ジズベルト著「アドリア海の奇跡」(徳間書店)

c0025724_15572037.jpgスペインの児童文学作品。著者のフルネームはジョアン・マヌエル・ジズベルト。カタロニアの人です。

物語は15世紀末、クロアチアのウプラというところにある、ベネディクト会の修道院から始まります。
クロアチアに行きたいと思い始めて(たぶん)早5年、しかも西洋史好きで、宗教もネタとして楽しんでいる(←真剣に宗教に向き合っている方、ごめんなさい)私が、迷わず手に取ったのは言うまでもありません。
ちなみに、「ネタとしての宗教」の師匠である友人に、この本を見せたら、彼女はとうの昔にチェック済みでした。さすが我が師匠 (^^;

薄くてとても読みやすいです。主人公マティアスは謎めいていて、興味をそそります。ただ、後半のクライマックスの仕掛けがちょっと安易な感じ。また、せっかく面白い舞台設定なのだから、それに関するディテールをもっと書き込んで欲しかった。けれど、それには入念な時代考証が必要。この著者はたぶん、そういうことをするタイプではないのでしょう。

最大の収穫は、まだ見ぬクロアチアの風土に思いを馳せることができたことでしょうか。
読後、地図帳を開いてみたのですが、ウプラは見つかりませんでした。
さらに、この作品に登場するもう1つの修道院、「海辺の大修道院」とは何ぞや?と思って検索したら、こんなページに出くわしました。ここに書いてある修道院、時代的にぴったりなので、かなり有望です。この作品に描かれているような地形の場所が、この近くに実在するのでしょうか?



余談ですが…

クロアチア情報が載っていたサイトの管理人さんは、なんと指輪ファンでした。
びっくりして掲示板を覗いたら、旅つながりで知っている人ばかりだったので、またまたびっくり!
言うなれば、私たちは同じアパートの同じ階の同じ並びに住んでいたようなものだったのです。
それだけではありません。この管理人さんは、もう1つ、こんなサイトもお持ちなのです。ハウルファン必見!!!

こんなことってあるんですね~♪
[PR]

by foggykaoru | 2005-02-27 16:04 | 児童書関連 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://foggykaoru.exblog.jp/tb/882086
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< ミッシェル・トゥルニエ著「奇跡... パイロット >>