カテゴリ:西洋史関連( 121 )

残酷な王と悲しみの王妃

中野京子の「肖像画を見ながら歴史を語りましょう」エッセイ。

今までに読んだ彼女の著作(特に「名画で読み解く~12の物語」)とかぶるところが多いのだけれど、丸かぶりというわけではない。書き分けがうまい。

たとえば、スペイン・ハプスブルク家のマルガリータ・テレサ。
幼い頃の彼女を描いた「ラス・メニーナス」がこの本でも再び紹介されているのだけれど、他の著作ではあまり触れられていなかった、結婚後の彼女の暮らしぶりも書かれている。

あと、アン・ブーリン。
王妃という地位に固執した欲の深い女性かと思っていたけれど、そうじゃないのかも・・・むしろヘンリー8世に気に入られたのが運の尽きで、彼女は必死になって自分を守ろうとしたということだったのかも・・・という視点が新鮮だった。

今の英国王室の祖先であるハノーファー公って、嫌な奴だったのね~

メアリー・スチュアートに関しては、目新しいことはなかったけど、面白かった。

要するに、私は西洋の王侯貴族のお話が大好きだ、ということなのでありましょう(苦笑)

この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2015-10-28 20:23 | 西洋史関連 | Trackback | Comments(0)

名画で読み解くロマノフ家12の物語

中野京子著。
「名画で読み解く・・・12の物語」シリーズ。「ハプスブルク家」「ブルボン王朝」に続く第三弾。

非常に面白いです。西洋史好きにはお薦め。
前にも書いたけれど、中野京子さんは西洋美術の人ではなく、西洋史の人。
だから「怖い絵」シリーズよりもこのシリーズのほうがずっと面白い、というのが私の持論。

何十年も前にアンリ・トロワイヤによる「大帝ピョートル」「女帝エカテリーナ」、「アレクサンドル1世」を読んで、ロシアの帝位をめぐる争いの凄惨さに恐れ入ったものでしたが、この本を読んで思い出しました。

アンリ・トロワイヤの本は、1人につき1冊、それも分厚い1冊。
こちらは12人で新書1冊。素人にはこっちで十分。

この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2015-08-05 22:06 | 西洋史関連 | Trackback | Comments(0)

英国貴族の令嬢

以前読んだ「英国メイドの日常」と同じシリーズ。著者も同じ村上リコという人。けっこう大した人なんじゃないかと思う。
最初に読んだ「メイド」のほうが新鮮だったけれど、これはこれで面白い。
中身が濃いわりに、写真がたくさんあるので気軽に読める。

19世紀~20世紀初頭の英国貴族の令嬢がたどった典型的な一生を細かく説明されている。
結婚しなかった(できなかった)ケースのことがあまり述べられていないのが、ちょっと物足りない。
アガサ・クリスティーなんか読んでると、けっこういるんだよねえ。ずっと独身で、いったい何して暮らしてるんだかよくわからない上流階級の女性が。


この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2015-07-29 22:23 | 西洋史関連 | Trackback | Comments(2)

わが青春のハプスブルク

副題は「皇妃エリザベートとその時代」
「マリー・ルイーゼ」の著者・塚本哲也による歴史エッセイ。タイトルどおり、自らの青春時代も回顧してます。

塚本さんの本は読みやすいです。
ただ、このお方、「ブリリアント」という言葉が妙にお好きなんですよね・・・
「マリー・ルイーゼ」とかぶるところがもちろんあるけれど、思ったほどではありませんでした。
西洋史に興味がある人にはお薦めします。

シューベルトの生涯あたり、ウィーンに行ったときに彼の家を訪ねているので、興味倍増。
(その旅行記はメインサイトの「旅日記」の中の「のだめカンタービレの旅」に掲載してあります)

話題は現在のオーストリアとかハンガリー、チェコあたりだけではなく、ハプスブルク支配地域全体に及ぶので、イタリアやイタリア人の話題も出てくる。ヴィスコンティとか。
現在の国境で論じてはいけないんだな、という、当たり前のことを今更ながらに感じました。

実はハプスブルク文化圏の内陸部の街並みはそれほどツボでない私。
(あまり路地裏が無いので、路地裏フェチには物足りないのです。私のイチオシは地中海沿岸の路地裏)
でもザルツブルクとその周辺の自然の美しさを思い出し、今度はインスブルックに行きたいと思いました。

今までオーストリア関連の記事のタグを無理矢理「東欧」としていたのですが、やっぱりこれは単独タグが必要。「オーストリア」か「中欧」? うーん・・・

そうだ、「ハプスブルク」にしよう!

この本は・・・あらら、ユーズドでしか購入できないのでした。
[PR]

by foggykaoru | 2015-05-16 08:20 | 西洋史関連 | Trackback | Comments(4)

マリー・ルイーゼ

副題は「ナポレオンの皇妃からパルマ公国女王へ」
著者は塚本哲也という人。

世継ぎが欲しくてたまらなかったナポレオンが、年上の女房ジョゼフィーヌと無理矢理離婚して、ハプスブルク家の皇女をもらい、思惑通り息子が生まれたはいいけれど、そのあたりから運勢がどんどん下り坂になってしまった、、、という話は知っていた。
彼の息子がハプスブルク家に引き取られ、ライヒシュタット公と呼ばれたが、結核に侵され若死にした、ということも知っていた。確かこの本でライヒシュタット公の肖像画を見たんじゃなかったかな。なかなかの美形だった。

マリー・ルイーゼはナポレオンに対して薄情だった、と言われているのだけれど、この本は彼女にかなり同情的である。
蛇蝎のごとく嫌っていたナポレオンが、実際に会ってみたらとても魅力的だったから、彼女の気持ちも変わり、夫婦は仲睦まじかった、とか。
ナポレオンが落ち目になってウィーンに帰ったのは、父親の命令だからしかたなかったのだ、第一ナポレオンからの連絡も途絶えがちだったのだから、とか。

まあそういうことなんでしょう。
ナポレオンはきっと魅力的な人間だったんだろうし、十代で嫁に行かされた「もと深窓の令嬢」が、ほんの数年で亭主が没落してしまったら、亭主についていくよりも、父親の言うことを聞いて当然。

後半は息子であるライヒシュタット公とか、パルマが生んだ大作曲家ヴェルディとか、本題とはずれた話題が多いのだけれど、それぞれが興味深いので、文句は無い。
キャラ的にあまり強くないマリー・ルイーゼのことだけではネタ切れする、ということだろう。
まあ強いて文句を言うとしたら、タイトルを「マリー・ルイーゼの時代」とかにするべきだった、ということになろう。

そういえば、
スロベニアではナポレオンは救国の英雄だったんだっけ
などということを思い出しました。
ハプスブルク家の支配から、ほんのいっときだけれど、解放してくれたから。
スロベニアの首都リュブリャーナにはこんなものがあるんです。

ナポレオンのロシア遠征の下りは、直前に読んだ「ロシアについて」とかぶるところがあり、なかなかツボでした。

西洋近代史が好きな人にお薦めします。

ただし、文章がちょっと。推敲が足りない。
語句の順番を変えたほうがわかりやすいのにと思われる文がちらほら。
著者の塚本氏はもと新聞記者だというのに、どうして推敲しなかったんだろう?と思ったが、この本を書いたとき、氏は高齢でかなり身体が弱っていて、慣れないワープロでの執筆にかなり苦労したらしい。だから直しきれなかったのかも。

この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2015-04-30 22:02 | 西洋史関連 | Trackback | Comments(2)

驚きの英国史

コリン・ジョイス著。
この前読んだ同じ著者の本がいまいちだったので、期待しないで読んだら、意外にも大変面白かった。
知ってる話が多いのに。
熱帯雨林のレビューの点数も前作より低いのに。

要するに私は歴史が好きだということなのか?

この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2014-07-28 22:51 | 西洋史関連 | Trackback | Comments(2)

美女たちの西洋美術史

木村泰司著。副題は『肖像画は語る』

でも、これを「西洋美術史」の本と思って読んだらあてがはずれます。肖像画の描き方の変遷とかも、語られているけれど、それは1割。9割は「肖像画のモデルになった人物を中心とした歴史」、つまり西洋史なのです。私は西洋美術史よりも西洋史のほうが好きなので、これは嬉しい誤算でしたが。

エリザベス一世とマリー・アントワネットに関しては目新しいことはなかった。けれど、それ以外の人物については知っていることが多くても、けっこう面白かった。

フランスにおける「公式寵姫」がいつ誕生したのかとか。
アンリ二世とディアーヌ・ド・ポワティエ、そしてカトリーヌ・ド・メディシス、メアリー・スチュアートのからみとか。

というわけで、西洋史好きにはお勧めです。

最後(15人目)に紹介されるのがジャックリーン・ケネディー・オナシス。
モデルの人となりを紹介しつつ、「現代における肖像画」を論じていて、この章だけは看板に偽り無し。
著者がいちばん書きたかったのはこれだったのかも。
もしかして、ここまでの14人は、壮大なる「前フリ」だったのかも?!


この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2013-12-17 22:03 | 西洋史関連 | Trackback | Comments(2)

謎解き西洋絵画

木村泰司著。

タイトルどおり、西洋絵画の解説本。
1作品につき7、8ページなので、ちょこちょこ読むのにいい。
直前に読んだ本とかぶるところがあり、比較すると興味深かった。解説がちょっと違っているのだ。(どう違っているかはもう忘れてしまった(涙))

あっさり済ませるために正確さに欠けてしまったのか?
それとも、さまざまな解釈があるということなのか?
両方ありそう。

でも、私には、どちらかというとこの本のほうが面白かった。
浅いけど。
変化に富んでいるせいというのもあるだろう。
あと、この人のほうが文章がうまいような気がする。

(文庫でなく)単行本で読んだのもよかった。
絵が大きくてわかりやすいから。


この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2013-12-05 21:03 | 西洋史関連 | Trackback | Comments(2)

恋する西洋美術史

恋や愛や性をテーマにした西洋絵画や彫刻のお話。
「一つのテーマを追う」タイプの解説だからなのかな。
なんとなく単調で退屈だった。
でも、電車で読んでいても乗り越す危険がなくてよかった。(をい)

池上英洋著。
「高階さん以後」のこのジャンルを背負う人々の中の一人なのかもしれないけれど、もうこの人の本は読まなくていいかな、、、などと思ってしまった。


この本に関する情報はこちら
レビューでは好評なんだよね・・・
[PR]

by foggykaoru | 2013-12-01 19:37 | 西洋史関連 | Trackback | Comments(2)

モーツアルトの息子

副題は『史実に埋もれた愛すべき人たち』

ヨーロッパのさまざまな国のさまざまな人の人生を、池内紀さんが要領よく紹介してくれる。
一人あたり7、8ページなので、ちょこちょこ読むのに最適。
だけど、読んだはしから忘れてしまう(涙)
なにしろ、「埋もれてしまった人」なのだから、ぱっとしない人生ばかりで、印象が薄いのだ。

例外的に大物が一人。
スウェーデンの女王クリスティーナである。
30年戦争を終結させた立役者なのだそうだ。

この本はユーズドでしか買えません。
[PR]

by foggykaoru | 2013-11-25 20:19 | 西洋史関連 | Trackback | Comments(4)