<   2015年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

モンゴル紀行

司馬遼太郎「街道をゆく」の第五弾。
1978年、つまりソ連健在なりし頃のお話。
日本→ハバロフスク→イルクーツク→ようやくウランバートル という旅程で、当時のソ連が聞きしに勝るストレスフルな国だということがよくわかる。
誰かさん(←もう忘れてる)が「ソ連は今残っている唯一の外国」と言ったんだそうだ。つまり、他の国とぜんぜん違うということ。

違ううちに行ってみたほうが、辛くても興味深かっただろうと思うと、何か損した気がしないでもない・・・と思ってしまう、性懲りの無い私。

ソ連がそんな国になってしまった要因の一つとして、モンゴルの騎馬民族があるかも、と司馬さんは言う。
なんでも、ロシアが国の体をなす以前に、モンゴル騎馬民族がやってきた。
モンゴルはロシアの民をは徹底的に搾取し、「タタールのくびき」という表現を残した。
そして、ロシア人は「国というのはそういうもの」と刷り込まれてしまった。
これがソ連という国家にも脈々と続いているのかも、と司馬さんは思ったのである。

多民族を徹底的に抑圧したモンゴルだけれど、騎馬民族のおおらかさというものがあった。
だから社会主義国家となったモンゴルは、ソ連とは違って、人々にとって居心地の良い、ゆるやかさのある国になった、とか。

司馬さんは数学ができなくても入れた大阪外国語学校蒙古語学科で学んだ。ろくすっぽ教材の無い状態だったので、学生が自分たちで辞書を作ったんですって。印刷会社にもわたりをつけて。単語集に毛が生えた程度だったらしいけれど。元気でいいなあ。
モンゴル語は言語学的に、けっこう日本語に近いらしい。それがキリル文字を採用しちゃったんだ・・・うーむ。

馬乳酒ばかり飲むのは、それが乾燥した地域では、水分をとる手っ取り早い方法だから。
そんな気候風土が私の身体に合うとはとても思えないけれど、やっぱり1度は行ってみたい。

古い本だけど、ちゃんと増刷されている。さすが司馬遼太郎。
この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2015-05-31 07:34 | ルポ・ノンフィクション | Trackback | Comments(2)

地味に断捨離中

その後、客用敷布団を粗大ごみに出しました。
ここに引っ越して20年たつけれど、使ったのはたったの2回。しかも、敷くものとしてはマットレス(普段はソファーの形になるやつです)があって、その上にさらに敷布団を敷くようにしていたのです。でも万が一、また宿泊客があっても、マットレスさえあれば十分。

掛け布団としては、羽毛のが3枚もあります。
私1人なんだから1枚で十分なのに。
(以前は低体温だったので、2枚かけることもあったけれど、体質改善したので1枚で大丈夫。)
どうしようかな。

シーツ類も多すぎ。
くたびれていたのを数枚捨てました。

トースター。
粗大ごみに出す申し込みを済ませました。
311後の節電騒ぎ以来、一切使っていないので。
(代わりにガスレンジを使ってます)

服の断捨離もちびちびと。
こんまりさん(最近、時の人になっちゃいましたね)の「祭り」ほど徹底的な仕分けはしなかったので、クローゼットの中には「どうしようかな」状態のものがちらほら残っているのです。
その後、時々、「これはもう捨てよう!!」という発作が起きて、その発作が治まる前にさっさと捨てる、ということを繰り返しています。

ちょっとお値段が張るワンピース。
顔映りのいい服なのだけれど、すごい肩パッドが入っている。
まめな人は自分で肩パッドをはずすのだけれど、面倒くさいし、はずしたらはずしたで、シルエットが崩れたりする可能性もある。
これは月に1回開催される、中古衣料引き取りに持っていきました。

ちょっとお高いドレスはまだあります。
どうしようかなあ。

口が狭くて使いにくいゴミ箱。
ずいぶん前に新しいのを購入したのに、部屋の隅に置きっぱなしだったのです。
捨てました。

山ほどあった割り箸。
まず、かなりの量を職場にもっていき、流しのそばの共用引き出しに寄付。
それでもまだあるので、普段の食事でなるべく使うようにしています。
ただ捨てるよりはいいかと思って。
10膳ぐらいは緊急時用に残しておいてもいいかな。

多くのダンシャリアンが「不要」の烙印を押しているバスタオル。
フェイスタオル2枚あれば身体は拭ける、というわけで。
少ない荷物で旅行することに慣れている私なので、これは大納得なのですが、古いバスタオルをなかなか捨てられない。
なぜなら安宿のごわごわのバスタオルに慣れてしまっているから。
ごわごわの刺激って、柔らかいタオルとは違った気持ちよさがあるんです(自爆)
[PR]

by foggykaoru | 2015-05-23 09:33 | Trackback | Comments(8)

ビブリア古書堂の事件手帳3

この本に関する情報はこちら

三上延のこのシリーズ、大して気に入っているわけでもないのですけど、1、2を読んであるので続きを読んでもいいとは思っていました。
先日、ブック○フで200円で売っているのを見つけました。でもこの本に200円出すのはねえとためらっていたら、目の前で他の人が買っていってしまった。
昨日、行きつけの古書店で50円になっているのを見つけたので、これは安いと思って。
帰りの電車で読むのにはほんとうにちょうどよかったです。
続きも、もしも50円になっていたら、読むと思います。

このシリーズ、(別に薦めるつもりはないけれど、もし読むとしたら)順番に読むべきです。

以前から古書店で本を買っていたので、古書店には慣れているのですが、自分の本をネットで処分したり、実家の本を買い取りに来てもらったりするようになったこともあり、古書業界のことが以前に増して興味深かったです。

ここから後はどうでもいい脱線です。
[PR]

by foggykaoru | 2015-05-17 10:09 | 推理小説 | Trackback | Comments(4)

わが青春のハプスブルク

副題は「皇妃エリザベートとその時代」
「マリー・ルイーゼ」の著者・塚本哲也による歴史エッセイ。タイトルどおり、自らの青春時代も回顧してます。

塚本さんの本は読みやすいです。
ただ、このお方、「ブリリアント」という言葉が妙にお好きなんですよね・・・
「マリー・ルイーゼ」とかぶるところがもちろんあるけれど、思ったほどではありませんでした。
西洋史に興味がある人にはお薦めします。

シューベルトの生涯あたり、ウィーンに行ったときに彼の家を訪ねているので、興味倍増。
(その旅行記はメインサイトの「旅日記」の中の「のだめカンタービレの旅」に掲載してあります)

話題は現在のオーストリアとかハンガリー、チェコあたりだけではなく、ハプスブルク支配地域全体に及ぶので、イタリアやイタリア人の話題も出てくる。ヴィスコンティとか。
現在の国境で論じてはいけないんだな、という、当たり前のことを今更ながらに感じました。

実はハプスブルク文化圏の内陸部の街並みはそれほどツボでない私。
(あまり路地裏が無いので、路地裏フェチには物足りないのです。私のイチオシは地中海沿岸の路地裏)
でもザルツブルクとその周辺の自然の美しさを思い出し、今度はインスブルックに行きたいと思いました。

今までオーストリア関連の記事のタグを無理矢理「東欧」としていたのですが、やっぱりこれは単独タグが必要。「オーストリア」か「中欧」? うーん・・・

そうだ、「ハプスブルク」にしよう!

この本は・・・あらら、ユーズドでしか購入できないのでした。
[PR]

by foggykaoru | 2015-05-16 08:20 | 西洋史関連 | Trackback | Comments(4)

母のその後

2月末に退院したものの、まだ寒いからと老人ホームに入ってもらった母ですが、4月の上旬、ちょうど今から1か月くらい前に退所し、実家に帰り、独居老人に戻りました。
現在、ヘルパーさんに週に1度来てもらっています。

で、実家の片づけです。

今回しみじみ思ったのは、読書以外に趣味のない母の、現時点での本当の趣味は「家」だったんだな、ということ。
母の口癖は「片づけなくちゃ」
そして、押し入れから古い服を引っ張り出す。
けれど、それをきちんと仕分けするまではいかない。

仕分けと言っても、彼女の頭の中に「捨てる」は無いわけで。

いくらなんでも古すぎる、ぼろすぎる、というものははさみを入れて雑巾に。
(でもすでに使い切れないほどの使い捨て雑巾の山ができている)
ちょっと形が古いものは、手直しができるかどうか、考える。
「○○さんに見せたら持っていってくれるかも」とか、「近所のリサイクルショップに持っていこうかしら」と考える。
で、考えているうちに忘れて・・・
部屋には押入れから出した古着が積み重なって、まるで泥棒が入ったかのようになる。

でもこれが母の趣味なんだな、と。
とやかく言ってもしょうがない。

先日、買ったけれど似合わなくて一度も着ていないというカットソーを押し付けられました。
私にも全然似合わないし、ちっとも欲しくなかったのですが、歯を食いしばってもらってきました。捨てるために。


そして父の蔵書。

神田の洋書専門古書店に連絡しても、タイミングが悪かったのか、忙しがって来てくれないので、「私が箱詰めする。着払いでどんどん送っちゃおう」と言ったのですが、何やら非常に不満げな母。

いったいこの人はどうすれば満足するのか?

考えた末、第一弾として「私が置いていった本を送るから。私の本を私がどうしようとかまわないでしょ」と了解を得ました。
ブックオフオンラインに送ることにしたのです。
収益は東北支援に送る、というやつです。)

段ボール箱に詰め、ちょっと隙間があったので、「このへんの本もついでに送っちゃっていい?」となにげに言って、ほんのちょっとだけ父の本を入れました。
1箱分詰めたところを見た母「あら、それだけ?」
私「そうよ。だって、送るのは私の本だけよ。パパの本には手をつけないっていう約束だから」
このときの母の顔と言ったら。なんともビミョーな顔でした。
父の本が残ったことに半分安心しつつも、「なんだ、もうちょっと片づけてくれればよかったのに」とも思っていることがありあり。
ほんにあなたはフクザツなのねえ・・・

そして第二弾。
私が月に1度、必ず顔を出している古本屋にアプローチし、200冊以上あれば買い取りに来てくれることを確認しておいて。
母が適当に取り分けて、部屋に積みっぱなしの本を私が数えました。
200冊以上あることを確認したうえで、再度古本屋に電話を入れて買い取りに来てもらう約束を交わしました。

当日、私は実家に行けなかったのですが、茶色くなりかけた文庫本をはじめとする、ブック○フでは絶対に値がつかない本を1冊10円で買い取ってくれたそうです。やれやれ。

=======

私のほうの断捨離は、細々と続けています。

電気カーペットを粗大ごみに出しました。
半身浴や冷え取りソックスのおかげで、以前よりも寒さを感じなくなり、すっかり使わなくなっていたのです。

母に押し付けられて実家から持ってきたけれど、一度も使ったことのなかった食器も捨てました。せいせいしました。(捨てたことは母には内緒)

服を減らしたら、コーディネートが楽になりました。
そして、今シーズン、本当に買い足すべきものがわかりました。

でも、まだまだです。
「捨てモード」を保つためには、自分を洗脳し続けなくてはなりません。
だから断捨離関連本を読みながら半身浴してます(笑)
[PR]

by foggykaoru | 2015-05-11 21:40 | Trackback | Comments(2)

イミテーション・ゲーム

すごい久しぶりの映画です。今調べたら昨年夏以来・・・ではなくて、実は冬に「ホビット」最終編を観たんでした。ごくごくあっさり観てしまい、ココに感想文を書くことすらしなかったという・・・

この映画の副題は「エニグマと天才数学者の秘密」
面白味はないけれど、内容を的確に表している。

エニグマは第二次大戦中、ドイツが使った暗号。
それを英国の天才数学者が解読したという話。

その天才数学者アラン・チューリングを演じているのがベネディクト・カンバーバッチ。我らがシャーロックです。
変わり者の天才ということで、シャーロックにかぶるところが非常に多くて、俳優としてそういう役どころばかりやるのはどうなのかなと思ったりもしたのですが、いやいや。さすがです。うまい。シャーロックとは違う。歩き方からして違う。チューリングの孤独と悲しみが胸に迫りました。
周りを固めるのも芸達者な英国俳優ばかり。これもツボ。

最近、映画情報を得る時間もあまり持てなかったのですが、タイミングよく自分好みの映画を観ることができました。

2番館に下りているのにえらく混んでました。
やっぱりシャーロック効果?

この映画の公式サイトはこちら
[PR]

by foggykaoru | 2015-05-06 08:24 | 観もの・聞きもの | Trackback | Comments(0)

ガンジス川でバタフライ

たかのてるこという人の旅行記。
この人の本はわりとよく目にするので、気にかけていた。

旅を始める前の彼女は、ものすごい怖がりだったという。
でもこんな自分じゃダメだ!と思い切った。
旅好きの兄がいたというのも大きい。

思い切ったらいきなりノープランの旅なんだから。
信じられん。

もっとも、彼女には大きな武器があった。
それは大阪のお笑いのノリ。
羨ましいなあ。そういうのを持ち合わせている人って。

旅をしているうちに、「一期一会」ということを強く感じるようになり、、、
うんうんそうだよね。
大阪のお笑いのノリがなくて、彼女ほど多くの出会いに恵まれていない私ですらそう思う。
でも、一期一会は旅先だけのことではない
人生すべて、日常生活すべて、一期一会なんだよ
と思いながら読んでいたら、彼女もやがてそう思うようになる。

ガンジス川でバタフライをしてもお腹を壊さなかった彼女は、この後、世界を旅するようになるわけで、本も何冊か出している。
読もうかな。
この本、とっても面白かったし。

でも、1回読んだらもう2度と読み直せない本なんです。
私はけっこう読み返すんです。
全部読み直すことはあまりないけれど、パラパラめくってエピソードの一つか二つを読み返すことはしょっちゅう。
でもこの本はそれすらできない。
読んで、笑って、読み終わって、本をとじたらもうおしまい、という本なのでした。

この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2015-05-05 07:05 | ルポ・ノンフィクション | Trackback(1) | Comments(0)