<   2006年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

「英米児童文学の宇宙---子どもの本への道しるべ」

2002年ミネルヴァ書房刊。本多英明編著。

目次をご紹介。

序章:英米児童文学の20世紀(本多英明)
第1部:古典への新しいまなざし
第1章:不思議の国の絵画---キャロルとシュルレアリスム(庭野延子)
第2章:少年時代の光と影---『トム・ソーヤーの冒険』論(高田賢一)
第3章:インドの紳士の物語---『小公女』における英国人男性性の回復(川端有子)
第2部:広がる視座、問われる真価
第4章:偉大なる詩のなかへ---『ホビットの冒険』における「憧れ」の探求(成瀬俊一)
第5章:魔法と悪口の物語---E.L.カニグズバーグ『魔女ジェニファーとわたし』における物語性(横田順子)
第6章:自己と民俗のアイデンティティ---ヴァージニア・ハミルトンの『わたしはアリラ』を読む(白井澄子)
第3部:同時代の児童文学に挑む
第7章:嘘つきたちのギャラリー---アン・ファインの挑戦(西村醇子)
第8章:創世記の再構築---フィリップ・プルマン『黄金の羅針盤』『神秘の短剣』『琥珀の望遠鏡』(小峰和子)
第9章:多文化社会と子どもの本---アレン・セイの描いた家族の肖像(本多英明)
第4部:絵本を読み解く
第10章:命をみつめる絵本考---絵本とクオリティー・オブ・チャイルドフッド(桂宥子)
第11章:絵本が解放されるとき---Little Blue and Little Yellowをてがかりに(高鷲志子)
第12章:「育てる者」と「育てられる者」の葛藤---『まどのそとのそのまたむこう』に描かれた命の神秘(灰島かり)

目次を見る限りでは、わたし的にピンとくるものはあまり多くない。にも関わらず、古書店で1200円出して買ってしまったのは、序章にランサムの言及があり、しかも、けっこうページが割かれていたため。
しかも、その節の表題が「静かな湖面、広がる想像」と、思い入れたっぷりなのである。
この人、ランサムが好きなのね、間違いナイ!(←古いっ)

それによると、ランサムは「エドワード朝の精神を基盤にしてジョージ朝時代に活躍した作家」なのだそうである。

ほー、なるほど。
エドワード朝というのは、ビクトリア朝のすぐ後。まだまだ「いいとこ」の女性が、ガチガチの道徳でがんじがらめになっていた時代。E.M.フォースターの「眺めのいい部屋」の時代である。その当時、お嬢様たるもの、たとえば「胃の調子が悪い」などとは、口が裂けても言ってはならなかった。なぜなら、身体のことを口にするのは非常にはしたないことだから。
その時代の生き残り---生きた化石?---が大おばさんなのだ。

それ以外の章のほとんどは、ぱらぱらめくった程度。唯一、きちんと読んだのは第3章である。テーマは『小公女』と、それが書かれた時代との関わり。世界史好きにはわくわくさせられる内容である。『小公女』を再読してみようかという気になった。

巻末の著者紹介に、「トールキンとC.S.ルイス」という著作が挙げられていた。
そこで、トールキンに詳しい英文学のI先生に「こういう本を手に入れたのですが」とお見せたら、先生、ページを繰りながらしみじみとした口調で「良い本をお買いになりましたね」とおっしゃった。
本多氏はI先生が相模女子大学で教えていたとき、同僚だったのだそうだ。
「この方は神宮輝夫先生のお弟子さんです。まだお若いのに、最近、お亡くなりになりました。惜しい方を亡くしました。もっともっといろいろな話をお聞きしたかったのに・・・」

ああ、私もお話をお聞きしたかったのに。


この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2006-12-18 20:04 | 児童書関連 | Trackback | Comments(2)

鈴木成高著「中世の町---風景」(東海大学出版会)

c0025724_12223485.jpg著者はもと大学教授。その前は旧制三高教授! 専門はヨーロッパ中世史。1907年生まれというから、おそらくもうご存命ではないだろう。

ヨーロッパの古い町の路地裏をこよなく愛する著者が、よりによったお薦めの町は
・サン・ジミニアーノ(イタリア)
・シエナ(イタリア)
・ディンケルスビュール(ドイツ)
・コルドバ(スペイン)
・ブリュージュ(ベルギー)
・ヴェズレー(フランス)
ディンケルスビュールは行っていないから、なんとも言えないが、残り5つは確かにお薦めの町。この人とは趣味が合う(笑)

古い小さい町では、中央広場を駐車場にしているところが多くて、興醒めさせられることが少なくない。著者の「そのことが『都市の滅亡』を象徴するかのように思えてならない」という言葉に、大きくうなずいてしまった。

著者がフランスのブルゴーニュを訪れたときの拾いものはトゥルニュス(Tournus)。そして、バスの車窓から見かけて、よっぽど途中下車しようかと心を動かされたのがスミュール(Semur)なのだそうだ。覚えておこう。

つくづく思ったのは、行ったことがある場所ばかりの紀行文というのは、今ひとつ感動が薄いものだということ。掲載記事の初出は1970年代。私が初めてヨーロッパに行った頃であり、現在の海外旅行ブームの黎明期である。その当時、あるいは、遅くともこの本が刊行された1982年当時にこれを読んでいたら、ほとんど知らない町ばかりだったはずで、「ここに行きたい、あそこにも行きたい」と、さぞかし触発されたことだろう。

そのあたり、文学の評論とは正反対である。後者は、自分が読んだことがある作品に関して、共感させられたり、新たな視点を与えられたりするところが面白いのである。知らない作品を論じられてもわけがわからない。

私は以前、海外旅行のサークルに入っていたことがある。情報を得られるというメリットがあったが、インターネットで同じことができるようになると、会員でいる必要性を感じなくなり、自然退会してしまった。「同じところに行ったことがある」という人と話をしても、それ以上別にどうということはないのだ。

そして現在は、某児童文学作家のファンクラブに入っている。ネットは趣味を同じくする人との交流を容易にするし、第一、私がそのファンクラブのことを知った(正確に言うと、「ずっと忘れていたのを思い出した」のだが)のもネットのお陰だった。ネット上で交流できるのだから、わざわざ入会する必要はないのではないかとしばらく迷ったのだが、結局入会した。正解だった。「同じものを知っている(なおかつ、その同じものが好きである)」仲間からの刺激は、他では得られない貴重なものであり、会員であるほうが、それをより多く得ることができるからだ。


脱線しすぎたが、とにかく、紀行文としてのこの本は、(私にとっては)新味に欠けたのである。そしてそれが旅行記や紀行文の宿命なのだと感じてしまい、趣味の旅行記書きとしてはちょっと悲しくもあった。

この本の中で今も変わらぬ輝きを帯びていたのは、田舎のバスが時刻表通り来なくて、ヒッチハイクもどきのことをしなくてはならなかったというくだりである。要するに、トラブルネタ。

どうやら旅行記においては、限りなく個人的な苦労話こそが、いちばん長い命を持つということらしい。


本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2006-12-17 09:18 | 西洋史関連 | Trackback | Comments(0)

やわらか戦車

「このブログは読書ブログだ」と、○○の一つ覚えのように言いつつ、すぐ脇道にそれる私。。。

はみさんがハマったという「やわらか戦車」を見ました。

うひょーーっ!!
かわゆい! 
つっつかれると腐るって・・・面白すぎ!

テーマソング、耳にこびりついてます。


お知らせ: 今日から、「オバカなネタ」カテゴリーを、「ツボ・オバカなネタ」に名称変更します(^^;
[PR]

by foggykaoru | 2006-12-15 20:42 | ツボ・(オバカな?)ネタ | Trackback | Comments(8)

「やかまし村にようこそ!」

c0025724_2025891.jpg今、横浜の山手にある西洋館では、「世界のクリスマス」と銘打って、各館でそれぞれ世界のどこかの国のクリスマスをイメージした飾り付けがなされています。
でも、その写真はあえてアップしません。
なんせ、このブログは読書ブログなので(^^;

そのかわりにこの写真を。

スウェーデン語で「やかまし村にようこそ!」
「スウェーデンのクリスマス」をテーマにした、「234番館」で見つけました。
[PR]

by foggykaoru | 2006-12-11 20:38 | 児童書関連 | Trackback | Comments(12)

マクドナルド著「ふんわり王女」(太平出版社刊)

脇さんの本を読んで、読んでみたくなったマクドナルド。
最初に図書館で見つけたのはちくま文庫の「黄金の鍵」でした。
でも、koujitu3さんが、お薦めなのは違う訳だと教えてくださったので、再度図書館に足を運び、借りてきたのがこれ。

読んでみてなるほどと思いました。
まさに「ふんわり」した訳で。

たとえばこんなふうに。

この公女は、年とったまえの王さまと、とても気まずいことになっていました。それで、まえの王さまは、ゆいごん状を書くときに、公女のことをわざとわすれてしまいました。


きれいな日本語だわ~
でも、「気まずいことになる」って、もとの英語では何なのかしら?
そう思って、ちくま文庫の「黄金の鍵」に収録されている「かるい姫」を見てみたら、

マケムノイトは実はふたりの父である前王と仲たがいをしていたので、前王が遺言分けの遺言状を書くときにマケムノイトの名前を落としておいた。


なるほど。こっちは原文が透けて見えるような訳です。おそらくこっちのほうが正確さという点では上なのでしょう。

私としては、「ふんわり王女」のほうに軍配を上げたいです。

もしも私が小さいときに、この訳者によるこのシリーズに出会っていたら、きっと片端から読んだことでしょう。koujitu3さんのお子さんは幸せです。

この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2006-12-09 18:19 | 児童書関連 | Trackback | Comments(8)

しあわせな指輪の時

子どもの頃の私にとって、ピアノを弾くことは「苦行」以外の何物でもありませんでした。そもそも、「ピアノを習いたい」なんて一度たりとも思ったことがないのに、無理矢理習わされたのです。「娘が生まれたら、ピアノをやらせる」という、母の強固な信念がなかったら、1年どころか半年も続かなかったはず。

そのピアノが、この年になって大きな喜びを与えてくれるようになりました。

先日、友人たちと泊まりがけででかけたとき、クラリネットと合奏する機会に恵まれたのです。
残念ながら、ピアノがない場所だったのですが、合奏したいという私たちのために、わざわざキーボードを運んでくれた友人がいて。
心から感謝です。

演奏したのは、PJの指輪映画の裂け谷の場面で流れる名曲「Many meetings(さまざまな出会い)」。中間部の軽快なところは、本来バイオリンで奏でられなくてはならないのですが、バイオリニストである友人は来られなかったので、今回はすべてのメロディーをクラリネットで吹いてもらいました。

クラリネットの情感あふれる音色は、キーボードの無表情な響きを補って余りあるもので、それと一緒に音をつむぐことができるということに、大きなしあわせを感じました。

次回こそはバイオリンにも登場してもらって、ピアノで合わせたいです。

できたらコーラスも入れたいな。私が女性コーラスの部分を歌ってもいいんですけど。でも、ピアノ弾きながら歌うのはちょっと無理。
誰か他のピアニストがいたら、私が歌に回ります。でなければ、歌ってくれる人を募集します♪

あの部分の歌詞、知りたいなぁ。。。


PJといえば、「ホビットの冒険」の映画化からおりた(おろされた?)とか。

彼の指輪映画が100パーセント好きなわけではないけれど、どうせだったら、彼の「ホビット」を観たいです。

「PJを『ホビット』の映画監督に!!」という署名運動が、ネット上でまきおこっています。ご賛同いただける方はぜひ♪ 私はもう署名しました。「Click here to sign the petition」をクリックして、名前書いて、メルアドを書く。私はhotmailのメルアドを使いました。コメントは書かなくてもいいので、なんにも難しいことはありません。メールのチェックはprivateのままにしておいたほうが無難です。
[PR]

by foggykaoru | 2006-12-04 20:12 | 指輪物語関連 | Trackback | Comments(16)

まさかあの人が!!!

c0025724_21532998.jpgこのブログ、ランサムブログじゃないんですよ。念のため。

でも、今回の発見は書かずにいられない!!

先日、ARCの会報「1929」のバックナンバーを買ったのです。1998年に出た、30号。
この号は、現在親しくさせていただいている、TさんやCさんの、いわば「デビュー号」。入会したてのお二人の、新鮮な感動に満ちあふれた記事を楽しく拝見し、ページをめくったら、「ランサムの言及書誌一覧」という、渋~い記事が。
「日本のノーフォーク」の主・中川祐二さんは、94年の「NHK趣味百科」でカミングアウトなさったんだなあ、、と思ってふとその隣りを見ると・・・

N井○子「しあわせな遊びの時」

目を疑いました。

だって、仕事関係で先輩格に当たる、よーく知ってる人なんですもの。

まさか同姓同名の別人ということはないだろうと思ったけれど、確認のために、書誌一覧をまとめたご本人であるKさんに電話して確認したところ、肩書きからして、間違いなく私の知っているN井さんでした。
その記事の内容も教えていただいたのですが、要するに、子どものとき、ランサムの作品が大好きだったという話なのだそうな。

いや~ 驚いた!

子どものときに、ランサムにハマっておきながら、敵国語(!)であるフランス語なんかを専門に選ぶ変人は、日本広しといえども私ぐらいしかいないと思っていたのに。

今度じっくりN井さんとお話してみたいと思います。
仕事の話は抜きでね(笑)
[PR]

by foggykaoru | 2006-12-01 22:16 | 児童書関連 | Trackback | Comments(0)