松露とりと谷あらし

どーでもいいことなのですが、「カスピアン王子」に出てくるアナグマ、「トリュフハンター」というのですね。瀬田さんの訳で育った私にとっては「松露とり」なんですけれど。

考えてみれば、「松露」が何を意味するのか、何十年も知らないままでいたわけです。だって松露なんてスーパーでは売っていないもの。
岩波国語辞典によると「4,5月ごろ、海べにはえる、球形のきのこ。食用」
「truffe」を仏和辞典で調べると「フランス松露」
へえええ。

ついでに、私にとってのセントールの大将は「谷あらし」なのですが、映画(と原作)では「グレンストーム」です。

「グレン」で思い出すのは「グレンコーの虐殺」。大昔、スコットランドに行ったとき、ガイドブックで読んで知りました。
英和を確認したら、「glen」はもちろん「谷」。ゲール語起源。
「グレンコー」で「嘆きの谷」の意味なんだそうな。
詳しくはWikipediaの「グレンコーの虐殺」をご覧下さい。
[PR]

by foggykaoru | 2008-06-30 21:50 | 児童書関連 | Trackback | Comments(15)

トラックバックURL : http://foggykaoru.exblog.jp/tb/9141584
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ふるき at 2008-06-30 22:45 x
 昔、もう消えてしまったのかも知れませんが、「旅はとらぶる・トラバーユ」に松露について投稿したのを思い出しました。
 松露についてベテランな人もご存じなかったか、食べられた経験がなかったようです。
 そこにも書いたと思うのですが、松露を採って食べたのは貴重な経験だったと思います。味は全く覚えていませんが。
Commented by むっつり at 2008-06-30 23:23 x
セントールって何か最初判りませんでしたがケンタウルスの事ですね
ギリシャ神話にゲール語
範囲が広いですね
Commented by ケルン at 2008-07-01 00:17 x
Glenstorm というのですね!! 荒々しい自然と、英国(というかスコットランドのほう)を思わせる名まえですね。あれはやはり、あまり南方の顔つきというイメージではないんだけどな(私にとっては、セントール=ケンタウロスは、やはり星の世界(ギリシア、ローマとも近い)と結びついた、北のほうのイメージです)。
Commented by ゆきみ at 2008-07-01 01:06 x
吹き替え版は「松露とり」と「谷あらし」でした。瀬田訳に敬意を払っているのですね…
関西競馬場の横にセントール広場という公園があって、何気なく「セントール」と言っていたのですが、ある日公園の奥の小さい丘の上にケンタウロスの像を発見して、なぁぁぁぁぁんだ、と思いました。(むしろ「ケンタウロス広場」という名前にしてほしかったです)
Commented by mog at 2008-07-01 12:32 x
☆つくづく、思いました。
 石井桃子さんといい、瀬田さんと言い、いい時代に良い本と出合えたな、と。
 松露とりをトリュフハンター、いやいや、トリュフハンターを松露とり。
 字幕ではどうなんだろ...、ま岩波書店としても頑張った、ということではないでしょうか。
 指輪物語のこともありますし、ナルニアファンも少なくないでしょうからね。
Commented by AngRophile at 2008-07-01 18:39 x
glen といえば、酒飲みには glenxx でたくさん名前が浮かびます。

ランサマイトには glen より dale ですね。

Etymology:
Middle English (Scots), valley, from Scottish Gaelic & Irish gleann, from Old Irish glenn

Etymology:
Middle English, from Old English dæl; akin to Old High German tal valley, Welsh dôl
Commented by foggykaoru at 2008-07-01 21:06
ふるきさん。
わわ、そうだったんですか? ごめんなさい、最近、脳細胞の死に方が激しくて。
「味な思い出」ネタだったんでしょうか? 気が付かなくてごめんなさい。
Commented by foggykaoru at 2008-07-01 21:07
むっつりさん。
ナルニアは、悪く言うと、ほとんどギリシャ神話からのパクリですよね。
ギリシャ神話+聖書。
トールキンに「オリジナリティがない」とけなされたんだそうです。
Commented by foggykaoru at 2008-07-01 21:09
ケルンさん。
ギリシャ・ローマと結びついたら、南のイメージなんじゃないかな・・・って、揚げ足取ってゴメン。
映画のセントールは異様に黒すぎるとは、私も思います。
Commented by foggykaoru at 2008-07-01 21:11
ゆきみさん。
なっちと違って、瀬田訳に気を遣ってますよね。
「一の王」とか、なっちだったら何て訳しただろう・・・?
>関西競馬場
思わず顔がほころんじゃいました。
ほんに貴女は守備範囲が広い!
Commented by foggykaoru at 2008-07-01 21:13
mogさん。
グレンストームとトリュフハンターの名前は、プログラムを見て初めてわかったんです。
映画の中ではたぶん名前は出てきてないんじゃないかな。
Commented by foggykaoru at 2008-07-01 21:15
あんぐろふぁいるさん。
そうそう、ランサムはdale。
トールキンは・・・「裂け谷」はRivendell
dellはdaleと同語源?ですよね?
Commented by ケルン at 2008-07-02 00:23 x
>ギリシャ・ローマと結びついたら、南のイメージなんじゃないかな・・・って、揚げ足取ってゴメン。

それもそうですねえ。
だけど、とにかく北のイメージなんですよ。。(理屈になってません)
Commented by foggykaoru at 2008-07-02 21:32
ケルンさん。
まっ、鼻は高いから、日本人から見たら北ってことにしときましょう(笑)
Commented by mog at 2008-07-03 11:24 x
☆そういえば、そうだ..。
 アナグマ。とか、セントール-とかでしたね。
 ふくらぐまだって、台詞、なくて指くわえただけだった。
 うーん。
 岩波、もう少し頑張れ!

<< セントールとミノタウロス 「世界一周恐怖航海記」 >>