タグ:旅心 ( 241 ) タグの人気記事

佐藤康彦著「イスラエル・ウクライナ紀行―東欧ユダヤ人の跡をたずねて」

古本屋でこの書名を見て、「うへっ、渋い」と思った。
「ウクライナ紀行」だけでも十分渋いのに、イスラエルとの合わせ技ときてる。
しかし、ウクライナに行ったことがあり、イスラエルにも行きたくてしょうがない私にとって、この組み合わせはど真ん中のストライク。しかも、この人、ルヴォフにも行っている。ルヴォフというのは今のリヴィウ。私が今までに一番苦労をした、忘れられない町である。これは読まねば。

著者はドイツ文学者で、ヘルツル---私は知らなかったのだが、シオニズムの提唱者らしい---及び東欧におけるユダヤ人社会の歴史の専門家。
だから、行く先々にユダヤ人の知り合いがいるわけで、見知らぬ土地を手探りで行くといった「旅の醍醐味」は期待し過ぎないほうがいいかも。でも、学者以外にこんなテーマの旅を思いつくはずがないので、それは仕方がないというものだ。

特に前半は、イスラエルのシオニズム研究所での日々の記述が中心となっていて、厳密に言うと、この部分は「滞在記」であって「旅行記」とか「紀行」ではない。

それでも、イスラエルという国に興味があれば、けっこう楽しめる。公共交通すらストップするユダヤ教の安息日に、アラブ系のバスで移動したというくだりや、十字軍の時代にその名をとどろかせたヤッファの港の現在の姿などが、私には非常に興味深かった。

c0025724_2265836.jpgそして、研究所通いの日々を終えた著者はウクライナへ向かうのだが、その交通手段がすごい。なんと、イスラエルのハイファとウクライナのオデッサを結ぶ定期船に乗って行くのである。
一般観光客にとっては超マイナーな航路だが、東欧に故郷を持つ人が少なくないイスラエルのユダヤ人御用達なのだとか。ああ、いいなあマニアックで。

オデッサからは、タクシーをチャーターして隣国であるモルドバに入る。
そして、その首都キニショフから鉄道で再びウクライナに戻り、チェルノヴィツェ、リヴィウを経由してポーランドに入り、著者の旅は終わる。

紀行文としての白眉は、頼れる知己が少なかった「オデッサ→キニショフ→チェルノヴィツェ」の部分。文芸作品の翻訳も手がける著者の筆の確かさもあいまって、実に深い味わいがある。「旅っていいなあ」としみじみ思った。特に東欧を旅したことのある人にはたまらないはず。

私はこういう本が好きです。


この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2006-04-11 20:37 | ルポ・ノンフィクション | Trackback | Comments(5)

「ほいほい旅団 上海不思議世界を行く」

c0025724_1251517.jpg昨年秋、「上海に行くぞ!」とエアチケットを手配したものの、無為に日々を過ごし、気が付いたら、12月に入っていました。

慌ててガイドブックを買い、観光名所を調べたりしたのですが、なんか違うなあ、こういうところをせっせと見て廻っても、私は満足しないだろう、、という強い予感がしたのです。
だからと言って、中国の歴史を勉強し直す暇も無いし。せめて魯迅ぐらいは読めよって話はあるが。

とにかく、このままじゃいかん、と書店で見繕って買い求めたのがこれ。

結果は大成功。
この本のお陰で、道が見えてきたのでした。
そう、道です。
今回の旅では、名所は二の次にして、道、通り、路地裏を歩き倒そう!

2002年刊行なので、この本に紹介されたディープな通りのすべてが健在というわけではありませんが、上海行きを考えている方には、まだまだ十分に参考になります。

出色の記事は「外灘で会った日中友好家」でしょうか。
中国人ってスゴイです。。。

この「ほいほい旅団」のライターさんたちと一緒に旅をしたくなりました(^^;

この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2006-01-21 13:08 | その他のジャンルの本 | Trackback | Comments(4)

チェコにて(5)

c0025724_762845.jpgチェコで見つけたなんちゃって指輪ネタ第二弾。

レンバスです!

WETA製作のぶっといやつよりも、よっぽど「らしい」と思いませんか?

これはチェコの温泉町の銘菓「コロナーダ」です。
1枚20円ぐらい。お土産には箱売りのをどうぞ。

私はマリーアンスケー・ラーズニエ(マリーエンバート)にて試食しました。お味のほうは、想像以上でも想像以下でもありません。

この頭は何なんだと思われるかもしれませんが、ホビットの茶色い巻き毛のつもりです。最初はストレートの金髪にしてエルフを気取るつもりだったんだけど、僭越だと思いとどまりました(爆)


*お知らせ*
メインサイトに「チェコ旅行情報」「ケストナー聖地巡礼記」アップいたしました。
[PR]

by foggykaoru | 2005-09-17 09:01 | 指輪物語関連 | Trackback | Comments(14)

チェコにて(4)

c0025724_8413464.jpgチェスケー・ブディエヨヴィツェの謎なホテル。
あの「ホビット」の綴りは「hobbit」
これは「hobit」
こんな単語、チェコ語にあるのでしょうか?

もしかして、オーナーが幽鬼で、「なんちゃって」のつもりで自分のホテルの名前にしたのかしら・・・とか、ついつい妄想してしまいます。

場所は駅から旧市街へ向かうメインストリートに平行した通り。
メインストリートからその通りに向かう道の突き当たりにあるので、メインストリートを歩いていると、自然に目に入ります。

このホテル、ガイドブックの地図にも載っています。
でも、「お薦めホテル」としては紹介されてません。

私の後にチェスケー・ブディエヨヴィツェに行かれる幽鬼さん、調査のほど、宜しくお願いいたします(爆)


*お知らせ*
まともなチェコ個人旅行情報、メインサイトにアップしました。
[PR]

by foggykaoru | 2005-09-11 08:54 | 指輪物語関連 | Trackback | Comments(6)

行ってきます♪

ということで、ちょっくらヨーロッパに行ってきます。
どこにいるかはメインサイトの掲示板で(なるべく)逐一報告する予定です。
ほんとは携帯からブログに記事をアップすればいいところだけれど、ココで旅関係の記事を書くと、ウェブサイトの存在意義が希薄になってしまうので。

あ、洗濯が終わった!  

では行ってきます♪
[PR]

by foggykaoru | 2005-07-29 05:57 | 告知 | Trackback | Comments(2)

アイルランドは再訪したい国です

c0025724_2056887.jpgこのブログ、当初の趣旨からどんどんずれていっている気がします。。。

吉祥寺で見つけた、アイルランド製品の直輸入店です。HPはこちら

ティンホイッスルも売っていたので、思わず買いそうになったのですが、どれを買ったらいいのかわからない・・・。
どうせならいいものを買いたいし。

お薦めのブランド等など、ご存知の方、どうぞ教えてください。

ちなみに、日本におけるティンホイッスルの第一人者・安井敬さんのHPはこちら
[PR]

by foggykaoru | 2005-06-20 20:57 | Trackback | Comments(17)

風海りんね著「アジア恋愛のススメ --- 七転八倒、ビルマの花嫁日記」(ワニ文庫)

タイトルから受ける印象と違って、これは真剣な恋の記録です。

ビルマすなわちミャンマーは、軍事独裁政権国家。国際問題に興味が無い方でも、スーチーさんの軟禁問題はご存知のことと思います。軍事政権の横暴は、スーチーさんのみならず、ミャンマーの一般の人々の日々の生活を圧迫しています。

たとえば、外国人を家に泊めてはいけない。泊めたのがバレたら、刑務所送り。(ミャンマー人だけ。外国人はお咎め無しです)
実を言うと、私はミャンマーで、たまたま知り合った地元の人のお宅に泊まって、心のこもったもてなしを受けたことがあります。相手とその家族に多大な迷惑をかける恐れがあることなど、つゆ知らずに。今までの旅の中で、文句なしに最高の思い出なのですが、このときの体験はHPには公開していません。できないのです。万が一、ミャンマー政府関係者の目に触れたら、親切を仇で返すことになるから。
(詳細を省いた記事はここにアップしてあります。)

この本の著者は、ミャンマー人男性と恋に落ちてしまった。
ところが、軍事政権はミャンマー人と外国人の結婚を認めていない。

いまどきの常識的な国においては、個人の幸福の追求は、可能な限り保護されているものですが、ミャンマーは常識の外にある国なのです。

著者の風海りんねさんとは、以前、オフ会でお目にかかったことがあります。
彼氏との出会いや、日本に帰ってからの苦悩などを、ご自身のHPに、ほとんどリアルタイムにアップなさっていたときのことでした。
その記事が出版社の目にとまり、この本ができたのです。

旅人たちの間に大きな話題を巻き起こしたそのHPも、今はもうありません。
風海さんの幸せを祈りつつ、この本を紹介させていただきました。


この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2005-04-06 21:27 | 過去に読んだお薦め本 | Trackback | Comments(7)

河口慧海著「チベット旅行記」(講談社)

児童文学に話題が偏り過ぎたので、ちょっと気分を変えましょう。

この本の著者は、その名前から想像されるとおり、お坊さんです。
ですが、普通のお坊さんとはちょっとばかり、、、いや、非常に、違います。
語り口こそ、いかにもお坊さんらしく、古めかしくて奥ゆかしいけれど。

仏教を追究するには経典が必要。でも、それはチベットでしか手に入らない。だったらチベットに行こう。でもチベットは鎖国状態だ。だったら密入国してしまおう…なんてことを思いついて、実行してしまうのです。

文句なく面白いので、どなたにもお薦め。講談社学術文庫で全5冊。

私はこれを読んで以来、チベットに行きたくてしかたがありません。

日本人が書いた旅行記の最高峰と言っても過言ではないと思います。

この本の詳しい情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2005-03-24 20:25 | 過去に読んだお薦め本 | Trackback | Comments(4)

アレクサンドラ・リプリー著「スカーレット」(新潮社)

たまには本の話題を出さないと(苦笑)

「あのスカーレットとレットがついに帰ってきた!」と話題になって既に久しい。森瑤子氏が翻訳したということも、当時はかなりの話題になったものだが、マーガレット・ミッチェルの「風と共に去りぬ」とは違って、今やすっかり忘れ去られてしまった。まあ、これは当初からある程度、予想できたことかもしれないけれど。それでも、スカーレットの「明日は明日の風が吹く」という台詞に感涙したことのある人にとって、楽しめる作品ではある。

だが、ここでこの作品をとりあげることにしたのは、小説として優れているということからではないのである。

恋愛小説としては、この程度のレベルのものは、たぶん他にもごまんとあるのではないかと思う。それよりも私にとって、この作品の価値は、アイルランド史を教えてくれたことにあった。そこにスカーレットとレットの恋路がからんでくるのだから、これはかなりオトク感があるというものだ。

オハラ家はアイルランド系移民。その農場「タラ」の名前の由来は、ダブリンにほど近い、非常に有名な地名であり、観光名所になっている。著者リプリーが目をつけたのはその点だった。執筆前、彼女はアイルランド各地に取材旅行をしたに違いない。アイルランドに行ってみて、私はその感を強くした。肝心のタラには行けなかったんだけど(涙)

というわけで、「風と共に…」が好きで、アイルランド旅行の前に手っ取り早く、しかも楽しく歴史を勉強したい人にお薦め。ただし、恐ろしく厚いです。けれど、「風と共に…」が読めた人なら大丈夫。(もちろん)どちらかというと女性向け。
「愛蘭土紀行」と併せて読めば、鬼に金棒!?
[PR]

by foggykaoru | 2005-02-13 09:48 | 過去に読んだお薦め本 | Trackback | Comments(8)

司馬遼太郎著「愛蘭土紀行」(朝日新聞社)

アイルランドに旅行する前に、読みやすい歴史本を1冊は読んでおきたいという人にお薦め。

人気の「街道をゆく」シリーズの中の1冊。
アイルランドの歴史なんて、学校ではこれっぽっちも習いません。だから下手をすると、イギリスとの違いすらよくわかっていなかったりして。
この本を読むと、イギリスと混同したら大変!ということがよくわかります。

日本史よりも世界史(正確には西洋史)が好きで、海外旅行好きの私は、司馬さんがヨーロッパに関する本をもっと書いておいてくれたらよかったのに、、、とつねづね思っています。
[PR]

by foggykaoru | 2005-01-14 21:12 | 過去に読んだお薦め本 | Trackback