<   2005年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

三浦俊章著「ブッシュのアメリカ」(岩波新書)

旅行記を書いていていつも思うのは、書いたとたんにどんどん古くなってしまうということ。賞味期限が短いのです。文芸作品だったら、後になってもその味わいは変わりません。文学が書けたらどんなにいいだろうと思います。

この本を読んで、同じことを思ったのです。
こういうジャンルの本は賞味期限が短いな、と。
これは2003年刊。もしも出たその年に読んでいたら、もっともっと面白く読めたことでしょう。せめて去年、映画「華氏911」を観る前に読んでいればと思いました。

とはいえ、「華氏911」で描かれていたのがブッシュ政治の1つの面に過ぎなかったのだということが、これを読むとわかります。それに、「今となってはすべてが古過ぎる」というわけではありせん。いや、今だからこそ、より面白く読めた部分もあるのです。

一番驚いたのは、昔から「共和党を支持する人々=中西部の保守層」「民主党を支持する人々=東部および西部の都会を中心とした、進歩的なインテリ層」だったわけではないということ。
それはたまたま今そうなっているだけのこと。
むしろ昔は逆だったと言ってもいい。

先日の衆院選で、小泉自民党が「改革!」と叫び続けたことにより、「自民=保守的」、「民主=革新的」というイメージが崩れ去り、自民党が都会で大勝利を得たことと、奇妙に符合します。歴史というのはこうして動いていくものなのでしょう。

とにかくブッシュ政権は2008年まで続くのです。
今から読んでも、決して遅すぎはしません。

歴史本は好きで読むけれど、現代政治にはそれほど関心があるとはいえない私が、今この時期にこの本を手にとったのは、決して偶然ではないのですが、その理由はここでは述べないことにします。

ただ、指輪ファンには1つだけお知らせしたいことがあります。
この本の114~116ページの「『指輪物語』に重ねる心」という文章は必読です。年季の入った指輪愛読者でなければ、ああいう文章は書けません。

著者は朝日新聞の政治部の記者で、「海の日」の天声人語の記事を書いた人。
でも、もしかしたら、専門の政治を除くと、この人の読書傾向は、限りなく私や私の友人たちのそれに近いのかもしれません。そう思うと、なおのこと深い感慨を覚えました。


この本の詳しい情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2005-09-29 20:43 | その他のジャンルの本 | Trackback | Comments(6)

チャーリーとチョコレート工場

原作はロアルド・ダールの「チョコレート工場の秘密」。
題名だけは昔から知っていたけれど、読んだのは去年です。
そこそこ楽しめたけれど、期待が大きすぎたせいなのか、私が年をとりすぎてしまっていたせいなのか、とにかく、大好きというほどではなかったな。ダールの他の作品を読もうという気にはならなかったし。
でも、ほどなく映画化の話を聞き、主演がジョニー・デップということで、公開前からずっと楽しみにしていました。

最初のタイトルからして、とっても良いセンス。とか言いつつ、どんなタイトルだったのか、すっかり忘れてしまってるんですが(苦笑)
とにかく、「さすがティム・バートン、掴みはOK」と思ったことを記憶しています。
あと、製作陣に「Dahl」という名前が見えました。ファーストネームは読めなかったんですが、ダールの身内なのでしょうか? それともご本人? ご本人はご存命なのかな?

チャーリーを演じた子役は「ネバーランド」でジョニデと共演した子。可愛いです。
原作のイメージよりも可愛いかもしれないけれど、映画というのはそういうものでしょう。フロド役をイライジャがやったのに比べれば、はるかに原作に近いです。

原作のナンセンスさが、チャーリーの家のセットにもすでに現れていますが、この映画が爆走し始めるのは、やはり工場の門に入ってから。キッチュなアートの世界がたまりません。

すでに予告編で観ていたから、ジョニデ@ワンカの飛びっぷりは想定内でした。が、ウンパ・ルンパにはのけぞりました。素晴らしいキャスティングです。あの俳優はどういう人なんでしょう? それとリスの演技。特に「とんとん」と叩くところは最高!!

ワンカの前半生を描いたことによって、ナンセンス度が低下したかな。でも、私としては、リーさまに再会することができたので嬉しかったです。

ここ数日間、仕事で張りつめていた神経をほぐすには、最適の映画でした。
脳みそをリセットする必要性を感じている方、なーんにも考えないでこの映画を観ることをお薦めします。

ところで、他の映画のパロディー場面、いくつあるんでしょうか? 私には2つしかわからなかったんですけど。
[PR]

by foggykaoru | 2005-09-26 20:15 | 児童書関連 | Trackback(2) | Comments(10)

ドイツの書店にて

c0025724_853295.jpgドイツの書店の児童書コーナーで、いちばん目につくのはケストナーとリンドグレーン。(ハリポタを除く)
ケストナー生誕の地・ドレスデンではケストナーのほうが多いけれど、ベルリンではリンドグレーンのが勝ってます。

もちろんミヒャエル・エンデもあります。でも、彼は寡作だったので、書棚を占めているスペースは微々たるもの。

それ以外は「トムじいやの小屋」「ハイジ」など、驚くほどクラシックな本が中心です。

不思議なことに「ナルニア」は一切ありません。ドイツ人は「指輪物語」が大好きなのに、トールキンのお友達だったC.S.ルイスは読まないらしい・・・

新作 --- とは言っても、「私がよく知っている」新作なので、大して新しいわけではないのですが --- があまり見あたらない中、ようやく見つけ出したのがこれ。
ピンボケだけど、何だかわかります? 
読んだことがあれば、すぐわかるはず。

答えはこちら
[PR]

by foggykaoru | 2005-09-25 08:15 | 児童書関連 | Trackback | Comments(6)

チェコにて(5)

c0025724_762845.jpgチェコで見つけたなんちゃって指輪ネタ第二弾。

レンバスです!

WETA製作のぶっといやつよりも、よっぽど「らしい」と思いませんか?

これはチェコの温泉町の銘菓「コロナーダ」です。
1枚20円ぐらい。お土産には箱売りのをどうぞ。

私はマリーアンスケー・ラーズニエ(マリーエンバート)にて試食しました。お味のほうは、想像以上でも想像以下でもありません。

この頭は何なんだと思われるかもしれませんが、ホビットの茶色い巻き毛のつもりです。最初はストレートの金髪にしてエルフを気取るつもりだったんだけど、僭越だと思いとどまりました(爆)


*お知らせ*
メインサイトに「チェコ旅行情報」「ケストナー聖地巡礼記」アップいたしました。
[PR]

by foggykaoru | 2005-09-17 09:01 | 指輪物語関連 | Trackback | Comments(14)

チェコにて(4)

c0025724_8413464.jpgチェスケー・ブディエヨヴィツェの謎なホテル。
あの「ホビット」の綴りは「hobbit」
これは「hobit」
こんな単語、チェコ語にあるのでしょうか?

もしかして、オーナーが幽鬼で、「なんちゃって」のつもりで自分のホテルの名前にしたのかしら・・・とか、ついつい妄想してしまいます。

場所は駅から旧市街へ向かうメインストリートに平行した通り。
メインストリートからその通りに向かう道の突き当たりにあるので、メインストリートを歩いていると、自然に目に入ります。

このホテル、ガイドブックの地図にも載っています。
でも、「お薦めホテル」としては紹介されてません。

私の後にチェスケー・ブディエヨヴィツェに行かれる幽鬼さん、調査のほど、宜しくお願いいたします(爆)


*お知らせ*
まともなチェコ個人旅行情報、メインサイトにアップしました。
[PR]

by foggykaoru | 2005-09-11 08:54 | 指輪物語関連 | Trackback | Comments(6)

天声人語効果?

c0025724_2055429.jpgピンボケで失礼。

3年ぐらいぶりに池袋リブロに行ったついでに、チェックしてみました。
ここではついぞランサムを見かけたことがないので、全然期待してなかったのですが、、、なんと、ありました!! しかも8冊も!!

置いてあること自体が、天声人語効果であるとは思えません。
だって、渋谷の紀伊国屋書店には、いまだもって1冊もありませんもの。

注目すべきなのは、4冊売れたということ。
それが天声人語効果かも。

あっ、そんなことで騒ぐと、却って寂しいかも?(苦笑)

ちなみに、ここには「天沢退二郎コーナー」なんてのがあって、ちょっとびっくりしました。私は天沢氏、よく知ってますけどね。読んだことないけど(自爆) ランサムの愛読者である、ということを知ってます。
[PR]

by foggykaoru | 2005-09-08 21:03 | ランサム・チェック | Trackback | Comments(0)

ゾゾだけじゃありません

日本でも、明治時代に翻訳された外国文学の固有名詞は、ずいぶん日本式に変えられてます。
最近聞いた話では、「レ・ミゼラブル」の初訳では、コゼットは「小雪」、ジャベールは「蛇尾男(じゃびお)」なんですと。
蛇尾男・・・蛇のようなストーカー・・・恐っ!

で、ゾゾのついでに、フランス語版リンドグレーンのネタをもう1つ。

リンドグレーンの代表作といえば、「長靴下のピッピ」。
この「ピッピ」、フランス語版では「Fifi フィフィ」になるんです。
なぜこんなふうに変えられたのでしょう?

フランス語の知識がある人なら、想像がつくはず。

理由を知りたい人はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2005-09-05 20:42 | 児童書関連 | Trackback | Comments(12)

ミッシェル

c0025724_8175124.jpgドイツでいちばん人気のある外国人の児童文学作家(←わかりにくい言い方でごめん)はリンドグレーン。

ドイツで見かけたリンドグレーン作のこの本、何だと思います?
Michelという名前が目立ちますが、ミッシェルって誰?


これはなんと、「いたずらっ子エーミル」なのです。

なぜ「Emil」じゃダメなのか・・・?
それは、きっと、ドイツにはエミール・ティッシュバインくんがいるからなのでしょう。
そんな子知らないって?
ケストナーの「エミールと探偵たち」のエミールです。

それにしても、なぜ「Michael ミヒャエル」というドイツ名じゃなくて、フランス名のミッシェルなんでしょうね?


ちなみに、フランス語版の「エーミル」も「Emil」ではありません。
なんと、「Zozo」・・・ゾゾ。

なぜフランスでも「Emil」がダメなのか?
たぶん、かの思想家ジャン・ジャック・ルソーの著作「エミール Emile」のせいなんじゃないかと。
でも、よりによって、なんでゾゾ?


*お知らせ*
メインサイトに「ケストナー聖地巡礼記(1)」をアップしました。
[PR]

by foggykaoru | 2005-09-04 08:30 | 児童書関連 | Trackback | Comments(8)

野村進著「アジア新しい物語」(文春文庫)

今回のチェコ&ドイツ旅行のとき、持っていった本がこれ。「なんでヨーロッパに行くのにアジアなんだ?」と思われるかもしれませんが、私はそういうことは全く気にしないタチなのです。

これは、アジア各国に定住する日本人たちのルポです。たまたま今住んでいるのではなく、骨を埋める覚悟を決めた人たちなので、日本企業の駐在員ではありません。そのたくましい生き様に、頭が下がる思いがしました。

もっぱらヨーロッパを中心に旅してきた私にとって、アジアの国々は遠くて近い存在です。でも、行った回数が少ない分だけ、かえって得体の知れない感じがして、心惹かれます。

日本人は自分たちの価値観を、戦後60年を通じて、絶えず欧米のそれに近づける努力をしてきたように思います。私自身のたどった道を振り返ってみてもそうです。

でも、すぐ近くに、違う価値観が支配する国々があるのです。地理的・人種的に近いとはいえ、いや、近いだけになおさら、実際にその国に定住しようとしたときにぶつかる壁は厚く感じられるかもしれません。それにも負けずにそこで生き抜こうとする人たちは、実に魅力的です。

ここにとりあげられた人々それぞれについてコメントすると、限りなくネタバレになってしまうので、何も申しません。とにかく面白いのです。どなたにもお薦め。だまされたと思って読んでみてください。

あえて感想を1つだけ挙げるなら・・・
人間はみな、自分で生きる場所を選びとり、自分の責任において生きているのだということ。
「ここに生まれたから」とか、「こういう家庭環境に生まれたから」というのは、確かにその後の人生行路に多大な影響を及ぼすものですが、それでも、人生というのはその人がどう生きるかによって違ってくる。特に、日本のように、貧困を克服した国においては。そんなことを考えてしまいました。

この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2005-09-02 21:08 | ルポ・ノンフィクション | Trackback | Comments(0)