「午後は女王陛下の紅茶を」

この本、すでに10日以上前に読んであったのです。連載モノを頑張り過ぎた反動でポストする元気がなくなっちゃって。
これからは普通のペースでぼちぼちやっていきます。

この本に関する情報はこちら

著者の出口保夫氏の名前は、あんまりあちこちで見かけるので、すっかり読んだ気になっていたのですが、どうやら今までちゃんと読んだことがなかったようです。
読んでみたら、わりと好きな文章でした。これなら他のを読んでみてもいいかも。

この本は氏が山ほど書いている、英国の紅茶礼賛蘊蓄エッセイの1つ。(私が読んだのは文庫だけれど、もとの単行本は)1986刊行。

本気で英国式お茶の作法に凝ろうとか、道具を揃えようという人には、そこそこ実用書として役立つし、単に英国になんとなく興味があるという人にとっては、軽い暇つぶし本として楽しめます。

しかし、英国人が1日に飲み食いするもののうち、紅茶(+牛乳)とそれに付随する「小麦粉+砂糖+バター」で作られたお菓子の占める割合というのは、相当高そうです。いくら美味しいからって、栄養的に偏り過ぎのような気がする・・・。

最後の章が氏の主催する「英国紅茶同好会」の紹介記事だったのにはちょっとびっくり。
この会、検索してみましたが、サイトは持っていないようです。

巻末の付録が「おいしい紅茶の飲める店」のリスト。
その昔、ARCの関東お茶会は「サーモピレー」という店で行われていたと聞いたことがあるのですが、今は無きそのお店、ちゃんとこの本のリストに載ってました(合掌)
このリストの「最新版」はネット上で見ることができます。こちらです。
[PR]

by foggykaoru | 2007-07-15 21:20 | エッセイ | Trackback | Comments(10)

トラックバックURL : http://foggykaoru.exblog.jp/tb/6501553
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by crann at 2007-07-15 23:12
「サーモピレ」なくなってたんですね、学生時代何度か行ったことがありました。スコーンとかも美味しかった♪ベクウェルタルトとか、英国のお菓子があって感動したんですけど・・
そのマスター直伝の紅茶を出すというお店が丸の内にあったのだそうです。
こちらも閉店ですって。お茶会のできる紅茶のお店ってないものですね。
Commented by リンゴ畑 at 2007-07-16 08:53 x
英国紅茶&女王陛下というと、私にはこどもの頃、友人たちと「不思議の国のアリス」の真似をして「3月ウサギのお茶会」をしていたことを思い出します。ナマイキにも、ティーセットを大人に借りて、「ミルクはいかか?」とか言ってました。
今では、昼間に長話をしたいときに、紅茶屋&中国茶屋って感じで、やや愛が冷めているのですが、こういう本を書かれる方たちは、変わることなく紅茶に対して愛情を注いでいるのだろうな、と思います。いいなあ…。読んでないけど、もうタイトルから熱情を感じますね!本家英国側から見ると、こういう本って、「限りなくお点前を愛する外国人」みたいで、微笑ましく見えるのかなあ。
Commented by むっつり at 2007-07-16 09:15 x
お茶…日本のお茶でも、そうですが形式ばったのは苦手です(ーー;)
それにしても街中の小さいけれど美味しい喫茶店って減りましたね
大手の系列のコーヒー店ばかり
学生時代に、コーヒーですけれど「キリマンジャロ」の味を覚えた喫茶店も、もう存在しません
Commented by muro at 2007-07-16 12:38 x
僕が学生の頃はまもともな紅茶を出すお店が少なくて結構探しました。成田空港の喫茶店でで赤い色の着いた、ただのお湯を出された時には怒り心頭で目がくらんだ事もありますね。
 そんな僕ですが、一番の好物はTetleyのティーバッグでいれたミルクティーだったりします。
Commented by foggykaoru at 2007-07-17 20:55
crann@leiraniさん。
ランサムのお茶会なのですから、ほんとうは紅茶の美味しい店でやりたいものですよねえ。
Commented by foggykaoru at 2007-07-17 20:57
リンゴ畑さん。
>本家英国側から見ると、こういう本って、「限りなくお点前を愛する外国人」みたいで、微笑ましく見えるのかなあ。
かもね~
もっとも、「一般の英国人は肩肘張らずにティーバッグの紅茶を飲む」とも書いてあるんだけどね。
Commented by foggykaoru at 2007-07-17 20:59
むっつりさん。
>大手の系列のコーヒー店ばかり
日本だけじゃないですよ。
最近は世界中どこに行っても同じチェーン店ばかりです。
慣れない国でおなじみの店に入れるのは安心できるけれど、味わいには欠けます。
Commented by foggykaoru at 2007-07-17 21:00
muroさん。
空港とか飛行機でまともな紅茶はあんまり期待できないですよ・・・
>一番の好物はTetleyのティーバッグでいれたミルクティー
英国人もティーバッグが普通だから、いいんじゃないでしょうか。(^^;
Commented by galumph at 2007-07-19 12:55 x
今朝忙しい中街角のどうって事の無いケーキ屋さんに入って、紅茶飲めますか?とたずねると、どうぞと二つだけのテーブルに案内されました。ミルクティーを頼むと、ちゃんとポットが付いてきて二杯たっぷり飲めました。朝からいい気分です。こういう店を見つけると楽しいです。モーツァルトという名前でした。 出口さんの本の近畿のリストの喫茶店の中には、もういかないぞというところもありますので気をつけて下さい。
Commented by foggykaoru at 2007-07-19 18:46
galumphさん。
私もネット上の最新リストを見て、ちょっと偏っているような気がしていたところです。
あのリストは出口さんの「英国紅茶同好会」が作ったものではないので、出口さんのせいではないのでしょう。

<< ガリバルジー印のスカッシュフラ... 「パイレーツ・オブ・カリビアン... >>