<   2008年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

・・・イギリス人って!

「ボートの三人男」という本を読みました。
著者はジェローム・K・ジェロームという人。
翻訳が丸谷才一で、背表紙の宣伝文句「イギリス独特の深い味わいをもつ、代表的な傑作ユーモア小説」に惹かれて。

これは旅先で読むのにぴったりだったかも。ペルーに持っていけばよかった。
というのは、この小説、話がしょっちゅう脱線する、というより、全編、脱線話の連続。
だから一気に読むとついていくのがしんどくなる。
だからと言って2、3ページずつちょこちょこ読みすると、どういう脱線話だったかわけがわからなくなる。
だから旅先で毎日1章ずつ読むのに適しているんじゃないかな。

それにしても、「ボート」というのが手漕ぎボートなのである。
三人の男たちが「ボートで遊ぼう」と思いついて出発するあたりまでは、なんとなくティーゼル号のようなヨットか、マーゴレッタ号のようなエンジンのついた船のことかと思いこんでいたのだが、そうではなくて手漕ぎボートだったことに気付いたときは唖然とした。
何日もテムズ河をボートで手で漕いでいくのだ。
漕ぐ、あるいは・・・引っ張って歩く!!
そして、その日の気分によっては、夜もそのボートで寝る! 
大の男(イギリス男は日本男よりでかい)が三人も!

イギリス人にとって、こういう遊びって普通なのだろうか?

ずーーっと昔、イギリス人の趣味として「バード・ウォッチング」なるものがあるらしい、そして、それはただ鳥をじーっと観るだけなのだそうだ、と初めて聞いたとき、「何が楽しいんだろう?!」と呆れたものだ。今回の驚きには、そのとき抱いた感情に通じるものがある。
(その後、バード・ウォッチングを経験してみて、鳥に詳しい人と一緒だとなかなか楽しいものだとわかったけれど。)

あと、テムズ河畔の土地の説明がけっこう詳しいので、これは土地勘があるほうが、そこにこめられているユーモアや皮肉がわかって面白いのではないかと思っていたら、あとがきに「テムズ河についての歴史的および地理的な展望の書としてもくろまれた」とあった。要するに、一種のガイドブックだったのである。

登場する地名の中に「ハムトン・コート」というのがある。
これは明らかに「ハンプトン・コート」のことなのだが、なぜ「ハムトン」? 丸谷才一氏があえてそう表記しているのだから、正しいのだろうけれど、私はイギリスで「ハンプトン・コート」で通してました。生粋のイギリス人はそう発音するの?

この本に関する情報はこちら



にほんブログ村 本ブログへ
[PR]

by foggykaoru | 2008-08-31 09:13 | 普通の小説 | Trackback | Comments(22)

「赤い風船」「白い馬」

フランス映画です。「白い馬」は1953年、「赤い風船」は1956年の作品。銀座シネスイッチで29日まで、というので、大急ぎで行ってきました。

同じ監督の作品ということで、続けて観るとワンパターンではあります。
どちらも子供が主人公で、子供と何かの交流を描いている。子供と馬、子供と風船。
どちらも台詞が極端に少ない。
フランス人というのは饒舌な国民のわりには、寡黙な映画が多いような気がします。言葉で綴るのは他の表現手段でもできるから、映画では映像に専念しようするのかな。

そしてどちらも結末は・・・


でも、ワンパターンだけど、すごいのです。
今から半世紀前に、こんな映像を撮っていたなんて。驚嘆します。

パリのうらぶれた街角に浮かぶ目にしみるほどの真っ赤な風船。
今だったらCGで処理してしまうでしょうね。花火だってCGの時代だし(苦笑)

カマルグの大湿原での馬の疾走。
アルウェンとナズグルの追いかけっこは50年前にすでに実現されていたのです。


「白い馬」のほうはモノクロです。
モノクロでも美しいけれど、「赤い風船」の色彩美を見てしまうと、こっちもカラーで見てみたかったと思います。
真っ青な地中海と真っ白な馬を見てみたかった。監督自身も撮りたかったのでは。


「赤い風船」の舞台はいったいパリのどこなんだろうと思いながら観ていたんですが、めったに買わないプログラムを買って謎が解けました。
20区。ベルヴィルです。未踏の界隈でした。今度パリに行ったらぜひ探訪してみたいです。


この映画の公式サイトはこちら
銀座は明日までだけど、9月6日から渋谷のシネ・アミューズで上映されます。
[PR]

by foggykaoru | 2008-08-28 21:55 | 観もの・聞きもの | Trackback | Comments(4)

「オーラ、アミーゴス」

副題は「黒木センセと南米ペルーひとりNPO」
黒木センセとは、著者の黒木暢氏のこと。リマの日本人宿でお近づきになりました。

この3月まで宮崎の中学で美術を教えていた黒木先生は、ペルーの田舎の学校を廻って、学用品を寄付したり、日本の教え子の絵を持っていって、そのかわりにペルーの子供たちにも絵を描いてもらってそれを教え子に持ち帰ったりという、まさに「ひとりNPO」を20数年前から続けているという、奇特な方なのです。

ちょっと考えてしまいましてね。
来年あたり、黒木先生とご一緒できないものかと。
そうすれば、普通の観光客が行かない(行けない)ようなところに行けるんですから。
多少重い思いをしてボールペンとかノートとか運んでも、精神的には十分おつりが来るんじゃないかなと。

でも正直なところ、もうひとり、旅の相棒が欲しいです。
誰か一緒に行きたい人、いませんか? 


この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2008-08-24 09:40 | エッセイ | Trackback | Comments(14)

「クミコハウス」

「クミコハウス」でピンときたあなたは旅人です。
インドのバラナシにある、有名なゲストハウスのこと。
著者の素樹文生という人は知らなかったのだが、古本屋でこのタイトルに惹かれて買ってしまった。

クミコハウスに関わる話だけではなく、著者のアジア放浪体験の中から切り取られた数々のエピソードを集めた本。

冒頭は往年の上海の浦江ホテル。
私が泊まったときには、すでに高級ホテルへの道を歩み始めた後だったが。

ペルーから帰った直後に読んだせいか、アジア放浪の放つ独特の匂いを強く感じた。
放浪するならやっぱりアジアなんだよね。私たちはアジアの民だし。

今さら放浪する勇気も気力も体力もないけれど、ちょっと羨ましく思ったりもさせられる、そんな本。

この本に関する情報はこちら


にほんブログ村 本ブログへ
[PR]

by foggykaoru | 2008-08-22 21:16 | ルポ・ノンフィクション | Trackback | Comments(8)

ジョン・ダニング著「災いの古書」

ペルー旅行のときに持っていった推理小説。

この著書の本は3冊目だけれど、前に読んだ「死の蔵書」「幻の特装本」のほうが重厚で読み応えがあったような気がする。
でも、あまりにも間があいているので、よくわからない。
今回のテーマはサイン本。
だからわかりやすい。
だから薄っぺらく感じるのかも?

印象に残った文は以下2つ。
「インターネットの普及とともに古書業界は難しくなってきている」
「金持ちだけを相手にするようになったら、その業界は芯から腐り始める」

この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2008-08-21 21:10 | 推理小説 | Trackback | Comments(2)

マチュビチュから


今朝のマチュビチュです。コメントはメインサイトの掲示板にお願いします。
c0025724_21474593.jpg

[PR]

by foggykaoru | 2008-08-11 02:12 | Trackback | Comments(0)