2017年 09月 09日 ( 1 )

東南アジア 全鉄道制覇の旅

副題は「タイ・ミャンマー迷走編」
著者はバックパッカーの大御所・下川裕治氏。

バックパッカーに超超超お薦めです。
別に「テツ」でなくても大丈夫。(現に私はそうじゃない。)

東南アジアの鉄道なら8割がた乗っている、という自負のある下川氏。
じゃあ、もうちょっとで制覇できるぞ、と思ってやり始めたら・・・

もうたいへん。

後悔の連続。

まず、タイ。
今のバンコクから想像しちゃいけない。
バンコクはタイの中でも例外なのです。
タイ全土に漂うのは、あいかわらず、ゆるーーーーーい 田舎の雰囲気。
で、時刻表はぜんぜんあてにならない。
時間があてにならない、というレベルではないのである。
(もちろん、時間はあてにならないのだ)
田舎には時刻表には載っていない列車がざらにある。
下川氏の考えでは「タイ人は、面倒くさいと省略するから」

!!!!!

で、おつぎがミャンマー。
この国の鉄道が相当ヒドイというのは、下川氏の他の本でも読んだけど、、、

ほんとにヒドイ。

整備されていないし、地元の人でさえ、どこをどう走っているのか、よくわからなかったりする。
聞いても、人によって答えが違ったり。

どちらの国も、移動手段として、バスのほうがメインになってしまって、鉄道はまあ「どーでもいー」存在に成り果てているということなんだけど。

それにしても
下川さん、ほんとうにお身体大切に。

そして、私たち読者のために「トホホ」な旅を続けてください。









[PR]

by foggykaoru | 2017-09-09 14:03 | ルポ・ノンフィクション | Trackback | Comments(0)