カテゴリ:普通の小説( 123 )

風に舞いあがるビニールシート

森絵都の短編小説集。
直木賞受賞作だそうで、なるほど、けっこう面白い。
もちろん好きな作品とそれほどでもない作品があるわけで。
私が気に入った作品は「鐘の音」と「ジェネレーションX」
好き好きは人それぞれなので、興味があったらどうぞ。
そして気に入った作品をお知らせください。なあんてね。

この本に関する情報はこちら


森絵都の本はまだ4冊目。
今のところのいちばんのお気に入りは「カラフル」
[PR]

by foggykaoru | 2015-02-21 19:29 | 普通の小説 | Trackback | Comments(2)

ヒコベエ

「国家の品格」ですっかり有名になった藤原正彦の自伝的小説。

数学者でありながら文才もあるなんてすごいと思っていたけれど、エッセイは上手でも小説書くのは得意じゃないのだということがよくわかりました。
正直、作品自体は大したことないと思います。
もしも彼が無名人だったら、自費出版して身内に配って、「あら、けっこう面白いわね」と親戚の間で評判をとったことでしょう。そんなレベル。
彼が新田次郎と藤原ていの息子である著名な数学者だからこそ、興味をもって読めるし、楽しめる。ものすごく楽しめる。

藤原ていの「流れる星は生きている」とその後日談「旅路」とかぶっているのがつまらないと思う人もいるかもしれない。私は楽しめました。


この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2015-02-11 20:53 | 普通の小説 | Trackback | Comments(2)

久しぶりの村上春樹

「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」を読みました。

私は、往年の大ベストセラー「ノルウェイの森」が、どこがいいのかさっぱりわからなかったので、それ以後、村上春樹の作品には全く手を出さなくなったのです。Wikiで調べたら、「ノルウェイ~」は1987年刊行。ほとんど30年ぶり。

で、なぜこの期に及んでこの本を読んだか。
弟が入院中の母のリクエストにこたえて買って差し入れてやり、母が読み終わったので私にくれた、というわけ。

で、感想ですが

うーん。
最後まで苦労せずに読むことができました。
面白いかと訊かれると・・・
すごくつまらないわけではないんだけど。
他に読むものが無いなら、別に読んでもいいと思うよ、、、ぐらいな。

大昔読んだ村上春樹の作品の中で、一番面白かったのは「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」です。
母は読めなかったそうですが、ファンタジーを読んで育った人には読めるはず。
だからってもう一度読みたいというほどでもないけど。

他に「風の歌を聴け」「1973年のピンボール」を読んだような気がします。
「羊をめぐる冒険」は確かに読みました。
遥か昔なので、よく覚えていないのですが、それまでの日本文学とは違うと感じたのは確かです。アメリカ文学っぽいような気がして、新しいタイプの作家が生まれたんだな、みたいなことを思ったものです。
でも、ジョン・アーヴィングの「熊を放つ」「ガープの世界」「ホテル・ニューハンプシャー」を読んで、「なあんだ、村上春樹はこの人のパクリじゃん」と思ったのでした。
(「熊を放つ」はわけがわからなかったけれど、「ガープ~」と「ホテル~」は強烈に面白かったです。長い小説を読みたくてたまらない人にはお薦めします)
ちなみに、「熊を放つ」は村上春樹翻訳。
プロの翻訳家でもないのに、あの長編を訳そうなんて、よっぽどアーヴィングのファンなんだろうし、翻訳作業を通じて作品の中にどっぷり浸りきってしまったのだろうから、影響を受けるのはしょうがないのかも、と思ったものでした。・・・妙に寛大だが偉そうだ>私(自爆)
「ノルウェイの森」は、もしかしたら、アーヴィングから脱皮した作品だったのかもしれない。(何も覚えていないのでよくわからない。きっと的外れです)
でもとにかく面白くなかったんで。

まあ、この本をきっかけに彼の他の本も読んでみるか、、、とはつゆほどにも思わなかったというのが、今日の結論です(苦笑)

この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2015-01-23 21:20 | 普通の小説 | Trackback | Comments(8)

わたしを離さないで

カズオ・イシグロ著。
映画作品として先に知っていた。観たわけじゃなくて。
予告編を視て、「あーー、そういう映画か。観たくないな」と思ってそれっきり。

亡父の蔵書だったのです。
少しでも本を減らしたい母が「邪魔だから何か持っていってよ」と懇願するので、しょうがないなあとこれを選んだという(苦笑)

持ってきてからも読まずに数か月。
中年以降、すっかりノンフィクション体質になっているので、フィクションに取り掛かるのにきっかけが必要なんです。
今回は「図書室の魔法」がきっかけ。
まだこっちのほうが読みやすそうだと思った(自爆)

実際、とても読みやすかった。
ほっとした。(なにしろ苦手なSFがらみの物語の後だから)
これも一種の異世界ファンタジーなのだけれど、SFではない。

深い悲しみが底流にある。
私の脳内では淡いピンクがわずかに混じった薄紫の世界。
カタルシスがあるわけでない。
正直、全然好きな話ではない。
でも読み終わって何かが残る。
カズオ・イシグロの力量を感じた。

この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2014-10-23 21:23 | 普通の小説 | Trackback | Comments(4)

夏のロケット

「川の名前」を書いた川端裕人のデビュー作なのだそうだ。

高校時代のちょいとオタッキーな仲間たちのその後、というお話。
たいへん面白い。
ここんとこハズレばかりで意気消沈していたのだけれど、ようやく面白い本に出会えた。

そして、
「川の名前」のときも感じたけれど、川端さんの小説はランサム的です。
子供のときに初めて「ツバメ号の伝書バト」を読んだときの気分がよみがえりました。
ランサム・サガの子供たちが、大人になってからもう一度金鉱探しに挑戦しているみたいな感じ。

それだけじゃありません。

私は「伝書バト」、好きは好きなんだけれど、ベストではない。
あの作品は理系のことが多くて、面倒くさくてたまらない。
だから子供のとき、いつも読み飛ばしていたのです。
今回、ロケット造りの理論的な話をばんばん読み飛ばしているときに、「この懐かしい感じは何? そうだ、伝書バトを読んだときと同じなんだ!」と思い当たったのです(苦笑)

だから、「伝書バト」が得意な人はぜひ。

サントリーミステリー大賞の優秀作品賞受賞作だというけれど、これがミステリーなのかな? こんなに面白いのだから、違う賞だったら大賞をとれていたかも? だからってどんな賞がふさわしいのかもわからないけれど。直木賞とも違う。ファンタジーというのとも違う。

川端さんがいまいちメジャーでない(そこんとこもランサムに似ている(苦笑))のは、既存のジャンルと微妙にずれていて、損してるということなのかな? 


この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2014-10-05 20:43 | 普通の小説 | Trackback | Comments(4)

メリーゴーランド

荻原浩の小説。
前に読んだ「神様さまからひと言」がけっこう楽しかったから、疲れた頭にいいかなと思って読んだのだが・・・思いがけず辛口なお話で、ストレス解消にはぜんぜん不向きでした。
熱帯雨林のレビューは「神様~」以上に好評です。
どーやら私が疲れすぎていたらしい。。。
有川浩の「県庁おもてなし課」を思い出してしまった。
「お役所仕事」が辛辣に語られているという点で共通してるので。
「ドラマ向き」という点でも共通してるかも。
[PR]

by foggykaoru | 2014-10-04 21:42 | 普通の小説 | Trackback | Comments(2)

獣の奏者Ⅰ~Ⅳ

国際アンデルセン賞を受賞した上橋菜穂子さんの作品。
上橋さんは子供時代の愛読書を問われると、必ずランサムを挙げてくれる良い人です(^^;

読み始めてすぐ、ル=グインの「西のはての年代記」を思い出した。

ⅠとⅡを一気に読み、おおさすが!と感動し、ここで一応終わるからやめようかなと一瞬思ったけれど、思い切ってⅢとⅣまで読んだ。
Ⅱまでのほうが広がりがある。のびやかな感じ。
Ⅲから後は集約していく感じ。
Ⅳは「完結編」。ほんとに完結してしまう。

ああ・・・ ああ・・・

面白かったけれど、読み返す気分にはならない。

Ⅴは外伝。読もうかな、どうしようかな。

上橋さんは子供の本を書いているつもりはないそうなので、カテゴリーは「児童書関連」ではなく、「普通の小説」にしておきます。「普通」なのかな。まあいいや。

「Ⅰ 闘蛇編」に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2014-08-27 22:06 | 普通の小説 | Trackback | Comments(11)

オネーギン

プーシキン作のこの小説は、オペラやバレエで「エフゲニー(エヴゲニー)・オネーギン」の名前でよく知られています。パリのオペラ座でバレエを観たときは爆睡してしまったのですが、原作を読んであったらもうちょっと起きていられたかも。
今回は旅行中。連れがもってきていた本を借りて読んだのです。私と違って、ちゃんと行先に関連した小説をもってくるところが真面目な人です。

これは「韻文小説」なのだそうで。翻訳するの、さぞかし難しかったことでしょう。結局、散文体の、普通の小説として訳されていますが、正解だったのでは。

あらすじは知っていたのですが、楽しく読めました。あとがきや裏表紙の紹介文に「バイロン的」という言葉があったけど、ある程度は意味が想像できたし。

個人的な最大のツボは「ふさぎの虫」と訳されている単語。
ロシア文学というのは当時の先進国の言葉、つまりフランス語がバリバリちりばめられていて、翻訳する人はロシア語以外の言語もわからなくてはいけないんだなご苦労様といつも思うのですが、この単語は英語です。spleen。以前読んだフランス語に関する文章の中に、「19世紀ごろからフランス語において英語からの借用語が増大する。英国かぶれの人々はbifteck(ビーフステーキ)を食べ、grog(ラム酒)を飲み、humourをとばしたり、spleenにとりつかれたりしていた」とあったのです。で、spleenがわからなくてわざわざ普段は引かない英和辞典を調べた、ということで、非常に印象的だったのです。「ふさぎの虫」は当時のヨーロッパではとてもクールで、フランスだけじゃなくて、ロシアにまで及んでいたのです。。。

プーシキンはちょいと反体制的だったそうで、あちこちに流されてるようで。この小説を書き始めたのはオデッサに流されていたとき。オデッサはウクライナだったけれど、最近ロシアになりました。反体制的と言っても「ちょいと」という程度ですが、この作品にもその傾向は見てとれます。ぶっちゃけ「金持ちは暇で死にそうなんだよ」という内容ですから。「生きていくためには働かなくてはならない」というのは、往々にして救いとなるのだろう。

この本に関する情報はこちら


オデッサのプーシキン博物館に行ったときの旅行記はこちら
すっかり忘れてたけど、連れと別れたあとに、一人で行ったのでした。
[PR]

by foggykaoru | 2014-08-17 09:01 | 普通の小説 | Trackback | Comments(2)

海へ

実は旅行に行って帰ってきたところです。
今回はとても暇な旅だったので、短かったわりに本を読めました。その中の1冊。南木佳士作。ユーズドでしか入手できません。

例によって、作者自身とおぼしき医師が主人公。
病を得た彼がリハビリの一環として海に行く。そこでのちょっとした出会い。
例によって、読ませるのです。
登場人物の一人が言っているとおり、この人の小説はわかりやすい。病気の人にとっては救いになるのだろうなと。
同行者(今回は2人旅)も「面白かった」と言ってました。




実は、サリンジャーの「ナイン・ストーリーズ」も持っていったのですが、あれは強烈な睡眠導入剤としては役立ったけれど、暇つぶしにはなりませんでした。9つのうち2つ読んだだけでギブアップ。
[PR]

by foggykaoru | 2014-08-11 22:13 | 普通の小説 | Trackback | Comments(2)

風の影

カルロス・ルイス・サフォンというスペインの作家の小説。
古書店の跡取り息子がたまたま見つけた本がきっかけで、謎めいた出来事が次々と起こる。

友人の薦めで読んだ。
もっとも、「大絶賛というわけじゃないんだけれど」という微妙な薦め方だったけれど。


読んでみて

なるほど。

スペイン人って血の気が多いなあ。
全世界で翻訳され、大人気を博したそうだけど、こういう小説は私はタイプではないので、友人と同じく、大絶賛はしません。
何かにちょっぴり似ていると思ったら、ケン・フォレットの「大聖堂」でした。あれはミステリー仕立てじゃないけど。
私は歴史ものが好きだから、どちらかというと「大聖堂」のほうが好みだけれど、まあ似たようなものです。
児玉清氏がご存命だったら、きっと絶賛なさったことでしょう。
長くて派手なストーリーの本を読みたい方には薦めます。

不謹慎な言い方かもしれないけれど、
スペインにとっては、スペイン内乱が「得意ネタ」なのだなあと思いました。
(映画「パンズ・ラビランス」もそうだった。)
ドイツにとって、ナチス・ドイツが得意ネタであるように。
日本にとっての得意ネタは何なんでしょうか。
「天皇陛下万歳」と叫んで死んでいった神風特攻隊? うーむ。私は「永遠のゼロ」は読まないだろうし、観ないだろう・・・

あと、スペイン男の一典型はマッチョなのだな、と改めてしみじみ思った。
強い男、というか、暴君。
(映画「パンズ・ラビランス」に出てくる男もそうだった)

この本(のとりあえず上巻)に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2014-07-31 22:00 | 普通の小説 | Trackback | Comments(2)