タグ:ドイツ(語) ( 33 ) タグの人気記事

ミツコと七人の子供たち

著者はシュミット村木眞寿美という人。
「ミツコ」とはクーデンホーフ光子。
ハプスブルク家が君臨する落日のオーストリアの貴族に嫁いだ、あの人のことです。

なかなか興味深いです。
外交官クーデンホーフ伯爵の妻となった経緯、オーストリアに渡ってからの生活。
そして、早すぎる(そして謎の残る)夫の死。
さらに、この本の大きなポイントは、タイトルにあるとおり、「7人の子供たち」。
ハプスブルク家の時代が終わり、ナチス・ドイツが入ってくると、彼らの人生は大きく翻弄されます。
伯爵の子女がそんなことに・・・

「民族自決主義」を唱えたアメリカのウィルソン大統領が、ヨーロッパの実情を全然わかっていなかったということもよくわかります。
要するに、「この線からこっちがなに人、あっちがなに人」ということではなかったのに、線を引っ張ったから、それまではなかった諍いが生まれ、悲劇に至ることもあった、ということです。
旧ユーゴ解体のときもそういうことがあったと聞きます。宗教が異なる人々が平和に暮らしていた村だったのに、一方が一方を排斥する形になってしまった、というような。

ネタばれしたくないので詳しくは書きません。

光子という人は、その当時の日本女性の常として、「学」はなかった。
でも、決しておバカだったわけではなく、けっこう学習能力は高かったようです。
でも学習意欲は夫の死とともについえてしまう。
一方、彼女の子供たちは、インテリだった父親の血を引いているし、学問をする環境に恵まれていたから、深く思索する力もあった。
でも彼女には、そこまでの能力は無かった。
母子の関係はぎくしゃくせざるを得なかった。

というわけで、晩年はあまり幸せではなかった。

彼女の息子が「パン・ヨーロッパ」を提唱し、それがずっとあとになって欧州連合という実を結んだ、と言われますが、英国がEU離脱を決めた今、この本を読んで、愁いみたいなものを感じてしまいました。



[PR]

by foggykaoru | 2017-01-20 20:16 | 伝記・評伝 | Trackback | Comments(0)

戦場のコックたち

作者は深緑野分という人。すごい名前だ。

友人から「翻訳ものをたくさん読んでいる人にお薦め」と言われて読んだ。

ありがとう友よ。
私はたいそう気に入りました。

久しぶりに読みごたえのある小説を読みました。
ここんとこ、ピンとくる本にあまり出会えず、欲求不満を覚えていましたが、この本は堪能しました。90点!

舞台は第二次世界大戦末期。
アメリカ人の若者が、生きるために軍隊に志願し、コック兵となる。
頼りになる先輩や同輩、頼りにならない先輩や同輩たちとともに、D-day、つまりノルマンディー上陸作戦に参加、その後も戦いの日々を送る。

軍隊を舞台としているけれど、ミステリー風味もある。
だから、2016年度の「このミステリーがすごい!」国内編で第二位になってます。
でも、ミステリーだと思って読むと物足りないかもしれない。いや、物足りないにきまってる!
だから、そんなランキングに登場してしまったのは、この作品にとって不幸なことだったかもしれない。
あくまでも「ミステリー風味の小説」なのです。

そんなことより
この小説の最大の特色は、日本の小説離れしている・・・まるで翻訳小説を読んでいるみたいであること。
でも翻訳じゃないから、翻訳調の日本語ではないのです。
つまり、下手な翻訳ものにありがちな、不自然な日本語は無い・・・とは言えない。
というのは、作者があえて翻訳調にしているところがあるのです。
たとえば、主人公はしばしば周囲から軽く見られて「キッド」と呼ばれる。kidです。
もしもこれが翻訳小説で、「キッド」と訳されていたら、私は相当イラっとくることでしょう。
をいをい、もっと工夫しろよ!「坊主」とかなんとか訳せないのか? と毒づくことでしょう。

さらに、舞台がヨーロッパ、というところも、私には直球ど真ん中でした。

たくさんの資料をもとにして書き上げられた作品です。
世界史の授業では、ノルマンディー上陸大作戦後、連合軍(というよりアメリカ軍)は、大量の物資を後ろ盾として、怒涛の勢いでドイツ軍を蹴散らしていった、というイメージだったのですが、実際の戦場ではそんな楽勝だったわけではなく、血みどろの戦いだったということをしみじみ感じました。
兵士たちは若い命をどんどん散らしていくのです。アメリカ人も、ドイツ人も。

ところで
思わぬところでトールキンの名前が出てきてびっくり。
この作者は指輪物語のファンに違いない。
・・・だからこんなに長い小説を書いたに違いない!(笑)




[PR]

by foggykaoru | 2016-11-16 20:49 | 普通の小説 | Trackback | Comments(0)

オリンピア ナチスの森で

沢木耕太郎著。図書館で借りた。
映画「帰ってきたヒトラー」を観る前に読み始め、観てから読み終わった。
この本が映画を観るきっかけだったのかもしれない(よく覚えてないけど)

ベルリンオリンピックの記録映画の監督であるレニ・リーフェンシュタールのインタビューに始まる。
彼女の話がメインかと思っていたら、そのインタビューは冒頭と最後のみだったので、若干期待外れ。
もっとも、外国の人の人生をたどるには、その言語に通じていないと無理なんだろうな。

中心はオリンピックに参加した日本人選手たちの物語である。
これはこれで興味深い。

走るのが得意だった若者が、周囲に勧められて上級の学校に進む。
それが京都大学だったり早稲田だったり、いわゆる名門。

その昔観た「炎のランナー」を思い出した。
あれはイギリスの選手の話だけれど、やっぱり名門大学の学生。
まだ国家をあげての選手育成態勢はできていなかったけれど、「学校」の存在が大きい。
新興国の日本が欧米に伍して陸上や水泳で活躍できたのは、たぶん学校教育制度がすみやかに整ったということが大きいのでは。

体操の選手など、自分が参加する競技がどういうものなのか、観たことがなくて、わからないまま参加したのだそうだ。
今だったら考えられない。

世界は広かったんだなあ。
[PR]

by foggykaoru | 2016-07-06 20:45 | ルポ・ノンフィクション | Trackback | Comments(0)

帰ってきたヒトラー

久しぶりの映画です。
気晴らしに軽いものを、、と思ったのです。

が、、、

21世紀のドイツ。
突然ヒトラーを名乗るヒトラーそっくりの人物が現れる。
周囲はコメディアンとして面白がる。
まずはネットで人気沸騰。そしてさらに・・・

ヒトラー演じる役者は「たぶん」とても上手なのでしょう。
「たぶん」というのは、記録映像で演説をぶつヒトラーをちらりと見たことがあるだけの私には、よくわからないから。
「たぶん」ドイツ人にとって、彼の演技は捧腹絶倒ものの面白さなのでは。

映画自体も面白い。
でも、とーっても怖いのです。
移民排斥運動が盛り上がり、英国がEUを離脱するとかいう昨今、この映画はシャレにならない。

気晴らしするつもりだったのに、マジにブルーがかかった気分になってしまいましたよ。


この映画の公式サイトはこちら
[PR]

by foggykaoru | 2016-07-01 21:05 | 観もの・聞きもの | Trackback | Comments(0)

残酷な王と悲しみの王妃

中野京子の「肖像画を見ながら歴史を語りましょう」エッセイ。

今までに読んだ彼女の著作(特に「名画で読み解く~12の物語」)とかぶるところが多いのだけれど、丸かぶりというわけではない。書き分けがうまい。

たとえば、スペイン・ハプスブルク家のマルガリータ・テレサ。
幼い頃の彼女を描いた「ラス・メニーナス」がこの本でも再び紹介されているのだけれど、他の著作ではあまり触れられていなかった、結婚後の彼女の暮らしぶりも書かれている。

あと、アン・ブーリン。
王妃という地位に固執した欲の深い女性かと思っていたけれど、そうじゃないのかも・・・むしろヘンリー8世に気に入られたのが運の尽きで、彼女は必死になって自分を守ろうとしたということだったのかも・・・という視点が新鮮だった。

今の英国王室の祖先であるハノーファー公って、嫌な奴だったのね~

メアリー・スチュアートに関しては、目新しいことはなかったけど、面白かった。

要するに、私は西洋の王侯貴族のお話が大好きだ、ということなのでありましょう(苦笑)

この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2015-10-28 20:23 | 西洋史関連 | Trackback | Comments(0)

自由人は楽しい

副題は「モーツアルトからケストナーまで」

池内紀の本。
この人の本は間違いないと思って古本屋で購入。
NHKのラジオ番組でしゃべったこと(なんと台本無しで!)を本にまとめたとあって、とても読みやすい。

ドイツ・オーストリアの18世紀から19世紀にかけての有名人---モーツアルト、ゲーテ、ロートシルト、グリム兄弟、シュリーマン、トーマス・マン、ヘルマン・ヘッセ、ケストナー---の人生と人となりを語っている。
一番面白かったのはロートシルトかも。ロスチャイルドのことです。知らないことばかりだったし。
いまひとつだったのは最後の2人。特にケストナーはどうってことなかった。たぶん、(私にとって)新しい情報があまりなかったからでしょう。
あとは程度の差はあるけれど、けっこう面白かった。
でも全部忘れてます(涙)

ユーズドでしか入手できません。
[PR]

by foggykaoru | 2014-12-06 19:52 | 伝記・評伝 | Trackback | Comments(0)

聖なる酔っぱらいの伝説

ヨーゼフ・ロートの短編集、、、とか言って、この人のことは何も知りませんでした。古本屋で見つけて、持ち運びに便利な薄さと軽さで、翻訳が池内紀だったから買ったまでのこと。
私が買った白水Uブックスは、ユーズドでしか入手できません。
岩波文庫版なら在庫あり。

解説によると、著者は現在のウクライナにある東ガリシアというところの出身で、ドイツ系ユダヤ人。流転の末、パリで亡くなったのだとか。

ウクライナと言えば、今、大騒ぎしてます。
一時はリヴィウを中心とする地域が独立するとまで言い出したそうで。

忘れもしないリヴィウ。
でもこの名前を聞いてピンとくる日本人、何人いるんでしょうか。
チェルノブイリの管理はどうなるんでしょうか。あの原発、ウクライナにあるんです・・・。

私のウクライナ旅行記、よろしかったらお読みください。こちらです。

メインサイトの宣伝はここまで(笑)

ウクライナの東部はハプスブルク家の支配下にあったのです。
その中心地だったリヴィウ。
実にオーストリアっぽい町でした。。。

ということを知らなくても楽しめる小説ですが、知っていたおかげで興が乗ったことは否めません。
特に最後の「皇帝の胸像」という作品は。

とにかく渋いです。
しみじみしたい人にはいいでしょう。

映画化されたそうで。ちょっと観てみたい気がします。
でもDVDも新品では入手できず。ユーズドもすごい値段。「知る人ぞ知る」名画なんでしょうね。
[PR]

by foggykaoru | 2014-02-26 21:05 | 普通の小説 | Trackback | Comments(2)

ドイツ道具の旅

副題は『道具が語りかけるドイツ再発見の旅』
著者は佐貫亦男という人。
宇宙工学の権威である著者が、ドイツを旅しながら目にした数々の道具の構造やらデザインやらを、徹底的に調べあげていく。
たとえば、列車内のゴミ箱とか。清掃するときはどうするのだろう?と、はずしてみちゃったりする。

というわけで、そのオタッキーな方向性は好きです。舌を巻きます。妹尾河童の「河童が覗いた」シリーズに非常に近いものがあり、なかなか面白い

・・・はずだったのですが。

妹尾氏の本とは違い、添えられているのが写真のみで、図が無い。
しかも私が古本屋で買ったこの本は文庫版。写真がちっちゃい。よく見えない。
文章だけではよくわかりましぇん(涙)
私はそういうことが書かれた文章をじっくり読んで頭の中に図示するのが苦手なのです。苦手というより面倒臭くて理解しようという努力をしない。読みとばすのみ。

というわけで、ほんとうに「残念」な本だったのでした。



この本はユーズドでしか入手できないようです。
[PR]

by foggykaoru | 2013-04-14 08:23 | ルポ・ノンフィクション | Trackback | Comments(6)

ウィーン 最後のワルツ

著者はユダヤ人家庭に生まれ、ナチスの侵攻とともに英国に亡命し、名前もゲオルグ・クラールからジョージ・クレアに変えたという人。
彼の曽祖父の成功に始まり、ホロコーストの悲劇に終わる家族の年代記。

ウィーンに住み、オーストリア化したユダヤ人の暮らしぶり。
すっかりなじんでいるようでも、なにかと差別される。たとえば出世とか。
それはそれとして、その生活に満足し安定していた家庭が音をたてて崩れていく。

ナチス化したウィーンがすっかり反ユダヤの空気になってしまったのに、同時期のベルリンでは何事もなかったかのような雰囲気だった、というのが興味深い。
本家本元よりも、出先のほうが尖鋭的になる、ということはよくあるものだ。

良い本です。
でもとても地味です。読みにくくはないけれど、淡々とした筆致。そして厚い。
古本屋で何の気無しに買ったはいいものの、なかなか読めず、半年くらいほうってありました。
英米独では大ベストセラーになったそうですが、日本の熱帯雨林にはレビューが1つもありません。日本人には身近な話ではないから大して売れなかったのでしょう。もちろん絶版です。ユーズドなら入手可能ですが、私に会うチャンスのある方にはお貸しします。


カテゴリーは「西洋史関連」「普通の小説」にもあてはまるのだけれど、「ルポ・ノンフィクション」にします。
タグは「ドイツ(語)」にします。ごめんねオーストリア。
[PR]

by foggykaoru | 2013-01-06 11:16 | ルポ・ノンフィクション | Trackback | Comments(6)

ピアノマニア

最上の演奏を目指す超一流のピアニストと調律師のコラボ―レションのさまを追う、ドキュメンタリー映画。ドイツ語の映画でナチス関連ではないものを観たのは何(十)年ぶり?

いくらピアニストがすごくても、いくらピアノが良くても、優秀な調律師がいなかったら良い演奏はできない。
彼らの追求する音の微妙なことと言ったら・・・唖然茫然。
かろうじて2台のピアノを弾き比べるところだけは違いがわかったけれど、あとはもう・・・絶句。

雑な耳を持っているために、ついていけないのが残念だった。
でも、なまじ繊細な耳を持っていると、逆に不愉快になることが往々にしてあるわけで。
この調律師も言っている。
「下手にCDを聴けない。聴くに耐えなくて消すことになる」と。

凡人のほうが雑な音楽を気楽に楽しめるから得かも。

題名「ピアノマニア」はまさにその内容ずばり。
マニアたちにはついていけなかったけれど、感動しました。
ラン・ランの超絶技巧もちらっと出てきます。あのワザも人間じゃないよ・・・

ウィーンのコンツェルトハウスがおもな舞台。
前回ウィーンに行ったとき、ここはパスしちゃったのですが、もしもまたウィーンに行くことがあったら、行ってみようかな。

シネマート新宿の小さなスクリーンで観ました。
相当早めに行って座席指定をしたのだけれど、正解でした。驚くほど混んでました。そもそも座席が少ない。


この映画の公式サイトはこちら
[PR]

by foggykaoru | 2012-03-03 20:11 | 観もの・聞きもの | Trackback(2) | Comments(6)