<   2011年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

オペラ座の怪人25周年記念公演inロンドン

という映画がひっそりと公開されていると友人に教えられ、品川プリンスシネマに飛んで行きました。
なにしろ本場のミュージカルが2000円で観られるんですから。

タイトルどおり、ミュージカル『オペラ座の怪人』25周年記念公演です。
場所はロイヤル・アルバート・ホール。

このホールには行ったことがないのですが、ひじょーに興味深い建物でした。

ヨーロッパのオペラ座には舞台のすぐ脇、直角の位置にボックス席があって、そういう席からは舞台なんかろくに見えない、なぜなら王侯貴族がオペラ座に行くのは、オペラを観るためではなく、女性と逢いびきをしたり、平土間や他のボックス席にいる女性を物色したりするためだったからである、ということは知っていました。(こんな感じです。) 
でも、ロイヤル・アルバート・ホールというのは、舞台の脇に、舞台と直角なのではなく、一直線・・・つまり、他の客席と向かい合わせになったボックス席がある。そこから舞台はろくに見えないのではなく、全然見えないのです。
今回の公演では、そのボックス席も舞台の一部として使われていました。
つまり、オペラ座での「公演の場面」になると、そこに当時の客たちの扮装をしたエキストラが座って、扇子をぱたぱたあおいだりして雰囲気を盛り上げる。
ロイヤル・アルバート・ホールって今回のこの公演を予想して造られたの?と言いたくなるほどでした。

そしてしみじみ「パリのオペラ座で公演すればいいのに」と思いました。
5番ボックスはファントムのために確保しておいて。
でも無理。絶対に無理。このミュージカル、フランスでは知られてないし。(Wikipedia見たらフランスでは公演していない) 第一、オペラ座ではオペラとバレエしかやらないのだ。フランス人が作った『レ・ミゼラブル』すらオペラ座公演なんてありえない。でもね、もしもやったら、世界中からファンが詰めかけると思うんだけど。フランス人、考えてくれよ。

一方、日本にはこのミュージカルのファンはたくさんいる。
宣伝を打てばいくらでも客が入るはずなのに、なぜ隠れるようにやっているのか。

友人曰く、劇団四季との兼ね合いからだろう、と。
四季の公演の邪魔をしてはいけないという。

で、歌詞の翻訳は浅利慶太。
つまり四季版『オペラ座の怪人』の歌詞がそのまま字幕になってます。
これも劇団四季への配慮なのでしょう。日本語の歌詞に関する著作権(翻訳権?)を有する浅利慶太氏に著作権料が行く。あと、劇団四季に通い詰めているファンにとっては、おなじみの歌詞のほうが嬉しいのかも。
でも、浅利版というのは、しょせんは日本語で歌うための翻訳なので、原詩の半分以下の内容しか表していない。正直、物足りなかったです。
戸@奈津子が訳した映画版の字幕も相当ひどかったので、まあしょうがないですが。
(それにロンドンでミュージカルを観たら字幕なんか無いんだから、あるだけマシとも言える)

それにしても良い曲ばかりだなあ。
有名なのはクリスティーヌがらみの曲だけど、彼女の登場しない「プリマドンナ」とか、オペラの域に達してるんじゃないか。

カーテンコールの後、作曲者アンドリュー・ロイドー=ウェバーが登場。
そして彼がこの作品を捧げた元・最愛の妻、サラ・ブライトマンも登場。もうあんまり声出なくなっちゃってて苦しそうだったけど。
歴代ファントムが4人登場して、こちらの共演は圧巻でした。
私が男だったらファントムをやりたい(何を言ってるんだ)

本物のミュージカルの代わりになると思って観に行ったのに、かえって「ミュージカル三昧の旅inロンドン」をやりたくなってしまいました。逆効果じゃん(苦笑)

この映画の公式サイトはこちら
[PR]

by foggykaoru | 2011-11-27 19:35 | 観もの・聞きもの | Trackback(1) | Comments(12)

「ベル」は鈴ではありません。

フランス製ミュージカル「ノートル・ダム・ド・パリ」からさらに1曲。
さらに「どどーん」とした歌です。原作自体が「どどーん」なんだからしかたがない(苦笑)

題名は「Belle ベル」=美しい。
「美女と野獣」のヒロイン・ベルの名前もこれです。
機会があったら「あれは英語のbell(鈴)じゃないのよ」って威張ってみてください(爆)

脱線しつれい。

本題に戻りますと、
これはジプシー女エスメラルダの美しさに魅せられた3人の男-----せむし男カジモド、聖職者フロロ、衛兵フェビュス-----の歌。
だんだんとキーが上がっていくのは前項の「大聖堂の時代」と同じ手法です。作曲者の得意技なのかもね。
「Belle」に始まる脚韻の「エル」が執拗に繰り返されることによって「どどーん感」が増していきます。

歌に興味がなくても、迫力あるせむし男は必見です。
こちらをどうぞ。
メイクをとった彼の素顔、とてもセクシーです。必見。
こちらをどうぞ。

ちなみに、
カジモドの「Oh Satan」はもとのフランス語では「Oh Lucifer」(ルシフェル)
フロロの「Oh our Lady」はフランス語で「Oh Notre-Dame」(=聖母マリア)
フェビュスの「Oh Lilly flower 百合の花」はフランス語でも「fleur de lys 百合の花」
百合の花というのは、フランス王家を連想させるもの。

「Oh」の後に来るこれらの言葉が、3人の立ち位置の違いを端的に表現しているのだと思います。
異形のカジモドは悪魔の子と恐れ、さげすまれた存在。
フロロはなにしろ聖職者だし。
フェビュスは(たぶん)王家につかえている。
なぜ「たぶん」なのかというと、「ノートル・ダム・ド・パリ」を読んだことがなくて自信がないからです。。

とここまで書いて、Wikipediaの「フルール・ド・リス」の項目を見たら・・・
フランス文学には繰り返し現れる。よく知られたものにヴィクトル・ユーゴーの「ノートルダム・ド・パリ」、デュマの「三銃士」などがあり、犯罪者にフルール・ド・リスの烙印を押すという古い習慣(フランス語でFleurdeliser)が出てくる。

エスメラルダは罪深い女だということなのだろうか・・・ 

「ノートルダム・ド・パリ」を読まなくちゃいけない?
[PR]

by foggykaoru | 2011-11-25 21:47 | 観もの・聞きもの | Trackback | Comments(0)

山小舎を造ろうヨ

西丸震哉著。副題は『少し人生を考え直したい人に』
中公文庫。ユーズドしかありません。

すごい本です。
実際に山小舎を造るノウハウ。
テントよりも原始的な形式・・・傘をひろげて風よけのビニールシートをぐるっと貼りつけ、その傘を抱えて座り込む!・・・というレベルから、本格的な家を造る方法までが段階を追って述べられています。
家といっても、最小プランはなんと0.5畳!!
でもって、トイレをどうするかということまできちんと書かれている。ランサムと違って(苦笑)

さらに、建てる場所の選定方法まで書かれてます。
地図を見てあたりをつける方法です。
土地を買うわけじゃないんです。
「建てさせてもらう」とか「大目に見てもらう」という方向。

面白いかと問われると、答えにくいのですが、とにかくすごいです。
これも一種のオタク。

アウトドア派必読、とまでは言わないけれど、参考になる、、、というほどではないか。
とにかくすごい本です。(そればっか)
[PR]

by foggykaoru | 2011-11-24 20:13 | その他のジャンルの本 | Trackback | Comments(2)

大聖堂の時代

最近、youtubeで音楽を聴いたりする暇ができました。

昨日みたいなポップな曲も好きだけど、私がほんとうに好きなのはもうちょっとクラシカルな曲。本物のクラシックはそれほど得意じゃないけれど、クラシックの香りがする曲が好きなんです。それもわりと「どどーん」とした迫力のある歌が好き。

で、まだご紹介してなかったこの曲。「どどーん」な名曲です。

「Le temps des cathedrales(大聖堂の時代)」
あんまり当たらなかったという噂のフランス製ミュージカル「ノートルダム・ド・パリ」の冒頭の曲。こちらからどうぞ。

以下、私訳です。★はサビの部分。

=============
この物語の舞台は美しきパリ
神の年 1482年
愛と欲望の物語だ

名もない芸術家である我々が
彫刻や詩で
皆様にお伝えすることにしよう
何百年も後の皆様に

[refrain]
大聖堂の時代がやってきた★
世界は新しき千年紀を迎えた
人は星々に届かんと欲した★
自らの歴史を
ステンドグラスや石に刻まんと

1つ1つ石を積み重ねる 来る日も来る日も
何百年もかけて 愛情をこめて
人は塔が伸びていくのを見た
己の手で作り上げた塔を

吟遊詩人が
愛の歌を歌った
その歌は人々に
より良き未来を約束した

[refrain]

[refrain]

大聖堂の時代は最悪だ★
蛮族の群れが
城門に押し寄せる
異教徒ども、暴徒どもを入れてしまえ★
この世の終わりは
予定されている 西暦2000年に
==================


おお、この世は2000年で終わっていたらしい(苦笑)

ということはさておき、
1482年という年のことですが、パリのノートルダム大聖堂の竣工は1345年だそうです。
ヴィクトル・ユーゴーの原作が1482年に舞台設定されているのでしょう、たぶん。
Wikipediaに「舞台は荒んだ15世紀のパリ」とあるし。

そしてこの曲の最大のポイントはサビの1行です。
2オクターブ近い音域を、低音から高音へと一気にのぼりつめる。
(♪ラドレミファラドレミファー)
それが合計8回繰り返される。そしてキーがどんどん高くなる。
これが天に届けとばかりにそびえ立つ大聖堂の尖塔そのものなのです。
[PR]

by foggykaoru | 2011-11-22 22:06 | 観もの・聞きもの | Trackback | Comments(4)

私が欲しいのは

というのはフランスの女性歌手ZAZ(ザズ)の歌の題名。フランス語で「Je veux」
(この人、エディット・ピアフの再来と呼ばれているそうな。)
ものすごくノリのいい曲でちょっとハマっているのでご紹介。
いろんな動画があるけれど、いちばん「らしい」感じがする街頭のライブをどうぞ。

英語字幕がついてるけど、訳してみました。
雰囲気重視の超適当訳です。

=================

ホテル・リッツのスイートルームなんかいらない
シャネルの宝石なんかいらない
リムジンなんかもらってどうすんのさ
召使なんかどうすんのさ
ヌーシャテルのマナーハウスなんか私には合わない
エッフェル塔なんてもらってどうすんのさ

[refrain]
私が欲しいのは愛、喜び、ノリ
あんたたちの金なんかもらっても私は嬉しくない
私は心に手を置いて死にたいんだ
一緒に行こうよ 私の自由を見つけに
忘れちまいなよ 常識なんか
私の現実へようこそ

あんたたちの上品ぶってるところには飽き飽きしてるんだ
やってらんないわ
私は手づかみで食べる
そういう人間なの
大声で話すし 言いたいことを言う
悪かったわね
偽善なんかもう終わりにしてよ
お先に失礼 もう行くわ
嘘っぱちにはもううんざりしてんのよ
私を見てちょうだい
とにかくあんたたちには用はないの
私はこういう人間なの
[PR]

by foggykaoru | 2011-11-21 21:44 | 観もの・聞きもの | Trackback | Comments(4)

1911

世界史受験だったのだけれど、東洋史はほとんど忘れてしまった私。
この映画を見ればお隣の中国の歴史の勉強になるかと思って観てきました。

袁世凱というのが軍閥の人で悪っぽい役回りで、孫文がなんだかとても尊敬されているということだけは覚えていました。でも、世界史の授業では一瞬出てきただけだったような。上海に行っても「孫文の家」を見に行く気なんかさらさら起きなかった。

この映画がどこまで孫文の真実を描いているのかは知らないけれど、見終わったときには「孫文、偉い!」という気分になりました。清朝への借款を思いとどまるように英・米・仏・独の銀行家を説得するところがすごいです。やっぱり外交交渉には知性に裏打ちされた語学力が必要なんだなあと。

対する袁世凱。策士だけど憎めない。「おぬし、なかなかやるのう」と言いたくなる。決して悪くは描かれていない・・・ような印象を持ちましたが。

あと、近代戦になってからの革命というのは、ほんとにキツイものですね。
もちろん18世紀末のフランス革命だって血みどろだったのだけれど、武器の殺傷力が全然違う。第二次世界大戦後の植民地からの独立戦争もキツかった(もっとずっと。空中戦もあるわけだし)のだなあと、しみじみ思いました。

Wikipediaの孫文の写真を見たら、映画とそっくりでした。じゃなくて、映画の孫文が実物にそっくりだということですが。中国人が見たら「おお!」と感動する作り込みなのでしょう。

ジャッキー・チェンも、そのパートナー役の女優もよかったけれど、清朝最後の后妃もよかったです。そうか、「ラストエンペラー」にも出ていたのか。。。

この映画でいちばん印象的だったのは、清朝皇帝退位の場面。
きわめて映像化しにくいこの場面(なにしろ、戦いも何もなくて、ただ退位しただけですから)を、映画的に上手に処理している。

あと、食事の場面。すごくにぎやかなんです。お粥をすする音、食器の音。いちばん「中国」を感じた場面です。

「1911」という邦題はどうなんでしょうね。
革命が始まったのは1911年だけど、清朝皇帝が退位したのは1912年。
旧暦で言えば両方とも「辛亥(かのといのしし)」の年。だから辛亥革命という。
もっとも、原題の「辛亥革命」では日本の観客は呼べないか。


この映画の公式サイトはこちら
[PR]

by foggykaoru | 2011-11-20 19:38 | 西洋以外の歴史 | Trackback(4) | Comments(4)

図書館戦争 別冊Ⅰ・Ⅱ

本編の各章の間・前・後のさまざまなエピソード集。

Ⅰのほうは、「ベタ甘注意」のラブコメ。原作者による二次創作(爆)という趣です。
私は熱帯雨林のレビューを前もって読んで覚悟していたので、十分楽しむことができました。

柴崎のその後が気になる人は「Ⅱ」まで読まなければならない。

このシリーズを全く受け付けなかった(のに最後まで読んだんだそうな。根性あるなあ。もしかしてM?(爆))友人に「面白かったよ。マンガみたいで」と言ったら、「マンガのほうが上だわ」と、けちょんけちょん。
でも「もしも連ドラだったら毎週楽しみにして観るだろう」という点において意見が一致しました。

もともとのコンセプトが「月9」だったというのだから、大成功作というべきなのでしょう。

友人がヒロイン郁役として推すのは榮倉奈々。
そして「手塚役は向井理くんかなと思うんだけど、ちょっと年取りすぎかな」などと。
・・・恋愛ベタな手塚が向井くん? むしろ彼には手塚兄役がぴったりだと思うんだけど、、それにはまだ10年早いか。現時点での兄役は谷原章介でキマリ。
堂上(背が低めで硬派なイケメン)役とか、柴崎(小柄で超美人)役はさっぱり思いつかないのですが、脇を小劇場出身の達者な俳優で固めて、はっちゃけた演技をさせたら、絶対に面白いドラマになりますよ。
[PR]

by foggykaoru | 2011-11-17 21:38 | 普通の小説 | Trackback | Comments(8)

図書館戦争シリーズ2・3・4

前のポストの続き。
「図書館戦争シリーズ」、慣れたら一気でした。
たまたま続きを借りることができたのですが、電車の中で読むだけでは我慢できなくて、帰宅してから毎日読んでたら、持ち帰りの仕事が全然片付かなくて、ただ今えらいことになってます。メインサイトの更新もできなくなった(苦笑)

1作目のあとがきで、作者が「コンセプトは月9」と書いていましたが、2作目「図書館内乱」になってほんとうにそういう感じになります。ヒロインの家族が登場したり。
各章がまさに連ドラの1回分。
最後の最後になって「ええええええっ?!」

で、3作目「図書館危機」
これまた最後に盛り上がって「図書隊はどうなる? 次週をお楽しみに!!」

なのに、4作目「図書館革命」は貸し出し中(涙)

我慢できなくて買って読みました。
シリーズものをこれほど中途半端に買ったことは、いまだかつてありません。
この巻は連ドラの最終回。これだけは90分拡大版(または映画版)、という感じでした。

ああおもしろかった。

んまあ、ラブコメの王道なんだろうなと思います。
「類型的だ」と笑わば笑え。
でも、女子の大多数はこういうのが好きなはず。
「のだめ」にも似てる。

このシリーズはためになるので、若者にお薦めです・・・なんてことは、口が裂けても言ってはいけない。小説というのはあくまでも楽しみのために読むものですから。だけど、メディアの自主規制とか、言論及びその他もろもろの諸問題に触れていて、結果的にためになるのは事実です。

登場人物はそれぞれ魅力的ですが、特に柴崎麻子がオモシロイです。
稲嶺指令のモデルは児玉清だそうな。(作者が児玉氏との対談で告白してます。) ほんとにぴったり。今は亡き児玉氏の声が聞こえてきそう。 


ところで、
舞台となる図書館基地は東京の武蔵野市にあることになっています。
これが多摩育ちの私にはツボでした。唸りました。
広大な敷地が必要だから、都心部は不可。多摩じゃなくちゃ。
単なる基地なら立川が合うんだけど、図書館という文化的な施設にふさわしいのは武蔵野市です。
しかも武蔵境とは渋い。渋すぎる。 
あの駅、確かに15分ぐらい歩いたら図書館基地とかがありそうです。
「住みたい町ナンバー1」の吉祥寺ではダメなのです。あそこは基地とか隊員が住む町としては、ちっとばかりオシャレすぎるから。
[PR]

by foggykaoru | 2011-11-13 22:00 | 普通の小説 | Trackback | Comments(10)

図書館戦争

有川浩の大ヒット作品。アニメにもなったのだとか。
話題になったとき、かなり興味があったのですが、いつも貸出中だったし、友人の評価は今ひとつだった。

今回読み始めたら、
ふーん・・・。
友人ががっかりするのも無理はない。
こりゃマンガだわ。

読み始めちゃったんだからしょうがない、とりあえず最後まで読むか、という程度の気分でただページをめくっていきました。

私が読んだ角川文庫版には、巻末に今は亡き児玉清氏と作者の対談が載っているのですが、児玉氏曰く「『阪急電車』を読んで有川浩という作家に興味を持ってこの作品を読んだ人は驚くだろう」と。
それ、私のことです。
『阪急電車』みたいな作品を期待すると、なかなかノれない。
そもそも軍隊っぽいものにはからきし興味無いしねえ・・・。
でも、会話のテンポは小気味良い。あらためて達者な作家ね、とは思いました。

で、結末に近づいたとき、へえっという話になって。
普通にきちんと読んでいればすぐに気が付くはず。
そのぐらい、薄~い気分で読みとばしていたんです。
そーだったのか、と、再読しました。
そして、
なるほど。うまいな。

『シアター!』のほうが最初からノれました。
でも、続編が気になるという点ではこっちに軍配が上がります。
文庫版には、ハードカバーに収録されていない「オマケ」があるんです。
続きを読みたくなったのはそのせいかも?!

ところで、
この本を書くきっかけになった図書館というのは、阪急電車沿線のあの図書館なのでしょうか?


この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2011-11-09 21:48 | 普通の小説 | Trackback | Comments(2)

三銃士

なんで英語なんだよ!と内心毒づきながらも観てきました「三銃士/王妃の首飾りとダヴィンチの飛行船」
3Dは鬱陶しいので、あえて2Dで。

いや~おもしろいっ!
短かった! あっという間でした。
まず、三銃士役の俳優たちがいい。
悪役のミラとオーリーほど有名ではないけれど、ばっちりハマってます。
コスチュームプレイ(コスプレにはあらず)が好きな人にはもちろん、とにかく派手な活劇が好きな人にお薦め。

ルイ13世の時代にはまだ鏡の間は無いよ! 
第一、ヴェルサイユではなくてチュイルリー宮殿に住んでいたんだし。
なーんてツッコミはまったく無意味。
なにしろ飛行船が飛ぶんだもんね。全編、荒唐無稽です。

アトスの綴りはAthosだから英語だとああいう発音ですが、フランス語ではアトスでいいのです。

そうそう。
飛行船は船なのです。
だから船好きはツッコミを入れたり、(ごくまれには)ツボったりすることができます。
そっち方面の友達と誘いあって行けばよかったかも(^^;


公式サイトはこちら
[PR]

by foggykaoru | 2011-11-07 21:05 | 観もの・聞きもの | Trackback(4) | Comments(14)