<   2017年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

イギリス人はおかしい

副題は「日本人ハウスキーパーが見た階級社会の素顔」
著者の高尾慶子という人は、紆余曲折の末、イギリス人、それも超有名な映画監督リドリー・スコット宅のハウスキーパーになる。
そのときの暮らし、そしてその後少しのお話。

1か月以上前に読んだので、ほとんど忘れてしまっているのだけれど、非常に面白く読んだことだけは覚えています。
タイトルから想像できるとおり、英国礼賛ではありませんが、そこがいいのです。英国マニアは必読。

話は古いんです。ハードカバーの初版は1998年。
「英国人は紳士だとか言うけれど、それはもはや幻想。サッチャー政治がすべてを悪く変えてしまった」と吠えていらっしゃいます。
「サッチャーが悪い」は初耳ではないんですけどね。
そのサッチャーも引退して幾年月。認知症になってしまったそうで。(遠い目)
サッチャー以前の、礼節に満ちた英国を味わってみたかったものです。



[PR]

by foggykaoru | 2017-02-26 08:33 | エッセイ | Trackback | Comments(2)

ヨッパ谷への降下

筒井康隆の「自選ファンタジー傑作集」なんだそうです。

読んだのが1か月以上前なので、ほとんど覚えていないのですが・・・
彼の大人向けのファンタジーは、大人イコール成人向けでして、かなりエロチック。
この本の中にも「エロチック街道」なんていうのがあるんですが、そっち系は私にはちっとも面白くないのです。男性はドキドキして面白いんでしょうか。きっとそうなんですね。

面白いのは子供が主人公のもの。
「北極王」。実に良いです。なんなんでしょうこのしみじみ感。
そして「家」。とても良いです。ゲドとか出てきそうです。
この二編は、普通に(って何が普通なんだかわかりませんが)ファンタジーが好きな人なら気に入るはず。





[PR]

by foggykaoru | 2017-02-25 20:47 | その他のジャンルの本 | Trackback | Comments(0)

リトアニア

すっかりご無沙汰です。

今年の夏の旅行の概略が決まりました。
なんと2バージョン用意してあります。一人旅用と二人旅用。
一人旅だったら、現地バスツアーを活用する旅になる。だからツアーの拠点になるそこそこ大きい町に泊まる。部屋はもちろんシングル。
二人旅だったら、レンタカーで周遊する。だから、車でしか行けない田舎の一軒家のツインに泊まる。
部屋のキャンセル料が発生するのは出発数日前なので安心です。


さて、写真は昨年、リトアニアの「ど」のつく田舎で見つけたSUSHI屋です。

c0025724_09372984.jpg
で、なんと数日前、リトアニア人留学生と話をするという非常にレアな機会がありまして。
「リトアニア旅行をした。行ったのはヴィリニュス、カウナス、シャウレイ・・・」
ここまでは「なるほど」という顔でしたが、
「・・・クライペダとニダ」
には目を丸くしてました。
普通は行かないもんね~ ふゆき、ありがとう!

「ストティス(stotis)=駅」という単語は一生忘れない
なあんて話もして盛り上がりました。
詳細はヴィリニュスのぺージへどうぞ↓
http://tabitora.3.pro.tok2.com/tabinikki/bel_lit_kali_rousse/bel_lit_kal_rousse_day3c.htm






[PR]

by foggykaoru | 2017-02-18 10:02 | メインサイトのボツ写真 | Trackback | Comments(0)