<   2012年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

Nodame cantabile vol.14

もう続きは出ないのかと思っていたら、、、忘れたころにやってきましたフランス語版「のだめカンタービレ」14巻。
このペースで刊行が続いたら、ライフワークになってしまいそうです(苦笑)


この巻に入り、ようやく翻訳者の心が決まったようです。
「変態」は「une obsedee(=強迫観念に取りつかれた女)」と訳す、と。

・勉強になった表現
千秋の「誰からも何も言われない演奏会じゃ『ゴールデンペア』とやらになれないから」
→Il faudra qu'on fasse un tabac, sinon, on n'achevera jamais le titre de "Golden Pair"
(大成功しなくちゃな。さもないと、「ゴールデンペア」のタイトルを完成させられないから)
faire un tabac、直訳すると「タバコを作る」は、「大成功をおさめる」の意味だそうな。

・苦労したなと同情したところ
「関西人のノリ」とか、「ボケと突っ込み」とかを一切出さずになんとか訳してる。
よく頑張った! 偉い!!



・問題点及び誤訳

1)千秋の「のだめは帰れ」
→ Je m'en vais(私は帰る)
また話し手を間違えた? のだめの台詞と勘違いした? 
のだめの顔を見たらわかりそうなものなのに・・・ 

2)オクレール先生の「ちゃんと考えてないからだヨ~」
→C'est parce que vous refusez de me montrer comment faire...
(だって私にやり方を見せてくれないから)
はて・・・?
意味わかんな~い!!
第一、オクレール先生はのだめに「tu」で話しかけているのに、なぜここだけ「vous」?
これも話し手を間違えた? のだめの台詞と勘違いした? 勘違いしようがないと思うのに。
・・・まさか、わかりやすくなるようにと、あえてのだめの台詞に変えた?!

3)テオの「これじゃデプさんは来られないらしいんですよ」
→Y a des gens qui ne pourront pas venir ce jour-la
(その日は来れない人たちがいるんです)
「デプさん」の意味がとれなかったのでしょう。

4)ターニャの「付き合いはじめよ! 今一番孔雀時なんだから千秋なんかぜーったい予定組んでるわよ。ヒマだから一日中ガイドブック見たり」
→Ils sortent ensemble, apres tout! Cette fois, Chiaki a decide de la seduire. Je suis sure qu'il a deja prevu quelque chose. Je l'ai vu plonge dans les guides tous les jours.
(結局2人はデートしてるんだから。今回、千秋は彼女を落とす決心したのよ。もう計画を立てたにきまっている。私、彼が一日中ガイドブックを読んでるのを見たわ)
誤訳とは言えないのかもしれないけれど・・・
いや、やっぱり誤訳です。
「付き合う」という日本語は訳しにくいでしょうけれど、それはおいといて、ここでは「付き合いはじめ」の「はじめ」が大事なんです。
しかも「seduire(=魅了する、誘惑する、たらしこむ)」の決心をした、ですって?!
そもそも千秋がそんな決心をする必要がどこにありましょう? 
のだめは彼の意向に関わりなく、常に彼を慕っているんだから。

第一、2人はもうとっくにその段階を通り過ぎてますってば。孔雀時って言ってるでしょ!

翻訳者サン、あなたはこの2人の関係、全然わかってないわね。




フランス語版「のだめカンタービレ」のインデックス
[PR]

by foggykaoru | 2012-05-31 20:44 | マンガ | Trackback | Comments(0)

感動の小作

素晴らしい動画です。
なぜか埋め込みができないので、リンクを貼ります。こちらへどうぞ
[PR]

by foggykaoru | 2012-05-27 19:54 | ほんとうの生活 | Trackback | Comments(7)

1,2,4,5の次は

c0025724_21384253.jpg3です。
ランサム・サガ第3巻のこと。

『オオバン・クラブ』と同じく、全集の翻訳者が岩田欣三氏だったので、今回初めて神宮訳で読めるわけなのです。

まだ上巻しか読んでいないけれど

英語が・・・英語が・・・

英語関連のネタバレです。
[PR]

by foggykaoru | 2012-05-24 21:56 | 児童書関連 | Trackback | Comments(8)

首都圏で帆走

c0025724_1936445.jpg金環日食の朝、なかなか起きられなかったのはその前日にイベントがあったせいでして。

金環日食を見に北海道から上京するというPさんの「小ツバメに乗ってみたい」というリクエストからとんとん拍子に話が進み、神奈川県某所に集合することに。

首都圏には珍しい、広くて静かな水面が広がっている素晴らしい場所です。
となると、集うのはランサマイトだけではありません。カヌーイストはいいとして、ラジコンボート愛好者とジェットスキー愛好者がたくさん。
マーゴレッタがうじゃうじゃいるのです。

そんな中、我らが小ツバメは唯一のヨット。
ひときわ目立ちます。
好奇心にかられたマーゴレッタたちも
「手造りですか! すごいですねえ」
と絶賛の嵐。
ここのマーゴレッタは敵ではない。(モーター音はうるさいけど)

今回は小ツバメの2人の所有者のうちの1人であるMさんが参加できず、もう1人の所有者であるNさんの指揮のもとで組み立てです。(上の写真は「もやい結びの練習をしてくればよかった」と反省しきりのPさんたち)
Nさん(首をひねりながら)「あら~、どうやるんだったかしら。今まではいつもMさんと一緒だったから・・・」
私「『Mさんなしでやっていく』わけね。頑張れペギイ!」
Nさん「いないとナンシイになれるのか・・・」

c0025724_19534257.jpg

ようやく組み立てた小ツバメを水面に下ろします。

下はCさん所有のカヤック「ベックフット号」とのツーショット。

c0025724_19582817.jpg


私はというと、ベックフット号と小ツバメに乗せてもらい、残りの時間は食っちゃ寝状態でした。Tさん持参の日よけテントを独占して。活動というより休養に行ったようなものだったのに、翌朝起きられなかったなんて、だらしがなさすぎ。
[PR]

by foggykaoru | 2012-05-22 20:02 | ほんとうの生活 | Trackback(3) | Comments(4)

金環日食

特に天体ネタには強くなく、わかる星座と言えば北斗七星(別名おなべ)、オリオン座、カシオペア座だけという私でして、正直、「金環日食だからってどうなの?」と思っていたのが、「生きているうちに二度と見られないんだから、当然見るでしょ!」という周囲の盛り上がりに影響され、のろのろと日食グラスを探し始め、天体ムックの付録としてゲットしたのが5日くらい前。900円も投資したんだから曇らないでよね!と思いつつ、早めに就寝したのが昨夜。

朝、外を見ると、おお!薄日が差しているじゃないか! 
これは早くでかけなくちゃ。

ところが今朝はちょっとお疲れ気味。
結局、ほとんどふだん通りに起き出し、朝食をとる暇もなく家を出ました。

時間が早いわりに、電車混んでましたよ。
で、せっかく早く出たのに、電車遅れるし!

地下鉄に乗り換え、都心の駅を出たのが7時20分。
出たとたん、異様な暗さに驚きました。
「金環食は皆既日食と違ってたいして暗くならない」と聞いていたのに。
立ち止まって東の空に見入っている人があちこちにいて、思わずそちらに目をやり、、、
裸眼で三日月のような太陽を直視してしまいました(苦笑) 

朝食を買いにコンビニに入ると、、、
混んでました!!
さらによけいな時間を食ってしまった。

東の空を見詰めて立ちつくす人々を横目に見ながら道を急ぎます。

職場の足元に到着したのが7時半。
と、すっと暗くなり、太陽に雲がかかったことが察せられた瞬間、
「ありえない!!」
という絶叫が響きわたりました。
屋上に出ていた人の声です。

ダッシュで上がり、窓辺にかたまっている同僚たちに加わったのが7時35分。
間に合った!!
曇ったのはさきほどの一瞬だけで、日食グラスを通してまあるいわっかが見ることができました(^^;

ほどなくして、空は曇り、太陽の姿は完全に消えました。

太陽、けっこう私たちに親切だったみたい。
[PR]

by foggykaoru | 2012-05-21 19:39 | ニュースから | Trackback(1) | Comments(13)

訳したの誰だ?

ポルトガルのエヴォラの街角で見つけた立て看板。

c0025724_9552317.jpg



サービスアウト。


メインサイトにて「ポルトガル・ぽかぽか紀行」更新中。
[PR]

by foggykaoru | 2012-05-19 09:56 | メインサイトのボツ写真 | Trackback | Comments(4)

インド怪人旅行

ゲッツ板谷という人が書いた旅本。
写真は鴨志田穣という人。読んでいるうちに、イラストレーターの西原理恵子のダンナだった人だということがわかった。「ダンナだった」と過去形なのは、故人だから。確かアルコール中毒にひどく苦しんだあげく、癌で亡くなった人だったっけ、、、と思ってwikiで確認したところ、あってました。
というわけで、イラストは西原さん担当。

「インドに行った人は大好きになるか大嫌いになるかのどちらかだ」と言われます。
旅する人は誰もが「自分はどちらのタイプなのだろう?」と興味を持つはず。
ゲッツ氏も同じで、さらに「ハマる人はどこにハマるのか?」というテーマを掲げて旅立つ。
あと2人誘って合計4人旅。
板谷氏と鴨志田氏自身、ひと癖もふた癖もある人間なのだけれど、残りの2人もいろいろと。
「そんな人誘うなんて。悪いこと言わない、やめときなよ」という感じなのです。

そしてゲッツ氏は「インドにハマる若者の多くがやってるにきまっているから」とドラッグに手を出す。(もちろん彼1人ではなくて、4人全員で)
売春窟にも行く。

相当すごいです。

善男善女が読む本じゃありません。
たぶん、多くの人が眉をひそめることでしょう。

でも私は評価します。
たとえ私がインドに行っても、絶対に経験しないこと、絶対に出会わない世界を教えてくれたという点で。
また、いろいろ道草食ってるけど、究極的にはまっとうな本です。
でも他人には薦めません。特に女性には。
読んで不快になっても当方は責任を持ちません。
読みたくなった人は自己責任で読んでください。

この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2012-05-16 20:45 | ルポ・ノンフィクション | Trackback | Comments(8)

銀の枝

ローズマリー・サトクリフのローマン・ブリテン四部作の第二作。

読み始めた矢先に東北旅行に行ったりしたせいで、たかだか少年文庫1冊を読むのに10日くらいかかってしまった。(旅行先に持って行こうかと悩んだのだけれど、図書館で借りた本だったので、大事をとって家に置いていったのだ) 読むのが早い私にとって、たぶん最遅記録(苦笑)

水がさされると、読む意欲が失せたりするものだが、この本は違った。「何の話だったっけ?」と悩むこともなく、落ち着いて残りを読めた。これは「ともしびをかかげて」で、このシリーズの世界が把握できたおかげ。

このシリーズ読者の中で、この作品をイチオシする人は(今のところ私の周囲には)いないようだが、これはこれで面白いと思う。特に途中のあたり、まるで「スカーレット・ピンパーネル」じゃん!(笑)

「第九軍団のワシ」とのつながりもよかった。
個人的には、こっちのワシの登場の場面のほうが感動したかも。

そう言えば、この本ではマイルをメートルに換算していません。そうでなくちゃ。「第九軍団」もマイルに戻してほしい。


この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2012-05-13 08:18 | 児童書関連 | Trackback | Comments(2)

私的東北応援キャンペーン旅行(6)

c0025724_21504945.jpgマンガロードから少しはずれたところに復興商店街がありました。でも客はほとんどいません。もうちょっと目立つところに作ればもっと観光客が来るだろうに。

ここで買ったゴマ味ソフトクリームをなめながら車に戻り、日和山に登りました。

この丘にはもともと石巻城があったそうですが、今や閑静な住宅地になっています。丘の上に住むのは大変でしょうが、少なくとも津波の心配だけは無いわけで。(でも大火事の延焼の危険はあったらしい。) 頂上近くは八重桜が咲き誇る美しい公園になっていました。

日和山から見た石巻の町です。中州の丸い建物が萬画館。

c0025724_21524733.jpg

横倒しになった船も見えました。

c0025724_21533113.jpg

日和山から海側を目指して下っていくと、見渡す限りの更地が広がっていました。

c0025724_21541272.jpg

このエリアには工場や住宅地が広がっていたそうですが、津波による瓦礫が日和山のふもとに押し寄せられたところに火事が発生、三日三晩燃え続けたのだそうです。気仙沼の火災は知っていたけれど、こちらは初耳でした。報道には偏りがあるのですね。

火災のあとが生々しい小学校校舎が残っていました。
ここの生徒は今、どこかの仮設校舎で勉強しているのだろうか?
fu-gaさんの答えは「ここの学区自体、消滅してしまったのだから・・・」
この校舎の写真はどうしても撮ることができませんでした。

少し離れたところに「がんばろう石巻」という碑があり、鯉のぼりが舞っていました。

c0025724_21545956.jpg

鯉のぼりのポールの高さまで津波が来たのだそうです。

道路の向かい側のテントに行ってみると、ボランティアによるショップでした。
石巻製かまぼこと福島製プロポリスキャンデーを購入。
キャンデーは原発事故以前に生産した商品なのに、「福島製」が嫌われて売れないのだとか。

ボランティアの人たちによると、このエリアの地盤は75センチ沈下したのだそうです。
道路だけは盛り土してあるけれど、前日の豪雨ではあたり一面が冠水してどうしようもなかったそうです。こういう土地は今後どう活用すればいいのでしょう?
瓦礫をうまく利用することはできないのでしょうかね。
「関東大震災と太平洋戦争で出た瓦礫で運河を埋め立ててできた道路が東京にはたくさんある」と聞いたことがありますが。

今回見ることができたのは、広範囲に及ぶ被災地のごく一部でしたが、それでも報道を通して見るのと実際に自分の目で見るのは違うということがよくわかり、行ってよかったと思いました。
特に何かできなくても、行かないより行ったほうが絶対にいい。
行くと「また行きたい」と思うはず。

さらに、地元の人の話を直接うかがうことができて、とてもありがたかったです。
特に3日目、1日中お世話になったfu-gaさん、ほんとうにありがとうございました。

c0025724_21554167.jpg



この旅行について最初から読みたい方はこちらへどうぞ。
[PR]

by foggykaoru | 2012-05-11 21:56 | ちょっとおでかけ | Trackback(1) | Comments(4)

私的東北応援キャンペーン旅行(5)

c0025724_2245897.jpg石巻に戻ってfu-gaさんお薦めのお寿司屋さんで昼食です。

「おまかせ」が3000円で食べられるなんて感動モノです。
付き出しはホヤでした。生まれて初めてだったのですが、新鮮そのもので臭みはまったく無く、ぺろりと平らげてしまいました。


昼食後はTさんのリクエストで石ノ森萬画館へ。

c0025724_2255161.jpg

川の中州にある萬画館は津波の直撃を受けて閉館中ですが、GW特別イベントとして「内部探検ツアー」が開催されていました。サイボーグ009のコスチュームを着たスタッフがいる仮設ショップでインスタントみそ汁などを購入。

c0025724_2272835.jpg

「マンガロード」を駅まで歩きます。

c0025724_2285924.jpg

私たちのような明らかな観光客の姿が目立ちましたが、このマンガロードにはお茶できる店が無いのです。こっちはお茶する気満々なのに。(レストランは2軒ほどありました。)
以前石巻に住んだことのあるfu-gaさんによると、この通りは311以前から活気がなくなりつつあったのだそうです。今やほぼ完全なシャッター通りになってしまい、シャッターどころか建物自体が無いところすらある。

c0025724_2283736.jpg

たどり着いた石巻駅も完全に009モード。

c0025724_22101647.jpg

駅前の特産品センターでお菓子と乾物を購入。

萬画館はこの夏の再オープンを目指しているとのことですが、町を歩いてみて、それがものすごい心意気なのだということがわかりました。町がこの状態だからこそ、萬画館は頑張ろうとしているのです。

萬画館のある中州も、ご多分にもれず地盤沈下したようで、素人目にも「ここにとどまっていていいのだろうか?」と思ってしまいます。それでも再開するのです。
萬画館が石巻復興の力になることを祈ります。

c0025724_2294452.jpg



私的東北応援キャンペーン旅行(6)へ続く。
[PR]

by foggykaoru | 2012-05-10 22:11 | ちょっとおでかけ | Trackback | Comments(6)