<   2006年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

高階秀爾著「ゴッホの眼」(青土社)

c0025724_17231545.jpgゴッホというのは、いい人か悪い人かというと、間違いなくいい人です。とにかく真面目。伝道師になろうとしたほどですし。
でも、周囲からすると、今の言葉で言えば、かなり「うざい」奴。
相手にあまりにも多くを求めるため、結局、みんな彼に辟易して逃げてしまう(と彼は感じた)。そのことで、さらにまたいたく傷ついた。悲劇です。彼の側から言えば。

強烈な思いが濃縮されてこめられた彼の絵は、非常に濃い。魅力的だけど、こっちの心と体の調子が良くないと受け止めきれないところがある。

この本は、そんなゴッホの絵解きです。
なぜ向日葵でなくてはならなかったのか?
その向日葵は12本バージョンと、その後に描かれた14本バージョンがある。彼自身、手紙の中でこの数字に繰り返し言及している。では、12とか14の意味は?
人が座っていない椅子---「ゴーギャンの椅子」と「ゴッホの椅子」---を描いた真意は?
ゴッホが安らぎを感じられるのは、どういう場所だったか?
逆に、ゴッホを大きな不安に陥れるのは、どういう場所だったか?

面白いです。
特に、ゴッホの自殺の原因についての考察には、なるほどと唸らせられます。

面白いのですが、彼の思いの深さを知れば知るほど、引け腰になる自分を感じました。
この本のお陰で、ゴッホの絵が一層興味深くなったのは確かですが、それと同時に、「こんな蘊蓄は知らないほうが、むしろ気楽だった」という気分がするのです。

それと・・・

ゴッホは自分の想像力で画面を構成する才能はなく、あくまでも写生や模写をもとにして、そこに自分の感情を塗り込んだのだそうです。

実際にあったことしか書けない私はドキっとしました。
旅行記の形を借りて、自分の思いを書いている?
・・・・・・そうかもしれない。

「自分では普通のつもりでも、濃すぎて読みにくい旅行記を書いているのかもしれない」と思うと、ぞっとします。
いろんな意味でのめりこみすぎないように注意、注意。

この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2006-01-28 17:12 | その他のジャンルの本 | Trackback | Comments(8)

「ほいほい旅団 上海不思議世界を行く」

c0025724_1251517.jpg昨年秋、「上海に行くぞ!」とエアチケットを手配したものの、無為に日々を過ごし、気が付いたら、12月に入っていました。

慌ててガイドブックを買い、観光名所を調べたりしたのですが、なんか違うなあ、こういうところをせっせと見て廻っても、私は満足しないだろう、、という強い予感がしたのです。
だからと言って、中国の歴史を勉強し直す暇も無いし。せめて魯迅ぐらいは読めよって話はあるが。

とにかく、このままじゃいかん、と書店で見繕って買い求めたのがこれ。

結果は大成功。
この本のお陰で、道が見えてきたのでした。
そう、道です。
今回の旅では、名所は二の次にして、道、通り、路地裏を歩き倒そう!

2002年刊行なので、この本に紹介されたディープな通りのすべてが健在というわけではありませんが、上海行きを考えている方には、まだまだ十分に参考になります。

出色の記事は「外灘で会った日中友好家」でしょうか。
中国人ってスゴイです。。。

この「ほいほい旅団」のライターさんたちと一緒に旅をしたくなりました(^^;

この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2006-01-21 13:08 | その他のジャンルの本 | Trackback | Comments(4)

「シャーロック・ホームズ 東洋の冒険」

題名を見ておわかりのとおり、ホームズもののパスティーシュです。
「最後の事件」と「空家の冒険」の間の空白期間を、ホームズはどこでどのように過ごしていたか、という、いわばパスティーシュの王道を行くもの。短編集です。
(その点、先日読んだものは、ある意味、異色だと言えます。)

題名のとおり、舞台は東洋です。
いくらパスティーシュとはいえ、というか、パスティーシュだからこそ、舞台設定がしっかり描かれていないと面白くないのですが、この本の著者テッド・リカーディは元コロンビア大学教授! しかも、専門はアジア・中東の歴史・言語学!

「1」を教えるには、「1」の知識を持っているだけでは足りない。その10倍、あるいは20倍の知識を持っていて、初めて「1」を上手に教えることができる、、、とよく言われます。
「ドイルだったらこう描くであろう」という、かなりいい加減でありがちなインドやネパールの描写を、著者が再現し得たのは、その地域に関する的確かつ豊富な知識の裏付けがあってこそだったのでしょう。

いろんな意味で、ホームズっぽいです。たとえば、テキトーな感じで終わる事件もある。そこがまた「いかにもホームズもの」という感じで、読んでいてにやっとさせられます。

「最後の事件」以後間もない時期のことなのだから、モリアーティ教授に関する言及がなくてはおかしいわけですが、そのあたり、期待を上回る話が出てきます。

実はこれ、真性シャーロキアンであらせられるcrann@leiraniさんが「これは面白いから」と貸してくださったのでした。leiraniさん、ありがとう! ほんとうに面白かったです♪

この本の情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2006-01-19 20:23 | 推理小説 | Trackback | Comments(2)

ナルニアのパンフを読んで

先日もらったパンフを隅から隅まで読みました。非常によくできたパンフです。内容説明その他、原作既読者に「はて?」と思わせる部分はありません。岩波が監修しているのでしょうか。
もっとも、指輪に比べると、ナルニアの説明は楽ですけれどね。

「あらすじ」も実にまとも。原作どおりです。
一般的に映画のパンフというのはかなりいい加減なものですが、ここまでまともだと、逆に「実際の映画は全然違うのかもしれない」と心配になってしまいます(苦笑)

「石舞台」の後、ナルニアと白い魔女の戦いが始まるところで「この後は映画を観てのお楽しみ」という具合に終わっています。

で、思ったんです。

この後の部分には原作ネタバレが有る上に、私の勝手な想像がメインです。
[PR]

by foggykaoru | 2006-01-15 17:30 | 児童書関連 | Trackback | Comments(10)

もうすぐナルニアです

c0025724_19194814.jpgタッキー主演の正月ドラマ「里見八犬伝」の提供が「ナルニア国ものがたり」だったことは、一部の児童文学マニア&ファンタジー好きの間でかなりの話題になりました。
「提供・ナルニア国ものがたり」とアナウンスされてたんです。映画配給会社の気合いを感じました。

先日、児童文学つながりではないけれど、私の趣味嗜好をよく知る友人から、久しぶりにメールが入りました。
「ナルニアの試写会に行ってきた友達から、パンフを入手したけれど、欲しい?」と。
もちろん!と返信したのは言うまでもありません。

そのパンフがようやく届いたのです。

掲載されている写真のほとんどは、書店に貼ってあるポスターや、映画館で観た予告編で見たことがあるものですが、ルーシィとタムナスさんのツーショット写真は初めてです。

ペベンシーきょうだい役の子役たち、タムナスさんとカーク教授役の俳優たちが写真付きで紹介されているのは当然ですが、なぜか白い魔女役のティルダ・スウィントンの写真がありません。
サンタクロース役の俳優の写真があるのに・・・
どーして、どーして、よりによってサンタクロース?!
・・・・・もしや、サンタクロースの役回りが限りなく大きく膨らまされているとか? 
うーん。。。。なにしろディズニーですから。あり得ないことではない。

ナルニア愛読者の皆さん、心してかかりませう。

タムナスさんの顔を見る勇気がある方、そして、私の想像が的中してネタバレになっても怒らない方はこちらへ
[PR]

by foggykaoru | 2006-01-13 20:02 | 児童書関連 | Trackback | Comments(4)

昨今メイドカフェが話題ですが

このブログ、当初はあくまでも自分のための備忘録、読んだはしから忘れる本の記録として開設したのでした。
だから、変なネタ話は極力避けてきたのです。
でも、それを避けていると自分が苦しくなる。もうこれ以上は我慢できない。
というわけで、「オバカなネタ」というカテゴリーを新設しました。
今までもちらりちらりとこの手のネタは書いていたけれど、カテゴリー作っちゃったらもう怖いものはありません。これからは遠慮せずにいきます(爆)


で、今日の本題です。

メイドカフェってありますね。
執事カフェの構想もあるんだそうな。
某掲示板ではメイド「頭」カフェがあったら行きたい!という声を聞きました。

じゃあこれはどうだ。

バチカン・カフェ

あ、版権(爆)は友人です。尊敬すべきネタ大明神。
私はあくまでも彼女の広報(笑)

枢機卿の格好したおじいちゃんがお茶出してくれるのかと思ったら、そうじゃなくてスイス傭兵のイケメンを連れてくるのだそうな。
それはいいな。

でも、枢機卿も味があって悪くないと思うんです。
リーさまみたいな枢機卿。
[PR]

by foggykaoru | 2006-01-11 21:40 | ツボ・(オバカな?)ネタ | Trackback | Comments(10)

世界に広がる○○○の輪!

銀の匙さんの記事に触発されて、フランス語版Wikipediaで、「Otaku」を調べてみました。

フランス語では「u」は「ウ」ではなく、「ユ」と発音します。
だから、Otakuは「オタキュ」になるのかもしれませんが、未確認です。
案外、日本語の発音を尊重して、「オタク」と発音しているのではないかと。
「おまえ、オタキュだな」と言われたフランス人のオタクが、「ノン!正しい日本語では『オタク』って言うんだ」とオタッキーな反論をしているかもしれないと思うと、嬉しくなりません? ならないか。

「1人のオタク」は un Otaku
un(アン)とオタクを切らないで、「アノタク」と1語のように発音いたしましょう。(英語とほとんど同じね)
定冠詞をつけると、l'Otaku 「ロタク」となります。

前置きが長くなりました。
以下がフランス語版Wikipediaの記事の日本語訳です。

===================================
Otaku

ひらがなで「おたく」、カタカナで「オタク」、漢字を使うと「お宅」
「お」は尊敬をあらわす接頭辞で、「宅」は「(自分の)家、住まい」を意味する名詞。

この表現はもともと「あなたの家」という意味で使われ、転じて敬語的な二人称(=あなた)の意味を持った。
後者の用法をアニメやマンガ愛好者たちが好んで使うようになり、ひとつの趣味に身を捧げている人を指す、軽蔑的なニュアンスを伴う語となった。
現在、この語は(少なくともフランス語においては)自分の中にこもり、フィギュアあるいはアイドル、パソコン、ビデオゲームなどといった、特定のものにしか情熱を持たない人を指す。

日本語において、「お宅(=あなたの家)」と「オタク」が表記上区別されることに留意されたい。
日本の高齢者の多くは前者しか知らないのである・・・。

新しい用法は、元来の意味にとても近いといえる。「自宅にこもって外出しない」のだから。

ジャン・ジャック・ベネックスとジャッキー・バスティッドは、日本に出現したこの種の人々について「オタク:ヴァーチャル帝国の息子」と題するドキュメンタリーを制作し、これは1994年、アンテンヌ2で放映された。
1999年、エティエンヌ・バラルはその著作「オタク:ヴァーチャルの子供たち」において、彼が出会ったオタクたちの生態を描き、日本そしてその他の国々に関わるこの社会現象を分析し、問題提起した。

日本において、「オタク」は当初、社会不適応者とみなされていたが、ガイナックスの作品「エヴァンゲリオン」以来、この見方は変化しつつある。
このプロダクションはオタクを主人公にした2つのOVA作品(「おたくのビデオ」「続おたくのビデオ」)も制作している。
その後、「げんしけん」「恋するオタクたち」そして「電車男」もこのテーマを扱っている。
======================================


後半に列挙されているオタク関係の著作やビデオ・映画作品の固有名詞がさっぱりわからなくて、日本語版Wikipediaの助けを借りました。
エヴァと電車男だけはわかったんだけど。(観てませんけどね)
ガイナックスとかOVAなんかも初めて知りました。勉強になったわ(苦笑)
[PR]

by foggykaoru | 2006-01-08 21:13 | バベルの塔 | Trackback(1) | Comments(8)

衝動買い

c0025724_19114595.jpg思えば2004年というのは、私にとって、内面的に慌ただしくも充実した年でした。

なぜかというと、2月に指輪物語完結編であるRotKが公開され、最初の3回ぐらいは感動したけれど、すぐに飽き(3回感動すれば十分という説もあるが)、ほどなく「マスター&コマンダー」を知り、「これこそ私がほんとうに観たかった映画だ!」とばかりに数回(嘘。もっとです)観て、その公開も終わって心にぽかっと穴が空いたようになった折りも折り、NHK大河ドラマの「新選組!」に巡り会ったのですから。

そもそも大河を観ること自体が、何十年かぶりでした。
毎週放送を首を長くして待ちました。そんなことは「鉄腕アトム」以来でした。(年がバレる。。)
加えて、私が観始めたのとほぼ同時期に、超有名サイトでこんなコーナーが始まったりして。お陰で2004年後半は心浮き立つ日々でした。

「指輪」と「マスコマ」そして「新選組!」、この3つの作品の共通点は「かっこいい男たちが山ほど登場する」ことです。そういう作品にハマる私って、つくづく普通の女なんだわ(笑)

そしてさらに、「指輪」と「新選組!」にはもう1つの共通点が。
それは、キャストとスタッフが盛り上がって作り、関わった人たちがみんな熱くなって仲良くなってしまったところ。(「マスコマ」だって実際にはそうだったかもしれないけれど、よくわからないので)

これは大河「新選組!」の続編であり(おそらく)完結編である「新選組!! 土方歳三最期の一日」のメイキングガイドブックです。
こういうものはめったに買わないのですが、本屋で見かけて立ち読みしたら、感動でウルウルしてしまい、買わずにいられなかったのです。
どれほど感動できるのかというと、まるで「指輪」のDVDの特典映像を観たときのように感動できるのです、と言えば、わかる人にはわかるはず。(わからない人には永遠にわからない)
しかも、「王の帰還」と違って、こちらは本編のドラマも感動の一作。なにしろ脚本が素晴らしいですから(核爆) 三谷幸喜ってすごい!

NHK総合の本放送は3日でしたが、明日、BS2で放映されます。
見逃した方、今度こそ観てください。観ないと損しますよ。



私はイライジャ@フロドやポール@マチュリン先生も好きだけど、一番好きなのはたぶん山本くん@土方です♪
[PR]

by foggykaoru | 2006-01-06 20:06 | 告知 | Trackback | Comments(8)

ドイツ語版「王の帰還」

気が付いたら今日はこのブログ開設1周年でした。

で、1周年記念は指輪ネタ。

何十回観たかわからないRotKですが、PCの小さい画面なのに、そして、PCのちゃちなスピーカーなのに、ローハン軍のところでは目頭が熱くなりました。

「ホビット庄」はdas Auenland ダス・アウエンラント
Aueというのは、雅語で「(川沿いの)緑野、沃野」の意味。
Landは英語のlandと同語源で、「国」とか「地方」
二つ合わせて「緑野の国」

「バギンズ」はBeutlin ボイトリン
Beutleは「口を紐でしばる小さな袋」、要するに巾着袋ですね。

次、声優の出来について。
「ドイツ語版TTT」に書いたとおり、フロド役の声優が巧い。ほれぼれするほどです。
サム役はショーンAに似ているけれど、それほど乱暴ではない。
ゴラムはいまいち。
心配されたピピンですが、なんとか歌ってました。
問題はアルウェンです。リヴの声、しゃべり方に似せすぎ。んな無駄な努力しなくてもいいのにさ。父親にすごまないでよ~

今回気づいたのは、敬語の二人称単数が、Sie(ズィー)ではなく、Ihr(イヤー。イールと読んでもいい)であること。
これは現代ドイツ語の用法ではありません。17世紀までのドイツ語だそうです。
現代ドイツ語の用法では、ihrと小文字で書いて、二人称複数

で、このIhrを誰が誰に対して使っているのかというと

みんな(甥も姪も)がセオデン王に対してIhr
ホビットたちはエオウィンに対してIhr
みんな(息子も)がデネソールに対してIhr
ガンダルフはデネソールやファラミアに対してIhr

こうやってまとめてみると、デネソールがガンダルフに対して、そして、セオデン王がアラゴルンに対して、どちらを使っているのかが気になるのですが、確認し損ねました。

特筆すべきなのはセオデン王の檄のかっこよさ。
アラゴルンの檄も悪くありません。
やっぱりドイツ語は檄にあっている。

ちなみに、「Death!!」は「Tod!!(トート)」。
[PR]

by foggykaoru | 2006-01-05 23:05 | 指輪物語関連 | Trackback | Comments(8)

鹿島茂著「『レ・ミゼラブル』百六景」(文春文庫)

新年明けましておめでとうございます。
今年もどうぞ宜しくお願いいたします。

旧年のシメに予告した「レミゼ」解説本、読みました。

鹿島氏はフランス文学者。しかも、ユーゴーをはじめとするロマン主義文学の専門家。なので、原作を読みこなす自信はないけれど、少しは勉強したいという凡人にとっては、この本が現時点においてセカンドベストである(ベストは原作だから)という点は、間違いないはず。

500ページに迫る厚さではありますが、フランスで出版された「レミゼ」各版の挿絵がたくさん載っているので、文章の量はたいしたことありません。それにとても読みやすい。現に私は1日で読めました

原作の舞台となった当時のフランスの状況がつぶさに説明されています。この作品に出てくる「革命」がいったいいつの何という革命なのか、ずっと疑問に思っていたのですが、ようやく謎が解けました。
「1832年の6月暴動」というものだったのです。

ここでフランス革命以後のフランス史のおさらい。

===========================
1789年7月 バスティーユ襲撃 いわゆるフランス革命の始まり
1793年 国王ルイ16世処刑
1799年 ナポレオン登場
1802年 ヴィクトル・ユーゴー誕生
1804年 ナポレオン帝政の始まり
1814年 王政復古 国王ルイ18世(ブルボン家)
1830年7月 7月革命 国王ルイ・フィリップ(ブルボン=オルレアン家)
1832年6月 6月暴動 
1848年2月 2月革命 王制倒れる 第2共和制の始まり
1852年 ナポレオン3世による第2帝政の始まり
1870年 普仏戦争でフランス敗れる。第3共和制の始まり
1885年 ヴィクトル・ユーゴー死す
==========================

6月暴動というのは、私が持っている高校生向けの世界史年表には載っていません。それぐらいマイナーな事件なのです。鹿島氏によると、この時点で振られたのは三色旗だそうです。
そういえば確か、赤旗が初めて振られたのは2月革命だときいたことがあります。

ジャン・ヴァルジャンの最期の解説には涙がこぼれました。解説なのに。
原作読破は断念したものの、やっぱりラストだけはきちんと原作で読もうかなというという気分に浸っているところです。

この本に関する情報はこちら 
[PR]

by foggykaoru | 2006-01-01 18:36 | 西洋史関連 | Trackback | Comments(4)