblog.jp/tb/5950584
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from いま人気のコトバとは? at 2007-04-25 21:19
タイトル : イギリス
イギリス プロフィール検索 動画検索 画像検索... more
Commented by ケルン at 2007-04-25 23:50 x
ランサム4巻のあのくだり(その建物ができたいきさつ)は、子供たちの冒険のなかでそこだけしんと静まり返っている感じで、とても好きな部分です。
Commented by ケイ at 2007-04-26 22:20 x
おおっ、北極!
そういうものだったのですね。
あれはベックフットの四阿?
Commented by KIKI at 2007-04-26 22:26 x
イーリーがウナギに由来・・・ほほう!ってことはその辺りに行くとウナギ料理が名物なんですかね?

北極がビイクトリアン調のものだとは思いもかけないですね!
Commented by AngRophile at 2007-04-27 12:56 x
ふふふ。イギリスのウナギ。
自分の日記にも書きましたが、今度イギリス行く時にはドックランズでウナギ絶対食べます。どんなに緑のソースに透明なゼラチンまみれのウナギぶつ切りが、浜名湖畔出身のわたしの口に合わなくても食べてきます!

ああ、ウナギ族の血が騒ぐ。
アカラブガンダバラク!

ついでに Naze も寄ってこよう(希望)。
Commented by foggykaoru at 2007-04-27 21:03
ケルンさん。
>そこだけしんと静まり返っている感じで
ランサムの作品って、そういう場面がありますよねー
他にカンチェンジュンガの頂上も、そんな感じ。
1冊の中にいろんな味が入っているのがランサムの魅力です♪
Commented by foggykaoru at 2007-04-27 21:05
ケイさん。
北極の大家はブラケット家ではないんじゃないかしら。
フリント船長がカギを借りに行ったりしてるから。
Commented by foggykaoru at 2007-04-27 21:08
KIKIさん。
別にイーリーじゃなくても、いくらでもウナギは食べられるんじゃないかなあ。
Commented by foggykaoru at 2007-04-27 21:10
あんぐろふぁいるさん。
えっ、えっ、イギリスのウナギ料理って緑色なんですか?!

ランサム的には、ウナギはやっぱりネイズで食べなくちゃですよね!!
Commented by むっつり at 2007-05-04 07:11 x
林望さんのエッセイなら何冊か読んだ事が有ります
運河巡りの項が出てきた項には、思わずオオバンクラブを連想しました
七つの海を制した民は、本当に水に親しんでいるのですね
Commented by foggykaoru at 2007-05-04 10:47
むっつりさん。
イギリスもののエッセイを読むと、ランサムを思い出すことが少なくないと思いません?
ランサム読んでると、意識しないうちにイギリスのことを学んでるんですよね。
Commented by AngRophile at 2007-05-08 14:21 x
スポーツ中継の休止の時にだけ、忽然と放映されるNHK「グランド・グルメ ヨーロッパ食材紀行」でやってました。「ウナギの味はテムズの流れとともに~イギリス」編。そこで、ドックランズで働く沖中仕がパイ&マッシュの店で食べるのは、ウナギパイ(笑)かジェリード・イール。ジェリード・イールにはパセリソースをかけて食べるのが一般的だそうです。
Commented by foggykaoru at 2007-05-08 20:50
あんぐろふぁいるさん。
おお、そんな番組があるのですね!
NHK、おそるべし。
私は以前、アニメ「ポワロとミス・マープル」の後にやっていた、「イギリス紀行」が大好きだったのですが。
>パセリソース
ミントソースじゃなくてよかったわ(爆)
Commented by AngRophile at 2007-05-09 19:11 x
これはNHK得意のミニ番組ですが、5分ではなく、結構長いです。20分だったかな。本放送は数年前にBSでやっていたらしく、今は埋め草として総合や教育で忘れた頃にやります。他にはイタリアのクラテッロを見ました。

緑のソース、一応ネットでチェックして見ましたが、ミントソースはラム用だという記事しか見つかりません。確かに山盛りのパセリで作っていたと思います。
Commented by foggykaoru at 2007-05-09 21:20
あんぐろふぁいるさん。
埋め草にそういう番組を作ってしまうところが、「腐ってもNHK」なのですね。
わざわざ調べてくださったんですか。ミントソースではないということがはっきりしてよかったです(笑)。ありがとうございます。

<< 「ウェスト・エンドの恐怖」 木村尚三郎著「パリ---世界の... >>