<   2012年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

ズボンがはきたかったのに

1993年刊。もはやユーズドでしか入手できません。
イタリアのジュブナイル小説。カテゴリーは「普通の小説」にしておきます。

主人公はシチリアの田舎町に暮らす平凡な女の子。
平凡だけど彼女の心の中には「ズボンをはきたい」という熱い気持ちがたぎっている。
でも女の子がズボンをはくことは許されない。
ズボンをはくのは「男か淫売」。
男にはなれない。
だったら淫売になるしかない。

シチリアの旧弊な社会がこれでもかというほど描かれる。
こんな本は日本では書けない。

訳者・千種堅氏によるあとがきを読んで驚いた。
これは1989年に、ラーラ・カルデッラという女子高生が作文コンクールのために書いたものなのだそうだ。彼女はこの作品で一躍「時の人」になったのだとか。そりゃすごい。

それにしても、1989年に高校生にこんな本を書かせるイタリアというのは・・・
(正確には南イタリア。北とは違う。そのあたりのことは千種氏も書いているが。)

イタリアはみどころ満点の素晴らしい国だが、1人旅をしていると、なんとなく居心地の悪さを感じてしまう国でもある。
周囲の人々が「女性が1人で旅をするなんて!」と思っている、ということを、感じさせられてしまうのだ。
特に南イタリア。
シチリアを1人旅したとき、長距離バスで一緒になったイタリア人のおやじさん2人組が小声で交わしている言葉が聞こえてしまった。
「なぜ彼女は1人で旅行しているのだろう?」
こういうことは、たとえばフランスやドイツではまずない。もちろんイギリスでも。

イタリアとはそういう国。
[PR]

by foggykaoru | 2012-06-30 22:47 | 普通の小説 | Trackback | Comments(8)

あやつられ文楽鑑賞

三浦しをん著。
彼女が文楽の大ファンだなんて知らなかった、、というか、「作家である」ということ以外、何も知らないんだった(自爆)
『舟を編む』は読みたいと思ってます。

もともと日本文化に対する興味が薄い私。
歌舞伎なんて1度しか見たことないし(しかも寝た)、文楽も「たまたま券が余ったとかで数回見たことがある」という程度。
1度だけ、『俊寛』は素晴らしいと思った。
「イタリアオペラみたいだ! これは世界に通用する!!」と思った。
とか言うと偉そうだけれど、実はイタリアオペラだってちゃんと見たことない(苦笑)

そんな私でももしかしたら文楽を好きになれるかも、、、と思わせてくれた。
評論家とか専門家ではない、単なる熱狂的ファン(という言い方も変だけど)だからこそ書ける本。
現代人の感覚ではようわからん筋立てや登場人物の行動を突っ込む突っ込む(笑)
普通だったら「変な話!ついていけないわ」と思って興味を失ってしまうところなのに、突っ込みながらも愛してる。突っ込むことを楽しんでる。
そういう楽しみ方なら私にもできそうだ。
・・・けっこう得意かもしれない(自爆)

「もの」である人形が演じてこその魅力、というものもなんとなくわかった。

お勧めです。


この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2012-06-28 20:39 | エッセイ | Trackback | Comments(8)

節電の一環として

エアコンを買い換えました。

別に今のエアコンの調子が悪いわけじゃない。
でも、最近のエアコンは節電機能が進んでいると言われます。
「どうせお金を払うなら、感じ悪い東電よりも、家電メーカーに払ってあげよう」という考えで。

しかも、いまどきのエアコンにはフィルターお掃除機能が標準搭載ときている。
これは買いかえるっきゃないでしょ!

実は先週の日曜日に取り付けのはずだったのです。
でも、私の部屋はエアコンが設置できる壁面が限られていて、契約したエアコンが取り付けられなかった(涙) 再度店頭に行って別のエアコンに契約しなおし、晴れて本日、設置成功とあいなりました。

新しいエアコンの試運転をしてみたら、風の強いこと!
いくら強風モードだからって、こんなに強くなくてもいいかも。

スイッチを切ったら、いくら分の電力を使ったかがリモコンに表示されました。
ひょえ~ 頭いい! 
節電気分が盛り上がりそうです。
[PR]

by foggykaoru | 2012-06-24 15:43 | Trackback | Comments(6)

図書館戦争 革命のつばさ

なんだかんだ言ってけっこう気に入ってしまった「図書館戦争」
映画が公開されていることに気付き、観てみようかなと思ったのが数日前。

今日はせっかくの土曜日、しかも梅雨の晴れ間だというのに仕事でして。
「憂さ晴らしにいいかも」と帰り道にふと思いつき、映画館に駆けつけました。

いやあびっくりした。
テレビアニメの映画化作品ってこういうノリなの?
ふだん私が観るような映画をやってる映画館と、映画館の雰囲気が違う。
ロビーのポスターに携帯を向けている人がたくさんいて、いったいどーしたの?と思ったら、声優さんたちのサインが書かれているんです。ふーん。
入口では堂上と小牧の顔が描かれたポストカードをもらっちゃいましたよん。

で、肝心の映画ですが・・・

うーん。
元来が本読みの私です。
「本が原作のものは、本のほうが面白いだろう」
という予想を裏書きするものでした(苦笑)
(そんな予想するなら観なきゃいいのに)

改変がいろいろあって、「ここは変えないでほしかった」というところ多し。
でも、こういう状況で映画化する場合は、ただ原作をなぞるわけにもいかないのかな、あえて原作既読者を裏切ってみようという果敢な姿勢も大切なのかもしれない・・・などと大人な気持ち?にもなりました。

まっ、この映画を観るために、
「(市ヶ谷からではないけど)都営新宿線に乗って新宿三丁目で下車する」
というネタが実行できたことにはひじょーに満足(爆)
(なにしろ映画館が他の場所だったら観に行くつもりはなかったくらいですから)

・・・どうせだったら土砂降りの日に観ればよかった。
[PR]

by foggykaoru | 2012-06-23 22:00 | 観もの・聞きもの | Trackback(2) | Comments(10)

スローカーブを、もう一球

アスリートに取材した、とても有名なノンフィクション短編集。
著者は山際淳司。この人、若死にしてしまいましたね(合掌)
当然(と言ったら失礼かも)、ユーズドでしか入手できません。

『江夏の21球』あたりは、たぶん大昔に読んだことがある・・・と思う。
もしかして、この本自体も既読だったりして(苦笑)

有名人をメインに据えた話は『江夏~』のみ。
それ以外はみんな、そこそこ行けたけれど名をはせるまでにはいかなかった人々の話。

面白いです。

スポーツと対峙することによって、人はそれぞれ何かを学ぶのです。
たとえ名声や社会的地位は得られなくても。
対峙するのはスポーツでなくてもいいのかもしれない。
スポーツだとわかりやすいのかも。
[PR]

by foggykaoru | 2012-06-20 20:36 | ルポ・ノンフィクション | Trackback(1) | Comments(0)

ミッドナイト・イン・パリ

タイム・ファンタジーです。
子どものときに読んだ「トムは真夜中の庭で」みたいなお話。
でもこの映画の主人公ギルは少年じゃなくて、イイ年したおじさん。

ある友人は「ウディ・アレンが得意じゃないから、観るかどうか悩んでいる」と言ってました。
私は実は初ウディ・アレンでして、「苦手かどうか」試してみたわけ。
結論は、、、うーん、特に「得意」ということはないかもねー。

主人公の男性にはいらいらしました。
でもああいう役なんだからししょうがない。(でも魅力無いんだわ。)

とは言え、パリが美しいからかなり満足。
なにしろ「パリに魅せられたアメリカ男性が憧れのパリにやってきてタイムスリップする話」なのだから、パリが完璧に美しく撮られていなくては説得力がなくなってしまうわけで。

先にこの映画を観た別の友人が「フランス語が二言ぐらい聞こえる」と言ってましたが、なんのなんの、二十言ぐらいは聞こえましたよ。その点でも満足(笑)

ヘミングウェイやフィッツジェラルドの顔は知らないけど、ピカソやダリやドガがあれだけ似ているのだから、みんなかなり似せているのでしょう。ガートルード・スタインという女性も初めてでしたが、彼女の部屋にかかっている彼女の肖像画(ピカソ作)は見たことがあったので、「ああ、あの人か!」と思いました。ダリはキテレツな人だったと聞いていますが、なるほどでした。かなり笑えます。くねくね踊りながら歌っていた黒人女性歌手はジョセフィン・ベイカーです。この時代は「ヒューゴ」の時代でもあります。

この映画のもう一つのみどころは女優陣。

イイ女の筆頭は主人公が惚れてしまったアドリアナ。
演じるのはマリオン・コティヤール。この人、売れてますねえ。

主人公の婚約者が「シャーロック」のアイリーン・アドラーで、アンティークショップ(あれは蚤の市で有名なクリニャンクールの常設店だと思う)のおねえちゃんが「ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル」の女殺し屋、とくると、まるで何かのネタみたいですが、別にそういうことではなくて、売れている女優が一堂に会しているということです。
さらに美人がもう1人。なんとマダム・サルコジ!

みんな魅力的なんです。
魅力的な女優は誰が撮っても魅力的?
いやいやそうとは限らない。

ウディ・アレンは女優を生かすのがお得意な監督なのかも。

ところで、
アドリアナのドレスはウェストをしぼっていない。ココ・シャネルが創り出した、当時の最先端のスタイルです。(ウディ・アレンは親切なことに、アドリアナ自身に「シャネルのもとでファッションを勉強している」と言わせてます。)
第一次世界大戦が終わり、多くの男性を失って人手不足に陥ったフランスでは女性の社会進出が一挙に進んだ。シャネルの服は、そういう社会情勢の中で働く女性たちに支持されたスタイル。
アドリアナはベル・エポックに憧れているけれど、第一次大戦前の女性はコルセットでぎゅうぎゅうに締め付けられていたし、家庭以外に生きる場はなかったのだよ・・・と彼女に教えてやりたくなってしまったのは、つい最近「印象派という革命」なんて本を読んだせい。


この映画の公式サイトはこちら

ほんのちょっぴりネタバレです。
[PR]

by foggykaoru | 2012-06-18 20:58 | 西洋史関連 | Trackback(5) | Comments(2)

印象派という革命

「名画の言い分」の木村泰司著。

以下は備忘録。

印象派に先立つ革命児クールベ。彼が「オルナンの埋葬」で顰蹙を買ったのは、取るに足らない小さな村の無名人の埋葬なんかをわざわざ描いたからなのだが、実は主題が問題となっただけではない。サイズも問題だったのだ。つまり、無名人の埋葬を、歴史画などのような「格の高い絵」並みの大きさで描いたということが、当時の常識人の神経を逆なでした。

パリのオランジュリー美術館にある、モネの「睡蓮」。
印象派に対して「すれっからし」になってしまった後で見た私は「なぜモネだけがこんなに優遇されているのだろうか? 友達が多かったのか?」などと考えたのだが、これが大当たりだった。
モネは友人だったクレマンソー首相の注文であの作品を描いたのだ。
白内障の手術までしたのは、大物である友人との約束を果たすため。

いちばん面白かったのは、女性画家ベルト・モリゾの生涯。
彼女はブルジョワの娘で、芸術好きの親の支援を受けてその才能を伸ばしたものの、当時は女性が芸術家になるなどということは、とんでもないことだった。でも娘は絵に夢中で結婚したがらない。親は困った。結局、父親が亡くなってから、画家マネの弟ウジェーヌと結婚。母親としては、とりあえず結婚してほしかったし、マネ家は家柄が釣り合ったし、ベルトが拒絶しない唯一の男性がウジェーヌだった。マ兄弟はこれまたブルジョワ。親の資産で食べていけた。(だからマネは売れない絵ばかり描いていても生活に困らなかった。)ウジェーヌ自身、素人画家で、ベルトの画家としての活動に理解があり、全面的に支援した。だからベルトは美術史に名を残す画家になれたのだ。

そういう便利な夫を見つけられなかった女性芸術家-----たとえばロダンの弟子だったカミーユ・クローデル(彼女は愛人であるロダンに捨てられたのだから最悪のパターンだ)-----は周囲の無理解や差別に苦しんで、キャリアを断念したり、野たれ死んだりしていったのだろう。

私には「名画の言い分」のほうが面白かった。
というのは、たぶん私が印象派に関してわりと知識があるほうだからだと思う。
「印象派に興味を持ち始めた」くらいの人にお薦めの本である。

この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2012-06-17 20:29 | 西洋史関連 | Trackback | Comments(0)

映画『ジェーン・エア』

英国っぽい気分に浸れるかなと思って観てきました。
その期待は100パーセント満たされました。

荒涼たるムア。
広大で豪華だけれど寒々しくて暗いお屋敷。
嫌味な貴族。さげすまれる家庭教師。

そして粗食!!

こういうのは英国の本物のお屋敷で、英国の俳優が演じてこそ。
(とか言いつつジェーン役な英国人じゃないけど)

あまりにも有名な原作。だから意外性はゼロ。
しかもその原作が今の感覚からしたら不自然な筋立てなのだから、正直、感情移入はしにくいのです。さらに、私の場合、原作者シャーロット・ブロンテの生い立ちとか、余計な知識を蓄えてしまっているものだから、「ああ、これはシャーロットの満たされなかった願望なんだろうな」とか考えてしまうのは、(読書ならともかく)映画の鑑賞としては邪道なんだろうなと思ったり。

観てきた友人曰く「ジェーンとロチェスターが美男美女すぎる」
そうなんでしょうね。特にロチェスターがかっこよすぎ。
もう1人の男性が、「第九軍団のワシ」のエスカだったのにびっくり。芸達者ですな。
そしてジュディ・デンチの存在感。さすがです。

台詞の英語が喉の奥でくぐもったように発音されるのも興味深かったです。
「家庭教師 ガヴァネス」がちっともそう聞こえないくらいなのですから、それ以外の単語はほとんど聞き取れない。たぶん文体も原作そのままで、その時代のその土地の雰囲気を表しているのでしょう。

フランス少女アデールのフランス語は本物です。あれは生粋のフランス人。
その家庭教師であるジェーンのフランス語は、さして流暢でもなく、発音も素晴らしいというほどでもないけれど、まあそんなにひどくもない、、、という、納得のレベル。そういうところまでしっかり目配りできています。

英国好き、時代もの好き必見。


この映画の公式サイトはこちら
[PR]

by foggykaoru | 2012-06-15 21:30 | 普通の小説 | Trackback(4) | Comments(4)

これが一番私らしいのかも

c0025724_21205227.jpgと思っているんですが、どうでしょう?


そもそもドアとか、妙に好きなんです。
しかもこの塀のちょうどいい崩れ方。
見た瞬間、胸が高鳴りました。

でも、「モンサラーシュならでは」という感じではないのでボツ。
[PR]

by foggykaoru | 2012-06-13 21:26 | メインサイトのボツ写真 | Trackback | Comments(4)

ジーヴズの事件簿 才智縦横の巻

久しぶりの読書です。

P.G.ウッドハウス作の小説。
1881年にイギリスで生まれたこの人はパブリックスクールで教育を受け、オックスフォードに進学するつもりだったのが、家計の急変によって進学を断念することになったのだそうだ。なんとなくランサムに似ている・・・。

ジーヴズは執事。
主人はバートラム・ウースターというぼんぼん。
お金と暇はたっぷり持ち合わせているけれど、知性は足りないご主人さまの窮地を、有能な執事が奇跡のように完璧に助ける・・・という、きわめて英国的なお話。

軽く読めて楽しめます。英国好きにお薦め。


この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2012-06-12 21:36 | 普通の小説 | Trackback | Comments(10)