<   2007年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

「マレの街かど--パリ歴史散歩」

著者のアレックス・カールがどういう人だか知らないままに読み始めたのだが、導入部のうまさに下を巻き、あとがきで確認してみたら、アメリカ人で、れっきとした作家だった。

そう、この本は最初がいちばん面白い。若かかりし著者が、友人とともに貧乏旅行をして訪れ、パリの魅力の虜になったくだりが。
その後、パリに居を構えることになったときの家探しも面白い。

そして本論。
彼は自分の住まいのある建物と、その周囲の歴史を調べ始めるのだが、ここも決してつまらないわけではない。ただ、このあたりで多忙モードに入り、1ヶ月もほうっておいてしまったのがいけなかった。そんな読み方をしたら、たいていの本はつまらなくなる。

マレ地区が今あるのも、オスマンのパリ大改造計画からはずれたおかげだとか、一時期はユダヤ人街だった(そういえば、有名なファラフェルのお店があったなあ・・・)、あのお屋敷群の多くは役人の邸宅だったとか、1ヶ月前に読んだにしてはわりと覚えているのは、それなりに興味深かったためだろう。

すすけていたパリの町並みを洗うことを思いついたのが、かのドゴールが創設した文化省の大臣に抜擢された、かのアンドレ・マルローだったこと、そして、その洗浄計画が、当初は猛反対にあったということも、「78へえ」ぐらいに面白く読んだ。洗い方はいろいろ研究され、結局、冷水を強く吹き付けるのが最も効果的だという結論に達したのだそうだ。

そして、煤の下から忘れ去られていた美がよみがえった。その恩恵を大きく受けたのがマレの町並みだった。。。

マレ地区の蘊蓄の宝庫であるこの本だが、かなり土地勘のある私でも、ただ読んでいるだけでは全部を受け止めきれなかった。これは実物を見るとき、つまりマレ地区を探訪する際に携えるべき本。次回パリに行くときは、持っていきたい。

この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2007-09-30 08:05 | 西洋史関連 | Trackback | Comments(2)

エルフ語のI先生の追っかけ必読の書

c0025724_20145131.jpg大きな山を越え、帰宅途中に書店に立ち寄る余裕ができたら早速、こんなものを見つけてしまいました。

ユリイカ10月号。
「北欧神話の世界」の特集号です。

手にとってみたら、指輪映画のエルフ語監修をきっかけに、幽鬼たちの心の師となったI先生の独壇場でありました。

I先生が関わっている記事の内訳は
・I先生と井辻朱美さんの対談
・マッキネルという人の原典資料(I先生訳)
・オートンという人の「異教神話と宗教」(I先生訳)
・I先生による「北欧神話の世界とその受容」
・I先生編「北欧神話の神々事典」

早速、対談を読みました。このお二人だから、話は当然トールキンにも及ぶわけで、そのあたり、指輪ファンとしてはなかなか興味深いものがあります。

でも、北欧神話プロパーの話題になるとちょっと苦しい。それはひとえに当方の学力不足のためなのですが。
中高生でも読めるあたりだと岩波少年文庫でP.コラムの「北欧神話」、それからK.クロスリィ=ホランド「北欧神話物語」くらいしかないですね。この2つは入門書としてはとてもいいんですが、でもその後が大事なんですよね。
ううう、先生、申し訳ありません。入門書から先、一歩も進んでいないもので・・・。

そんな私でも、「北欧神話の世界とその受容」で紹介されている、「サイボーグ009」の「エッダ編」というのは読んでみかったりします。
[PR]

by foggykaoru | 2007-09-28 21:40 | 指輪物語関連 | Trackback | Comments(9)

河村幹夫著「われらロンドン・シャーロキアン」

この著者の本は初めてではないので、過去に読んだ本の内容とかぶるところがあったけれど、これはこれで楽しめた。
タイトルから、ホームズ関連のことだけが書かれているのだろうと予想したのだが、読んでみたらむしろ、「ホームズをだしにした英国文化や英国人気質についての考察」という趣だった。

感心するのは著者の好奇心の強さと積極性、精神的な強さ。

まず、ロンドン・シャーロック・ホームズ協会に入会すること自体がスゴイ。だいたいがシャーロキアンというのは「血中英国人度」が平均的英国人以上に濃そうな感じがする。その集団の中に、日本人としてたった1人で入っていったわけで、当然、楽しい体験ばかりではない。でもメゲない。失敗しながらも、次第に受け入れられていく。

「黒い博物館」と呼ばれるスコットランドヤード博物館潜入記もスゴイ。ここは一般公開していないのに、英国貴族である友人のコネを使ってもぐりこんでしまうのだ。この話、最後のオチもいい。

ロンドンをガイドと一緒に歩いて廻る「ロンドン・ウォーク」の様子も興味深い。このツアー、歩き回るのは疲れそうだし英語を聞き取るのが大変そうだ、、、と思って今まで食指が動かなかったのだが、次回(っていつだ?)は参加してみようかなあなんて思ったり。

バスカーヴィルの舞台であるダートムアにもいたくそそられる。
全くの荒れ地で、耕作はほとんど行われていない。(中略)普通の草地に見える所が、水分を多く含んだボッグと呼ばれる湿地になっていて、うっかりすると体が沈んでしまう。(中略)日没を過ぎたら運転しない方が良い。星明かりの他には何もなく、方向感覚がつかめない。(中略)気温も急に下がり、夏でも凍死する人がいるほどである。
誰か車で連れていってくれませんか?

びっくりしたのは次のくだり。
ロンドンから北東に進路をとると(中略)海軍基地のあるハリッジに着くが、ここは「最後のあいさつ」でホームズとワトソンが最後のご奉公として力を合わせてドイツのスパイをつかまえた場所である。そこから北に上がって行くとフェン(沼沢地帯)と呼ばれる低地に出る。中心地ノリッジの東北で海に近い所が「踊る人形」と「グロリア・スコット号」の舞台である。
そうだったんだ~

「シャーロキアンな旅」と銘打って英国に行くほどのシャーロキアンではないけれど、「ランサムな旅」にシャーロキアンな香りを混ぜてみるのは悪くないかも。

ところで、こういう本のあとがきは言わずと知れたリンボウ先生。
「世界には架空の文学など掃いて捨てるほどあるのに、どうしてホームズ物だけが、こういう破格の取り扱いを受けるのだろうか」とおっしゃるのですが、「だけ」じゃないですってば先生。トールキンとかすごいですよ。ランサムだって。

ちなみに、1994年現在、日本シャーロック・ホームズ・クラブの会員は千数百人なのだそうで。知名度という点でホームズの足元にも及ばないランサムですが、そのファンクラブであるARCは相当善戦しているような気がします。

この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2007-09-26 20:38 | 推理小説 | Trackback | Comments(10)

すべての山を越えました

ああ疲れた・・・。

怒濤の1日が終わり、ブログの更新をする元気なんか残ってないはずなのですが、頭の芯の緊張がとれません。
しかも、頭の中には「サウンド・オブ・ミュージック」の「すべての山に登れ」のフランス語訳が渦巻いています。

まずはあまりにも有名な原詞のご紹介。

Climb every mountain すべての山に登りなさい
Search high and low  高いところ、低いところを探しなさい
Follow every by-way  すべての脇道をたどりなさい
Every path you know  あなたの知っているすべての道を

Climb every mountain  すべての山に登りなさい
Ford every streams    すべての流れを渡りなさい
Follow every rainbow   すべての虹を追いかけなさい
Till you find your dream  あなたの夢を見つけるまで

A dream that will need  夢、それに必要なのは
All the love you can give あなたが与えることのできるすべての愛
Everyday of your life    人生の毎日に
For as long as you live   あなたが生きている限り

Climb every mountain   すべての山に登りなさい
Ford every streams     すべての流れを渡りなさい
Follow every rainbow    すべての虹を追いかけなさい
Till you find your dream  あなたの夢を見つけるまで


お次は私が一生懸命聞き取ったフランス語版のご紹介。

De plaines en montagnes 平野から山へ向かって
(ドゥプレンナンモンターニュ)
Triste ou déçue 悲しくても失望しても
(トゥリーストゥーデスュ)
Laissez les abîmes  深い谷や
(レーセレーザビームー)
Les chemins touffues 藪の茂った道をあとにして
(レーシュマントゥーフュー)

De plaines en montagnes 平野から山に向かって
Marchez sans trêve 休まず歩きなさい
(マールシェサントゥレーヴ)
Et de cime en cime そして山の峰から峰へと
(エードゥスィーマンスィームー)
Cherchez votre rêve あなたの夢をさがしなさい
(シェールシェヴォートゥルレーヴ)

Ce rêve a besoin その夢に必要なのは
(スレーヴァブゾワーン)
De tendresse et de soin 優しさと心遣い
(ドゥタンドゥレセドゥソワーン)
Tout au long de nos jours 私たちの人生の中で
(トゥトーロンドゥノジュール)
Rien n’est vrai que l’amour 愛ほどの真実はない
(リヤンネヴレクラムール)

De plaines en montagnes  平野から山へ向かって
Marchez sans trêve 休まず歩きなさい
Marchez toujours tout droit 常にまっすぐ歩きなさい
(マールシェトゥージュールトゥードゥロワー)
Votre rêve est là  あなたの夢はそこにある
(ヴォートゥルーレーヴェーラー)

原詞は「Climb every mountain」という、明快なメッセージから始まります。それがこの歌の大きな魅力だと思うので、このフランス語訳の1行目はちょっと「ぎゃふん」でした。

でも、歌ってみるとこのフランス語訳、なかなか歌いやすい。原詞より歌いやすいのです。
第3連はとてもきれいな韻、しかも「-oin オワン」「-our ウール」という、非常にフランス語らしい韻を踏んでいて、わたし的には「買い」です。
最後の最後、最高音部で伸ばす音が「ラ」であるのも良い。
歌い手にとって、「アの段」は一番声が出しやすいのです。
しかも明るい音。音声的にも希望の光が見えてくるという意味において、なかなかの名訳だと思います。
[PR]

by foggykaoru | 2007-09-23 20:47 | バベルの塔 | Trackback | Comments(8)

ダリエンについて

あるいは、おおしきコルテスが
---部下のすべてがあやしみて、ののしりさわぐただなかで---
ひとり静かにダリエンの、頂に立ち、するどき目して、太平洋をにらむがごとく。

ご存知「ツバメ号とアマゾン号」の冒頭部分。ランサム愛読者は、訳がわからないまま「コルテス」「ダリエン」という名前を覚えてしまったという体験を共有しているわけです。

メキシコ旅行を決め、メキシコの地図をしみじみ眺めるようになって、「コルテスが立ったダリエンとはどこか?」という疑問に取り憑かれたのですが、解決できないまま旅立ちました。
そして旅行中にインカ帝国征服の歴史の本を読みました。
するとそこに、インカ以前のスペイン人の中米進出についての歴史も書かれていたのです。ダリエンが出てきたのですよ!

この本自体はメキシコの日本人宿に寄付してしまったのですが、内容は旅の手帳にしっかりと書きとどめてきました。

===========
ダリエン市は、パナマ地峡の付け根の「北」側にある。つまり、カリブ海に面している。(ピンとこなかったら地図を見てください。)
1510年、ダリエン市建設開始。アメリカ「本土」における、初の本格的なヨーロッパ人の植民地。
1513年、バルボア、ダリエンを出発し、パナマ地峡を横断して、太平洋を「発見」する。同行した部下の中に、後にインカを征服したピサロがいた。コルテスはいない。
1519-1521年、コルテス、メキシコのアステカ帝国を攻撃し、征服を果たす。
===========

ダリエン「岬」がどこにあるのかはわかりませんが、とにかく、ダリエン「市」は太平洋に面していなくて、太平洋をにらんだのはコルテスではなくて、バルボアなのです。

ではなぜこんな詩が書かれたのか。
詩人(←名前不明)の知識不足が最大の原因だと私は思います。
聞きかじった話を確認せずに使ったのでしょう。

あともう1つ。
中南米征服に関わったスペイン人というのは、そのほとんどがあまり生まれの良くない食いっぱぐれ。ならず者と言ってもいいくらい。その中にあって、コルテス1人が貴族出身。しかも大学出の教養人。(ピサロも貴族の血を引いているけれど、庶子だったし、ろくな教育を受けていなかった。) 要するにかっこいい。絵になる。だから、ここはどうしてもコルテスでなくてはならなかった。

あくまでも私の想像ですので、マジに議論をふっかけないでくださいね。
[PR]

by foggykaoru | 2007-09-17 08:23 | 西洋以外の歴史 | Trackback | Comments(5)

「アズールとアスマール」

観なきゃ観なきゃと思っていたのですが、旅行後の風邪のせいで、こんなに遅くなってしまいました。間に合ったのは上映延長になったお陰。

フランス製アニメ。こういう映画を観に行くのは、個人的趣味というより、職業的義務感に駆られている面が多分にあるのですが、観てよかったです。

とにかくきれい。
「めくるめく映像美」というのはまさにこういう作品のことを言うのでしょう。
筋立ては単純。昔話みたいな世界です。「ありえない」「ばかげている」と言う人は、この映画に求めるものを間違っています。

とはいえ、内容が無いわけではなくて、その正反対。
「異文化はありのままに受け入れなくてはならない」という、強烈なメッセージがこめられています。

イスラムに対する理解とか、イスラムの問題を自分の問題として考えるということに関しては、フランスは(現大統領は別として)アメリカの一歩も二歩も先に行っているのだということを、改めて認識させられます。
国内に多くのイスラム系移民を抱えているのですから、当たり前といえば当たり前なのですけれどね。第一、作者自身がイスラム圏に長く暮らした人ですし。

こんなにすごい映画が単館で細々としか公開されないなんて、今の日本は間違ってるとも思うんです。

ところで、題名の「Azur et Asmar」について。
「azur」は、かの「Cote d'Azur コート・ダジュール」の「アジュール」の部分。「紺碧」という意味です。(発音は「アズール」でも「アジュール」でもなくて、「アズュール」が正しい。)
「asmar」もきっと色を表すはず、と思って、「ce que veut dire asmar(asmarが意味するもの)」で検索してみました。

引っかかったのはこれ
「映画作品を授業に活用する」という主旨の、フランスの先生御用達サイトの中の1ページ。

Leurs noms commencent et se terminent par la meme lettre, chacun de ces deux noms a une origine arabe et a trait a une couleur propre au personnage qu'il designe: azur signifie "bleu clair" et asmar veut dire "teint basane".(彼らの名前は同じ音で始まり、同じ音で終わる。これらはともにアラビア語を語源とする単語であり、「azur」は「明るい青」を、「asmar」は「赤銅色の肌」を意味する。)

なるほどね。

ところで、この映画は、アラビア語が多用されていて、その部分には字幕はありません。言葉がわからない国に行ったときの気持ちを観客に実感させるためなのでしょう。
だから、「この映画は吹き替え版を見たほうがいい」という意見はうなずけます。フランス語を勉強している人はぜひ字幕版を。とてもはっきりした聞きやすい台詞ですから、勉強になります。

でも東京では14日までしかやってないんです・・・(T_T)

この映画の公式サイトはこちら。右上の「出発」をクリックしてください。
[PR]

by foggykaoru | 2007-09-09 18:40 | 観もの・聞きもの | Trackback(1) | Comments(4)

増田義郎著「インカ帝国探険記--ある文化の滅亡の歴史」

この本に関する情報はこちら

メキシコ旅行に持っていった本です。「メキシコはインカじゃなくてアステカだろう!」と突っ込む方もいらっしゃることでしょう。でも、同じ著者の「古代アステカ帝国---征服された黄金の国」はずっと昔にすでに読んであったので。

「アステカ」はすでに絶版のようですが、こちらは今も版を重ねています。初版1975年で、私が古本屋で買ったのは1997年19版。ロングセラーなのですね。

「探険記」と銘打っていますが、著者が探険した記録ではありません。インカ滅亡史。副題のほうが正しい。
改めて思ったのですが、中南米のインディオというのは、スペイン人にとって「カモネギ」のような存在だったのでしょうねえ。うなるほどの金銀財宝を持っていながら、馬も鉄を知らなかった。

それにしても、100だか200の手勢で数万のインカを征服しようなんてのは、恐るべき暴挙であり、兵士はもちろん、隊長ピサロ本人も相当ビビっていた。

そのピサロを支えたのが、アステカ征服者である先輩コルテスの助言だった。
その助言とは「皇帝を生け捕りにしろ」
これに成功した瞬間、インカは実質的にスペインのものになった。

もちろん、そんな助言をもとに周到に準備したにしろ、最後の最後は一か八かの賭けだったのだが。

そんなスゴイ奴・ピサロだが、スペイン人同士の内輪もめの中であっさり命を落とす。あらま。

一方、インカの生き残りは、その後も抵抗を続ける。
一掃されたのは皇帝が捕まってから数十年後。

そして、20世紀。アメリカ人学生によるマチュピチュ発見。

すでに読みかじり・聞きかじりの知識があったので、新鮮な驚きに満ちているわけではありませんでしたが、それでも非常に楽しめました。真面目な勉強にも役立つだろうし、エンターテインメントとしてもお薦め。中南米史研究のパイオニアである著者が若かりし頃、初めてインカを旅して、その感動をもとに渾身の力で書いたのだろうなあと感じさせる本です。

あとは蛇足
[PR]

by foggykaoru | 2007-09-07 10:08 | 西洋以外の歴史 | Trackback | Comments(4)

ピーター・ラビットとビアトリクス・ポター展

朱鷺の写真展を見たあと、銀ブラしました。そして、ナルニア国も覗こうかと言いながら歩いていたら、ミキモトのビルの前に「ピーター・ラビットとビアトリクス・ポター展」という立て看板が。

「湖水地方はランサムのもの」と思っている人間としては、ウサギさんは完全に関心の外、、、というよりむしろ、癪のタネに近いものがあるのですが、同行者から「トイレに行きたい」という声も上がったので(爆)、覗いてみることに。ミキモトの本店に入ったのは生まれて初めてだったかも。

ポターになんら思い入れがなくて、何も期待せずに見たのがかえってよかったのでしょうか、けっこう楽しめました。
そして、ウサギは小さいから可愛いのであって、でかいとただ怖いだけだということもよくわかりました(爆)

映画「ミス・ポター」のプロモーション・ビデオを放映していました。テーマソングを歌っている歌手のアップばかりだったのですが、その合間にほんの一瞬、湖が映ったときに心が躍ったのは一種のビョーキですか?(自爆)

受付に置かれていたパンフには、湖水地方の地図が載っていて、「見どころ」みたいな感じで14の地名が写真とともに紹介されていました。その中には「コニストンとターン・ハウズ(←「小湖」のモデル。なぜ複数形なんだろう?)」「ウィンダミア湖」が。特に前者はロケ地でもあるそうです。

ちょっと不本意なのですが、「ミス・ポター」、見に行かざるを得ないようです。

ミキモト本店での展示は11日まで。
その後、他の店舗を廻るようです。詳細はミキモトのサイトでどうぞ。
[PR]

by foggykaoru | 2007-09-03 20:35 | 児童書関連 | Trackback | Comments(8)

よみがえる朱鷺色の空

c0025724_10265850.jpg

中国の奥地まで行って撮ってきた、朱鷺の写真展。
某新聞で関連記事をご覧になった方もいらっしゃるかも。

朱鷺というと、「ミドリが卵を産んだ」「ミドリが死んだ」「日本の朱鷺は絶滅した」と、断片的に伝えられたニュースのたびに、ちらっと写真を見たことがある程度だったので、今回のこの写真展で初めてその姿をじっくり見ました。
朱鷺色ってほんとに美しいんですね。
その美しさのせいで乱獲されたと聞きますが、納得です。でも獲っちゃいかんよ。

実を言うと、私にとってのツボは朱鷺よりも、中国の路地裏にワンコがいる写真でした(苦笑)

場所はキャノンギャラリー銀座
全国展開するようなので、みなさまのご近所でやるときはぜひ。
受付には原則的にカメラマンご本人@黒づくめのダンディーが詰めているので、朱鷺のこと、中国のこと、はたまた日本の環境行政についても、そしてもちろん写真のことについても、質問するといろいろ教えてもらえます。


しかし、東銀座駅にはA8という出口は無いのですよ。
サイトの地図を見て行った私は、ちょっと泡を食いました(苦笑)
[PR]

by foggykaoru | 2007-09-02 10:11 | ちょっとおでかけ | Trackback | Comments(8)