カテゴリ:ルポ・ノンフィクション( 99 )

最初の刑事

副題は「ウィッチャー警部とロード・ヒル・ハウス殺人事件」
著者はケイト・サマースケイル。
この人のデビュー作「ネヴァーランドの女王」は、ランサムの言及を見つけたのに、全然うれしくなかったという稀有な例として、忘れられない本。

1860年に実際に起きた殺人事件の顛末。
舞台は田舎のお屋敷。
使用人がいっぱい。
家族もいっぱい。
お金持ちの立派な家族かと思うと、まるでゴシックロマンのような人間関係があって。
いつまでたっても解決がつかないので、被害者が埋葬された後になって、ようやくロンドン警察の腕利き刑事が派遣される。
この人が、今でいう犯罪捜査官のはしりで、だから「最初の刑事」
でも、いくら有能でも、ろくな証拠が残ってないんだから、そりゃ大変。

ハードカバーを一気読み。
英国の推理小説が好きな人にはたまりません。
なにしろ、小説顔負けの舞台設定。
というより、この事件が、後々の英国推理小説をインスパイアした、ということらしい。
(RPG好きな人が、「指輪物語」を読んだり映画を見たりして、「なーんだ、RPGみたいじゃないか」と言うけれど、そもそも「指輪物語」こそが、多くのRPGのもとになっているんだよ、、という話を聞いたことがある。それとおんなじこと)

高野秀行氏が2015年度のベスト10ノンフィクションとして挙げている本の1冊。
他にも読みたい本があって、どうしようかと悩み中。

この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2016-02-14 21:48 | ルポ・ノンフィクション | Trackback | Comments(0)

温泉へ行こう

初刊は昭和63年。約30年前。
古いねえ。
当然のごとく、ユーズドでしか入手できません。

書いたのは山口瞳。
この人は私が子供の頃、大人の週刊誌にエッセイを連載していた。
私はそのへんに置いてある文字はたいてい読んでしまう子供だった。
だから大人の週刊誌も読んで、よく怒られた。
でもさすがにエッセイは読まなかった。

なぜこんな本を・・・って
やっぱ日本は温泉でしょ!って思ったからです。

この本は企画もの。
編集者と一緒の温泉巡りの話。

内容は古い。
けれど、その古さこそが興味深い。

何が古いって、著者の感覚が、まさに昭和のサラリーマンのおやじだということ。
この本書いたのは50代後半なのだけれど、今のその年齢のおやじとは、おやじ度が違う。
と決めつけてはいけないか。
なにしろ私はおやじではないのだから、はっきりしたことはわからない。
でも、今のアラカンの作家はこういう感覚ではないのでは?
そういう感覚が残っていても、正面切ってそれを表すことはあまりしないのでは?
と思ったのです。

それに、今のアラカンおやじよりも、肉体的に老け込んでます。
もともとサントリーの営業だったから、お酒が仕事の一部だし、生活習慣病にもなりやすかったんだろうけど。

昭和は遠くなりにけり。

山口瞳のいちばん有名な小説は「江分利満氏の優雅な生活」
昭和のサラリーマンの暮らしぶりが、今読むと懐かしくて楽しいかも。
[PR]

by foggykaoru | 2016-01-16 19:41 | ルポ・ノンフィクション | Trackback | Comments(0)

高野秀行さんがこんなところに!

雑誌の話題が続きますが・・・

ダ・ヴィンチ2月号に高野さんが登場。
対談です。
相手はなんとオードリー春日!

いよいよメジャーの仲間入り?

高野さんがメジャーになるのは嬉しい。
しかも、旅の資金を稼げるわけだし。(特にソマリランドはお金がかかる)
でも、時間が足りなくなるのでは、、とちょっぴり心配。
[PR]

by foggykaoru | 2016-01-12 21:57 | ルポ・ノンフィクション | Trackback | Comments(2)

もっと秘境駅へ行こう!

牛山隆信著。表題からわかるとおり、「秘境駅へ行こう!」の第二弾。
第二弾は二番煎じであることが多いけれど、これは違う。
編集後記でも「これは二匹目のドジョウではない」と言い放っているだけのことはあります。
厳冬の北海道に道なき道を歩いて遭難しそうになる、というような話(←私はそういうのがけっこう好きよ)は出てこないけれど、1冊目が気にいった人は楽しめるはず。

ところで、あとがきを書いている原武士という大学の先生。
確かこの人は・・・と思って検索してみたら、やっぱりそうでした。
マンガ「さんてつ」に登場して、三陸鉄道の乗車券を1000枚購入した人。
そして、「鉄道は採算が取れないからと言って、バスに切り替えるのはNG」と言っていた人です。

マンガ「さんてつ」の感想文は書いてませんでしたが、昨年夏、「あまちゃん」巡礼の旅をする前、準備の一環として読んだのです。
三陸鉄道(「あまちゃん」では「きたてつ」)を応援する気分を盛り上げるのに最適でした。
「あまちゃん」のファンでなくても、震災の記憶(記録)として、興味深く読めるはず。


「もっと秘境駅へ行こう!」に関する情報はこちら

マンガ「さんてつ」に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2015-12-10 21:34 | ルポ・ノンフィクション | Trackback | Comments(2)

秘境駅へ行こう!

神保町に行ったついでに書泉グランデに立ち寄りまして。
この書店、前からオタクの匂いがたちこめているなあと思っていたんだけど、ますますすごくなってました。

私が行くのは「旅行」と「冒険」のフロア。
最初に行ったのが「旅行」のほう。
エレベーターを降りてギョギョギョ(さかなクンじゃないよ)

そこは90パーセント「テツ」の世界でした。
書店なのに、本以外のもの(鉄道関連のグッズとか)が山ほどある。
「地球の歩き方」も置いてあるけど、申し訳程度。そういうフツーの本は、フツーの書店のほうがよっぽど品揃えがいい。

そんな中で見つけたのがこの本。
高野秀行氏のお薦め本だったなあと思い出して買ってみました。

たかが日本の鉄道の駅。「秘境」たって大したことないでしょ。電車に乗ってりゃ行けるわけだし。
という私の予想は覆されました。

「電車に乗ってりゃ行ける」とは限らない。
通り過ぎちゃうんです。各駅停車が少ないから。
下車したら翌日まで電車が来ない、ということも。
周囲には旅館はおろか、人家すらない。
だから「駅寝」するしかない。

あと、駅に到達する道が無い駅がある、というのが衝撃でした。
車の通る道が無いのはもちろん、人のための道も無い。
きっと、もとはあったんですよね? 
誰も使わないからなくなった、ということですよね?

日本の鉄道を乗るだけで、こんな冒険ができるとは。
なにしろこの人、北海道の秘境駅にはわざわざ冬に行くんです。物好き~! 
でもその心意気がなんとも素敵。

でも私にはできないんだよね。
真冬の北海道はもちろんだけど、そもそも私は「駅寝」なんかできません。

でも、通りすぎるだけでもいいかも。
たとえばJR山田線。
去年、「あまちゃん」めぐりの旅を敢行したとき、盛岡~宮古をバスで行ったんです。だってそれが普通の行き方なんだもん。
あまちゃんツアー、もう1回やろうかな。山田線に乗るために(!)

あと、飯田線にも乗ってみたいかも。

私は海外旅行で公共の交通機関に乗ってのろのろと移動するのが好きなのです。だから、「乗り鉄」的な体質はあるんだろうなと、新たな自覚(?)みたいなものが生まれました(苦笑)


牛山隆信著。
ネタがすごいだけじゃなくて、文章が上手。
続編の「もっと秘境駅へ行こう!」も読みたくなった。

この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2015-11-23 22:31 | ルポ・ノンフィクション | Trackback | Comments(4)

どこへ行っても三歩で忘れる鳥頭紀行--ジャングル編

サイバラこと西原理恵子のマンガ+勝谷誠彦の文章、という体裁の旅行記?

ブック○フで108円だったので、半身浴のおともにちょうどいいと思って買ったんだけど、サイバラのマンガの文庫化は、アラカンの私の目にはキツすぎまして。
ので、読むために100均で虫眼鏡を購入したのでした(苦笑)

この2人+アルファの面々が、アマゾンに行ってだらだらと釣りをするのであります。

期待したほどぶっとんでいなかったなあ。
旅行記というものをあまり読んでない人には新鮮なのかも。

このシリーズはもう読まなくていいかも。
虫眼鏡は・・・まだこれからもいろいろ使うことがあるでしょう(自爆)

この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2015-11-13 21:49 | ルポ・ノンフィクション | Trackback | Comments(0)

はい、泳げません

高橋秀実著。
泳げない著者が、水泳を習うお話。

私だって大して泳げないけれど、
いやー 水が怖い人ってそうなんだー 
とびっくりさせてくれるところがたくさん。

水の中って、全く違う世界だからこそ、素敵だと思うのに。

コーチは手を変え品を変え、教えてくれる。
でも著者は、そのいちいちにひっかかる。とにかく理屈っぽいのです。

たまにうまくできると、「できた!」という嬉しくなる。
その嬉しさを噛みしめるために、立ち上がる。
それを見たコーチ、「なんでそこで立つかなあ」とため息をつく。

という感じの本。面白いです。

ほんとに、なんでそこで立つかなあ・・・

それにしても、著者は東京外語大卒なんですね。ふーん。

というのは、いちいち理屈でひっかかるのは、語学上達には損なタイプだから。少なくとも、初級の頃は、言われたことを素直に覚えるしかない。
私は世間一般の平均よりも、多くの外国語をかじっているので、外国語を学ぼうとして語学学校に集ってきた人にも比較的多く出会っている。
その私の経験から言うと、外国語習得、少なくとも初歩レベルの習得に関しては、女性のほうが男性よりも向いている。(あくまでも一般論)
男性はどうでもいいところでひっかかる。(あくまでも一般論) 理屈っぽい。
理屈でひっかかっても意味無いのに。なにしろ「ネイティブがそう言っているから」で終わりなんだから。
上級レベルになったら、理屈っぽさは逆にプラスになるんですけどね。

だから著者は語学向きじゃないな、と思ったのです。(でも男性としては普通だということ)


高野秀行の「腰痛探検家」に通じるところがあって、著者の「弱くても勝てます」に迫る面白さです。
でも、紙媒体の本は、ユーズドでしか入手できないんですね。
Kindle版は440円ですって。
[PR]

by foggykaoru | 2015-06-24 21:40 | ルポ・ノンフィクション | Trackback | Comments(0)

不可触民

副題は「もうひとつのインド」
著者の山際素男は「マハーラーバタ」の翻訳で賞を受賞した人だそうだ。

不可触民(不可触賎民という言い方のほうが普通?)の実態に迫ったリポート。

以前、「女盗賊プーラン」を読んだときのショックほどではないけれど、やっぱり衝撃的。
すさまじいです。
他人様の信仰についてどうこう言うべきではないのでしょうが、ヒンズー教、カーストというのは問題だと思います。(バリ島もヒンズー教だけど、あそこはちょっと違う。かなりユルイ。なにしろ牛肉も食べちゃうんだそうで)
言うなれば、インドという国は、国をあげて「いじめ」を黙認、奨励しているようなもんです。

なんだかんだ言って、「愛の宗教」を自称するキリスト教は悪くない。
キリスト教にだって負の歴史は山ほどあるけど、「お前たちにはマグダラのマリアをさげすむ資格はない」とか言ったイエス様はかなり偉い。

昔、何かで読んだけど、日本にキリスト教の宣教師がやってきたとき、日本の民は自らの手を汚して働く宣教師の姿を見て、「この人は偉い」と評価した。
でも、インドで同じことをしたら、全く尊敬されなかった。
インドの人々は「あんなことは下位のカーストがやること。自分でやるなんてどうかしてる」と思ったので、とても布教しにくかったんだそうで。
確か、ザビエルってインドで死んだのですよね。きっと失意の中で。

ガンジーなんかダメ、だそうです。
彼は不可触民のことを「ハリジャン=神の子」と呼んだそうですが、それは「おためごかし」である、と、一部の目覚めた不可触民は口をそろえる。

不可触民の中には、イスラム教や仏教に改宗する人が少なくない。(その結果、イスラム教徒や仏教徒がさげすまれることがある。)
だから、パキスタンが分離独立したのは、イスラムだから、というよりも、カースト社会から脱却するためだったという側面があるのだそうです。

インドを個人旅行していて、いろいろ被害に遭う女性の話をちょくちょく聞きますが、「虫けらのように扱ってもかまわない人間」の存在を当たり前とする環境に育ったら、たまたま出会った異国の女性をどうしたってかまわない、という気分になりやすいはず。

インドって今、経済成長著しいそうで。
中国の経済成長にかげりが見え始めた今、これから投資するならインドだ、とか言われます。
でもインド国民の4分の1が不可触民なんですって。
数億の人々が常に飢えていて、農奴、あるいは家畜同様の扱いを受けている国。
もしかしたら、家畜以下かも。なにしろ死んだって惜しくないんだから。
そういう国が経済成長するって、何なのかなあ。

この本に関する情報はこちら


ついでに「女盗賊プーラン」に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2015-06-18 21:51 | ルポ・ノンフィクション | Trackback | Comments(4)

トラウマの国

高橋秀実のルポ、と言うべきなのかな?
ルポの短編集というのも変だが、そんな感じ。
1篇は20ページ足らず。さらさら読めます。
で、読んで早1週間以上。もう全部忘れてる(涙)

いや、一つだけ覚えていた。
この本が書かれたのが「ゆとり教育」の時代で、それをテーマにしている1篇もあるということ。
一番できない子に合わせるから、ほとんどの子供が授業中、退屈し切っている、という様子が描かれてました。
妙に懐かしさを感じつつ読みました。
ほんとにあれはどーしよーもないものだった。

この本はユーズドでしか買えません。
[PR]

by foggykaoru | 2015-06-09 21:03 | ルポ・ノンフィクション | Trackback | Comments(0)

モンゴル紀行

司馬遼太郎「街道をゆく」の第五弾。
1978年、つまりソ連健在なりし頃のお話。
日本→ハバロフスク→イルクーツク→ようやくウランバートル という旅程で、当時のソ連が聞きしに勝るストレスフルな国だということがよくわかる。
誰かさん(←もう忘れてる)が「ソ連は今残っている唯一の外国」と言ったんだそうだ。つまり、他の国とぜんぜん違うということ。

違ううちに行ってみたほうが、辛くても興味深かっただろうと思うと、何か損した気がしないでもない・・・と思ってしまう、性懲りの無い私。

ソ連がそんな国になってしまった要因の一つとして、モンゴルの騎馬民族があるかも、と司馬さんは言う。
なんでも、ロシアが国の体をなす以前に、モンゴル騎馬民族がやってきた。
モンゴルはロシアの民をは徹底的に搾取し、「タタールのくびき」という表現を残した。
そして、ロシア人は「国というのはそういうもの」と刷り込まれてしまった。
これがソ連という国家にも脈々と続いているのかも、と司馬さんは思ったのである。

多民族を徹底的に抑圧したモンゴルだけれど、騎馬民族のおおらかさというものがあった。
だから社会主義国家となったモンゴルは、ソ連とは違って、人々にとって居心地の良い、ゆるやかさのある国になった、とか。

司馬さんは数学ができなくても入れた大阪外国語学校蒙古語学科で学んだ。ろくすっぽ教材の無い状態だったので、学生が自分たちで辞書を作ったんですって。印刷会社にもわたりをつけて。単語集に毛が生えた程度だったらしいけれど。元気でいいなあ。
モンゴル語は言語学的に、けっこう日本語に近いらしい。それがキリル文字を採用しちゃったんだ・・・うーむ。

馬乳酒ばかり飲むのは、それが乾燥した地域では、水分をとる手っ取り早い方法だから。
そんな気候風土が私の身体に合うとはとても思えないけれど、やっぱり1度は行ってみたい。

古い本だけど、ちゃんと増刷されている。さすが司馬遼太郎。
この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2015-05-31 07:34 | ルポ・ノンフィクション | Trackback | Comments(2)