ピーター・メイルの口車に乗せられて

明日の夜便ででかけます。

この秋、「南仏プロバンスの贈りもの」という映画を観ました。
監督リドリー・スコット、主演ラッセル・クロウ。
そして原作は、プロバンスもので名を売ったピーター・メイル。
仕事一筋だったイギリス男性がプロバンスにやって来て、セクシーなフランス女性と恋に落ち、「ああ、ほんとうの幸せはここにあったのだ!」と目覚める、、、という、とーってもありがちなお話。(フランス男性が、イギリス湖水地方に行って男まさりのイギリス女性と恋に落ちる、、、という話だったらちょっと意外なんだけど)

で、ありがちだろうとなかろうと、私はこの映画を観て、矢も盾もたまらずプロバンスに行きたくなってしまったのです。

c0025724_19454232.jpg出発前の更新は「旅のアルバム」です。
前回アップしたマラケシュのコーナーが中途半端だったので、完成させました。

左の写真はマラケシュ新市街で見かけた語学学校の外にかかっていたもの。
看板というべきなのでしょうか。でも、布地なので看「板」とは呼びにくい。
左から「フランス語・英語・スペイン語・ドイツ語・アラビア語・イタリア語」とフランス語で書いてあります。
「アラビア語」というのがひっかかったんです。
モロッコ人がどうしてアラビア語習うの? 毎日喋ってるのに。
それとも、フランス人向けのアラビア語講座なのかな?

このブログには、携帯から投稿はできるけれど、コメントは読めません。ましてやレスを付けることなどできません。
なので、旅行中は、おもにメインサイトの掲示板のほうに顔を出す予定です。あちらなら、コメントを読むことができるので。

もちろん本屋の写真とか撮れた場合には、こっちにポストしますけれど。

ではでは、行ってまいります。

良いお年を。v
[PR]

by foggykaoru | 2007-12-20 20:18 | メインサイトのボツ写真 | Trackback

トラックバックURL : http://foggykaoru.exblog.jp/tb/7780308
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< フランスで見かけたヨット モロッコにて >>