2009年 05月 17日 ( 1 )

ロマンティックな旅へ---イギリス編

松本侑子氏が愛読書の舞台を求めてイギリスを旅するのだが、あまり紀行文という感じはしない。
メインはむしろ本とその著者の紹介のほう。紀行は3割ぐらい。

内容は以下のとおり。
1.ピーターラビットのおはなし---湖水地方
2.クマのプーさん---ハートフィールド
3.十二夜---ストラットフォード・アポン・エイヴォン
4.ジーキル博士とハイド氏---エジンバラ
5.嵐が丘---ハワース
6.白昼の悪魔 そして誰もいなくなった---トーキー
7.クリスマス・キャロル---ロンドン
8.シャーロック・ホームズの冒険---ロンドン・ベイカー街
9.不思議の国のアリス---オックスフォード
10. 水仙---湖水地方
11. ピーター・パンとウェンディ---ロンドン
12. ツバメ号とアマゾン号---湖水地方
13. トムは真夜中の庭で---イーリー
14. アーサー王伝説---ウィンチェスター
15. シェイクスピアのグローブ座---サザーク

湖水地方ときて、ピーターラビットとワーズワースで終わらずに、ランサムがちゃんと出てくるのである。でなければ読まなかったけど(苦笑)。ここは一応、「さすが松本さん」と言っておきたい。
しかもウィンダミアだけじゃなくてコニストンの名前も出ている。
蒸気船博物館やアマゾン号のカラー写真まで載っているのは、画期的と言うべきだろう。
写真はウィンダミアしかないのが残念だけど、ボウネスの写真の説明には「白い館はフリント船長のモデルとなった貴族の邸宅で今はホテル」とある。
へっ? そんなモデルがいたなんて知らなかった・・・。

紹介されている本はもちろん、その著者についてもほとんど知っていることばかりで目新しいことはなかった。例外はフリント船長のことぐらいで。でも楽しくさらさら読めた。

私としては、アーサー王関連でフランスにまで足を伸ばしているのが「買い」。
あと、いちばん行きたくなったのがトーキーです、、、と、ここまで書いて、以前読んだ松本さんの本の内容はどんなのだったっけと思ってブログ内を探したら、、、ほとんど同じだということが判明。そのポストはこちら。道理で目新しいことがなかったわけだ。それにしても、同じネタで何冊も書くんですねえ。出版社も同じじゃん。


この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2009-05-17 09:30 | 児童書関連 | Trackback | Comments(8)