<   2006年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

「ロック・ユー」を観て英仏の歴史を調べる

映画「マスター&コマンダー」を観て以来、すっかりポール・ベタニーにハマってしまっている私でして、ポールの出世作である「ロック・ユー」も、いつか観てみたいと思っていました。
最近、テレビで放映されて、ようやくその願いが叶えられました。
観てしまったら、1回では物足りないし、ポール演じるチョーサーの口上を、吹き替えでなく、生声で聞きたい、、ということになり、DVDを買ってしまいました。
だったらもっと早く買えよって・・・思いますよね、自分でも思いますもの。

そして、またもや英仏の歴史を調べたくなってしまって。
今までにまとめたことはこちらこちら


1215 (英)マグナ・カルタ制定
1216 (英)ジョン欠地王、りんご酒の飲み過ぎと桃の食べ過ぎにより死去。ヘンリー3世即位
1223 (仏)フィリップ2世(尊厳)死去。ルイ8世即位
1226 (仏)ルイ9世(聖ルイ)即位
1253 (仏)ロベール・ド・ソルボン、パリに寄宿学校を作る(ソルボンヌ大学の前身)
1270 (仏)ルイ9世、十字軍(これが最後)に行って死ぬ。フィリップ3世即位
1272 (英)エドワード1世即位
1284 (英)ウェールズ併合
1285 (英)スコットランド征討始まる
*イングランドが着々とその勢力範囲を広げていった時代なのでしょう。十字軍をやめたお陰でその余裕ができたのか?

1285 (仏)フィリップ4世(美顔)即位
1312 (仏)十字軍の時代が終わって、フランスに本拠を移したテンプル騎士団、フィリップ4世にぶっつぶされる
*その結果、テンプル騎士団の財産は没収されたのだけれど、「いやいや、まだどこかに財宝が隠されているに違いない、そうあって欲しい」と思う人が少なくなくて、繰り返し小説や映画のテーマになっている。

1314 (仏)ルイ10世即位 (英)バノックバーンの戦い!(スコットランドの独立)
1316 (仏)ジャン1世即位、そしてフィリップ5世即位
1322 (仏)シャルル4世即位
*こうしょっちゅう国王が変わるなんて、フランスはジリ貧感が濃厚です。

1327 (英)エドワード3世
1328 (仏)シャルル4世死去=カペー朝断絶(カペー朝って? プランタジネット朝じゃないの?と混乱したけど、プランタジネット朝はイギリスだったのでした。ケルンさん、ありがとう)フィリップ6世即位=ヴァロワ朝の始まり
1338 (英)エドワード3世、ノルマンディ上陸。(英仏)百年戦争の始まり
1340頃 (英)ジェフリー・チョーサー生まれる
1347~1351 ヨーロッパ全域で黒死病流行
1358 (仏)ジャックリーの乱
*戦況は悪いわ、ペストは流行るわ、農民一揆は起こるわで、フランスはまさに泣きっ面に蜂。

1370 エドワード黒太子、リモージュ占領
*映画「ロック・ユー」によれば、この頃、ロンドンの屋根葺き職人の息子・ウィリアムが、身分を偽って馬上槍試合で活躍する。
30才くらいになっていたジェフリー・チョーサーは、半年ほど、ウィリアムの紋章官としてその弁舌の才を発揮。ウィリアムのことを「十字軍で活躍した」とか紹介したりする。(あくまでも「ロック・ユー」によれば)彼はこの半年の経験をもとに、後になって「カンタベリー物語」を執筆したことになっている。
ウィリアムのライバルであるアンジュー伯アデマーは百年戦争で忙しくて、槍試合の大会に参加できなかった時期がある。フランス語のAdhemar d'Anjouで検索しても、出てくるのはこの映画に関する記事ばかりなので、どうやら実在の人物ではなさそう。アンジュー伯ではないAdhemarという名前の貴族(Adhemar d'Angoulemeとか)は実在するようなので、いかにも「らしい」名前なのだろう。
大会が行われたルーアンやナントカ(←忘れた)・シュル・マルヌはフランス北部で、当時、実質的にイギリスの勢力範囲内にあったのだろう。ボルドーは南部だけれど、ヘンリー2世の王妃エレアノール・ダキテーヌの出身地なので、伝統的にイギリスが優勢な地域。で、パリは・・・? 大きな大会が開催されるときは、休戦したのかも。
ちなみに、当時のローマ教皇はフランス人ではない。イエス・キリストがイギリス人でないように。
ちなみに、当時のイギリス平民は英語を話し、貴族はフランス語を話していた。ウィリアムは子供の頃から12年もの間、師匠につき従ってフランス各地を回っていたので、それなりにフランス語を身につけていたことであろう。だからフランスの貴婦人とおつきあいできたわけだ。よかったね。
1376 エドワード黒太子死去

1377 (英)リチャード2世即位
1378 教会の大分裂。
(仏)アヴィニヨン教皇として、クレメンス7世即位←この人、確かフランス人
[PR]

by foggykaoru | 2006-08-29 20:53 | 西洋史関連 | Trackback | Comments(8)

パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト

いろいろネタバレ情報を読んでしまってあったので、まあそんなもんかと思いながら、けっこう楽しく観ました。
筋書きに関係無いアクションがとても多いです。見終わったとき、ちょっと目が回っていて、ディズニー・アニメの実写版だなという感を強くしました。その分、ジョニデの演技力を味わえる場面が少なかったような気がする。

一緒に行ったランサム仲間に、「ジャック船長はしょっちゅう『サヴィ?』とか口にするけど、あれはフランス語?」と訊かれました。ええっ、そんなこと言ってたっけ?(汗)

英和を引くと
savvy [米俗]: 知る、わかる

これは、フランス語の「知る」という動詞"savoir"(サヴォワール)から来ているのではないかと思います。

"savoir"の現在形の活用は以下のとおり。
(フランス語は動詞活用をしっかり暗記しなくちゃなりません。)

Je sais 私は知る
Tu sais きみは知る
Il sait 彼は知る
Nous savons 私たちは知る
Vous savez あなた(たち)は知る
Ils savent 彼らは知る

"Vous savez"(ヴ・サヴェ)の、"savez"の部分が英語化したのではないかしら。

以下、ちょっぴりネタバレ含みます
[PR]

by foggykaoru | 2006-08-28 20:30 | バベルの塔 | Trackback(1) | Comments(12)

阿刀田高著「好奇心紀行」

忘れないように書きます。なにしろこのブログは自分のための備忘録だから。

エッセイ集で、1つ1つが短く、なおかつ、面白くてやめられなくなるというほどではないので、旅行中にちびちび読んで、読み捨ててくるには最適でした。まるで悪口みたいで、阿刀田さんに申し訳ないんですが。そこそこ面白いんですよ、そこそこ。

印象的だったのは、安部公房の「砂の女」が熱く語られていること。

私は、ずーーっと昔のことですが、一時期、安部公房の作品を続けて読んでいたことがありました。そして、最後に読んだのがこの「砂の女」。
いや、「読んだ」というのは正確ではありません。途中で挫折したので。

あれからウン十年もたった今なら、ちゃんと読み切れるのかな。
試してみようかと思っているところです。


この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2006-08-24 22:17 | エッセイ | Trackback | Comments(0)

機内で見た映画(4):RotKハングル版

最後の、そして最大のネタです。

行きの機内で、見られる映画のプログラムをチェックしていたら、とんでもないものを見つけてしまいました。

Lord of the rings 3
En/Fr/Ge/Ko

1も2もJpなのに、なぜかこれだけはそのかわりにKo、コリアン!!


というわけで、帰国便で満を持して見たのです。

驚いたことに、エルフ語の台詞までハングルで吹き替えられていました。

声優に関しては、「役者にそっくり!」と感動させられるほどのことはありませんでした。
サムの声はショーンAほどアグレッシブでなくてよかったけれど、妙に低くて太くて、下手をするとイライジャのおじさんみたいでした。
ピピン役は、喋る声はまあまあだったけれど、歌がいまいち。下手というより、自信が無さそうで声がか細すぎ。
アルウェンはリヴがすごんでいる声ほどは低くありませんでした。

ハングルでは「スメアゴル」は「スミゴル」となります。
大声で呼ぶときは「スミゴール!」というふうに、「ゴ」を伸ばします。
「ir」はすべて「イル」となるので、ミスランディル、ボロミル、ファラミル・・・

セオデン王率いるローハン軍が黄金館に戻ってきて乾杯するときは
「マンセー!」
ガン爺が執政に面会するときの挨拶も
「デネソールなんとかマンセーむにゃむにゃ」
と聞こえました。
そして、戴冠式でもわざわざ「マンセー!!」という声をかぶせている。
というわけで、韓国人は「マンセー」が大好きなようです。

原語とぴったりだなと思ったのは、ゴラムが二重人格になって、悪だくみをするところで、「階段をどんどん上って」というところ。原語では"up, up, up..."ですが、それがハングルだと「コップコップコップコップ・・・」

ハングル版の最大のツボはゴラムでした。
ハングルというのは、語尾が「・・・よ」になることが多いですよね。
しかも、なんとなく頼りなげに「・・・よ~」と語尾が揺れる感じになる。
ゴラムがそうやって喋っているのを聞いていると、瀬田訳とオーバーラップしてしまって、なんとも言えない気分でした。


もしかしたら、瀬田さんはハングルをヒントにゴクリ語を作ったのかもね!(ありえないありえない)
[PR]

by foggykaoru | 2006-08-21 21:10 | 指輪物語関連 | Trackback | Comments(4)

機内で見た映画(3):パイレーツ・オブ・カリビアン

行きの機内で3本も見たのに、まだまだ課題(爆)が残ってしまい、帰国便にまわさざるを得なかった作品の1つがこれ。

第二作「デッドマンズ・チェスト」を見る予定があるので、その予習のために、どうしても見なくてはならなかったのです。

劇場公開時に見てあるのに、あらすじ以外はすっかり飛んでいて、初見のように楽しんでしまいました。

友人の中には「海賊マニア」がいるのですが、私自身はこの分野に関しては素人同然。のはずなのに、思い切りウケてしまうのは、ランサムで読み知ったアイテムがざくざく出てくるからです。こういう映画を見て初めて、ランサムって海賊オタクだったのねーと思い知るわけでして。

その上、オーリーくんの役名が「ターナー」だなんて。ウィルじゃなくてジムだったらもっとよかったのに。
キーラ・ナイトレイ演じるエリザベスが「ミス・ターナー」と呼ばれる場面では、機内で悶絶しておりました。

ところで、劇場公開時の字幕はなっちでした。(もしかして、第二作も?)
"guideline"をそのまま「ガイドライン」と訳していて、まあこのオバさんはなんと字数を増やすことが好きなんだろう、それにしても海賊が「これはガイドラインだ」なんて言わないぞと思ったものです。
機内で見た日本語吹き替えでは「心得」となっておりました。
こういうのを「翻訳」というのであります。



ちなみに、海賊の必須単語は「パーレイ」
「ツバメ号とアマゾン号」のナンシイの第一声が「パーレイ!」で(神宮訳では「休戦交渉」)、あれはまさに海賊の流儀だったのだなということを、この映画を見て改めて納得したのですが、この単語はparleyと書き、フランス語が語源。
だから映画の中でも「パーレイなんて誰が考えたんだ?}「フランス人に文句を言え」という台詞があるわけなのです。
語源となったフランス語のparler(パルレ)は「話す」というごく普通の動詞。英語のspeakやtalkに対応します。
この単語の名詞形parlement(英語の綴りはparliament)が「議会」になったのです。議会は話すところだから。
[PR]

by foggykaoru | 2006-08-19 11:44 | 観もの・聞きもの | Trackback | Comments(6)

機内で見た映画(2):FotRフランス語版

英語以外のヨーロッパ言語には二人称単数が二種類あります。
ひとつがタメ口用の二人称、そしてもうひとつが敬語的な二人称。
LotR三部作を性懲りもなく繰り返し見て、台詞を一通り覚えた上で、いろいろな言語で見てみると、この二種類の二人称の使い分けが、けっこうバラバラだということを発見しました。ラテン系言語であるフランス語版とイタリア語版でも、相当違うのです。(イタリア語版に関してはぴぴーなさんのブログをご覧ください。)

で、今回のFotRフランス語版ですが

ビルボはフロドにタメ口のtu
フロドはビルボに敬語のvous
ビルボとガン爺はお互いにvous

といったように、納得の使い分けをしています。

へえええと思ったのが、指輪をはめたときのフロドに対するサウロンの台詞。これがvousなんです。
ガン爺が「お前は通さん!」とバルログに言う台詞もvousです。
第三部RotKのSEEのフランス語版を見せていただいたとき、滅びの山で(劇場版よりもさらに)しつこく襲ってくるゴラムに対して、フロドが「お前は誓うと言ったじゃないか」をvousで話しているのを聞いて、「んな~、今までちっとも旦那らしくなかったのに、なにもこの場に及んで旦那ぶることないじゃないか。」と思ったものでしたが、別にそういうことではなかったのでした。
つまり、フランス語では、「敵」に対して、比較的vousを使うことが多いのでしょう。これはvousが敬語である、という考え方をすると訳がわからなくなります。それよりも、vousを使うということは、自分と相手に距離を置くということである、と考えるべきなのでしょう。

あと、別れの言葉。
ビルボが誕生パーティーで「みなさんにお別れしなくてはならない」と言うところは"Je vous dirai adieu." アデューは「とわの別れ」のときに使う言葉。
そして、その後に「さようなら」と言って消えるのですが、そこは"Au revoir"になってます。オールヴォワールは「また会いましょう」という意味のさようなら。
この不統一は何?
これはさっき辞書を引いたら解決しました。
"dire adieu"というのは、一般的な「別れを告げる」という熟語表現だったのです。別に「とわの別れ」とは限らない。

次、フロドが「ぼくが行く!」と言ったあとの、「道がわからないけれど」
英語では"I don't know the way."です。
これをフランス語で"Bien que je ne connaisse pas le moyen."と言っているのを聞いて、心の中でうーんと唸ってしまった私でした。
"le moyen"というのは「方法・手段」なのです。
英語の"the way"は「道」という意味と、「方法」という意味があって、まさにこの場にはぴったり。
で、日本語では「方法」という意味を切り捨てて、「道」と訳しているのです。

フランス語ならではというクリーンヒットもありました。
それは、アルウェンが恋人に剣をつきつけて「野伏ともあろうものが・・・」という、見るに耐えない、聞くに耐えない、例のあの台詞。
これを"Un garde qui ne prend pas garde."
イタリック体のところ、ダジャレです。直訳すれば、「番人が用心していないとは」ということですが。



ところでこの記事、いったい誰を対象に書いているんでしょうね。。。

こんなことを面白がってくれる人は、日本広しと言えども、片手でも余るじゃないかしら。



で、ここからは面白がってくれる人が飛躍的に増える発見です。

このフランス語版FotRには、なんと日本語字幕が付いていたのです。
しかも、なっち訳とは全く違う。
"Strider!" が「馳夫さん!」
素敵でしたよーー♪
それ以外にも、ガン爺がバルログに「常つ闇におちるがよい!」とか、格調高い瀬田節がちりばめられています。

でも・・・・

この字幕担当者、瀬田訳の素晴らしさは熟知していても、自力ではまともな日本語には訳せないみたいなのです。
原作に無い台詞の訳は、はっきり言ってなっち並み。
なにしろ、「モリアの炭坑」とか言ったりするんです。
ボロミアも「我々の帰宅を待っている」と口走ったり。(ファラミアが「おにいちゃん、おかえり!」と言うのが目に浮かびます。)

ちなみに、「うそつき」は「ボロミアじゃなくなっている」でした。
これは今や定訳になったようですね。
[PR]

by foggykaoru | 2006-08-18 00:08 | 指輪物語関連 | Trackback | Comments(10)

機内で見た映画(その1)

今回は機内で映画を見るのにとても忙しくて、寝る暇を見つけるのが大変でした。
行きの機内で見たのは3本。

最初は「Vフォーヴェンデッタ」
面白かった~!!! 座席前の小さい画面でも、ものすごく興奮したのですから、かなりの傑作かも。
しかし、これを日本語吹き替えで見るというのはどんなものなのかなーと思いました。
というのは、主人公の「V」は最初から最後までマスクを付けたままなので、演じてるヒューゴ・ウィーヴィングはいわば「声」の出演みたいなもの。それを日本語吹き替えにしちゃったら、誰が演じても同じ? そりゃ身のこなしとかはヒューゴなんだけど、スタントがやってるところも多いだろうし。
見終わってから、ちょっとだけ英語版を見て、ヒューゴの声を確認しときました。
ところでガイ・フォークスって何だったっけ? これから検索して確認しておこう。

お次は「プライドと偏見」
旅行前にジェーン・オースティンの別の作品を読んであったこともあり、グッドタイミングでした。原作、ほとんど覚えていなかったのですが、映画というのは原作を要領よくはしょったものなのだろうと思いながら見ました。原作は少なくとも3倍のボリュームがあります。
確か、谷崎潤一郎はこれを読んで「細雪」を書いたんじゃなかったかしら。ふむふむ、まさにそっくり!というところがあって納得しました。

そして3本目。

「ロードオブザリング」こと「指輪物語」です。第一部。誰ですか指さして笑うのは。
フランス語版があって、考えてみたら、第一部だけはフランス語では見ていなかったことに気づいたんです。
かくして、旅日記の最初のページは、「旅の仲間」に関するメモを取るために使われたのでした。

これに関する記事は次回。


たまたまですが、この3本、みんなイギリスものです。(指輪物語は「中つ国もの」だけど)
[PR]

by foggykaoru | 2006-08-17 00:19 | 観もの・聞きもの | Trackback | Comments(2)

ヴェネチアの書店にて

c0025724_16321233.jpg

観光客でごった返しているサンマルコ広場のすぐそば。観光ガイドブックの奥に子供の本がいっぱい。しかし…左手前が「ミサは素敵」右手前が「洗礼」その下が「お祈り」左の黄色いのが現教皇のお話。
題名に「ヴェネチア」がつく児童書を集めたコーナーがあったりして、良いお店ではあります。
[PR]

by foggykaoru | 2006-08-14 16:32 | Trackback | Comments(0)

クロアチアで見つけた児童文学(2)

c0025724_231234.jpg

「飛ぶ教室」です。

この2冊を見つけた書店では、大声で携帯で喋りまくっている人がいたので、堂々と写真を撮ることができました(笑)
[PR]

by foggykaoru | 2006-08-12 02:31 | 児童書関連 | Trackback | Comments(0)

クロアチアでみつけた児童文学(1)

c0025724_2191914.jpg

やっぱりというかさすがというかピッピです。なかなか迫力ありますね。
[PR]

by foggykaoru | 2006-08-12 02:19 | 児童書関連 | Trackback | Comments(3)