<   2007年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ケストナー作「消え失せた密画」

ブック○フで105円だったから、つい買ってしまった。ケストナーによる大人向けの小説としては「雪の中の三人男」を読んだことがあるが、全く同じタイプ。ユーモア小説です。

私は小学生のとき、「エーミールと探偵たち」を読んで、おおっこれはすごい!と感動し、もしかしたらこの作家は大好きになるかもしれないと思い、数冊立て続けに読んだけれど、いつしか冷めてそれきりになってしまった、という過去を持ちます。
つまり、ファンというほどではない。
けれど、幼少期のすり込みがあるので、親近感はかなりある。
だからつい買ってしまったわけで。
そしてごく淡々と読み終えました。
最近は小説というジャンルに強く惹かれなくなっているということもあるかも。

いちばん楽しめたのは、小松太郎氏の翻訳です。古臭いところがいい。
でも疑問点が1つあります。
今ほどは欧米の生活様式が日本に入っていなかった頃にこれを訳すのは大変だったと思うのですが、「Prost!」をそのまま「プロースト!」としているのはなぜ? 
日本語には「乾杯!」という言葉があるではないの。

あと、ベルリンの人がちょっと気晴らしに行くのはコペンハーゲン、なんですねえ。
ロンドンの人が行くのはパリ。(パリの人はロンドンには行かないが)
つまり、英仏は北海ゾーン、ドイツはバルト海ゾーン。ドイツは英仏とは文化圏が違う。
「エーミールと三人のふたご」の舞台になったヴァルデミュンデも出てきます。ヴァルデミュンデは先日読んだ松本さんの本でも紹介されていたのだけれど、このビーチ(そのものだったかどうかはよく覚えていないけれど、少なくともその近所のビーチ)には行ったことがあります。8月中旬にしてすでにあまりにも寒々しいことに驚愕し、そんな場所で「夏だ! 海だ!」と大喜びするドイツ人って可哀想・・・としみじみ思ったものです。

以前読んだ「雪の中の三人男」に関連する記事はこちらこちら

この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2007-10-28 21:31 | 普通の小説 | Trackback | Comments(18)

女海賊の島

この本に関する情報はこちら

「毎月1冊ランサムを再読する」という課題に取り組み始めたのは昨年夏のこと。あれーおかしいなあ。12冊なんだから1年で読み終わるはずなのに。

この後はネタバレ。未読の人厳禁です。
[PR]

by foggykaoru | 2007-10-24 20:50 | 児童書関連 | Trackback | Comments(13)

嘘つきアーニャの真っ赤な真実

今は亡き米原万里氏の代表作。でも今まで読んだことがなかった。

実は読んでからもう1週間?10日?ぐらいになる。一気に読んだのはいいものの、感想文を書かずにほうっておいたら、題名すらおぼろげになってしまった。「真っ赤な嘘」で検索したら出てこなかったので、ちょっと焦ったよん。

ソ連が健在だったころ、東欧各国に「ソビエト学校」というものがあったことを知ったのは、著者の別の著作を通じてだったが、その学校に直接的に関連する作品はこれが初めて。こんな特殊な学校で幼少期を過ごしたというのは、作家にとってはまたとないネタであろうが、下手をするとネタ負けしかねない。その点、米原氏の包丁さばきは確かなもので、安心していられる。

ソビエト学校というのは、親ソの国出身者、あるいは各国共産党から派遣された人の子弟のための学校だから、自国の対ソ政策がその生徒の校内の立場に陰を落とす。校長自身が率先して(!)その生徒をつまはじきにすることもあったという。アメリカンスクールとかフレンチスクール(←こういう学校、日本にもあるんです)ではそんなことはまず無いだろう。そういう意味からも、特殊だったんだろうなあ。

ベルリンの壁崩壊以降、東欧諸国を襲った劇的な地殻変動は、それらの国々の人々の運命を大きく変えた。著者の学友たちも例外ではない。私は壁崩壊前夜である1989年夏に東ドイツの人と交流する機会に恵まれた。さらにその後、東欧諸国を旅しては、ソ連の侵入と崩壊がこの地に及ぼした影響に思いをはせてきたため、そのあたりの事情に関するアンテナは、たぶん日本人の平均レベルよりも高くなっていると思う。だから、この本に書かれていることは想定内だった。それでも実に面白かった。

この本で取り上げられているのは、ギリシャ・ルーマニア・旧ユーゴ出身の3人である。著者が旧ユーゴの女性と再会を果たしたのは、内戦の真っ最中だった。彼女は内戦を生き抜くことができたのだろうか。



この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2007-10-21 19:46 | その他のジャンルの本 | Trackback | Comments(4)

「カサビアンカ」に関する一考察(追記しました)

松本侑子氏の本に唐突に出てきた「カサビアンカ」。
これはフランス人にしては非常に珍しい名前です。
というより、イタリア語そのもの。

「bianca」は「白い」の女性形。(だからミス・ビアンカは白いネズミでなくてはならない。)
「bianca」の男性形は「bianco」。白ワインを「ヴィーノ・ビアン」と言うのは、「vino」が男性名詞だから、形容詞も男性形を使うのです。
「a」で終わる名詞は女性名詞。だから形容詞も女性形「ビアン」を使う。

「カサ」という発音の単語は「cassa」というのがあります。
これは「箱」、英語の「case」です。
私としては、これよりもむしろ「カーザ」と発音する「casa(=家)」説を提唱(?)したいところなのです(ちなみに、スペイン語で「白い家」は「casa blanca カサブランカ」です)が、どっちにしても、なぜこんなイタリア臭い名前なのでしょう?

ここでひらめいたのは、カサビアンカ氏がナポレオン戦争時代の人だったということ。
ナポレオンはコルシカ島出身。
コルシカというのは、フランス領になっているのは何かの間違いじゃないかと思いたくなるほど、イタリアに近い。実際、フランス領になったのは、ナポレオンが生まれるほんの数十年前のことで、それまではずっとイタリアに属していた。
当然、コルシカ方言というのは、イタリア語に近い。現在もそうです。
ナポレオン・ボナパルトはもともとナポレオーネ・ブオナパルテという、こてこてのイタリア系の名前だったのを、自分でフランス風に改名したのです。
ナポレオンはコルシカ時代の仲間たちを重用したことで知られています。
だから、カサビアンカ氏もコルシカ出身者なのかも。
そう考えれば、イタリア的な名前であることにも納得がいきます。

それにしても、イタリアでもCassabiancaやCasabiancaという苗字は珍しいのではないかと思います。
WhitecaseとかWhitehouseという苗字を聞いたことがないのと同じことで。

[追記]
サグレスさんが「カサビアンカ」の原詩を見つけてくださいました。
こちらです。
綴りは「Casabianca」なんですね。
さらに「casa」の発音は「カーザ」でななくて「カーサ」である、とぬまべさんが指摘してくださいました。
これでシニョール、じゃない、ムッシュー・カ(-)サビアンカが、ミスター・ホワイトハウス、つまり「白家(白宅、白タク?)氏」だったということが明らかになったわけです。
しかし、3年も4年も月謝払って勉強したのに、そんな基本語の発音すら忘れてしまったとは・・・! ああ、死にゆく脳細胞に合掌(涙)
[PR]

by foggykaoru | 2007-10-20 09:13 | 西洋史関連 | Trackback | Comments(28)

ヨーロッパ物語紀行

「アン・シリーズ」の翻訳も手がける松本侑子氏による文学作品の舞台をめぐる旅。

その内訳は「ロミオとジュリエット(ヴェローナ)」「ローマの休日」「フランダースの犬(アントワープ)」「カルメン(セビーリャ)」「エル・シード(バレンシア)」「みずうみ(フーズム)」「エーミールと探偵たち(ベルリン)」「点子ちゃんとアントン(ベルリン)」「エーミールと三人のふたご(ヴァルネミュンデ)」

ケストナーの3作品が入っているのが、この著者らしいなあと思って読んでみた。

このラインナップを見て、興味を惹かれる人には楽しめるはず。

でも、私個人としては、この手の旅はすでに自分でやっているのだということを再確認しただけのことだった。わざわざ他の人が書いた紀行文を読むまでもなかった・・・

第一、知っていることが多すぎる。
「フランダースの犬」の裏話あたり、初めて読んだら「目からウロコ」なんだろうけれど。
ケストナーの出生の秘密のことも書かれている。知っていたけれど、ここまで明言している文章は初めて読んだ。ドレスデンのケストナー博物館の案内係氏は、このことについて触れなかったが、なぜなのだろう? そこまでケストナーをあがめ奉っているのか? それとも、確証が無い噂にすぎないのだろうか? あのとき、「ケストナーの出生について、こういう話を聞いたことがあるのだけれど」と、案内係氏に訊いてみればよかったと、今にして思ったりする。
(私のケストナー聖地巡礼記はこちら)

というわけで、私にとって一番面白かったのは、筋は知っているけれど、ちゃんと読んだことがない「カルメン」。なんせ、フランス文学はあまり得意でないので。
カルメンがロマ(俗称ジプシー)の女性だということは知っていたが、ドン・ホセがスペイン北部の町ナバーラ出身で、バスク人だということは知らなかった。そして作者はメリメ。これはフランス人。スペインを侵略したナポレオンの国の人間。しかもセビーリャはナポレオン軍の攻勢に対し、一番よく闘った「英雄都市」なのだそうだ。
だから、「カルメン」はロマ、バスク、スペインそれぞれの人々に、複雑な感情を抱かせる作品なのだそうだ。

唐突に「ツボ」だったのは次のくだり。
日本でも日露戦争のころは、「カサビアンカ」が愛唱された。これは、ナポレオン戦争の中、ナイルの海戦で、フランス海軍の軍人カサビアンカと十代の息子が、勇敢にたたかって重傷をおい、燃えさかり沈没する戦艦オリエントとともに壮絶な死をとげる軍国的な詩だ。
この詩は「カルメン」との関連で触れられているにすぎないのだが、松本侑子氏がランサムをよく知っている人だということを思うと、それ以上のことを勘ぐりたくなってしまう。(それにしてもフランス人だなんて信じられない。実に変わった名前だ)

松本氏による「ツバメ号とアマゾン号」のレビューはこのサイトで読めます。

この本に関する情報はこちら

「カサビアンカ」という名前に関する考察はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2007-10-16 21:46 | 児童書関連 | Trackback | Comments(12)

天国からのメッセージ

てつ☆くま呑み☆さんがなさっていたのをいただいてきました。
やってみたい方はこちらへどうぞ。

============
2007年のわたしへ。
元気ですか?2007年ごろの自分のことを懐かしく思い出します。
わたしは○○歳で、つまり西暦2035年に、ちょっとした怪我が元で生涯を終えます。振り返ってみると、良くも悪くも、自分らしい人生だったと満足しています。
だたひとつだけ過去の自分に、つまり今のあなたに伝えておきたい事があります。それは 2010年の冬のこと、わたしは運命に導かれるようにして、中国の首都北京へ出張する事になります。振り返ってみると、それは人生の大きな分岐点でした。怖がることではありません。楽しみにしていてください。
最後にひと言、○○年間生きてみて思ったのは「とんでもない出来事こそ、いい思い出なんだ」ってこと、なんてね。
それでは、またいつか会いましょう。
みんなに、よろしく。

Foggy Scilly - 2035年の天国にて
============

年齢は ひ み つ にしてみました。
何を今さらっていう話もあるが(苦笑)

「かおる」「foggykaoru」でもやってみたんですが、これが一番気に入ったので。
一番長生きなのはfoggykaoruだったんですけどね。
[PR]

by foggykaoru | 2007-10-12 21:45 | ツボ・(オバカな?)ネタ | Trackback | Comments(25)

ファンタジーの世界--妖精物語について--

c0025724_10574185.jpgJ.R.R.トーキン著・猪熊葉子訳の初版本。ケースは多少傷んでいるものの、中身はまっさらのこの本を、古本屋で600円で購入したのは確か6月始め頃。
でも当時はランサム強化月間で多忙をきわめていたので、後回しに。
その後、どうせならきちんと読んで感想文を書こうと思ったのですが、、、私には難しすぎました。まさに猫に小判、馬の耳に念仏(涙)

そうこうしているうちに、混沌の中で姿が見えなくなってしまって・・・
今朝、部屋の片づけをして、晴れてこのポストとあいなったわけです。

ユリイカ10月号の対談を読んだら、伊藤先生がこの本について、こんなことをおっしゃっていました。
本当はこれ1冊を解読するのにもその倍くらいの北欧神話についての解説書が必要なものですから。

私なんかにわかるはずがないんですね。。。

この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2007-10-07 10:55 | 指輪物語関連 | Trackback | Comments(11)

「赤毛のアン」の秘密

まずはこの本に関する情報をご覧ください。
レビューの評価がバラバラなのがおわかりでしょう。

この本の著者である小倉千加子氏はフェミニズム(女性学)研究者。
フェミニズムは、歓迎する人と、忌避する人の両極端に分かれます。そういう立場から、我が国で大人気の「アン・シリーズ」の作者であるモンゴメリの生涯を論じているのだから、読む人によって評価が天と地ほどに分かれるのは当然のこと。

私はと言うと、小倉さんのファンなのです。
彼女の著作の助けを借りて「自分がどういう人間なのか」を悟り、「ありのままの自分」を受け入れられるようになったのですから。(ちなみに、フェミニズムの第一人者として知られる上野千鶴子氏の著作は、私にとって、何の足しにもなりませんでした。)

「フェミニズムなんか何になる? 立場の異なる女性たちを対立させるだけだ。不毛だ」という意見もあります。それはわかるんだなあ。現に「こんな記事を書いたせいで友人関係が悪くなっちゃったらどうしよう?」と恐れおののいている私がここにいます。それでも、少なくともある種の人間にとっては救いになるのであり、それだけでもフェミニズムには存在意義があるのだと、言いたいのです。

で、この本についてです。

「年老いた祖父母を看取った後、ずっと待っていてくれた牧師と結婚。しかし、夫は神経衰弱になる。彼を支えなければならなかった彼女自身は大きな負担を強いられ、必ずしも幸せな晩年ではなかった」と言われるモンゴメリ。
その不幸の原因は何に由来するのか?
精神的に弱かった旦那のせいなのか?

原因は彼女自身。
彼女の生育歴にも大きく関係しているけれど、根本的には、「女性だったこと」が原因だと言ってもいい。

彼女が目指していたのは「アン」のような少女小説作家ではなく、「ほんものの文学者」になることだった。そのあたり、本当は歴史作家になりたかったのに、「ホームズ」で売れてしまったコナン・ドイルと共通しているけれど、ドイルにとっては「男性であること」が足かせになることはなかったという点が、大きく違う。

ビアトリクス・ポターも、その時代の女性に求められていた生き方ができなくて、悩み苦しんだけれど、自分なりの人生を選び取った。モンゴメリは自分に嘘をつき続けて、その苦しさのあまり、最後には精神的にのたれ死にした。

私は中学時代、「炉辺荘のアン」まで読み、「アン」に見切りをつけたのですが、実はこれ、モンゴメリの最後の作品だそうで。死の直前、よれよれの状態で書いたのだそうです。
『炉辺荘のアン』の結末部でのアンのセリフ「かわいそうな子なしのクリスチン」は、阿鼻叫喚の世界にいたモンゴメリの自己肯定の絶叫である。しかし、たとえ荒唐無稽な子ども向けの作品であっても、それは、言ってはならないセリフであった。

同感です。別に私がクリスチンと同じ「子なし」だからではありません。ヒロインにこんなセリフを言わせること自体が言語道断。「ヤキがまわった」とはまさにこういうことなのでしょう。モンゴメリにこそ、フェミニズムを教えてあげたかった、と思ったりもするのですが、彼女はちゃんとわかっていたのかも。それでも、偽りの人生を選んだ。別の人生を選ぶ勇気がなかった。

子どもの頃、「アン」が大好きだったけれども、読み進むにつれて「う~む、結局はこうなるしかないわけね」と微妙にがっかりした経験を持つ人なら、納得できる部分がある本だと思います。
[PR]

by foggykaoru | 2007-10-04 21:44 | 児童書関連 | Trackback | Comments(15)

ミス・ポター

ビアトリクスがポターなのに、ハリーがポッターなのはなぜ?
ということはおいといて。

観てきました。

お目当ては も・ち・ろ・ん ビアトリクスでもピーターでもなくて、英国湖水地方。
また、主演の2人が、以前「恋は邪魔者」というラブコメで息の合ったところを見せてくれたレニーとユアンであるという点にも注目してました。
友人と、「あの2人はきっとウマが合って、仕事がやりやすいのだろう」とか「今回はあの作品ほどは気楽に演じられなかっただろう」と言い合っていたのですが、あとでプログラムを読んだら、「『恋は邪魔者』は現代ものとスタイルの違うコメディーだったから、けっこう難しかった」ですって!
演技とは奥が深いものです。

さてさて、肝腎の「ミス・ポター」です。
画面に湖が映ると、どうしても役者そっちのけになってしまう(苦笑)上に、筋も知っていたので、あっさり観られるかと思っていたのです。でも、予想以上に感動しました。
しみじみと目頭が熱くなるにもかかわらず、非常にテンポが良いという、希有な作品。

子どもの頃に愛読した物語の舞台が実在するということと、しかも、実際にその土地を訪れてみると、子どもの頃に想像した以上の美しさをたたえていることは、ランサム愛読者に与えられた最大の幸運の1つなのではないかと、かねがね思っていたのですが、その幸運の多くの部分をポターに負っているのだということを、今回この映画を観て痛感しました。一応、ポターの功績は以前から知ってはいたのですけれど。映像というのは大した表現手段です。

ランサム読者の幸福はさておいても、今の湖水地方でロケをすれば、それがそのままポターの時代の湖水地方として使えるという事実は、英国が世界に誇れること。これは優れた観光映画であり(注)、実際、英国政府観光庁が協力してます。この映画が公開される前にランサム仲間が「これからしばらく湖水地方はめちゃくちゃ混むだろう」とため息まじりに言っていましたが、9月に行ってきた別の友人によると、それはすでに現実のものとなっているようです。

 嬉しさも 中くらいなり おらが湖(うみ)

おそまつ!

この映画の公式サイトはこちら


(注)
「優れた観光映画である」というのは、「美しい景色がたくさん見られる」という意味ではありません。物語の大部分はロンドンが舞台です。湖水地方はせいぜい2割ぐらい。
観光キャンペーンとしての最強のポイントは、「英国には、このような美しい自然環境を、自らの手で守ろうという伝統がある」というメッセージなのです。


ミス・ポター@映画生活
[PR]

by foggykaoru | 2007-10-01 21:33 | 児童書関連 | Trackback(2) | Comments(14)