イギリス式おしゃれな生き方

著者のマークス寿子氏のことは「英国貴族と結婚した人」として知っていました。でも、なんとなく手が出ないままでいました。この本もタイトルが気に入らなかったのですが、ブック○フで105円だったから買いました。(←最近このパターンが多い(苦笑))

読んでみたら、タイトルから連想されるようなちゃらちゃらした本ではなく、それどころか、著者の知性が行間にあふれた本でした。この人、私の母親の世代なのですが、大学院まで進み、それから英国留学したのですね。あの年代でそれはすごい。しかもマークスというのはマークス&スペンサーのマークスさんだったんですね。知らなかった・・・。

いろいろな雑誌に掲載された記事を集めたものなので、話題が古かったり(サリン事件とか)するし、どうということのない記事もけっこう含まれているけれど、全体的にはそんなに悪くありません。年末の旅行前にさらさら読んでしまってから、しまった、これは旅先でちびちび読むのにぴったりの本だった!と後悔しました。

言うなれば、「この著者はもっと読み応えのあるものを書いているに違いない」と感じさせる本です。

この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2008-01-21 21:03 | エッセイ | Trackback | Comments(5)

トラックバックURL : http://foggykaoru.exblog.jp/tb/8043002
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Titmouse at 2008-01-22 21:23 x
この人の本はずいぶん前に何冊か読みました。イギリスと比較して日本の問題点を挙げていたもので、なるほどと思うものも結構あったと思います。でも何冊も読んだら食傷気味になったような記憶が・・・。とりあえず1~2冊読むのは面白いと思います。
Commented by foggykaoru at 2008-01-23 21:22
Titmouseさん。
この人、ずいぶん本書いてるから、同じようなのもけっこうあるんでしょうね。
Commented by go_to_rumania at 2008-01-24 10:28
とてもごぶたさしております、遅くなりましたが
今年もどうぞよろしくお願いいたします。(寒中見舞い、、の時期ですね:)

彼女の本、私もいくつか読んだことはありますが、これはないです。
ちょっと今度 探してみようと思います!

2008年も Kaoruさんとにとって素敵な1年となりますように!
Commented by foggykaoru at 2008-01-24 22:23
go_to_rumaniaさん。
おお、お久しぶり!!
こちらこそ今年もどうぞよろしくお願いいたします♪
Commented by AngRophile at 2008-02-01 12:59 x
元ネタと関係ないですが、go_to_rumania さん、

はじめまして。
been_once_in_romania です。
イギリスについてのエッセイ好きですが、マークス寿子さんのは読んだことないな。

タイトルであまりにも英国礼賛、日本非難のは読まないのです。この人のがそうだとは言ってませんよ。

知性にあふれるんなら、一冊読んでみようかな(エラソー)。

<< フランス料理を築いた人びと 帽子に注目 >>