<   2006年 09月 ( 17 )   > この月の画像一覧

G・ネラン著「おバカさんの自叙伝半分」

私は学生時代、東京日仏学院に通っていた。
毎学期配布される講座概要のパンフには、「和文仏訳(担当:ネラン)」と書いてあった。でも、私が受講していたのは、同じ和文仏訳でも、アヌイという先生の授業のほうで、ネラン先生の授業はついに1度もとることはなかった。
社会人になって間もない頃、同僚が、「神父さんがやってる面白い店があるよ」と連れていってくれたのが、新宿歌舞伎町の「エポペ」。そこのマスターが、そのネラン先生だった。
こんなユニークな人だったのか、知っていたら授業をとっていたのに・・・と思ったけれど、後の祭り。

この本はそのネラン神父の自伝。
「自叙伝半分」という題名のとおり、半分は自伝ではないけれど。

そもそも聖職者というのは、俗人にとって謎の存在である。どうしてそういう道を選んだのかという話だけでも、十分に面白い。それに加えて、フランス人が書いた本であるからして、フランスに興味があれば、さらに面白く読める。

キリスト教や神学に関する章は、門外漢にはちょっとばかり退屈かも。

いくら日本贔屓とはいえ、日本人とは根本的に違うなあと思わされた箇所もある。それは、「どの宗教を信じようと、最終的にめざすところは同じだとよく言われるが、それは違う」という言葉。著者によると、それぞれの宗教を深めれば深めるほど、隔たりはむしろ大きくなるのだとか。
その考え方でいくと、「ナルニア国ものがたり」の「さいごの戦い」における、異教の神を純粋に信仰する外国の青年の運命は、まったく違うものになってしまう。私はあのくだりが好きなのに。

この本は著者が直接日本語で書いたもの。ときおり不器用な表現が見受けられるが、全体的には非常に達者な文章である。たたみかけるような調子は、読んでいて気持ちがいい。頭脳明晰な人だということが伝わってくる。

ネラン神父が開いたスナック「エポペ」のHPはこちら

この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2006-09-29 21:05 | 伝記・評伝 | Trackback | Comments(10)

「ふたりのロッテ」

友人がネット上の某所でやってる日記で、この本を読んだと書いていたのに刺激されて、再読してみました。図書館には岩波少年文庫の新訳もありましたが、あえて高橋健二訳を選びました。

私にとってこれは、「ドナウ川のリンツ」という地名を強烈にインプットしてくれた本です。長じてドイツから鉄道でウィーンに行くとき、「リンツ」という駅名を目にして深い感慨を抱いたものです。

読むのは数十年ぶりですが、大人になってから、劇化されたものを見る機会があったので、だいたいの内容は覚えていました。だから「こんな話だったのか!」というような、新鮮な驚きはなく、淡々と読んでしまいました。

この作品は親子の情愛をテーマにしていますが、主人公は2人の女の子。なので、「エーミール」や「点子ちゃんとアントン」にみられる、息子と母親の交流の場面はありません。ケストナーが自らを投影して描いた「母親思いの息子」像は、涙を誘うほど感動的なのですが、同時に、重いというか、今の言葉でいうと「うざったい」ところがなきにしもあらず。この作品の主人公であるルイーゼとロッテはもちろん親思いの良い子たちなのですが、しょせん女の子(=娘)なので、ケストナーの思い入れの度合いが全然違う。
だから、読んでいて気が楽といえば楽。その反面、物足りない感じも否めない。
頭を切り換えれば、ケストナーがほんとうにプロの作家としての立場で書いた作品だという位置づけができるかも。

ルイーゼが母親とピクニックをするガルミッシュ。
バイエルンに行ったとき、すぐそばをかすめました。
行っておけばよかったとちょっぴり後悔。


この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2006-09-27 20:32 | 児童書関連 | Trackback | Comments(8)

「黄金の羅針盤」ならぬ

c0025724_18324321.jpg黄金の六分儀。

昨日の六分儀に対する反応が妙に良いので(笑)、ここは連続で。

これはクロアチアではなく、去年のチェコ旅行のときの写真。場所はプラハ。
その昔イエズス会の拠点だった「クレメンティヌム」というところ。昔は教会関係が「知」を独占していたのだから、つまりは学問の中心ということで、だから天文学関係のアイテムがあるのです。

ガイド付きツアーで見学するのですが、この展示ケースの中身に関する説明は無く、ここで立ち止まって興味を示す人はほとんどいません。写真を撮ったのはもちろん私だけでした(苦笑)
[PR]

by foggykaoru | 2006-09-26 19:03 | メインサイトのボツ写真 | Trackback | Comments(6)

ドブロブニク海洋博物館にて

c0025724_11137100.jpgこういう場所に行ったら、このアイテムを確認しなくちゃなりません。

この写真がボツになった理由は
1)ガラスケースに光が反射してしまい、いまひとつきれいに撮れなかった
2)そもそも六分儀を見て喜ぶ人はあまりいない

というわけで、「六分儀って何?」という方はこちらへどうぞ。(偉そうに言ってますが、使い方なんてまるっきりわかってない私です)
[PR]

by foggykaoru | 2006-09-25 12:11 | メインサイトのボツ写真 | Trackback | Comments(12)

クイズです

事情があって、フランスに関するクイズを作成する羽目になりました。
苦し紛れに絞り出した問題の中のいくつかをここにご紹介します。

★初級クイズ(小学生が楽しく答えられるレベル)
1)フランスの首都はどれ?
A.北京 B.パリ C.アムステルダム
2)フランスの国旗の色は、赤、白、そして何色?
A.青 B.黒 C.黄色
3)「メルシー」ってどういう意味?
A.こんにちは B.ありがとう C.さようなら
4)フランス初の女性大学教授で、ノーベル賞を受賞したのは?
A.マリー・キュリー B.マリー・ローランサン C.マリー・アントワネット
5)サンテグジュペリが書いた作品はどれ?
A.ナルニア国物語 B.指輪物語 C.星の王子さま

★★中級クイズ(中学生~素人の大人向け)
1)フランスの南にある海はどれ?
A.大西洋 B.エーゲ海 C.地中海
2)フランスのシャンソンが使われているアニメは?
A.紅の豚 B.ハウルの動く城 C.ゲド戦記
3)「サンチーム」って何?
A.長さの単位 B.重さの単位 C.お金の単位
4)「赤と黒」の主人公の名前は?
A.ジャン・ヴァルジャン B.エドモン・ダンテス C.ジュリアン・ソレル
5)フランスとイタリアの国境にある、ヨーロッパ最高峰は?
A.キリマンジャロ B.モンブラン C.カンチェンジュンガ

★★★上級クイズ(フランス通向け)
1)「失われた時を求めて」の著者は?
A.ゾラ B.ユーゴー C.プルースト
2)フランス製アニメはどれ?
A.キリク B.ルパン三世 C.ノートルダムの鐘
3)ゴッホがアルルで一緒に暮らしたのは誰?
A.ポール・セザンヌ B.ポール・ゴーギャン C.ポール・ボキューズ
4)ブルゴーニュワインはどれ?
A.サンテミリオン B.シャブリ C.マルゴー
5)ジャンヌ・ダルクが死んだのはどこ?
A.ルーアン B.オルレアン C.パリ

何問正解できましたか?

ちなみに、上級の4問目を作ったのは私ではなく、のんべの友人です。

正解はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2006-09-21 21:00 | Trackback | Comments(12)

「ダンシング・クイーン」の仏語訳

アバのヒット曲の歌詞を仏語訳するという超個人的プロジェクト?の続きです。

「ダンシング・クイーン」といえば、泣く子も黙るアバ最大のヒット曲。その冒頭はこうです。
You can dance

これを直訳すれば
Tu peux danser(チュ・プ・ダンセ)

英語は3音節で、フランス語は4音節。
でも、この部分の音符は4つ。(ミレレレ)
「You」を音符2つ分(「ミレ」の部分)伸ばしているのです。
だから、音符的には、「チュ/プ/ダン/セ」というふうに乗せようと思えば乗せられる。

でも、いくら音符に乗るからって、これはあまりにもダサイではないか・・・

と思い、悩んだ末、こうしました。
Viens danser(ヴィヤン・ダンセ=踊りにおいで)


ちなみに、その次は
You can jive
という歌詞であります。

「ジャイブ」という単語に反応するあなた! これは帆船用語ではありません。


★今日のまとめ
ダンシング・クイーンのサビの部分をフランス語で歌うとこうなる!

原詞
You can dance
You can jive
Having the time of your life
See that girl
Watch that scene
Diggin' the Dancing Queen

拙訳
Viens danser ヴィヤン ダンセ (踊りにおいで)
Viens danser ヴィヤン ダンセー (踊りにおいで)
Pour profiter de la vie プル プロフィテ ドゥ ラ ヴィー (人生を楽しむために)
Quand tu danses カン チュ ダンス (君が踊るとき)
Sur la scene スュル ラ セーヌ (ステージで)
T'es la reine qui ravis テ ラ レヌ キ ラヴィ (君は魅力的なクイーン)

3行目と6行目でうまく韻が踏めたぞ!と喜んでいたのですが、vieという単語を伸ばすと、「ヴィーユ」という発音になるという習慣があることに、ずーっと後になって気づいたのでした。あ~あ。
[PR]

by foggykaoru | 2006-09-20 21:29 | バベルの塔 | Trackback | Comments(4)

南條竹則著「ドリトル先生の英国」

著者は子供の頃、ドリトル先生シリーズにとことんハマった人。大学で英文学を専攻し、英国及び英文学に関するしかるべき知識を蓄えた後に、ドリトル先生を再び手に取り、この本を著した。

1958年生まれだというから、ランサム・サガを読んでいても不思議ではない。ドリトル先生に夢中で他の本を読まなかったのか、それとも、ランサムは読んでみたけれど気に入らなかったのか。そのあたりが個人的に非常に気になるのだが、それはそれとして、ドリトル先生シリーズを2、3冊ぐらいしか読んでいない私でも、この本はけっこう楽しめた。好著といえると思う。

井伏鱒二訳に出てくる謎の食べ物を解明するあたり、ランサム・サガに出てくる飲食物(たとえばペミカンとかジンジャー・ビアとか)がどういうものなのかを調べようとするランサマイトとまったく同じ。私の周囲には、「『ツバメ号とアマゾン号』の英国」という本を書ける人が何人もいるのではないかと思う。ただ、ランサムを知ってる人が少ないから、出版してくれる会社が無いのである(号泣)

個人的に面白かったのは、最後の章「ドリトル先生と聖書の世界」。シリーズの後半、「月へ行く」以降のドリトル先生には、「老い」と「絶望」がしのびよってきて、宗教的になっていくのだそうだ。ドリトル先生にさほど夢中になれずに大人になった人間としては、そんな話を聞くと、かえってそのあたりの作品に興味をそそられてしまった。


この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2006-09-19 21:57 | 児童書関連 | Trackback | Comments(11)

アドリア海の帆船(2)

c0025724_20524862.jpgこれが観光客用の「なんちゃって昔の帆船」です。実際に乗ったわけではありません。

クロアチアはドブロブニクの旧港にて。
[PR]

by foggykaoru | 2006-09-16 20:02 | メインサイトのボツ写真 | Trackback | Comments(2)

アドリア海の帆船(1)

c0025724_207881.jpgメインサイトにアップするために、旅行記を鋭意作成中です。旅行記用にはボツになる運命が決まっている帆船&ヨット関係の写真を、こちらで少しずつご紹介していこうと思います。

帆船の時代に海運業でその名をとどろかせ、「アドリア海の真珠」と呼ばれたドブロブニクですが、現在、その港で見られるのは、観光客相手の「なんちゃって昔の帆船」が中心で、個人のヨットはあまり多くありません。港を出入りするヨットを見るチャンスもありましたが、帆を張った姿を目撃できたのはごくまれ。

城壁の上から撮ったこれが最高のショットでした。
[PR]

by foggykaoru | 2006-09-14 20:39 | メインサイトのボツ写真 | Trackback | Comments(8)

東欧マニアにお薦めの本

エリザベス・コストヴァ著「ヒストリアン」を読みました。
上下巻合わせてほぼ1000ページに達する長編小説です。

この忙しいときに、こんな厚い本を貸してくれた友よ、ほんとうにありがとう(爆)

そして、この忙しいときに、こんな厚い本を睡眠時間を削ってまでして2日で読み切る私は大馬鹿者です。おかげで昼間は頭が使い物になりませんでした・・・。

ヨーロッパの歴史に憧れを抱いているアメリカ人にウケるエンターテインメント、という点で「ダ・ヴィンチ・コード」と同じタイプの小説。
「ダ・ヴィンチ」の場合は、上巻を終わった時点では最高に面白かったのが、最後は尻すぼみになってしまったのですが、この作品の面白さは、最初から最後までずっと同程度でした。

ホラーの味付けもあるのだけれど、全体的なムードは案外ソフトなので、私は旅情ミステリーとして楽しみました。
東欧に興味のある人、東欧を旅したことがある人、旅してみたい人にお薦め。
そしてメインサイトの協力者である友よ、これは貴女のための本かもしれません。

この本に関する情報はこちら

以下はネタバレなので、未読者は読んではいけません。
[PR]

by foggykaoru | 2006-09-12 21:32 | 西洋史関連 | Trackback(1) | Comments(11)