2009年 05月 26日 ( 1 )

相手は冬将軍?

ミシェル・サルドゥー・シリーズ第四弾。
実に劇場的な歌です。

「マンマ・ミーア」とか「アクロス・ザ・ユニバース」など、特定の歌手(グループ)のヒット曲を連ねたミュージカルが最近のはやりです。
ここはひとつ、サルドゥーの歌を使ってミュージカルを作ってみたらどうかね>フランス人

===============
『前進』

鼓手長 わかるか
命令だ
「前進」の太鼓をたたけ 前進だ

勝つか死ぬかしかない
考える余地は残っていない
「前進」の太鼓をたたけ 前進だ

1平方メートルにつき死体がひとつ
それが払わなければならない代償だ
政府の命令だから
そうすれば時間を稼げる
「前進」の太鼓をたたくんだ 前進だ

あそこの司令部のテントの中の大将は
一歩もひかないさ
やつは付けきれないほどの星章に埋もれていて
自分の武運を信じきっている
「前進」の太鼓をたたけ
前進だ 前進だ 前進だ 

らっぱ手 みんなを集めろ
今こそまさに
「前進」のらっぱを吹くときだ 前進だ

このいやらしい川を渡りきるんだ
そうすれば世界の運命が変わる
「前進」のらっぱを吹け 前進だ

とにかくおまえたちには他に選択肢はないのだ
一歩たりとも後退するな
憲兵隊が後ろに控えていて
砲兵隊は銃を構えている
前進だ 前進だ

今日は2月3日
きっと素敵な祝日になるぞ
役人どもはおれたちを祝福するだろう
おい らっぱ手 吹け 吹くんだ
「前進」の合図を
前進だ 前進だ 前進だ 

世界の裏側の
北の果ての工場では
まあるいメダルを作ってるぞ
しゅろの葉っぱの金メッキのやつを

前進だ 前進だ 前進だ

[語り]
英雄がいた
ある朝はアウステルリッツだった
ある夜はワーテルローだった

前進だ 前進だ 前進だ
===============

ここんとこ頼まれもしないのに(笑)翻訳ばかりしているのは、チャンレンジしてみるのが面白いからなのですが、語りの部分は歌詞サイトに載っていなくて、「英雄がいた」の前の一文が何回聞いても聞き取れません。悔しい・・・

Wikipediaによると、彼は国粋主義者とみられることが多いらしいけれど、この歌から受ける印象は真逆です。

YouTubeでこの歌を聴きたい人はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2009-05-26 22:34 | Trackback | Comments(2)