<   2014年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

風の影

カルロス・ルイス・サフォンというスペインの作家の小説。
古書店の跡取り息子がたまたま見つけた本がきっかけで、謎めいた出来事が次々と起こる。

友人の薦めで読んだ。
もっとも、「大絶賛というわけじゃないんだけれど」という微妙な薦め方だったけれど。


読んでみて

なるほど。

スペイン人って血の気が多いなあ。
全世界で翻訳され、大人気を博したそうだけど、こういう小説は私はタイプではないので、友人と同じく、大絶賛はしません。
何かにちょっぴり似ていると思ったら、ケン・フォレットの「大聖堂」でした。あれはミステリー仕立てじゃないけど。
私は歴史ものが好きだから、どちらかというと「大聖堂」のほうが好みだけれど、まあ似たようなものです。
児玉清氏がご存命だったら、きっと絶賛なさったことでしょう。
長くて派手なストーリーの本を読みたい方には薦めます。

不謹慎な言い方かもしれないけれど、
スペインにとっては、スペイン内乱が「得意ネタ」なのだなあと思いました。
(映画「パンズ・ラビランス」もそうだった。)
ドイツにとって、ナチス・ドイツが得意ネタであるように。
日本にとっての得意ネタは何なんでしょうか。
「天皇陛下万歳」と叫んで死んでいった神風特攻隊? うーむ。私は「永遠のゼロ」は読まないだろうし、観ないだろう・・・

あと、スペイン男の一典型はマッチョなのだな、と改めてしみじみ思った。
強い男、というか、暴君。
(映画「パンズ・ラビランス」に出てくる男もそうだった)

この本(のとりあえず上巻)に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2014-07-31 22:00 | 普通の小説 | Trackback | Comments(2)

驚きの英国史

コリン・ジョイス著。
この前読んだ同じ著者の本がいまいちだったので、期待しないで読んだら、意外にも大変面白かった。
知ってる話が多いのに。
熱帯雨林のレビューの点数も前作より低いのに。

要するに私は歴史が好きだということなのか?

この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2014-07-28 22:51 | 西洋史関連 | Trackback | Comments(2)

「イギリス社会」入門

著者のコリン・ジョイスは日本に暮らしたことがあるジャーナリスト。
だから副題は「日本人に伝えたい本当の英国」

この人の本はけっこう好評なので、けっこう期待して読んだのだけれど、「普通」の域を出ませんでした。期待しすぎだったのかな。 
それとも私はもう「入門者」ではないのかも? 


この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2014-07-21 21:46 | エッセイ | Trackback | Comments(0)

見過ごしてはいけない案件

今、日本ではとんでもないことが起こりつつあります。
私はここに署名しました。


=======

以下はあくまでも私見です。批判コメントは受け付けません。

A倍首相もO保方研究員も「◎ーソナリティ障害」だと思うと、今起こっていることがすっきりと見えてきます。
「世の中にはほんとうにわけのわからない人がいる」という単純な事実を知らない人が多すぎる。
「あんなにはっきり言っているんだから、ST@P細胞はあるのだろう」とか。
なんとお人よしなのでしょうか。
「変な人」はあり得ないこと、間違っていることを自信をもって言い続け、道理とか助言をまったく受け付けません。
そういう異常に周囲が早いうちに気づき、専門医の診断を仰ぐことができればいいのですが、見過ごされることが少なくない。精神的なことは数値で測れないから。
そして、そのまま成長して、権力を握ってしまうと、大変なことになる。

私は精神科の専門医でもなんでもないけれど、「パ-ソ@リティ障害」の人と、やむを得ずつきあったことがあります。
幸いにも、立場的に向うの意のままにならなければならない状況ではなかったけれど、それでも疲労困憊しました。何を言ってもダメなんですから。

とにかく今の日本はやばすぎです。
[PR]

by foggykaoru | 2014-07-20 10:01 | ニュースから | Trackback | Comments(2)

旅へ

世界をカヌーでめぐっている野田知佑氏の前半生の自伝。
「野田知佑のできるまで」という感じです。

しかしまあ
何と申しましょうか・・・

「青春の彷徨」という言葉を思い出しました。

大学を出たものの、自分の生きる道が見つからない野田さんは国内を旅してまわる。
つまり、いわゆる「自分さがしの旅」です。
野田さんの悩みは実に深く、考えあぐねて海外へ。
まだ1ドルが360円だった時代に。
「地球の歩き方」が出る何十年も前に。
今とぜんぜん違う。

私は野田さんがさまよっていたころ、もう生まれていたので、あの時代の日本の雰囲気は、なんとなくわかるし、その中で自分の人生を真摯に模索する若者の姿には、ある種の感銘を受けました。

でも、野田さんは、自分をちょっと曲げれば定職にありつけた。
彼はそれが嫌だったのだけれど。
なにしろ日本全体が明るい未来を信じられた時代です。
就活に疲れ切った今の若者がこの本を読んだらどう思うのかな。

私が読んだのは文春文庫で「新・放浪記1」という副題がついていて、ユーズドでしか入手できません。どうせだったら続きも読みたいのだけれど、「2」は存在しないみたい。
ポプラ文庫には副題抜きの「旅へ」という本があります。たぶん中身は同じ。そちらに関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2014-07-19 19:52 | 伝記・評伝 | Trackback | Comments(2)

岩波少年文庫ファン、そしてランサムファンの皆様へ

友人から教えてもらいました。

「岩波少年文庫名作フェア 世代をつなぐ10のかけ橋」というキャンペーンが始まりました。
そのお知らせページへGO!

「これだけじゃよくわからない」という人は左上の「フェア記念プレゼント」をクリック!

教えてくれた友人曰く
「なんだか私たちを狙い撃ちしてる?(笑)」



[追記1]
このフェアは、岩波書店本店でのみ行われているのではありません。(それじゃ販促にならない)
全国の、岩波少年文庫を扱っている書店で、このフェアの帯(だと思う)がついている本を2冊購入し、そこについている応募券をハガキに貼って送るのです。
ただ、現時点で、少年文庫を扱っている書店すべてで、帯がついている本が売られているわけではなさそう。のんびり待ちましょう。

[追記2]
実施してない店舗では待っててもやらない可能性があるので、確実には岩波の販売部児童書係03(5210)4113 に問い合わせてください。(by情報通の友人)
[PR]

by foggykaoru | 2014-07-17 21:03 | 児童書関連 | Trackback | Comments(10)

日本細末端真実紀行

ユーズドでしか入手できません。

疲れているときは長いものを読む気がしない。
というわけで、椎名誠のこの本を。
日本交通公社の雑誌(「るるぶ」かな?)の連載記事だったようで、一篇が短くて、しかも椎名誠だし、、、ということで、軽~~~いという点はお約束。

ちょこっと読んでは数日間放っておく、という感じだったので、読むのが早い私には信じられないくらい時間をかけて読了。

予想通り、どうってことない本でした。
でも、椎名誠って腐ってもプロの物書きだなあと初めて思いました。
なにげにうまいです。偉そうでゴメン。
この本の中のいくつかの紀行文にはしみじみ感心しました。
特に子供時代を過ごした千葉の海岸を再訪した話。
どうってことないんですよ。でもよかったです。
[PR]

by foggykaoru | 2014-07-13 09:45 | ルポ・ノンフィクション | Trackback | Comments(0)

曲がり角のその先に

村岡花子エッセイ集。「花子とアンへの道」展を見たあとにナルニア国で購入。

彼女のエッセイ集としては「腹心の友たちへ」というのもあったけれど、私は「曲がり角のその先で」のほうが好き。わくわくするから。
でも、こちらを選んだ決め手となったのは、ページをパラパラめくったときに出くわした、タクシーの運転手とのちょっとした交流を描いたエッセイでして。
そうかそうか、昔はメーターなんかなくて、運転手との交渉で料金が決まったんだな・・・と、妙なところで感じ入ってしまった。今もそういう国はたくさんある。メーターが付いていても、それが信用できない国もある。というわけで、村岡花子とはぜんぜん関係ないところでツボってしまって買ったのです。

それはそれとして、花子の文章は美しい。
そして知性と品性、温かさを感じさせます。

のちに白蓮となった柳原燁子の導きで、花子は和歌の勉強をした。そこで日本語を磨いたのが大きいのだと思います。ドラマではそのあたりが完全に抜け落ちているのが残念。いくら英語を勉強しても、日本語が下手だったら優れた翻訳はできないのに。

この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2014-07-07 20:25 | エッセイ | Trackback | Comments(2)

地図のない場所で眠りたい

早稲田の探検部出身の探検家?である高野秀行・角幡唯介の対談集。
この二人のファンだったら読むっきゃないでしょ。
で、ファンだったら楽しめます。

二人そろって「『やってることがすごい』とは言われても、『文章がいい』と言われたことがない」と嘆いてます。私は彼らの文章、相当褒めてるんだけどな。あ、ここじゃなくて、熱帯雨林のレビューで書かなくちゃいけないのか。

お二人には届かないだろうけれど、重ねて言います。
この二人はやってることがすごいだけじゃなくて、文章がうまいのです。でなければ私はこんなに読んでません。

この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2014-07-06 19:58 | その他のジャンルの本 | Trackback | Comments(2)