<   2015年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

はい、泳げません

高橋秀実著。
泳げない著者が、水泳を習うお話。

私だって大して泳げないけれど、
いやー 水が怖い人ってそうなんだー 
とびっくりさせてくれるところがたくさん。

水の中って、全く違う世界だからこそ、素敵だと思うのに。

コーチは手を変え品を変え、教えてくれる。
でも著者は、そのいちいちにひっかかる。とにかく理屈っぽいのです。

たまにうまくできると、「できた!」という嬉しくなる。
その嬉しさを噛みしめるために、立ち上がる。
それを見たコーチ、「なんでそこで立つかなあ」とため息をつく。

という感じの本。面白いです。

ほんとに、なんでそこで立つかなあ・・・

それにしても、著者は東京外語大卒なんですね。ふーん。

というのは、いちいち理屈でひっかかるのは、語学上達には損なタイプだから。少なくとも、初級の頃は、言われたことを素直に覚えるしかない。
私は世間一般の平均よりも、多くの外国語をかじっているので、外国語を学ぼうとして語学学校に集ってきた人にも比較的多く出会っている。
その私の経験から言うと、外国語習得、少なくとも初歩レベルの習得に関しては、女性のほうが男性よりも向いている。(あくまでも一般論)
男性はどうでもいいところでひっかかる。(あくまでも一般論) 理屈っぽい。
理屈でひっかかっても意味無いのに。なにしろ「ネイティブがそう言っているから」で終わりなんだから。
上級レベルになったら、理屈っぽさは逆にプラスになるんですけどね。

だから著者は語学向きじゃないな、と思ったのです。(でも男性としては普通だということ)


高野秀行の「腰痛探検家」に通じるところがあって、著者の「弱くても勝てます」に迫る面白さです。
でも、紙媒体の本は、ユーズドでしか入手できないんですね。
Kindle版は440円ですって。
[PR]

by foggykaoru | 2015-06-24 21:40 | ルポ・ノンフィクション | Trackback | Comments(0)

その名にちなんで

実家に山とある本の中から、拾い上げてきた。
なんでもかんでも古本屋に払うのも申し訳ないと思って。

ジュンパ・ラヒリというインド系アメリカ人作家の小説である。

インド移民二世である主人公に与えられた名前は「ゴーゴリ」。
彼の半生をとても淡々と描いている。アイデンティティ探しの物語。

もともとすごく読みたかったわけではないうえに、この本を読んでいる最中に「不可触民」を古本屋で見つけて、インドの暗黒面を読んでしまった。
なので、再びこの本に戻るときは、「しょせんはカーストヒンズーの恵まれた話だよねえ」という、かなり白けた気分だったのだけれど、物語としては悪くない。淡々としているけれど、退屈はしない。
小説好きにはお薦めできる。

この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2015-06-21 21:37 | 普通の小説 | Trackback | Comments(0)

不可触民

副題は「もうひとつのインド」
著者の山際素男は「マハーラーバタ」の翻訳で賞を受賞した人だそうだ。

不可触民(不可触賎民という言い方のほうが普通?)の実態に迫ったリポート。

以前、「女盗賊プーラン」を読んだときのショックほどではないけれど、やっぱり衝撃的。
すさまじいです。
他人様の信仰についてどうこう言うべきではないのでしょうが、ヒンズー教、カーストというのは問題だと思います。(バリ島もヒンズー教だけど、あそこはちょっと違う。かなりユルイ。なにしろ牛肉も食べちゃうんだそうで)
言うなれば、インドという国は、国をあげて「いじめ」を黙認、奨励しているようなもんです。

なんだかんだ言って、「愛の宗教」を自称するキリスト教は悪くない。
キリスト教にだって負の歴史は山ほどあるけど、「お前たちにはマグダラのマリアをさげすむ資格はない」とか言ったイエス様はかなり偉い。

昔、何かで読んだけど、日本にキリスト教の宣教師がやってきたとき、日本の民は自らの手を汚して働く宣教師の姿を見て、「この人は偉い」と評価した。
でも、インドで同じことをしたら、全く尊敬されなかった。
インドの人々は「あんなことは下位のカーストがやること。自分でやるなんてどうかしてる」と思ったので、とても布教しにくかったんだそうで。
確か、ザビエルってインドで死んだのですよね。きっと失意の中で。

ガンジーなんかダメ、だそうです。
彼は不可触民のことを「ハリジャン=神の子」と呼んだそうですが、それは「おためごかし」である、と、一部の目覚めた不可触民は口をそろえる。

不可触民の中には、イスラム教や仏教に改宗する人が少なくない。(その結果、イスラム教徒や仏教徒がさげすまれることがある。)
だから、パキスタンが分離独立したのは、イスラムだから、というよりも、カースト社会から脱却するためだったという側面があるのだそうです。

インドを個人旅行していて、いろいろ被害に遭う女性の話をちょくちょく聞きますが、「虫けらのように扱ってもかまわない人間」の存在を当たり前とする環境に育ったら、たまたま出会った異国の女性をどうしたってかまわない、という気分になりやすいはず。

インドって今、経済成長著しいそうで。
中国の経済成長にかげりが見え始めた今、これから投資するならインドだ、とか言われます。
でもインド国民の4分の1が不可触民なんですって。
数億の人々が常に飢えていて、農奴、あるいは家畜同様の扱いを受けている国。
もしかしたら、家畜以下かも。なにしろ死んだって惜しくないんだから。
そういう国が経済成長するって、何なのかなあ。

この本に関する情報はこちら


ついでに「女盗賊プーラン」に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2015-06-18 21:51 | ルポ・ノンフィクション | Trackback | Comments(4)

旅のラゴス

筒井康隆のファンタジー。一般的にはSFファンタジーと呼ばれているらしいけれど、SFが苦手な私が読める、普通のファンタジーです。ただし、お子様向きではない。

すらすら読めて、真ん中へんから先が読めたような気がしたけれど、予想とは違う展開になってよかった。なかなかのエンターテインメントです。

なぜ「ラゴスの旅」でなくて、「旅のラゴス」なのだろう?

この本に関する情報はこちら


ところで、筒井康隆は数々の文学賞を受賞している。
以前読んだ「わたしのグランパ」が読売文学賞の授賞作品だと知り、なるほどと思った。
他の受賞作品も読んでみようかな。
[PR]

by foggykaoru | 2015-06-14 10:24 | その他のジャンルの本 | Trackback | Comments(0)

トラウマの国

高橋秀実のルポ、と言うべきなのかな?
ルポの短編集というのも変だが、そんな感じ。
1篇は20ページ足らず。さらさら読めます。
で、読んで早1週間以上。もう全部忘れてる(涙)

いや、一つだけ覚えていた。
この本が書かれたのが「ゆとり教育」の時代で、それをテーマにしている1篇もあるということ。
一番できない子に合わせるから、ほとんどの子供が授業中、退屈し切っている、という様子が描かれてました。
妙に懐かしさを感じつつ読みました。
ほんとにあれはどーしよーもないものだった。

この本はユーズドでしか買えません。
[PR]

by foggykaoru | 2015-06-09 21:03 | ルポ・ノンフィクション | Trackback | Comments(0)