<   2015年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

久しぶりの村上春樹

「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」を読みました。

私は、往年の大ベストセラー「ノルウェイの森」が、どこがいいのかさっぱりわからなかったので、それ以後、村上春樹の作品には全く手を出さなくなったのです。Wikiで調べたら、「ノルウェイ~」は1987年刊行。ほとんど30年ぶり。

で、なぜこの期に及んでこの本を読んだか。
弟が入院中の母のリクエストにこたえて買って差し入れてやり、母が読み終わったので私にくれた、というわけ。

で、感想ですが

うーん。
最後まで苦労せずに読むことができました。
面白いかと訊かれると・・・
すごくつまらないわけではないんだけど。
他に読むものが無いなら、別に読んでもいいと思うよ、、、ぐらいな。

大昔読んだ村上春樹の作品の中で、一番面白かったのは「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」です。
母は読めなかったそうですが、ファンタジーを読んで育った人には読めるはず。
だからってもう一度読みたいというほどでもないけど。

他に「風の歌を聴け」「1973年のピンボール」を読んだような気がします。
「羊をめぐる冒険」は確かに読みました。
遥か昔なので、よく覚えていないのですが、それまでの日本文学とは違うと感じたのは確かです。アメリカ文学っぽいような気がして、新しいタイプの作家が生まれたんだな、みたいなことを思ったものです。
でも、ジョン・アーヴィングの「熊を放つ」「ガープの世界」「ホテル・ニューハンプシャー」を読んで、「なあんだ、村上春樹はこの人のパクリじゃん」と思ったのでした。
(「熊を放つ」はわけがわからなかったけれど、「ガープ~」と「ホテル~」は強烈に面白かったです。長い小説を読みたくてたまらない人にはお薦めします)
ちなみに、「熊を放つ」は村上春樹翻訳。
プロの翻訳家でもないのに、あの長編を訳そうなんて、よっぽどアーヴィングのファンなんだろうし、翻訳作業を通じて作品の中にどっぷり浸りきってしまったのだろうから、影響を受けるのはしょうがないのかも、と思ったものでした。・・・妙に寛大だが偉そうだ>私(自爆)
「ノルウェイの森」は、もしかしたら、アーヴィングから脱皮した作品だったのかもしれない。(何も覚えていないのでよくわからない。きっと的外れです)
でもとにかく面白くなかったんで。

まあ、この本をきっかけに彼の他の本も読んでみるか、、、とはつゆほどにも思わなかったというのが、今日の結論です(苦笑)

この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2015-01-23 21:20 | 普通の小説 | Trackback | Comments(8)

生半可な学者

著者の柴田元幸という人はアメリカ文学者・翻訳家だそうで。
Wikiを見たら村上春樹が初めて翻訳を手がけたときにバックアップした5人の翻訳家のひとり、なのだそうで。へえええ。

「エッセイ賞受賞」と書いてあったから読んだ。私はけっこうこういう賞をあてにしてます。特にエッセイに関して。

で、期待どおり面白かった。
ここんとこ、ちょっと「ハズレ」気味の本ばかりだったので、久しぶりに面白い本を読めてやれやれでした。

ただし、当然のことながら英語ネタが多いので、少なくとも英語が嫌いでない人でないと楽しめないでしょう。
1960年代のアメリカに興味がある人は、私以上に楽しめることでしょう。

あと、1つのエッセイが短い。4~5ページぐらい。
短いエッセイを続けて読むと味わいが薄れるので、電車に乗るたびに1つずつ読みましょう。
私がそうしました。そしたら、かなりもちました(苦笑)

この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2015-01-21 19:26 | エッセイ | Trackback | Comments(0)

老人ホームめぐり(6)

(5)からの続きです。
よろしかったら(1)からどうぞ。


===============

私が回っているエリアには、老舗の会社がやっている高級物件が数件ありまして。
高級すぎるから関係無いと思ってパスしていたのですが、友人に勧められてそのうちの3件を見学することに。
友人からは、某作家の終の棲家だったとか、今は某作家が入居しているとか、なかなかすごいことを聞かされました。

まずは築12年のもの。
古いからピカピカではないけれど、以前見た高級物件と同じく、古くなってもぼろくなっていないのです。時とともに自然に備わった重厚感がいい。
受付の職員の感じなどは、けっこう庶民的な雰囲気で、お高くとまった感じはしない。
でもやっぱり高い・・・。
介護度が高い人が多いのもネック。
あと、部屋もいまひとつ魅力がない。
立派な家具調度がすべてそろっているんだけれど。

お次は築10年のもの。
某作家の終の棲家だったところです。
たった2年の差なのだけれど、比べものにならないほど素敵な建物。まさに高級ホテル。しかもなんとなくリゾート仕様。
廊下からして違う。広々していて、明るくて。部屋もステキ。
自立の人が多くて楽しそうだし、図書室があるのが母向きなんだけど、お値段が・・・ 
家を売らなければ入居できません。

ただ、この会社には魅力があります。
それは都内限定で高級ホームを長年運営しているので、地元に根付いている感じがする点。

というわけで、予定外だったもう1件を見学してみました。

これはまだ築2年ぐらいで、空室がある。
この会社の物件としては安めで、先に見た2件よりはずーっと安い。(高いんだけど)
私と弟が清水の舞台から飛び降りるつもりで払えば払えないこともない。(きついけど)
新しいという点は気持ちがいいし。

でも、建物になんとなく魅力がない。
外から見た感じはいいんだけど、玄関を入ってちょっとがっかり。なんとなく寒々としている。
部屋もあまり明るくない。
(5)で最後に見た物件と比べて、入居一時金が1000万円以上高いのだけれど、それだけの差は無いような。




後日、すべての調査結果をノートにまとめたものを、弟に見せました。
弟曰く「こういう情報を求めている人はたくさんいるはず。会社名や施設名を隠さずブログかなんかに書いたら、喜ばれるだろうな」
(弟は私がブログをやっていることなんか知りません)

弟は(5)で最後に見た物件と、最後の日に最後に見た物件を見学。
私と同じ意見でした。
(5)で最後に見た物件は特に高級でないけれど、周囲の環境がいいし、部屋も明るい。施設全体にも温かみが感じられる。スタッフの感じもいい。母に向いているのはこちらだろう。


というわけで、予約しました。

あとは母を説得するだけ。
[PR]

by foggykaoru | 2015-01-18 20:53 | Trackback | Comments(2)

綾とりで天の川

丸谷才一のエッセイ集。ユーズドでしか入手できません。
彼の薀蓄がこれでもかというほど出てくる。
自分が興味がある分野の話は面白いけれど、そうでないと、ただただ「へえええ」だけで終わってしまう。私にとってはそういう話のほうが多かった(とほほ)
ちなみに、解説を頼まれた高島俊男氏も「へえええ」な気分だったみたいです。。。

面白かったのは
福沢諭吉がミイラになっていた、とか。
土葬だったんですって。で、あとになって福沢家が合葬しようとして掘り起こしたら、きれいにミイラになっていた。
でも、福沢家の意向ですぐに火葬にされてしまった。学問的にはとても残念なことだったそうな。

あと、レーニンとスターリン。
レーニンの遺体を永久保存することにしたのはスターリン。
レーニンの奥さんはあんなことされたのは嫌だった。
スターリンが亡くなって、レーニンの遺体の傍らに同じように保存されたけれど、あるとき、共産党の大会で、若い女性が「私の夢の中(!)にレーニンが出てきて、スターリンの隣は嫌だと言った」と発言したため、スターリンの遺体は別のところに移動させた。

それと、博打打ちには力士くずれが多かったという話。
まあ、相撲というのは(国技とか持ち上げられてるけど)もともとは興行、色物だもんね。
今は相撲取りが引退しても、大挙してそういう業界に入ることはない。
それなりにお行儀良くやってるのは相撲協会のおかげ。

聖職者に婚姻を禁じているカトリック教会だって、昔は法王に愛人がいて、息子ができて、しかもその息子がやり手でイタリア統一を目指しちゃったりした。
今はそんなことはありえない。
近代化ってそういうことなのね。
[PR]

by foggykaoru | 2015-01-17 20:32 | エッセイ | Trackback | Comments(2)

またやぶけの夕焼け

高野秀行さんの本はほとんど読んだのだけれど、これはまだだった。
あえて読まなくてもいいかなと思っていたんだけど、一応読んでみようと。
八王子で遊びまわった子ども時代の思い出が、一応小説仕立てで描かれている。

ランサム的であるとは言える。

が、

うーむ・・・・
老人ホームめぐりの合間に読むにはふさわしくなかったということのかもしれないけれど・・・

高野さんの小説だったら、「アジア新聞屋台村」「ワセダ三畳青春記」をお薦めします。そっちのほうが10倍(100倍?)面白い。
子どもたちが遊びまわる話だったら、佐藤さとるの「わんぱく天国」をお薦めします。古いけれどいい本です。



この本に関する情報はこちら
なんかやたらレビューは好評ですねえ。
[PR]

by foggykaoru | 2015-01-07 20:16 | 児童書関連 | Trackback | Comments(4)

老人ホームめぐり(5)

(4)からの続きです。

===========

(1)で一番最初に見た施設と同じ会社の経営の施設3件を見学。

最初はこの会社の最高レベルのシリーズのもの。
弟の家と私の住まいのほぼ中間地点。駅からは1キロ。予約すると車を出してくれるんだと!! さすが高級ホーム。
入居一時金や月々のかかりが高いけれど、私と弟が援助すれば全く出せないということはない。(きついけど)
だから正直なところ「冷やかし」なのだけれど、もしも本当に素晴らしかったら、入居を検討する可能性が完全にゼロとは言えない。(きついけど)

結論から先に言えば、あえてここに固執する理由はないと思いました。
建物はいいです。高級ホテル仕様。落ち着きます。
周囲の環境も素晴らしい。
スタッフもちゃんとしている。介護体制が整っている。
日常のアクティビティも、普通のところよりも面白そう。どこでもやってる「ちぎり絵」「絵手紙」だけではなく、「陶芸」なんてのもある。

担当者によると、ここの入居者は2つのタイプに分かれるそうです。
まずは「手厚い介護を必要とするお金持ち」。その人たちは当然のことながら、あまり元気ではない。認知症の人も多い。(1)でご紹介した高級ホームと同じです。
もう1つのタイプは「夫婦で入居するお金持ち」。たとえば奥さんの家事が大変になってきたから、この際、一緒に入ってしまいましょうという人々。これはとても元気。でも夫婦単位で行動する人々なわけで。

どちらのタイプにも属さない母には合わないかも。
第一、お金持ちじゃないし(苦笑)




残り2件は(1)で最初にご紹介した施設と同レベルのもの。

母にはこのシリーズがちょうどいいんだろうな。
特にゴージャスな気分に浸れるわけではないけれど、落ち着いて暮らせる程度の普通にきれいな建物と部屋。
この会社のスタッフは総じて感じがいいので、スタッフとの関わりの中で気持ちがささくれることはないだろう。

1件は弟の家と私の住まいのほぼ中間地点。私の最寄り駅から9駅。
静かな住宅街の中。
でもここは現在空き室無し。

残る1件は弟の家寄り。彼の家から5キロ。私の住まいからは11駅。
空き室あり。しかも南向きの明るい部屋。
ここで昼食の試食もしました。美味しかったです。でも低カロリーなので3時過ぎにはお腹が空いた(苦笑)
介護度が低い入居者もかなりいて、表情が悪くない。話相手はすぐに見つけられそう。
周囲は静かな住宅街。駅からの道も悪くない。
近所に公園があるのがいい。
母の足がよくなって、一緒に公園を散歩できるようになったらいいなあ。



(6)に続きます。
[PR]

by foggykaoru | 2015-01-05 18:12 | Trackback | Comments(2)

アーモンド入りチョコレートのワルツ

明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

夕べ、NHKのBSで指輪三部作をやってまして。
「エントの行進」とか、必見シーンを見逃してしまったあげく、「Dea----th!」の前に寝ちゃったのですが、「ホビット」を観なくちゃいけないという気分だけは(ようやく)盛り上がりました。
私が観る前に公開終了しないでね。

====================

森絵都の手になるジュブナイル。
音楽がからむ3つ短編。
そのうち知ってるのは「子供の情景」だけ。しかもちゃんと知ってるのは「トロイメライ」だけ。
表題作はサティの曲なのだそうだ。サティは知ってるんだけどね。

どの作品も主人公は中学生。
微妙な年頃の微妙な心情を繊細なタッチで描いている。
悪くないんだけど、老人ホームめぐりの合間に読むにはちょっと合わなかったかも(苦笑)


この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2015-01-01 08:29 | 児童書関連 | Trackback | Comments(2)