荒野のコーマス屋敷

「メニム一家の物語」シリーズの第2巻。

c0025724_2031310.jpgまず、私はこのシリーズを出している講談社に文句を言いたい。

というのは、図書館で2巻と3巻を借りてきて読み始めたら、、、それは3巻だったのです。2巻のネタバレをしっかり読んでしまいました。もちろんきちんと確認しなかった私が悪い。でも左の画像を見てください。どこに「2」があるかわかりますか?



c0025724_20112695.jpg右は背表紙の拡大画像です。
一番上の青い楕円の中に、豆粒ほどの「2」が。
こんな小さい文字、オバンには見えませんわ。
えっ、いい年して児童書読むのが間違ってるって? 
ふんっ、老眼で悪かったわね。

岩波だったら絶対にこんな装丁にしないと思う・・・というのは、単なる私の身びいきでしょうか?

とにかく、この巻における「三大ニュース」のうち2つまでを先に知ってしまったので、正当に評価することはできません。ものすごく残念です。

この本に関する情報はこちら




以下はネタバレ防止のために白字にしたので、反転させてお読みください。

三大ニュースとは
1)ケイトおばさんが幽霊になって現れたこと
2)ほんもののアルバートが登場したこと
3)ピルビームがアルバートと恋に落ちたこと

このうち2と3が、3巻の冒頭に書かれているのです。

ケイトおばさんのほうはまだしも、アルバートがネタバレしちゃってたので、もうそりゃ、何のために読んでいるのかっていう気分でしたよ(怒)

[PR]

by foggykaoru | 2007-11-14 20:18 | 児童書関連 | Trackback | Comments(13)

トラックバックURL : http://foggykaoru.exblog.jp/tb/7432822
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by むっつり at 2007-11-14 21:39 x
この装丁はひどいですね
2と言う数字に気づく人は稀でしょう
やっぱり第何巻か判るように船の絵が描かれているのが一番です
Commented by サグレス at 2007-11-15 07:55 x
この数字は気付きませんよ! 確かに「岩波だったら・・・」という気持ち、よく分かります(私も岩波贔屓♪)
・・・しかし、分かりやすく書いてあった「ナルニア国ものがたり7」の数字に全く気付かず、単にタイトルと背表紙の一角獣と表紙の絵柄に惹かれて「さいごの戦い」から読み始めたオッチョコチョイの私だったら・・・、どれほど読みやすい数字でも「うっかり」しちゃいそうです(苦笑)。
Commented by naru at 2007-11-15 10:15 x
kaoruさん せっかく図書館で借りていらしたのなら、ぜひ次回からは ここのところをチェックなさってください。
その背表紙で見るべきところは上の部分ではなく、下のラベルです
私は職業柄 瞬時に識別してしまいました。多分タイトルを読むより早かったかも。
背表紙の下部に、ラベルが貼ってあるでしょう?その一番上(普通は一番下に書くんですが)大きくはっきりと F2 と書いてある、その 2 が多分2巻目のことじゃないかと思います。
ただし、実は通常2巻は v。2 と書きます。F は何かの書き間違いの気がする。
古い図書館だとわけのわからない人を使って作業する事が多かったから。一番上の Fは、fiction のFということが通常の使われ方なんですが。
とにかく~~、次回はラベル及びタイトルページ・奥付のチェックをお薦め致します。
でも、自分の為に読むなら、きっと私も同じように間違えそうな気がする。目のエイジングの進み具合では、同い年仲間ではダントツなんですよー。
Commented by foggykaoru at 2007-11-15 22:11
むっつりさん。
ランサムだったらヨットの数で判断できるのに・・・と思ってから、あっ、ケースをとったらそうじゃないんだ!と思いいたりました。
で、本体を確認したら、ちゃんと「アーサー・ランサム全集4」とか、しっかり読める大きさの数字が書いてありました。やっぱり岩波は偉い!
Commented by foggykaoru at 2007-11-15 22:13
サグレスさん。
ええっ?! 「さいごの」っていうタイトルなのに・・・(絶句)
Commented by foggykaoru at 2007-11-15 22:15
naruさん。
ご教授ありがとうございます。
でも、どういうわけか、一緒に借りてきた2巻と3巻には両方とも「F2」と書いてあるんですよ~
それも勘違いした理由の1つかも。
Commented by sgachan at 2007-11-15 22:35 x
確かにこの背表紙ではわかりませんね。しかも、内容が前の巻のネタバレだとは。。ご愁傷さまですが、3巻の内容をわすれたころに2巻を読み直すしかないですね!
Commented by Titmouse at 2007-11-15 23:41 x
私は、タイトルから1巻かと思って借りて最初に読んだのが3巻だったのでした。それからずっと経ってから(単に最寄の分館にあるからいつでも読めると思って先延ばししてただけですが)1巻からちゃんと読みました。(ちなみにその分館にランサムはないからこの本は結構知られているのだと思ってた。)
ランサムでもナルニアでも他の本でも、原書だと「〇〇シリーズ第〇巻」という言い方をあまりしないですよね。数字が書いてあるのって見たことないので、日本は親切なんだと(たとえ小さくても)思います。
Commented by サグレス at 2007-11-15 23:54 x
>さいごの
・・・言われてみりゃあその通りだ・・・(って、言われなくたってそうなんですが)。
買った本屋で揃っていなかったのかな・・・? とにかく、シリーズ物だという認識すらせずに読み始めたもので・・・。
Commented by foggykaoru at 2007-11-16 21:45
sugachan2さんですよね?
ねえっ、ひどいでしょう?
表紙と背表紙の「メニム一家の物語」の下に「2」をつけてくれればいいのに。
Commented by foggykaoru at 2007-11-16 21:48
Titmouseさん。
というと、日本の全集に数字をふってくれるているのは、「傘をお忘れになりませんように」という車内アナウンスと同類の、日本独特の親切心というか、お節介(爆)からくるものなのかしら。
このシリーズ、1月に知ったとき、すぐに図書館(本館)で検索したら、分館にあったんです。
で、取り寄せするほど読みたいとまでは思わなかったんで。
それが気付いたら、いつのまにか本館に移っていたんです。
Commented by foggykaoru at 2007-11-16 21:52
サグレスさん。
もしも私が「さいごの戦い」から始めたとしたら、ちゃんと全巻読んだかしら・・・?
「女海賊の島」とか「六人」からランサムに入ったという話をきいたときにも驚いたけれど、それよりもはるかにスゴイことのような忌がします。。。
Commented by foggykaoru at 2007-11-16 21:52
自己レス。
×忌がします
○気がします

<< ボジョレー 「セロ弾きのゴーシュ」はなぜゴ... >>