<   2005年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

ビクトリア号の帆の模様について

メインサイトにビクトリア号見学記をアップしました。

c0025724_15215933.jpgところで、私たちが見たとき、ビクトリア号の帆は畳まれていました。帆というのは、帆走するときにしか張らないのですから、当たり前です。
帆を張って大海原を疾走するビクトリア号の勇姿は、船内で放映されているビデオで見ることができました。
ところがその帆に、不思議な十字架が描かれていたのです。
通訳氏に尋ねると、「サンティアゴ・デ・コンポステーラです」という答え。

えっ、どうして?

「サンティアゴ」は聖ヤコブのこと。聖ペテロと並ぶ、イエス・キリストの高弟です。
「サンティアゴ・デ・コンポステーラ」は、聖ヤコブの遺骨が見つかった(ことになっている)、スペイン北西部・ガリシア地方の町。現在、エルサレム・ローマと並んでカトリックの三大巡礼地として知られています。(旅行情報はこちら。)
それにしても、ビクトリア号の母港はセビリア港でしょうに。(第一、サンティアゴには港は無い。)
さらに不思議なことに、ビクトリア号とともに世界一周の航海に出た船の中に「サンティアゴ号」というのがあるのです。
そちらならともかく、どうしてビクトリア号の帆に、サンティアゴにちなんだ十字架が描かれているの?

c0025724_15235663.jpgとりあえず、サンティアゴ・デ・コンポステーラの町のシンボルなのかもしれないと思い、町の観光案内所の公式サイトを見に行ったりしたのですが、カテドラルをデザイン化したような画像はあるものの、こんな十字架は見あたりません。

さらに、いろいろ検索して調べたところ・・・あったのです。
こちらをご覧下さい。

聖ヤコブのシンボルはホタテ貝。
その上に描かれた十字架、それは「サンティアゴ聖堂騎士団」の象徴だったのです。

マゼランは、世界一周の航海に出る前、スペイン国王カルロス1世によって、サンティアゴ聖堂騎士団の騎士の位を授けられています。(「死の艦隊」より)
帆にそのロゴ(!)が描かれていたのは、そのせいなのでしょう。

でも、通訳氏によると、5隻の船の帆には、それぞれ違った模様が描かれていたのだそうです。
他の船の帆には、いったいどんな模様が描かれていたのでしょう?
ご存知の方がいらっしゃいましたら、お教えください。
[PR]

by foggykaoru | 2005-05-28 15:25 | 西洋史関連 | Trackback | Comments(2)

ホルスト作「死の艦隊」(学研)

c0025724_21443686.jpg絶版で入手不可能のこの本は、友人であるネタ大明神の蔵書です。
「ビクトリア号を見に行ってきた」と言ったら、貸してくれました。

マゼランというのはポルトガル人だったのですね。
ポルトガル王に愛想を尽かしてスペインにやってきて、スペイン国王カルロス1世(すなわち神聖ローマ皇帝カール5世)にせっせと売り込んで、5隻の船をもらって世界一周に挑戦する。
生粋のスペイン人ではないから、もともと部下の反感を買いやすい。
それを力づくで抑え付けて、ひたすら前進していく。その気迫たるや、すごいものです。

彼の敵は海とか、航海の途中で出会う土人だけではない。
身内にすら心を許せないのです。
加えて、スペインと覇権を争うポルトガルの存在があります。
このあたりのことは、世界史の概略を知っている今だからこそ、面白く読めます。
というか、私の場合、歴史の知識という後ろ盾の無い子ども時代にこの本に出会っても、たぶん読み切れなかったのではないかと思うのです。ハードすぎて。
小学生のときにこれを読んで、帆船にハマったという友人を、改めて尊敬しました。

マゼランの遺志を継いだエルカーノが好きになったという気持ちは、よくわかりました。だって彼、とってもかっこいいですもん。

歴史に残る偉業を成し遂げるには、どこか度はずれたところがなければならない。
ビクトリア号を見た後だけに、よくわかります。
あんな小さな船で世界一周しようなんて、並みの神経の持ち主には考えられません。

5隻あった船が、だんだんと脱落していく様子も興味深く読みました。
先日見たビクトリア号の船上に、その航路を示す世界地図が展示されていて、「○○号、スペインに帰還」「○○号、座礁」などというように、あっさり記されていたのですが、その裏には、実にさまざまな事情が錯綜していたのだということが、よくわかりました。
[PR]

by foggykaoru | 2005-05-26 21:05 | 児童書関連 | Trackback | Comments(5)

「アホイ」について

c0025724_15334323.jpgマゼランが世界一周したときに乗っていたビクトリア号を復元した船が、今、日本に来ています。
5月はしばらくの間、東京の有明に停泊していたのですが、そろそろ名古屋に向かうはず。名古屋の次は大阪だそうです。
西日本の帆船好きな方、このチャンスを逃しませんように。

で、私はというと、先週末に見てきました。その詳細は、そのうちにメインサイトのアーサー・ランサムのコーナーにアップする予定です。ただし、予定はあくまでも未定であって、決定ではありません(苦笑)

本記事のカテゴリーは「バベルの塔」。すなわち言語ネタ。それもヒジョーに軽いネタです。正直、こんなのアップしちゃっていいのかねと思わないでもないのですが、まあいいか。

私たち(「アーサー・ランサム・クラブ(略してARC)」という名前の団体です)は、船上に通訳がいるとわかったとたん、思いつく限りの質問を浴びせかけました。その質問の中には、船に関するまともな質問、たとえば「この船のバラストはどうなっているのか?」というのもありましたが、まともでないのもかなりあったわけで。

普通の人はまず絶対にしないだろうけれど、私たちにとっては最重要かもしれない質問はこれでした。
「スペイン語で『アホイ!』はどう言うのか?」

"Ahoy!"とは、英語で船に呼びかけるときの決まり文句。
日本語にはそれに相当する水夫言葉は無さそうだけれど、あえて言えば「おーい!」でしょうか。

スペイン人乗組員に、その質問の趣旨を理解させるだけでもけっこう大変でしたが、手を変え品を変え例を変え説明した結果、得た答えは
「アッ デルバルコ」

この時は「バルコ」はたぶん「船」という意味だな、と想像しただけでしたが、その後、ARCのメーリングリストで事後研究がなされ、この言葉が"Ah del barco!"であり、英語の"Ship ahoy!"に相当することが判明しました。つまり、ただの「アホイ」ではなかった。

ここで私は考えました。
フランス語で「アホイ!」は何と言うんだろう?

フランス語の間投詞としては、"Ah!"(アー) とか、"Oh!"(オー)をまず思いつきますが、"He!"(エー。"e"の上に右上がりのアクセント記号が付きます)なんてのもあります。

そう言えば、フランスの古い子どもの歌に"Il etait un petit navire"(昔、小さな船がありました)というのがあって、「オエオエー」というかけ声が出てきたなあ。
日本人の語感には、まるで船酔いしてるみたいで、初めて教わったとき、「げげっ」と思ったものです。

そんなことを考えながら、英仏辞典を調べたら、
Ship ahoy! = Oh du navire! (オー デュナヴィール) または Ohe du navire! (オエー デュナヴィール)とあるではありませんか!!
("ohe"の"e"の上には右上がりのアクセント記号が付きます)

「オエー」は「アホイ」だったんだ。。。しばし感慨に浸った私でした。

この歌はこちらで歌詞を見ながら聴けます。歌詞を読むときは「文字のエンコード」を「西ヨーロッパ言語」にしてください。
楽譜が見たい方には、こちらがいいでしょう。ただし、楽譜の下の歌詞にミスプリントがあって、肝心の「オエオエー」が「オアオアー」になっていますが。

この歌、1番しか知らなかったのですが、最後まで読んでみたら、けっこう面白かったので、ご紹介します。

==================================
昔 一度も航海に出たことのない小さな船があった オエオエー

それが長い航海に出た 地中海を航海した オエオエー

5、6週間たったら食べるものがなくなった オエオエー

みんなでクジを引いた 誰を食べるか決めるために オエオエー

クジに当たったのは一番年下の水夫だった そいつを食べることになった オエオエー

みんなはソースは何にしようかと考えた 可哀想に少年は食べられてしまう オエオエー

ある者はフライにしようと言い またある者はフリカッセにしようと言った オエオエー

みんなが話し合ってる間に 彼はトプスルに登った オエオエー

彼はてっぺんで神に祈った そして果てしない海を眺めた オエオエー

周りは海だけ そしてどっちを向いても 波しか見えない オエオエー

おお、聖母マリアさま! 不運な少年は叫んだ オエオエー

私が罪を犯したというのならお赦しください あいつらが私を食べないようにしてください オエオエー

その瞬間 少年にとって大きな奇跡が起きた オエオエー

何千という小さな魚が 船に飛び込んできた オエオエー

その魚を捕まえてフライにした 少年は助かった オエオエー

この話が気に入ったんなら また始めから話してやってもいいんだぜ オエオエー
====================================

めでたしめでたし。

途中までは、日本人にとってまさに「オエオエー」の世界なのでした(笑)
[PR]

by foggykaoru | 2005-05-25 21:00 | バベルの塔 | Trackback(1) | Comments(12)

ライオンと魔女(岩波書店)

作者名を書くまでもないだろう。
今年のクリスマスに公開される(日本での公開は来春らしいが)映画の予告編がネット上に配信されたということもあり、最近、私の中ではちょっと盛り上がっている。その勢いで再読した。

ナルニアは、出会って数ヶ月後にランサムにハマってしまったため、読み返した回数はそれほど多くないのだが、心がまだみずみずしかった時期に読んだということもあり、語るつもりになったら、かなり語れる。おそらくランサムの次に。

全7作の中でもかなり人気の高い「ライオンと魔女」だが、実は私にとってはベストではない。
なぜそうなのかということを、今回じっくり読みながら、分析してみた。

以下はネタバレ
[PR]

by foggykaoru | 2005-05-22 07:08 | 児童書関連 | Trackback | Comments(6)

レジーヌ・ペルヌー著「テンプル騎士団の謎」(創元社)

「キングダム・オブ・ヘブン」のお陰で十字軍モードになり、何かとっつきやすい本はないかと図書館を物色して見つけたのがこれ。

140ページと薄っぺらい上に、半分は図版。文章が極端に少ないので、すぐ読めます。
でも、いい加減な内容だったら読む価値はないのですが、この著者なら間違いありません。十字軍の時代の歴史について、「文庫クセジュ」等にたくさんの著作がある人ですから。
監修の池上俊一氏による前書きも読ませます。

テンプル騎士団のみならず、聖ヨハネ騎士団(その後ロードス騎士団となり、最後にマルタ騎士団となった)のこともすっきり理解できます。北方十字軍においても名を馳せたドイツ騎士団のことも。

フランス国王には、有名なフィリップが2人います。

1人がフィリップ2世。英国のリチャード獅子心王と張り合い、ついにその弟ジョン失地王から領土を奪ったという、フランス人にとっては偉大な王。
彼はフィリップ・オーギュストと呼ばれています。
日本語に訳すと「尊厳」。かっこいい♪

もう1人がフィリップ4世。またの名フィリップ・ル・ボーベル
日本語訳は「美顔王」だったり「美麗王」だったり「美男王」だったり… 要するに、ハンサムだった。ということしか知らなかったのですが、この本を読んで、彼がただのハンサムではなく、とんだ食わせ物だったことがわかりました。ある意味、傑物だったとも言えます。彼の所業を知ってしまうと、英国王ヘンリー8世なんか、かわいらしく思えてくるほど。

この春、「ナショナル・トレジャー」という映画が公開されました。
観る人すべてに「なぜニコラス計時が主役を張ったのか?」という解けない謎を投げかけた問題作(爆)でしたが、その謎はさておき、なぜああいう設定の映画が作られるのかも、この本を読んでよくわかりました。

これは「知の再発見双書」というシリーズの1冊。
同シリーズには「十字軍」「アーサー王伝説」というのもあるということを知りました。
ぜひ読んでみようと思っています。

この本についての詳しい情報は
こちら
[PR]

by foggykaoru | 2005-05-20 18:21 | 西洋史関連 | Trackback | Comments(4)

「キングダム・オブ・ヘブン」と「キネマ旬報5月下旬号」

招待券が手に入ったので、善は急げとばかりに、公開初日に観てきました。
試写会を観た友人が「アメリカでは絶対にウケない」と言っていただけあって、実にまともな十字軍映画です。まともというのは公平だということ。公平だということは、キリスト教徒の蛮行をきちんと描いているということです。で、史実通りに、十字軍は敗退する。

「指輪」のレゴラス役でスターダムに躍り出たオーランド・ブルームくんが演じるのは、フランス人のバリアン・オブ・イべリンだと。うーむ。バリアン・ディブリーヌと言ってちょうだいな。
そして、エルサレムで彼を待つキリスト教徒たちも、みんなフランス人。
最後にリチャード獅子心王がちらっと顔を見せますが、彼だって、フランス語を喋って大きくなった、「なんちゃって英国人」。なにしろお母さんはアリエノール(エレアノール)・ダキテーヌですから。一応英国王やってますけど、「自分こそフランス国王になるべき人間だ」ぐらいのことは思っていたにきまっている。

こういう映画はフランスにこそ作ってもらいたかったです。
フランス語を喋るフランス人を観たかった。
それだけではありません。
イスラム教徒を蹂躙するフランス出身の十字軍の指揮官の醜悪さと、「聖戦」に名を借りた侵略が失敗に帰したという過去の事実を描くのだったら、フランスの映画人にやって欲しかった。
もしもこういう映画をフランスで作ったら、たぶんフランスの観客は受け入れただろうと思うのです。
フランスの観客だったら、「我が国は長い歴史の中で、良いこともしたし、愚かなこともした。でも、だてに長く国をやってるわけじゃない。失敗から多くを学んだのだぞよ。アメリカさんはお若いから、まだよくわからないのかもしれないけど、これを観てちいっとはものを考えてごらん」と思いながら観るのではないかしら。
それに、アメリカ一人勝ちの現代世界におけるフランスの、「存在意義」とまでは言わないけれど、「役どころ」は、まさにそれでしょう。
せめてフランスぐらいがアメリカをチクチクやらなくてどうする?
だから、こういう映画はフランスで作ってもらいたかった。

えっ? フランスには、こんなにお金がかかる映画は作れない? がぴーん。

おもしろいことに、この映画の登場人物の中で、いちばん魅力を感じたのは、素顔を見せない人でした。
仮面というのは不思議な力を持っています。ジャン・コクトーの「美女と野獣」では、コクトーが愛してやまなかった当時の二枚目俳優ジャン・マレーが、野獣の仮面をつけて演じているのですが、その野獣が、観ているうちにどんどん素敵に見えてくる。最後の最後に人間の王子の顔に戻った瞬間、非常にがっかりしたものです。この映画に登場する仮面の人物も、その人間性とあいまって、観る人の心を打ちます。

いけないいけない! 
今日の話題は映画ではなくて、雑誌のつもりだったんでした。

c0025724_1001977.jpgこの映画を観て、世界史の年表を調べてしまった私です。

第二回十字軍と第三回十字軍の間の時代。そう言えばカドフェルは、第2回十字軍の帰還兵でした。というのは大きな勘違いで、彼が行ったのは第1回十字軍だったのでした。(この間違いに気づかせてくださったのは「まめおの日記」さんです。感謝をこめて、トラックバックさせていただきます。)若かかりし彼のロマンスを思うと、この映画の感慨もさらに深まるというものです。

そして、「1187年、サラディン、エルサレムを奪還」とありました。
サラディンの名前だけは覚えていたけれど、彼のアイユーブ朝というのは、エジプトだったんですね。
エジプトかぁ…旧約聖書の時代からの長いつきあいです(遠い目)

高校生向けの年表だけでは、これ以上のことはわからなくて、何かちゃんとした本を読まなくちゃならないなあと思いながら本屋に入り、なぜか映画雑誌コーナーに行き、手にとったキネマ旬報。そこに載ってたんです。
これだけは知っておきたい『キングダム・オブ・ヘブン』をわかりやすく観るためのキーワード

筆者名を見たら「伊藤盡」とありました。伊藤氏はトールキン&古英語&北欧神話エトセトラの専門家。「指輪物語」三部作の、日本語吹き替え版のエルフ語指導者で、右の「ライフログ」にある「『指輪物語』エルフ語を読む」の著者でもありす。「二つの塔」と「王の帰還」が日本公開されたとき、キネマ旬報に解説記事をお書きになっていました。昨年の夏の「キング・アーサー」公開時にも。

キネ旬編集部ではきっと、「西洋史は伊藤先生に頼め!」が合い言葉になっているのでしょうね。

キングダム・オブ・ヘブン@映画生活
[PR]

by foggykaoru | 2005-05-15 01:01 | 西洋史関連 | Trackback(8) | Comments(8)

音声言語と文字言語

鈴木孝夫著「私の言語学」を読んで考えたこと。

鈴木氏は語ります。
人間の言語は音声言語。当たり前だと思われるかもしれないけれど、他の動物のコミュニケーションの方法には、音声を仲立ちとしていないものもある。たとえば「匂いつけ」。匂いというのはそう簡単には消えない。けれど、人間の言語は、言ったはしから消える。消えるということは、短所なのか。否、消えるからこそ、同じところにいて、次々と重ねられる。音が消えなかったら、走るか駆け回ってしゃべらなければならないし、聞く側も走り回らなければならない。
その音声言語を記録するために、文字が発明された。これはもちろん、進歩である。

従来、音声言語と文字で書かれた言葉の間には、はっきりとした線が引かれていた。
ところが今、その境界線が曖昧になりつつあるような気がします。インターネットによって。

ネットで書き散らかされる言葉、これはいったい何なのでしょうか?

メールは一応、手紙の一種なのですから、従来の言語使用感覚からはそれほどかけ離れていない感じがします。どれほど文体がくだけていようと、手紙は手紙。

ウェブサイトの言語はどうなのでしょう?
私の感覚では、書き言葉です。(文体がどうという意味ではなく)記録するというはっきりした意志に基づいて書かれているからです。少なくとも、私のサイトでは。「旅とらトラ」は過去の旅行の記録ファイルであって、決してリアルタイムのものではない。
私の場合、息切れしないようにと、あえて更新を週1回と決めているということもあります。

ブログは…少なくともこのブログは、記録なのでしょうね。なにしろ備忘録なのだから。

文筆業でない人間が、自分の文章を、こんなに簡単に世間様に向かって発表することができるなんて、夢のような嘘みたいな状況です。楽しみでやっているので、感謝こそすれ、文句を言う筋合いではないのですが、それでも、こんなことは間違っているのではないか、という考えが頭をよぎります。「旅とらトラ」のテキストは、今や膨大な量にのぼります。文字言語は音声言語と違って消えないから、古いものを意識的に削除しない限り、ひたすら増えるばかりなのです。でも、なんでも増えすぎるのはよくないこと。「文字公害」とでもいうべきもののお先棒をかついでいるのではないか、という気さえしてきます。

ネットにおける言語活動としては、もう1つ、チャットがあります。
チャットに参加しているとき、なんとも言えない感覚を覚えます。文字を媒体としているのだけれど、記録されなければならないほどの内容ではない。本来、声を出して喋るべきことを書いているのは、現時点における技術的な問題からそうせざるを得ないのにすぎない。
でも、文字であるということは利点でもあります。
声だったら、誰が言ったのか、判断しにくいこともあるけれど、チャットの場合、いくらみんなが一斉に発言しても、個々の発言が誰のものであるかは、明白だからです。

「本来、音声言語としてその場で消えていくべきだったお喋りが、文字となる」ということは、人間の歴史において、文字の発明と同じぐらい、革命的な出来事なのではないでしょうか。チャットのログは消えていくけれど、それでも、一定時間、文字として記録されます。消えてしかるべきであることが残るということが、人間の精神にどのような影響を及ぼすことになるのか、私たちはまだ知らないのです。
[PR]

by foggykaoru | 2005-05-12 20:23 | バベルの塔 | Trackback | Comments(2)

ジュンク堂にて

以前も書きましたが、新宿通りを挟んで紀伊国屋本店とジュンク堂新宿店が戦っています。

c0025724_19564211.jpg今日はジュンク堂新宿店をチェック。

1巻と2巻しか置いてありません。
この状況、復刊前とほとんど同じ。
児童書にはあまり力を入れていない模様です。
新宿で児童書を探すなら、紀伊国屋に行くべき。

ここは作家別の書棚になっています。
「アーサー・ランサム」という仕切りの板が見えるように、斜めから撮ってみました。
すぐ下の段にはリンドグレーンの作品が並んでいます。アイウエオ順だから。

c0025724_19585168.jpg一方こちらはジュンク堂池袋店。
ここも新宿店同様、作家別の書棚で、「アーサー・ランサム」という仕切り板があります。
「ツバメ号とアマゾン号」が2冊あります。
でも、「女海賊の島」が無いことのほうが目を惹くかも?!
やっぱりすぐ下はリンドグレーンの棚です。

池袋店の児童書コーナーは充実しています。
全体の床面積が大きいから、児童書にも広いスペースが割けるのだとも言えますが、そのことを差し引いても、ここのランサム全集の品揃え率の高さは特筆すべきです。
[PR]

by foggykaoru | 2005-05-10 20:07 | ランサム・チェック | Trackback(1) | Comments(8)

カニ島の宝

GW最後の日、干潟に行き、貝をとり、その場で料理して食べるというイベントに参加しました。
「その場で料理して食べる」、これがポイント。
単なる潮干狩りとは一味も二味も違うのです。

c0025724_1933377.jpgメインディッシュはハマグリよりも大きい、ホンビノスガイを使ったチャウダー。市販のチャウダーの素なんか使わない、本格的派です。

そして焼いたカキ。
東京近郊の干潟なのに、驚くほどぷっくりしたカキがどっさりいるのです。

苦労してカキを開けたら、ピンク色をした、思わぬものが。
真珠です。

「ボニイズ」「マリイズ」「ローゼズ」「ニガーズ」のどれ?
[PR]

by foggykaoru | 2005-05-08 19:36 | ほんとうの生活 | Trackback(1) | Comments(14)

鈴木孝夫著「私の言語学」(大修館)

ブログを始め、「バベルの塔」などというカテゴリーを作ったら、古本屋の書棚にこの本を見つけました。
この手の本は、もう二度と読まないだろうと思っていたのに。

思えば言語学という学問の存在を知ったのは、鈴木氏の著作
「ことばと文化」
「閉ざされた言語・日本語の世界」
を通じてでした。若かかりし私は、なんと面白い学問があるのかと感動し、その道を歩もうと決心したのです。

しかし間もなく、氏の言語学が、社会学や文化人類学などといった、他の学問との関連が深い領域であることを知りました。つまりそれは狭義の言語学には属さない、周辺領域だったのです。言語学という学問は、基礎の勉強がえらく難しくて、しかも退屈なのです。(少なくとも当時の私にとっては。)そのうえ、当時の言語学界は、チョムスキーという人が提唱した、妙な等式を使って文の構造を解明するという文法論が幅をきかせ、それがわからない人間は身の置き所がない
という状況。こんなことは私には向かない!道を誤った!と思いました。(その後、言語研究は、狭義の言語学だけではやっていけなくなり(悪く言えば、行きづまった)、研究者たちの興味は、むしろ周辺領域の方に向かっていった…はずです。私は最近その方面にはとんと疎いので、あんまり信用しないでください。)

それでも、言語学を通じて得た知識や概念は、そこそこ頭に残っていて、今の私の一部になっています。あの退屈な勉強は決して無駄ではなかった。でも、今また言語学を勉強し直したいかと問われたら、否と答えるでしょう。難しすぎます、言語学は。

この本は鈴木氏の語りを文章化したものなので、非常に読みやすい。また、「言語学」と銘打ってはいるものの、言語学そのもののことは、たいして書いてありません。でも、そういう本だからこそ、氏の経歴や研究方法が明かされているわけで、そこが面白く読めました。

鈴木氏はもともと動物学を研究していたのだそうです。だからこそ、当時はまだ一般的でなかった周辺領域の先駆者となり得たのでしょう。学問はあまり早いうちから専門化しないほうがいいという好例です。

また、普通の研究者は、言語学の基礎概念を一生懸命頭に叩き込んで、それに沿った研究をするだけですが、氏はそういう行き方とは全く違う人だったのです。大量の文学作品に読み、その中から、言語として面白い現象を見つけだし、独自の切り口で分析をする。ご本人曰く「コロンブスの卵」を発見するわけですが、若かった私は、それに憧れた。でも、それができるのは、アンテナの感度が抜きんでて鋭い人だけだということが、今となればわかります。第一、天才をもってしても、面白い現象を見つけだすには、想像もできないほど大量の読書の裏付けが必要なわけです。鈴木氏のような言語学をやりたいと思ったのは、とてつもなく大それたことだったということを、この本を読んで、改めて思い知った次第です。

この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2005-05-06 21:51 | バベルの塔 | Trackback | Comments(0)