タグ:日本の小説・文学 ( 150 ) タグの人気記事

「天使の歩廊--ある建築家をめぐる物語」

中村弦著。今年度の日本ファンタジーノベル大賞受賞作。候補作品の中でダントツだったそうで、即受賞が決定したとか。

その内容は・・・帯に書かれたコピー以上のものは書けません。まさにこのとおり。
天使の幻影に魅入られた造家師と、その優しい奇跡に酔いしれる人たちの華麗な輪舞曲
造家師というのは、今でいうところの建築家。
要するに天才建築家と、彼に家を注文した顧客、そしてその家の物語です、、なんて言い方すると、夢もへったくれもなくなってしまう(苦笑) 私の紹介なんかよりも、実際に作品を読んでみてください。コピーがいかに的確であるかがわかるはず。

建物というのはその中に住む人、あるいは一時的であってもその中に身を置く人に、なんらかの影響を及ぼすものです。

たとえば旅の宿。居心地の良い宿と悪い宿の違い。これはアメニティーが整っているかどうかなどということとは全く次元の異なる問題だと思います。スタッフの心遣いも大きく影響するけれど、それはおいといて。
そこに身を置いたとき、ほっとする空間であるかどうか。
私が今までに泊まった宿の中で、最高に居心地がよかったのは、上海の浦江飯店。あまりにも居心地良くて、うかうかしていると観光に出かけそびれるほどでした。(携帯で撮ったピンボケ写真はこちらのページの下のほうにあります。)
その次に印象に残っているのは、南仏アルルのホテルの、部屋、じゃなくて階段。毎日上り下りするたびに感動してました。(写真はこのページの一番下。)

日本では残念ながらそういう体験をしたことはない(というか、私は日本ではほとんど旅をしないのです)けれど。
あっそうだ、表参道ヒルズにはちょっと感動しました。なだらかなスロープで地下におりていく周回路と吹き抜けに。あそこは屋内で散策が楽しめるという点で、稀有な建物ではないでしょうか。バリアフリーとかいった配慮を優先する人には評判悪いだろうけれど。それに、あの建物はただ散策されるだけではダメなんですよね。買い物しようという気にさせなくてはならない。そういう意味ではあまり成功していない?

話がずんずんそれてしまいました。

この小説は短編集のような体裁で、それが最後にはひとつにまとまります。
短編は二つのタイプに分かれます。
「天才建築家のたどった人生のエピソードに関するもの」と「彼が建てた家に関するもの」に。
私が好きなのは後者です。それぞれ温かい余韻に包まれている。特に「忘れ川」の最後の一文が好きです。

「ファンタジー」という点を重視するなら、建築家自身をあまり登場させないほうがよかったのかもしれない。つまり、彼の人生を謎に包まれたままにするほうがよかったのかも。

でも、もしそういう形だったら、逆に欲求不満を覚えたかもしれない・・・。かもしれないどころか、絶対にそう。

小学生のころ建築家になりたかった私は、住宅がポイントになっている小説では間取り図が無いことを物足りなく思うことがままあるのですが、この小説に関しては、そういう不満はありません。というか、この場合、そんなものがあっては台無しです。

建物が好きな人、ノスタルジックな雰囲気が好きな人に特にお薦め。
歴史好きにも。

この本に関する情報はこちら

著者の中村弦氏に興味のある方はこのページをご覧ください。
[PR]

by foggykaoru | 2008-12-11 21:16 | 普通の小説 | Trackback(1) | Comments(13)

今頃になって「DIVE!!」読みました

先月後半は本を読んでもハズレが多くてちょっとがっくりきていたんですが、今月になってからはアタリ連発。
嬉しいんだけど、感想文をポストするのが間に合わない!

というわけで、今日のポストは森絵都さんの「DIVE!!」です。

読んだ人が口をそろえて「面白い」と言うので、どんなもんなんだろうと思っていたのですが、読んでみたらほんとに面白かった。

若い男の子がスポーツに打ち込む物語というと、「バッテリー」も人気がありますが、こっちのほうがマンガチック。「沖津飛沫(しぶき)」という名前からして。この名前には正直引きましたが、だんだん慣れました・・・と言いたいところなのですが、慣れませんでした(苦笑)

場面が盛り上がったところで「この続きはまた来週」という感じになるところも、まるで連載マンガそっくり。とか内心突っ込みつつもぐんぐん引き込まれ、一気読みしてしまいました。

構成の巧みさと、三人の少年たちの個性。
これがこの小説の最大の魅力なのでしょう。
三者三様、うまく書き分けられているんだなあ。

映画観に行かなかったのをちょっぴり後悔しました。DVD借りようかな。

文庫の上巻のあとがきはあさのあつこ。
下巻のあとがきは佐藤多佳子。
あとがき対決では断然佐藤さんの勝ち。下巻のあとがきのほうが書きやすいかもしれないけれど。

この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2008-12-10 20:02 | 児童書関連 | Trackback | Comments(8)

「西の魔女が死んだ」観ました

レディースデイに行ったら「ただ今立ち見です」
新宿武蔵野館の小ささを見くびっていた(苦笑)
金券ショップでチケットを買って捲土重来を期したのは先週のことでした。

で、今回は6時半に行って整理券をゲットしてから、夕ご飯を食べて時間をつぶし、最終回を観たわけです。

いやー本と同じです。こんなに忠実な映画化というのは珍しいのでは。もとが短い話だからでしょうね。

細かい家事の手順は文章で読んだほうが面白いだろうけれど、森の中の風景など、ビジュアル面は映像のほうが楽しめるだろう・・・という予想どおりでした。
魔女の家がとても素敵なんです。

昔、プリンス・エドワード島のグリーン・ゲイブルスの写真を見て、想像していたほど夢のある家ではなかったのでがっかりしてしまい、それっきり「赤毛のアン」巡礼をする気をなくしたのですが、この魔女の家にはそそられます。清里に作られて、映画のプロモーションの一環として見学可能なのだそうですね。

あと、仕事帰りに観るには、この映画はちょっと渋すぎました。睡魔に襲われてしまいました。つまらないという意味ではありません。仕事帰りに観るにはもっとにぎやかな映画のほうが向いているということです(苦笑)
睡魔と戦いつつ、日本というのは俳句の世界なんだなあ、、、なあんて、しみじみ思ってしいました。
空白や沈黙が大きな比重を占める文化。
イギリス人の魔女こそ登場するけれど、この映画には「インテリ欧米人が期待する日本」が描かれていると思います。

この映画は「日本語が喋れる英語圏のおばあちゃん女優」の存在がないと成り立たないので、サチ・パーカーという、日本で幼少期を過ごした女優がいたからこその企画だったんじゃないかと想像していたのですが、実はそうではなかったのです。武蔵野館のロビーに掲示されていた記事によると、最初この映画の話は彼女の母親であるシャーリー・マックレーンに来たのだそうな。でも彼女が「私は言葉ができないし、貴女のほうが向いている」と娘に回してくれたんだそうです。

なぜ最初、シャーリー・マックレーンに話を持っていたんでしょう?
新たな謎です。
[PR]

by foggykaoru | 2008-07-18 22:02 | 児童書関連 | Trackback | Comments(6)

「しゃべれどもしゃべれども」

「一瞬の風になれ」の佐藤多佳子さんの小説。「一瞬の・・・」の順番がいつになっても廻ってこない(だったら買えよって話もあるが)ので、とりあえずこちらを読んでみた。人間ドックの待ち時間が有効に使えた(笑)

去年、TOKIOの国分太一クン主演の映画の予告編を何回も観てしまい、自由に脳内映像を描くことができなかったのがちょっと残念。でも楽しかった。DVDを観てみようかなという気にもなっている。

この小説は一人称で語られているのだが、「坊ちゃん」を意識したその小気味よい語り口がが最大の魅力だと思う。

「一瞬の・・・」がますます楽しみになってきた。

この本に関する情報はこちら

にほんブログ村 本ブログへ
[PR]

by foggykaoru | 2008-07-11 20:42 | 普通の小説 | Trackback | Comments(8)

「西の魔女が死んだ」 まず読みました

この作品、評判がいいことは以前から知っていました。
つい最近も、知り合いのお嬢さん(中3)から「いちばん好きな小説だ」と聞かされたばかり。映画化されて、映画もまたなかなか好評ということで、まず読んでみることにしました。

「西の魔女」というから、「オズの魔法使い」に関係あるのかと思っていたら、別にそういうわけじゃないんですね。でも「オズ」をちゃんとよく知っていたら「なるほど」というところがあるのでしょうか。

最後はしみじみと感動して、涙が出ました。

私はあまり日本の児童文学には興味がないのです。
前も書いたと思うけれど、児童文学を読むときは「日本の現実から離れたい」という気持ちがあるみたい。もしくは「外国、特に英国の雰囲気に浸りたい」という潜在意識があるのかも。
でも、この作品は日本文学とはいえ、半分は英国児童文学です。だからかえってなじめました。

映画、観に行くかも。

にほんブログ村 本ブログへ

以下はネタバレ注意
[PR]

by foggykaoru | 2008-07-07 20:38 | 児童書関連 | Trackback | Comments(18)

「幸福な食卓」

瀬尾まいこ著。以前読んだ彼女の作品が好印象だったので。

十代の女の子が主人公とあって、さすがに私@オバサンにとっては「我がことのようにびんびん響く」ということはあまりないのだが、、、
次第にのめりこんで、最後には佐和子と一緒に泣いてしまった。
でも、苦い涙ではない。
すがすがしい読後感。

人生にとって、「役割を演じる」というのはどういうことなのだろう?
それに疲れを感じることもあるし、その負担に押しつぶされそうなこともある。
でも、同時に、それは人生の張りでもあり、喜びでもある。
役割の無い人生などあり得ない。


この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2008-04-19 18:12 | 普通の小説 | Trackback | Comments(2)

沢木耕太郎著「深夜特急」

今やすっかり忘れ去られてしまった猿岩石の「香港→ロンドンヒッチハイク」。私はあれを第1回から最終回まで(自分の旅行中以外)全部見た。実は飛行機を使っていたとか大騒ぎになったときには「そんなことは番組をちゃんと見てればわかるじゃん!」と思ったものだ。私はあの企画には、インチキもあったけれど、それに負けないだけのたくさんの真実が含まれていたと評価している。

プロデューサーがあの企画を思いついたきっかけがこの本だと知り、大沢たかお主演のドラマも断片的に見たけれど、ぜひ原作を読んでみたいとずっと思っていた。古本屋で文庫6冊が並んでるのを見て、大枚千円はたいて大人買い(自爆)

別にユーラシア地域の旅情報が得られるわけではない。なにしろ古いし。「そんなこと、常識でしょ!」と言いたくなることさえ、当時の沢木氏は知らなかったんだなあ。でもなにしろまだ若かったんだから。それに一切のガイドブック無しで旅しているんだから、まあしょうがないでしょう。

旅行記はエンターテインメントなのです。
そういう意味で、うーんさすがプロ! と思いました。面白かったです。
この本を読んで同じことをしたくなる若者は少なくないだろう。ある意味、罪作りな本かも。

事情が変わってしまったところも少なくないけれど、下川氏の本に書かれていることと共通していることもたくさん。それを「お国柄」と言うのだろう。

こんな旅、私には絶対にできない。年を食ってしまって手遅れだし、沢木氏の旅には男性にしかできないがたくさんある。連れ込み宿に長期滞在するとかね。なんだかんだ言っても、やっぱり男はトクなのよねえ、と嫉妬を感じる。

旅しても、実際に見聞きできるのは、その土地のごく一部だし、接することができるのもごくわずかの人々だけ。その人々の大多数は観光客相手の商売人。さらに、旅のスタイルによっても体験できることは違ってくる。いくら旅しても、結局たいしたことはわからないのだとは、いつも思っていたが、沢木氏も知人の口を借りて「わからないのだということがわかる」と言っている。盲人が象を触るのと同じ。だから旅は人それぞれ。それをぐーんと広げれば、人生いろいろ♪ ←広げすぎ

沢木氏はパリでは寂しくなかったそうである。
「パリが本当の都会だったせいかもしれない」に同感。
都会は人を孤独にするけれど、寂しくはさせない。(だから孤独になる)


この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2008-03-15 22:30 | ルポ・ノンフィクション | Trackback | Comments(10)

宮尾登美子作「天璋院篤姫」

宮尾登美子の作品、久しぶりです。

今年の大河ドラマだという意識もなく、貸してもらったので、なんとなく読み始めたのですが、面白かったです。特に上巻が。友人の「心理描写が多いこの作品をドラマ化するのはたいへんそうだ」と感想には同感。篤姫の心理描写は、たとえて言うなら「指輪物語」の後半のサムの心理描写のよう。あのあたり、PJの映画ではぜーんぜん描けませんでしたからね。

篤姫が将軍に輿入れしたいきさつとか、いわゆる「女にしておくのはもったいない」女性だったということは、なんとなく知ってましたが、これを読んで、「もしも男だったら」という妄想にとらわれてしまいました。

もしも男だったら、島津斉彬の養子になったかも。
斉彬の死後、周囲はまっぷたつに割れたかも。
でも、たぶん、賢く久光に譲って、久光の片腕としてがんばって、明治新政府でそれなりの地位を得たかも。
維新における薩摩の二大ヒーロー、西郷隆盛と大久保利通は、その後違う道を進むことになり、結果的に大久保は「うまいことやりやがった奴」と(薩摩では)憎まれ、西郷は「我らが西郷どん」として敬愛されるようになったんだけど、もしも篤姫が男だったら、両方を束ねることができたかも?
つまり、西南戦争は起きなかったかも?
(あくまでも妄想ですので突っ込まないでください)

あと、「女三界に家無し」とか、身分制度というのは、自分自身はその中には絶対に身を置きたくないものですが、そういう「しばり」というのは結局モラルだし、美学なのです。これは女性に限らない。「武士のやせ我慢」という表現もあるけれど、昨今、やせ我慢が無さ過ぎるのかも。その根幹は「プライド」なんだろうな。篤姫は知性に裏打ちされたプライドをもって生きたということなのでしょう。彼女にふさわしい形容詞は「素晴らしい」とか「立派」では物足りない。いちばんぴったりくるのは「あっぱれ」なのかも。



大河の公式サイトでキャスティングを見たんですが、主役の宮崎あおいって誰?
家定役の堺雅人はちょっと見てみたいです。

斉彬役が高橋英樹かあ・・・
高橋英樹は確か「翔ぶが如く」で久光役だったような。

まっ、大昔は美貌の側用人・柳沢吉保役だった石坂浩二が、しばらくしたら吉良上野介役になったときみたいな衝撃はありませんが。


この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2008-01-12 10:04 | 日本の歴史 | Trackback | Comments(16)

「精霊の守り人」読みました

この本に関する情報はこちら

先週、ランサム展の準備に行ったついでにナルニア国にて購入。

かねてより友人たちの絶賛の声は聞いていたのですが、日本の児童文学にはあまり食指が動かず、未読のままでした。それが今回、文庫化され、そのあとがきを神宮輝夫氏が書いていると聞くに及んで、ついに観念して(?)読むことにしたのです。

私は上橋さんのことを、「子どもの頃ランサムが大好きだった」という意味において、勝手に同類だと思いこんでいます。さらに、もしも私がもうちょっと後に生まれていたら、つまり上橋さんと同じ頃に生まれていたら、ランサム以後日本で刊行された数々の外国児童文学の多くを、きっと同じ頃に読んで、きっと同じように好きになったのではないか、とも思いこんでいます。

読み始めてすぐの印象は「エスニックだな、ゲドに似ている」
そして、都の地理的な説明のあたりは「まるで指輪物語♪」
質素だけれど妙に美味しそうなご飯の描写には「ランサムだわ!」

でも、そんな邪念(!)はすぐに吹っ飛ぶことになりました。
「○○に似ている」「××に影響を受けている」などという代物ではないのです。
これは紛れもなくオリジナルな「上橋ワールド」。

この後は微妙にネタバレです。
[PR]

by foggykaoru | 2007-06-07 20:33 | 児童書関連 | Trackback | Comments(6)

オバサンをノックアウトする映画

せっかくの土曜日だというのに、あくせく過ごしました。
4時過ぎにようやく身体が空き、このまま帰るのももったいないなぁ・・・というわけで、映画でも観ようと思い立ちました。
駅までの道すがら、「ホリデイ」「華麗なる恋の舞台で」「バッテリー」のうち、どれにしようかと悩みに悩んだ末、「バッテリー」にしました。我ながら色気の無い選択だ(苦笑)

ひょっとしたら、今朝キオスクで買った週刊誌に載っていた、原作者あさのあつこ氏の抱腹絶倒インタビュー記事に影響されたのかもしれません。
野球に興味を持って、初めて少年野球や高校野球を観に行ったあさの先生、「ウヘウヘ、おばちゃん、来てよかったよ。この若い(男の)子で稼がせてもらおうかな」と思ったんだそうな。


原作「バッテリー」はよくできた作品だと思いますが、私はさほどハマることなく、全6巻のうち3巻まで読んでやめてしまいました。主要登場人物の設定程度しか覚えていなかったのが、却ってよかったのかもしれません。「原作のあのシーンが無い」とか「好きなシーンが改変されている」とかいうことに気をもむことなく、おおらかな気分で映画を楽しみました。

そしてつくづく感じたのは文字媒体である小説と、映像媒体である映画の違いです。

原作の巧は、その強烈なキャラで読者を圧倒するのですが、映画の巧は、ビジュアルの魅力でオバサンをノックアウトしました。
もちろん剛も青波も素晴らしかったんだけど、なんてったって巧です。

ウヘウヘ、おばちゃん、観に来てよかったよ(爆)

この映画、子どもたちだけに見せておくのはもったいないです。

世のオバサンたちよ、今すぐ映画館に走るべし!



・・・この映画、5年ぐらいしたら、アメリカ人がリメイクするんじゃないかしら。賭けてもいいです、1000円ぐらいなら(^^;
[PR]

by foggykaoru | 2007-04-07 22:22 | 児童書関連 | Trackback | Comments(7)