カテゴリ:ルポ・ノンフィクション( 101 )

論文捏造

著者の村松秀はNHKの「史上空前の論文捏造」という番組の制作陣。

stap細胞騒動のときに存在を知った本です。
そのときは熱帯雨林で在庫無しだったのが、しばらくして再チェックしたら今度はあったので、あら嬉しい♪と、即「ぽちっとな」
「2014年5月30日6版」とあります。きっと急に売れて、慌てて刷ったんでしょう。

2002年に発覚した、シェーンというドイツ人研究者による論文捏造のてんまつ。

驚くほど今回のstap騒動に似ている
とは聞いていたけれど、ほんとうにそう。
一つだけ大きな違いがあるとすれば、シェーンに比べてO保方さんがあまりにもスットコドッコイであること。

これ以上はネタばれしません。興味のある方はぜひご一読を。
なお、純粋文系の私が苦労せずに読めたので、どうぞご心配なく。

シェーンは研究所を解雇された。

そして我がニッポンのO保方さん。
彼女の処遇はどうなるの? 
研究者はD論文のパクリだけで「NG」を突きつけた。
研究者でなくて、普通の感覚を持った一般大衆は、それだけではピンとこなかったかもしれないけれど、「陽性かくにん よかった」で「よくないでしょ!」とはっきりわかった。
そこまでレベルが低い人が、解雇されないのはおかしいです。なにしろ給料は税金ですよ。

こういう記事を読むと暗澹とした気分になるんですけど。


この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2014-06-10 20:04 | ルポ・ノンフィクション | Trackback | Comments(2)

再び、立ち上がる

東北に基盤を置くローカル紙、河北新報の震災関連記事をまとめた本。
「河北新報のいちばん長い日」を読んで、この会社に肩入れしたくなって、購入しました。(印税は義援金♪)

報道を通じて聞いた話がかなりあるけれど、面白い、、というと語弊があるけれど、interestingです。
なにしろ新聞記事、読みやすくて「半身浴のおとも」にする前に、つるつると一気に読んでしまいました。

日本人なら読んでおいていい本です。
いや、翻訳されて外国で出版されてもいいと思う。

津波のとき、車が渋滞した。
「車を捨てて逃げろ」と言っても、多くが車にとどまり、津波で流された。津波を甘くみた、あるいは車を惜しんだ。あるいはその両方。
過去の津波の体験や言い伝えを覚えていて救われた人々もいれば、過去の大津波でもこの地域は大丈夫だったからと、逃げ遅れた人々もいる。
すべてが「私」だ。
どの人々の気持ちもわかる。
自分がどの人間になるかは、「そのとき」になってみなければならない。


この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2014-04-12 08:13 | ルポ・ノンフィクション | Trackback | Comments(0)

河北新報のいちばん長い日

河北新報は仙台に本社を置く地方紙。創刊以来、(休刊日を除いて)毎日地元の情報を伝え続けてきたこの新聞「いちばん長い日」とはもちろん3.11、東日本大震災の日。その日からの悪戦苦闘の記録である。

あれから3年。日に日に報道がまれになり、被災者でない私にとっては過去のものになりつつある。いかんなあと思っていたら、書店で見つけた。

新聞社自身、つまり記者たちがまとめた本だから、読ませるという点では鉄壁。

印象的だったのは、新聞という今や究極のアナログ媒体の重要性である。
日頃はテレビやネットなどで情報を得ることができる。また、緊急情報はツイッターが強い。
でもやっぱり、新聞は必要なのだ。

河北新報は輸送や販売網がずたずたになった中で、宅配を続けた。
情報を待ち望む人々は口々に「ありがとう」と言い、むさぼるように読んだという。

震災で電源が落ちたとき、オール電化の家はどうしようもなかったという。それと同じ。

自然災害をはじめとする、さまざまな理由で新しい技術がダウンしてしまうという可能性はいつだってあるわけで、そういうときは、もはや時代遅れと思われていたものが意外な強みを発揮する。
新聞をとらなくなって久しい私だが、やっぱり新聞は必要なのだ。

あとは、地元に根付いた地方紙の重要性。東京在住の人間にはあまり関係ないんだけど。
福島原発が危ない!となってから、全国紙はそちらにシフトしてしまった中、河北新報は震災プロパーの情報を発信し続けた。

一読しておいていい本だと思う。

この本に刺激を受けて、Youtubeの震災関連の動画をいくつか見た。

震災直後は、テレビのニュースで見た動画が中心だった。
でも今はもっといろいろな動画がある。
印象的だったのは、高台から撮影されたもの。沖合を撮影しているのだけれど、最初の数分間、ほとんど動きがない。やがてさざ波が静かに川面に見え始める。それが次第に大きくなり、突然牙をむく。この変化がすさまじい。
テレビでは派手な場面だけを編集して見せられたのだけれど、その部分だけでは津波の恐ろしさの半分しか伝えられていない。

被災者の心情を慮って、もはやテレビでは津波の映像は流れない。
それは理解できるけど、果たしてそれでいいのだろうか?という疑問もわく。


この本に関する情報はこちら
当時、実際に河北新報を手にした人々のレビューは必読。
[PR]

by foggykaoru | 2014-04-01 21:43 | ルポ・ノンフィクション | Trackback | Comments(6)

地雷を踏んだらサヨウナラ

著者・一之瀬泰造という人はフリーカメラマン。
72年からインドシナ、特にカンボジアを舞台として活躍し、73年に共産軍に占拠されたアンコール・ワットに単独潜入、消息を絶ち、82年に死亡を確認されたのだそうだ。

こういう本はアンコール・ワットに行く前に読むべき?
でも、行った後だからこそ、登場するになじみがあり、現在の姿を知っているだけに、興味深く読めた。
今でこそアンコール・ワットは何の心配もせずに観光できるけれど、内乱後しばらくの間は、大雨が降ると埋められた地雷が流れだしたりしていたそうで。
今だってちょっと離れた遺跡に行く場合、「周囲に地雷が残っているから、道路からはずれてはいけない」なんてことがガイドブックに書かれているのです。

で、この本ですが、
彼の日記と両親や知人にあてた手紙で構成されている。
同じ時期に違う相手に書いた手紙も多いので、同じことの繰り返しがわりと多い。でも、繰り返しのおかげで、彼の熱い思いがかえって強く伝わってくる。

この本の宣伝コピーを私が書くなら
「青雲の志を抱いて海外雄飛した若者が、戦場で駆け抜けた青春」
手垢がついた表現の羅列ですが、本当にそういう感じです。


この本を読んだオバさんとして、私が若者へ送るアドバイスは以下のとおり。←誰もアドバイスしてくれなんて頼んでないって(苦笑)

「一旗揚げたい」と思うのは若者の特権です。
もしも海外で何かやりたいのなら、どうぞどんどんお行きなさい。
失敗しても死にはしないです、たぶん。(戦場カメラマンのような、命を張る仕事の場合はおいといて)
やりたいのにあきらめるのは、人生がもったいない。

そのために、日本で準備できることは、なるべく準備しておいたほうがいい。
一之瀬氏だって、カメラマンなんだから写真で勝負!と言いたいところだけれど、それだけではダメだった。
外国人同業者に「英語を勉強しろ」としょっちゅう言われた。高野秀行さんだったら行く前に現地の言葉も勉強していくよ。
あと、カメラマンは自分の写真に記事を付けなければならないこともある。文章力もあったほうがいい。
一之瀬氏にとって、日本への手紙を書くことが文章修業になったらしいけれど、巻末の「未発表記事」はいまひとつ読みにくい。もっとキャリアを積めばもっと文章力がついただろうと思うと切ない。



そして、
一之瀬氏だけではなく、
一之瀬氏と交流があった現地の人々の多くもまた、きっとポル・ポトによって虐殺されてしまっただろうと思うと、また切ない気持ちになる。



この本に関する情報はこちら
あら、映画化されていたんですね。知らなかった。。。
[PR]

by foggykaoru | 2014-03-21 09:27 | ルポ・ノンフィクション | Trackback | Comments(4)

行かずに死ねるか!

石田ゆうすけ著。副題は「世界9万5000km自転車ひとり旅」
「お前は馬鹿だ」と言われながら脱サラして、7年半かけて自転車で世界一周した記録です。
私はあまり他の人の旅行記は読まないのだけれど、自分が絶対しない旅、できない旅をやった人の本は好んで読みます。高野秀行氏の本とかね。

ひと言で言えば
爽やかです。

7年半を文庫本1冊にまとめてあるので、まさに旅のエッセンス。そぎ落とすのが大変だったとあとがきにある。そりゃそうでしょう。だからこっちは退屈せずに読めるのだけれど。

「お前は馬鹿だ」と言われても、安定した生活を捨てたという点で、高野さんと共通している。高野さんは捨てたというより、最初から背を向けたんだけど。
「馬鹿だと言われてもあきらめきれずにやってしまう」若者は、世の中にある程度はいたほうがいいんじゃないかと思う。それも国の活気の一要素なのだ。でも、もう我が国にはあまりいないんではないか。そもそも若者自体が少ない、ということもあるし、なによりも就職が大変すぎる。やっとの思いで就職したら、もう怖くてやめられないんじゃないのでは・・・? 精神的にも疲弊してしまって、もう旅どころじゃなくなってるのでは。 

7年半も旅してたら、いろいろな出会いがある。
命からがらの目にも遭う。
そしてやりきった果てに待つのは充足感ではない。(充足感もあるだろうけれど)もっと複雑な感情。
「帰ってくる」のだから、最後は既視感いっぱいの世界なのである。
もしも世界の果てに行きっきりだったら、どういうことになるのだろうか・・・なんてことを考えていてイメージするのが、アスランの国に行くリーピチープだったりし、やっぱり何事も基本は「行きて帰りし物語」なんだな、なんて思ってしまう自分自身に苦笑してしまうワタクシでありました。

タイトルの「行かずに死ねるか!」は、あくまでも出発前の気持ち。
旅しているうちにどんどん気持ちが変化していくので、読み終わってみると、このタイトルはかなりずれてしまっています。


この本に関する情報はこちら

著者石田ゆうすけ氏のブログはこちら
[PR]

by foggykaoru | 2014-03-13 21:45 | ルポ・ノンフィクション | Trackback | Comments(2)

幻の楽器 ヴィオラ・アルタ物語

著者の平野真敏という人は、もともとヴィオラ奏者。
ひょんなことからヴィオラよりもひとまわり大きいヴィオラ・アルタという楽器と巡り合う。

この楽器がいつ、誰にどこで作られたのか。
どのように使われたのか。
なぜ忘れ去られたのか。

ヴィオラ・アルタの音色に魅せられ、ついにヴィオラ奏者からヴィオラ・アルタ奏者に転向してしまった著者の探索の旅。

面白いです。
特に、なぜ忘れ去られたかが。
あくまでも推論に過ぎないけれど、説得力あります。
そんなことで優れた楽器が葬られてしまったなんて。もったいないことを。

ヴィオラとは音色が違うのだそうです。
ヴィオラ・アルタの音色を聴きたい人は著者のHPへどうぞ。
ヴィオラの音色をよく知らない私には、聴いてもピンとこなかったのでした。ざんねん。


この本に関する情報はこちら

私に会うチャンスのある方、読みたかったらお貸ししますよ。
[PR]

by foggykaoru | 2014-02-21 21:00 | ルポ・ノンフィクション | Trackback | Comments(6)

ブータン「幸福な国」の不都合な真実

著者の根本かおるという人は、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の職員だった人。
だから難民問題の本。しかも「幸福な国」として大売出し中のブータンの難民。

「幸福度」で有名になる前から、ブータン王室は皇室と交流があることで知られていたけれど、この王室、実はとっても新しい。まずそこにびっくり。日本の皇室とはぜんぜん違うんです。

そして、その国王(今の人のお父さん?)が、あるときいきなり国勢調査を行い、国民を仕分けした。
そして「これこれの条件に合わない人はブータン国民ではない」と、国籍をはく奪してしまった・・・

知らなかった。
報道ってほんとに一面的。

エンタメ要素のない、正統派のノンフィクションなので、ひたすら真面目。高野秀行さんや内澤旬子さんの本とは違う。
でも、読んでおいて損はない本。

国連難民高等弁務官事務所というところの仕事ぶりもわかる。
当然のことながら、かなり苦労が多そう。
確か、雅子妃の妹さんが働いていたんですよね。
外務省でなく、そういうところで働いていれば、皇室に入ることはなかっただろうな・・・なんて、どうでもいいことを思ったり。




この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2014-02-15 16:31 | ルポ・ノンフィクション | Trackback | Comments(4)

飼い喰い

ずっと前から気にしていた本。
2週間ぐらい前に読み終わったので、すでに印象が薄れているのだけれど、

とても面白いです。

『世界屠畜紀行』で世界中の屠畜の現場をルポしてまわった内澤旬子さんが、自分で育てた豚を食べよう!
と思いついて実行してしまった顛末。
その間、彼女のブログで逐一報告されていて、「最後の晩餐」にはブログの読者も同席していたという。
ほんとに残念。私が彼女のブログを見つけたのは、この本が出版された後だった・・・

「豚を飼うのはそんなに難しくない」と言われて思い立ったはいいものの、実際にはそんなに簡単ではないわけで。
でも自分で始めたことだし、乗りかかった船、やめるわけにはいかない。その必死な姿が面白可笑しい・・・というところが、高野秀行氏と似ている。

考えてみたら、これって彼女の新境地?

というのは、『世界屠畜紀行』はルポ。あちこちに行っているけれど、身体を張っているわけじゃない。
『身体のいいなり』は、身体を張ってるけど、自らの意志とは関係なく病気になったわけで。

豚をほふるところのは自宅ではなく、屠畜場で、育てた本人はただ見てるだけ、、というのがちょっと残念でした。
しょうがないんだけどね。


この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2014-02-03 20:07 | ルポ・ノンフィクション | Trackback | Comments(0)

あやしい探検隊

副題は『バリ島横恋慕』
椎名誠著。ユーズドでしか買えません。

椎名さんとその友人のバリ島探訪記。
登山あり、キャンプあり、たまに高級ホテルあり、という、私が絶対にしない(できない)旅。
気の合う仲間同士のアウトドアっていいな。

今から20年近く前なので、ウブドもかなりのどかな感じ。
行くのが遅すぎたかもと思ったり。
でも観光客用にある程度しつらえてもらってから行くほうが楽なのは確かなんだよね。
年齢とともにもとから大して無い体力がますます衰えている私には、今のウブドは悪くないです。

メインサイトでバリ島滞在記連載中。


下の写真はウブドのホテルの朝食券とアフタヌーンティー券。
日本人経営のホテルなので、部屋の名前が日本語なんです。「海」とか。
私たちの部屋はMORI、つまり「森」だったんです。

c0025724_10383299.jpg

[PR]

by foggykaoru | 2014-01-04 10:40 | ルポ・ノンフィクション | Trackback | Comments(0)

アフリカで寝る

1997年度エッセイスト・クラブ賞受賞。私が読んだのは文庫で1998年刊。ユーズドでしか買えません。
著者の松本仁一がナイロビ支局にいたころ、朝日新聞に連載していたルポ。もしかして、連載当時に読んでたかも?

高野さんの本を読みなれた目には、お行儀がよくて、読み始めたときは少し物足りなく感じてしまいました。が、読み進んでいくと、なかなかいいな、さすが賞を取っただけのことはあると思いました。
でも、もともと新聞で1日に1篇ずつ読むために書かれたものなので、一気にたくさん読むと、ちょっと飽きます。
通勤時、行きに1篇、帰りに1篇読むのがいちばん。
古い話ばかりですが、古くなっていない。(たぶん)
政権が変わったりはしていても、アフリカの抱える本質的な問題はまったく変わっていないのだと思います。

[PR]

by foggykaoru | 2013-12-13 21:20 | ルポ・ノンフィクション | Trackback | Comments(6)