<   2010年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

王妃に別れを告げて

シャンタル・トマ著。白水社刊。

王妃というのはマリー・アントワネットのこと。
バスティーユが陥落した1789年7月14日から16日までの3日間のヴェルサイユの様子が、王妃の朗読係の女性の目を通して描かれている。

もう2週間ぐらい前に読み終わったのだけれど、感想文を書く元気が出なかった。
面白かったのである。けれど、風邪引きかけで体調が下り坂のときに読む本ではなかった。

たとえ平民であっても、生まれたときから与えられていたものが、ある日、突然なくなる、というのは、大事件である。
それが王侯貴族だった場合、それはまさに自らのよって立つところがなくなるということを意味する。
ドアの前に立っても、自然に開かれない。
喉が渇いても飲み物が現れない。
召使いが消えてしまったから。

そういう底知れない喪失感が、読み進むにつれて深まっていくのだ。風邪に対する抵抗力も落ちるというもの(苦笑)

でも、教科書で習ったフランス革命観が変わった。深まった。
遠くから見たときは、一枚の平らな布だと思っていたのだが、近くに寄って見たら平らではなくて、たっぷりとしたひだがあった。そのひだの奥を見てみたら、繊細で華麗な刺繍がほどこされていた・・・そんな気分。

バスティーユが陥落した。
暴徒がヴェルサイユをも襲うかもしれない。
「鉄柵に鍵をかけるべきか」と動揺する貴族たち。
そこに一声。「でも鍵はないのです」

中世の城砦とは違い、ヴェルサイユは開かれた宮殿だった。
革命以前から、衛兵の目を盗んで、物乞いが入り込んだりしていた。
廊下の隅には生き倒れが転がったりしていた。ひえ~~~

よく、インドでは生と死が隣り合わせにあって、インドを旅すると人生観が変わるとか言われるけれど。
ヴェルサイユはインドだった?!

主人公は王妃に別れを告げて、ウィーンに逃れ、フランス革命を生き延びる。
そして1811年。ナポレオン軍がウィーン入りする。

ナポレオンがロシア遠征で敗走したのは、翌1812年・・・
「のだめカンタービレ最終楽章・前編」を思い出した私でありました(笑)


この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2010-04-27 21:14 | 西洋史関連 | Trackback | Comments(4)

地の果てに立つ

c0025724_951388.jpg

フランスはブルターニュの西端、ラ岬にて。
この日はあまりぱっとしない天気だったのですが、スコットランドに比べれば天国(苦笑)

メインサイトに旅行記をアップしていますが、今回の更新の目玉は旅行記よりもむしろランサム・コーナーだと、自分では思っています。

メインサイトからどうぞ。
[PR]

by foggykaoru | 2010-04-25 09:09 | メインサイトのボツ写真 | Trackback | Comments(2)

この春、お薦めの映画はこれ

1日おきに冬がやってくるここ数週間、風邪マスターの称号を誇る私が無事でいるはずがありません。先週末からついにウィルスに侵され、真面目な読書感想文を書けなくなってしまったのですが、今日ようやく少し元気が出てきたので、軽い映画のご紹介を。

この春の私的映画強化週間(爆)中は、すでにご紹介した映画以外に「マイレージ・マイライフ」「フィリップ、きみを愛してる」も観て、それぞれとても楽しみました。
「マイレージ」は実によくできた脚本です。
ひととしとった独身男性は例外なく身につまされるようですが、ひととしとった独身女性も多少(苦笑)
「フィリップ」は、まず、実話だという点がすごい。
そしてジム・キャリーとユアン・マクレガーがナイスカップルです。
特にユアンがすごい。
おぬし、役者やのう!

そして私的映画強化週間(爆)の最後に観たのが「ハートロッカー」。
こういう映画は好きじゃない、というか、嫌いです。
でも、地理的・時間的にちょうどよかったので、観てみちゃったのですよ。評判いいし。
実際、すごい映画でした。が、、、まるで自分が爆発物処理班のメンバーになったかのような、極度の緊張を味わい、精神的に大きなダメージを受けました。

ダメージを引きずったまま1週間。

がらりと気分を変えたいと思って、何か無いかなと探したら、「ヨハネスブルクを舞台に宇宙人が難民になるPJプロデュースの映画」というのがあるではないですか!
「これだ!」と直感的に思い、公開初日に飛んで行きました。
映画を公開初日に観たことなんて、今までにあっただろうか・・・?

そのタイトルは「第9地区」

これ以上ネタバレしませんが、とにかく面白かった。
造形はWETAですから、バッチリです。
バッチリだけど、とても気色悪いので、そういうのが耐えられない人にはお薦めしません。
「うぇーっ、キモチワルイ・・・」と顔をそむけたくても、予想外のストーリー展開に画面から目を離せないという、観る人に無理を強いる作品です(笑)
しかも、「どんどん突っ込んでくれ」という姿勢。まるで両腕をだらんと垂らしたボクサーのようで、ひじょーに潔い(爆)。「シュール」とも言える。

ヨハネスブルクを舞台にするぐらいなんだから、批判精神はあるんです。
でも、社会批判に流れていない。(「流れる」という動詞は変だけれど、これ以外に思いつきません)
(グロいけど)極上のB級娯楽作品です。

PJのオークが大丈夫だった人、指輪映画のネタ的要素に突っ込みながら楽しんでいた人にお薦めします。
[PR]

by foggykaoru | 2010-04-22 21:28 | 観もの・聞きもの | Trackback | Comments(4)

どこの旗だかわかりますか?

c0025724_11515716.jpg

ボツ写真ではありません。メインサイトの写真にちょっと手を入れた写真です。
ヨーロッパのケルト7カ国(正確には「国」ではないけれど)の旗です。
全部わかったあなたは偉い! 絶対マニアです(爆)

正解を知りたい方はメインサイト→えせバックパッカーの旅日記→ケルト旅行記へどうぞ。

写真提供はゆきみさんです。ゆきみさん、メルシー。
[PR]

by foggykaoru | 2010-04-18 11:56 | メインサイトのボツ写真 | Trackback | Comments(12)

コロボックルとピーター・ダックな1日

昨日、ARCのイベントに行ってきました。

c0025724_2021638.jpg朝9時半、京急の安針塚駅で集合。安針塚をめざします。三浦安針のお墓があって、周囲が公園になっているのですが、なぜこれが今回のイベントのコースに入ったのかというと、佐藤さとる氏が子ども時代を過ごしたのがこのあたりでして、「だれも知らない小さな国」の舞台、そう、「コロボックルの里」だからなのです。(以上、引率のTi先生(爆)談)

「ゆるいアウトドア・イベント」といううたい文句だったのに、安針塚までの道はしゃれにならない急坂で、のっけからけっこうな運動になりました。でも花見のピークを過ぎていたため、他に散策する人もなく、私たちだけで独占できてよかったです。頂上近くではしばし、引率のTi先生(爆)の指導のもとで紙飛行機を飛ばします。先生によると、同じく佐藤さんの「わんぱく天国」という作品に、子どもたちがこのあたりで一銭飛行機を飛ばす場面があるのだそうで。ちなみに、今回私たちが飛ばしたのは「100均飛行機」でした。 

c0025724_20224612.jpgツアコンC氏の「これ以上遊んでいては電車に乗り遅れる」という声に促されて逸見駅へ。京急で横須賀中央駅へ。そしてフェリーに乗って今回のメイン目的地、カニ島へ。

土人が「猿島」と呼ぶこの島に上陸すると、なんとわれわれよりも先にN.P.一家が上陸していて、われわれを待ち伏せしていました!

沖合にたくさんのヨットが帆走する様子を眺めながら熱いお茶つきの食事をとった後、ツアコンC氏は老練な船乗りピーター・ダックに変身し、われわれは、彼のヒントを頼りに、かつてこの島に隠された宝を探しまわりました。(このゲーム、最初説明されたときは途方にくれましたが、やってみたらわくわくして楽しかったです。)

c0025724_20264112.jpg

c0025724_2037284.jpgこの後はピーター・ダックの洞窟(土人は「日蓮洞」とか呼んでいる)を見たあと、再びフェリーに乗り、今度は観音崎へ。「猿島⇔観音崎」のフェリーは便が少ないのですが、楽しさから言ったらこの航路のほうが「横須賀⇔猿島」よりも断然上。お薦めです!

観音崎にたどりついたところで、ツアコンはCさんからTaさん(またの名Raさん)にバトンタッチ。日本初の西洋式灯台にのぼり、観音崎の緑深い散策路を歩き、身体にマイナスイオンをいっぱい取り込みました。

とにかくよく歩いた1日でした。帰りに寄ったパブで椅子に座ると、足がじんじんしていました。帰宅したらバタンキュー。

疲れたけれど、メインのツアコンのCさんの綿密な計画に基づく盛りだくさんのプログラムはとても良かったし、Taさんご推奨の知る人ぞ知る散策路は最高に気持ち良かったです。そして引率のTi先生(爆)、ご指導ありがとうございました。これに懲りずにまた次回もよろしくお願いします♪

c0025724_20391126.jpg



今回「もう知り合った」した艦長@satazさんのブログはこちら
[PR]

by foggykaoru | 2010-04-12 20:39 | ほんとうの生活 | Trackback(2) | Comments(8)

英国湖水地方

副題は「ナショナル・トラストの聖地を訪ねる」
著者は小野まりという人。英国在住で、すでに何冊かナショナル・トラスト関係の本を書いている。
写真いっぱいのガイド。文章はそれほど多くない。

表紙にはピーター・ラビットがいるし、帯の紹介文に出てくるのもポターとワーズワース。
どうせランサムは出てこないんでしょ!と、すねながらページをめくっていったら、おお!
ランサムに4ページも割かれていて、しかも内容が的確。
ARCの紹介記事もあり、URLも書いてある!

というわけで、ランサマイト必見です。どうせなら買いましょう。

ランサム以外の個人的なツボは、最初の「湖水地方へのアクセス」のところ。
「湖水地方にいちばん近いマンチェスターへは直行便はない。乗り継ぎはヒースローに限らず、パリなど周辺諸国から行く方法もある」などと書いてある。
小野さーん! もしかして、私の聖地巡礼記を参考になさいましたか?(爆)

この本を読んで・・・正確には、見て・・・思いました。
湖水地方はランサムだけじゃないんだな、って(苦笑)
だからって、別にヒルトップに行きたいわけじゃないのです。
ランサムでもポターでもワーズワースでもない湖水地方も素敵そう。
いつの日か湖水地方に長期滞在して、フットパスをのんびり歩いてみたい。
メインは車でないと無理だけど。
・・・一緒に長期滞在してくれるドライバーは見つかるかしら?

この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2010-04-06 21:57 | 児童書関連 | Trackback | Comments(18)

怖い絵

中野京子著のベストセラー。

「怖い」の意味はいろいろ。
私が期待していた怖さは、一見全然怖くない、ドガのバレーダンサーの絵の持つ怖さだったのだが、そういう怖さはそれひとつだけ。そういう意味で物足りなかった。
期待しすぎたのかな?
というより、これは西洋絵画に関心を抱くきっかけを与えてくれる本、いわゆる「手引書」なのかも。

この本に関する情報はこちら

私にとっての手引書は高階秀爾氏の「名画を見る眼」だった。
1969年初版。今も版を重ねているようで。さすが。

今の人には中野さんの本のほうが読みやすいのかも。
[PR]

by foggykaoru | 2010-04-05 19:43 | 西洋史関連 | Trackback | Comments(2)

一瞬びっくり

c0025724_8551011.jpg

フランスはブルターニュ地方のパンポンの森にある僧院内にて。
一瞬、人がいるのかと思ってびっくりしました。
聖職者の衣装の展示の前に置いてあって
「衣装には手を触れないでください」

「パンポンの森」と聞いてピンとくるあなたはたぶんオタクです。
ケルト旅行記、フランスに移っていよいよパワーアップ!ってほんとか?(自爆)

メインサイトの「えせバックパッカーの旅日記」からどうぞ。
[PR]

by foggykaoru | 2010-04-04 09:01 | メインサイトのボツ写真 | Trackback | Comments(0)

ランサマイト必見!「剱岳 点の記」観ました

昨日まで名画座(飯田橋のギンレイホール)で上映していたので、駆け込んで観てきました。レディースデイと映画の日を避けたにも関わらず、非常に混んでいました。しかも観客の年齢層が異様に高く、白髪のある人ばっかり・・・って私もじゃん(自爆)

英国児童文学を読んで育ち、日本地理よりも世界地理が、日本史よりも世界史が好きという、徹頭徹尾洋モノ好きで、さらに洋モノを知りたくてフランスにも手を伸ばしたという私なので、邦画にはあまり興味が無いのです。それでもこの映画を観たのは、今どきCGを一切使わずに撮影され、その映像美がすごいという評判を聞いていたから。そしてさらに、ランサム仲間から「必見」という情報を得ていたから。

日本地理に疎い私は剣岳がどこにあるのかさえ知りませんでした。そんな無名の山(というのは間違いで、単に私が知らなかったというだけのことですが)なのに、なんと美しいことか! 日本という国が自然に恵まれているということは、外国の旅を重ねるごとに、強く感じるようになってきたのですが、ほんとうに美しい自然です。言葉を失って、呆けて見ているしかない。

映画の内容ですが、時は明治末。
近代化を急ぐ日本は正確な地図を作ろうとしていた。
地図を作るためには測量しなくてはならない、そのためには「三角点」なるものを、各地に埋め込まなくてはならない。そのためには、前人未到の剣岳をも登頂しなくてはならない。測量士たち、命を賭けて頑張る・・・。

測量士たち。そして測量士に雇われる地元の案内人と強力たち。
この2つの世界には、今の日本では考えられないくらい、大きな格差がある。
かたやお役人。贅沢な暮しをしているわけではないけれど、まあ、今のサラリーマンと大差ない暮らしぶり。
かたや隙間だらけの掘立小屋に住む山の民、つまり土人、原住民。
まるでエベレスト登頂を目指すヒラリー卿とシェルパのテンジンみたい。
ほんの100年前の日本には、いうなれば2つの別々の国があった。そのぐらい格差が大きかったのです。(もちろんイギリスとネパールの格差のほうが、はるかに大きいんですけれどね)

そして修験者という存在。行者とも呼ばれますが、私が知っている唯一の行者は「八犬伝」の役行者でして。。。あの物語の設定は室町時代あたりでしたっけ?
それが100年前の日本の山々にたくさんいたのです。これぞエスニック。謎。
もしも外国人に「行者って何ですか」と正面切って尋ねられたら、私には説明できません。
今の日本にもいるのでしょうか?

この映画を観て、日本にある(あった)異文化を強く感じ、何も知らない自分を発見してしまいました。



最後にランサマイト必見の場面のご紹介。

そもそも測量というところが「ひみつの海」なのです。
そして、山に登ります。ザイルを腰につけてみんなつながります(^^;
落っこちそうになったりします。

でもそのあたりは小ネタです。

最大のみどころは手旗信号です。アルファベットじゃないけれど。
手旗信号が実際に使われるところを、生まれて初めて見ました。見られてよかった。

映画を観られなかった方は、せめて公式サイトの映像をご覧ください。音楽も素敵です。
[PR]

by foggykaoru | 2010-04-03 20:32 | 観もの・聞きもの | Trackback | Comments(7)

旅行者の朝食

故米原万里さんの飲食物蘊蓄エッセイ。
そう、面白い蘊蓄がたくさんある。
オチもうまいし。
でも読んだはしから忘れてしまうんだよね(涙)

とりあえず、今覚えていることを書いておく。

著者が子どもの頃に食べてその美味しさに感激したというトルコ蜜飴(ハルヴァ)の項に、ターキッシュ・ディライトのことが出てくる。「あれはイギリス人でさえ、まずいと思うらしいよ」と米原さんの知人は語ったそうだが、そんなにまずいと思っているんだったら、なぜあんなにたくさん売っているのだろう??? (ターキッシュ・ディライトの写真はこちらでご覧になれます。)

ロシアのパンは黒くて酸っぱいのだそうだ。ロシア人はこれがないと生きていけないらしい。カトリックと正教が分かれたのは、ローマ教会が「ミサのときのパンは酸味のないパンを使う」と取り決めたせいなのだそうだ。

英米が世界を席巻しているのは食べ物のせいではないか。本国の食べ物がおいしかったら、長いこと外国での生活を我慢できないから。
これはあるんじゃないかと思う。
フランスもイギリスに負けじと海外進出したけれど、イギリスに今一歩及ばなかった、それは食べ物を含めて自国が良すぎるせいなのではないか、、と常々私は思っている。
「イギリスやアメリカの料理が美味しくなったら、世界がもっと平和になるかも」という米原さんのオチは、ジョークと言えないような気がするんだけど。

あと、氷点下53度の厳冬のロシアでの釣りの話。
川の氷に穴をあけて釣るのだけれど、あけた穴が見る見るうちに凍っていくのだと!
釣りあげた魚は空中でビクビクと2回身を震わせるが、3回目には冷凍魚になるのだと!

ちなみに、表題になっている「旅行者の朝食」とは、旧ソ連にあった缶詰め。まずくて有名だった。
そういうものを改善しようなんてこれっぽっちも思わずに延々と生産し続け、ただジョークのネタとして使うことにだけ頭を使っていたのがロシア人なのだそうだ。
旅客の便宜をこれっぽっちも考えていないモスクワ空港の混乱について、友人が「改善しようなんて人は外国に行ってしまって、ロシアに残っていない」と言っていたことを思い出した。あれから数年、少しは改善されたのかどうか、試してみようかなんて一瞬でも思う私はあまりにも物好きだ。


この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2010-04-02 21:48 | エッセイ | Trackback | Comments(10)