沢木耕太郎著「深夜特急」

今やすっかり忘れ去られてしまった猿岩石の「香港→ロンドンヒッチハイク」。私はあれを第1回から最終回まで(自分の旅行中以外)全部見た。実は飛行機を使っていたとか大騒ぎになったときには「そんなことは番組をちゃんと見てればわかるじゃん!」と思ったものだ。私はあの企画には、インチキもあったけれど、それに負けないだけのたくさんの真実が含まれていたと評価している。

プロデューサーがあの企画を思いついたきっかけがこの本だと知り、大沢たかお主演のドラマも断片的に見たけれど、ぜひ原作を読んでみたいとずっと思っていた。古本屋で文庫6冊が並んでるのを見て、大枚千円はたいて大人買い(自爆)

別にユーラシア地域の旅情報が得られるわけではない。なにしろ古いし。「そんなこと、常識でしょ!」と言いたくなることさえ、当時の沢木氏は知らなかったんだなあ。でもなにしろまだ若かったんだから。それに一切のガイドブック無しで旅しているんだから、まあしょうがないでしょう。

旅行記はエンターテインメントなのです。
そういう意味で、うーんさすがプロ! と思いました。面白かったです。
この本を読んで同じことをしたくなる若者は少なくないだろう。ある意味、罪作りな本かも。

事情が変わってしまったところも少なくないけれど、下川氏の本に書かれていることと共通していることもたくさん。それを「お国柄」と言うのだろう。

こんな旅、私には絶対にできない。年を食ってしまって手遅れだし、沢木氏の旅には男性にしかできないがたくさんある。連れ込み宿に長期滞在するとかね。なんだかんだ言っても、やっぱり男はトクなのよねえ、と嫉妬を感じる。

旅しても、実際に見聞きできるのは、その土地のごく一部だし、接することができるのもごくわずかの人々だけ。その人々の大多数は観光客相手の商売人。さらに、旅のスタイルによっても体験できることは違ってくる。いくら旅しても、結局たいしたことはわからないのだとは、いつも思っていたが、沢木氏も知人の口を借りて「わからないのだということがわかる」と言っている。盲人が象を触るのと同じ。だから旅は人それぞれ。それをぐーんと広げれば、人生いろいろ♪ ←広げすぎ

沢木氏はパリでは寂しくなかったそうである。
「パリが本当の都会だったせいかもしれない」に同感。
都会は人を孤独にするけれど、寂しくはさせない。(だから孤独になる)


この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2008-03-15 22:30 | ルポ・ノンフィクション | Trackback | Comments(10)

トラックバックURL : http://foggykaoru.exblog.jp/tb/8452762
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by あんじぇ at 2008-03-15 23:01 x
あらら~
おいら持ってたから貸したのに・・・・
ちなみにDVDの「深夜特急」も持ってるよん♪
家近いし貸そか?
Commented by はみ at 2008-03-15 23:31 x
持っているのにまだ全部読めていません(^_^;)
雑誌で沢木氏の新連載をたまたま目にしたのですが、
今度は香港からカシュガルを目指す旅でした。
でも、、、「深夜特急」の時と違って、お金に余裕のある印象を受けました。
(安宿というより、フツウのホテルの泊まっているっぽかったので)
それでも、地図もガイドブックも持たずに、乗り合いバスで目指そうとするところはかわらないですね。
続きが気になっています。
Commented by えーじ at 2008-03-16 01:34 x
お久しぶりっす。思わず食いついちゃました。「深夜特急」
なんだかんだ言っても、すごく面白い本だよねー、猿岩石もテレビとしては、アジアの風景が見れて好きだったなー。飛行機使うって、というか「あの国境越えって可能だったの??」と純粋にビックリしてたりしました。
やっぱ、旅本は癒しですよねー。
というか、旅出たいっす!
あっ、10日後にはアメリカ西海岸だったりします・・・。
Commented by KEIKO@Ufak-Ev at 2008-03-16 08:27 x
おお、バイブル登場ですね!
猿岩石の旅のころ、私の周囲には「「深夜特急」のほうが本物」という男性信奉者も多かったです。
単行本が出そろったと同時に読んだので、当時は自分が一人旅するとは想像も出来ませんでした(笑)。今読み返すと印象が違うかもしれませんね。もう一度読んでみようかな。
Commented by foggykaoru at 2008-03-16 20:53
あんじぇさん。
おお、さすがに旅人の反応が早い!
いや、この本は借りてじゃなくて、ちゃんと買って読みたかったんです。
だったらさっさと新刊で買えよ>自分
Commented by foggykaoru at 2008-03-16 20:55
はみさん。
若くて右も左もわからなくて、お金もなくて・・・という旅は、お金がある旅とは違う魅力がありますよね。(読んでいて、だけれど)
Commented by foggykaoru at 2008-03-16 20:57
えーじさん。
やっぱりお気に入りなのね♪
後半のヨーロッパは退屈になるかと思っていたけれど、それなりにしっかり読ませるところがプロだなあと感心しました。
えっ、今度はアメリカ? どういう風の吹き回し?(爆)

Commented by foggykaoru at 2008-03-16 20:59
KEIKOさん。
そりゃ猿岩石は亜流です。比べちゃいけない。
でも、沢木さんだって、作品としてまとめるために、それなりの脚色はしているはずなのよね。。。
Commented by ふゆき at 2008-03-21 12:47 x
やっぱり深夜特急は面白いです!読んでいると行きたくなります。
Commented by foggykaoru at 2008-03-21 21:46
ふゆきちゃん。
返還前の香港とラオスに行きたい!(無理だってば)

<< 妖精王 アンリ・トロワイヤ著「サトラッ... >>