タグ:日本の小説・文学 ( 140 ) タグの人気記事

THE S.O.U.P.

川端裕人作。「夏のロケット」で勢いづいてネットでユーズド購入。

サイバーテロの物語。
事件があって、その謎を解いていく、という筋書からすると、推理小説のカテゴリーに入れられないこともない。

2001年に刊行された当時は「近未来」だったはず。
文庫の解説に「今は古くなったことが少なくない」みたいなことが書かれているけれど、私にはどこが古いかわからないし、わからなくても全然大丈夫。というか、わからないほうが「こんなの古い!」とダメ出ししなくて済むから楽しめるかもしれない。

「夏のロケット」の爽やかさはない。
だって登場人物の多くがネットやPCに憑りつかれた人々。寝食を忘れてそのままじゃ死んじゃうよと言いたくなる人がたくさん。実際死んでるし。

でも、このブログを読んでくださっている方々に私が伝えたいのはそんなことじゃない。

主人公は「伝説のRPG」の開発者です。

で、それ自体はどうでもいい(苦笑)んだけど、
なんとそのRPGが

「指輪物語」と「ゲド戦記」を下敷きにしている
それどころか
その2作品に最大の敬意を払って作られている

ということ。

作者の川端さんは、ランサマイトじゃないけれど、ランサム・サガもちゃんと知っている人だけあって、子供時代に(ランサムよりもメジャーな)この2作品を愛読したのでしょう。

というわけで、この2作品のファンの方には嬉しい小説です。
そうでなくても楽しめます。

それにつけても「指輪」と「ゲド」は2大ファンタジーなんだなとしみじみ思う今日この頃。

この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2014-10-26 11:52 | 指輪物語関連 | Trackback | Comments(0)

夏のロケット

「川の名前」を書いた川端裕人のデビュー作なのだそうだ。

高校時代のちょいとオタッキーな仲間たちのその後、というお話。
たいへん面白い。
ここんとこハズレばかりで意気消沈していたのだけれど、ようやく面白い本に出会えた。

そして、
「川の名前」のときも感じたけれど、川端さんの小説はランサム的です。
子供のときに初めて「ツバメ号の伝書バト」を読んだときの気分がよみがえりました。
ランサム・サガの子供たちが、大人になってからもう一度金鉱探しに挑戦しているみたいな感じ。

それだけじゃありません。

私は「伝書バト」、好きは好きなんだけれど、ベストではない。
あの作品は理系のことが多くて、面倒くさくてたまらない。
だから子供のとき、いつも読み飛ばしていたのです。
今回、ロケット造りの理論的な話をばんばん読み飛ばしているときに、「この懐かしい感じは何? そうだ、伝書バトを読んだときと同じなんだ!」と思い当たったのです(苦笑)

だから、「伝書バト」が得意な人はぜひ。

サントリーミステリー大賞の優秀作品賞受賞作だというけれど、これがミステリーなのかな? こんなに面白いのだから、違う賞だったら大賞をとれていたかも? だからってどんな賞がふさわしいのかもわからないけれど。直木賞とも違う。ファンタジーというのとも違う。

川端さんがいまいちメジャーでない(そこんとこもランサムに似ている(苦笑))のは、既存のジャンルと微妙にずれていて、損してるということなのかな? 


この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2014-10-05 20:43 | 普通の小説 | Trackback | Comments(4)

メリーゴーランド

荻原浩の小説。
前に読んだ「神様さまからひと言」がけっこう楽しかったから、疲れた頭にいいかなと思って読んだのだが・・・思いがけず辛口なお話で、ストレス解消にはぜんぜん不向きでした。
熱帯雨林のレビューは「神様~」以上に好評です。
どーやら私が疲れすぎていたらしい。。。
有川浩の「県庁おもてなし課」を思い出してしまった。
「お役所仕事」が辛辣に語られているという点で共通してるので。
「ドラマ向き」という点でも共通してるかも。
[PR]

by foggykaoru | 2014-10-04 21:42 | 普通の小説 | Trackback | Comments(2)

最後の将軍

司馬遼太郎作。

徳川慶喜は幕末ものの大河ドラマに必ず登場するので、ドラマレベルのことは知っていた。
歴代将軍の中でトップを争うぐらい頭が良かったとか、ここぞというときに逃げちゃったのだとか。
でも、江戸が火の海にならずに済み、日本に外国の軍隊が入って植民地にならなかったのは、彼のお蔭だったかも、、とか。

それらをおさらいした感じで、新味はなかった。
でも、この人についていった人は災難だったなあとしみじみ思った。
まず、重臣は次から次へと非業の死を遂げる。
慶喜が変な行動をするのはみんな奸臣のせいだ、と思いこまれて。
彼ら自身だって慶喜の考え方にはついていけなかったのに。
そして会津。どう考えても可哀想。
お殿様はいい気なものです。

この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2014-09-03 19:17 | 日本の歴史 | Trackback | Comments(0)

獣の奏者Ⅰ~Ⅳ

国際アンデルセン賞を受賞した上橋菜穂子さんの作品。
上橋さんは子供時代の愛読書を問われると、必ずランサムを挙げてくれる良い人です(^^;

読み始めてすぐ、ル=グインの「西のはての年代記」を思い出した。

ⅠとⅡを一気に読み、おおさすが!と感動し、ここで一応終わるからやめようかなと一瞬思ったけれど、思い切ってⅢとⅣまで読んだ。
Ⅱまでのほうが広がりがある。のびやかな感じ。
Ⅲから後は集約していく感じ。
Ⅳは「完結編」。ほんとに完結してしまう。

ああ・・・ ああ・・・

面白かったけれど、読み返す気分にはならない。

Ⅴは外伝。読もうかな、どうしようかな。

上橋さんは子供の本を書いているつもりはないそうなので、カテゴリーは「児童書関連」ではなく、「普通の小説」にしておきます。「普通」なのかな。まあいいや。

「Ⅰ 闘蛇編」に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2014-08-27 22:06 | 普通の小説 | Trackback | Comments(11)

海へ

実は旅行に行って帰ってきたところです。
今回はとても暇な旅だったので、短かったわりに本を読めました。その中の1冊。南木佳士作。ユーズドでしか入手できません。

例によって、作者自身とおぼしき医師が主人公。
病を得た彼がリハビリの一環として海に行く。そこでのちょっとした出会い。
例によって、読ませるのです。
登場人物の一人が言っているとおり、この人の小説はわかりやすい。病気の人にとっては救いになるのだろうなと。
同行者(今回は2人旅)も「面白かった」と言ってました。




実は、サリンジャーの「ナイン・ストーリーズ」も持っていったのですが、あれは強烈な睡眠導入剤としては役立ったけれど、暇つぶしにはなりませんでした。9つのうち2つ読んだだけでギブアップ。
[PR]

by foggykaoru | 2014-08-11 22:13 | 普通の小説 | Trackback | Comments(2)

オリガ・モリソヴナの反語法

熱帯雨林のレビューが好評だったから読んだ。
というわけで、この本に関する情報はこちら


米原万理さんが初めて書いた長編小説、なのだそうだ。
他に長編書いてるの?という疑問はさておき、大変面白かった。
世界広しといえども、この本を書けるのは彼女だけ。大げさかな。少なくとも、日本でこういう本を書ける人は彼女以外にありえない。

解説はロシア文学者の亀山郁夫。
調べてみたら、彼と米原さんは東京外語大の同窓ですね。1歳しか違わないし、もしかしたら同級生?
だからというわけじゃないと思うけれど、絶賛してます。
「翻訳するべき」と。ロシア語に、ということですよね。
旧ソ連の負の歴史(どうもあの国は「負」のイメージばかり強いけど)を、外国人が描き切った小説、というところがすごいのだと思います。

慣れない長編ということでしょうか、最後は走りに走ってゴールテープを切ったような印象。

最近読んだ米原さんのエッセイで、「幼少時にロシア語に浸り、日本語でまとまった文章を書くようになったのはその後なので、自分の日本語は自然ではない」というようなことを読んだが、なんとなくわかる気がしました。
不自然というわけではないけれど、外国語でものを考えることに慣れた人の文章だという感じがするんです。それがマイナスに作用しているわけではなくて、むしろわかりやすい文章なのだけれど。
だから、普通の日本の小説っぽくなくて、読み応えのある外国文学」の趣あり。

長い本を読みたい人にお薦めします。

ただ、亀山氏も言ってるけど、この本、タイトルがあまりよくない。
覚えられません。
たった今、この感想文を書こうとしたんだけど、手元に本が見当たらなかったので、「オリガ 反語法」で検索して確認しなくちゃなりませんでした。私の脳細胞が死にかけてるせいなんだけど(自爆)
[PR]

by foggykaoru | 2014-03-30 09:45 | 普通の小説 | Trackback | Comments(0)

旅猫レポート

有川浩。

最初の20ページくらいまでは今ひとつだったのです。
「猫好きじゃないと入り込めないのかも」とか思いました。
でも、そのあとは一気でした。

まともな小説です。お勧めです。
うーん有川浩はねえ・・・『図書館戦争』にはついていけなかったし、『三匹のおっさん』はまるきりマンガだったわね、『植物図鑑』みたいなベタ甘もちょっと・・・という人も大丈夫。保証します。

万が一、ダメでも責任は取りませんが。

ただし、電車の中とか喫茶店で読むのはやめましょう。
私は半分ぐらいまで読んだところで、「これはやばいかも」と予感し、残りは自宅で読みました。正解でした。

この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2013-11-19 20:19 | 普通の小説 | Trackback | Comments(3)

新橋烏森口青春篇

椎名誠の自伝的小説。
業界紙の編集者としてのらくら働くシーナくんの日々。

PCがある今、業界紙の仕事というのはどう変化したのかなあなどと思いつつ、まあけっこう楽しく読んだのですが、今になって熱帯雨林のレビューを見てみたら、絶賛の嵐なので驚いた。
確かに面白かったけれど、傑作とは思わなかったんですけど。

もしかしたら男性のほうが楽しめるのかもしれない。

残念ながらユーズドでしか入手できません。
私と会う機会のある殿方、お読みになりたかったら差し上げます。
[PR]

by foggykaoru | 2013-10-30 22:22 | 普通の小説 | Trackback | Comments(4)

神様からひと言

この本の著者である荻原浩という人は高野本で知りました。
高野さんのどの本だったかは忘れましたが、解説の文章が気に入って名前を覚えたのです。近年とみに物忘れが激しくなっている私が。これはすごいことです。
作家のみなさん、他の作家の解説の仕事がきたら、まじめに取り組みましょう。

主人公は若いサラリーマン。
甘いんだなこれが。ちょっとあんた世の中なめてんじゃないの的な雰囲気を濃厚に漂わせていて、しかも、思ったことをすぐ口にする悪癖がある。結果、あそこに行ったらおしまいだという姨捨山みたいな部署に飛ばされてしまい・・・

とても面白いです。
同じサラリーマンものでも、池井戸潤とはかなり違う。
こっちはユーモア満点。私はこちらのほうが好き。
でも、池井戸亮よりも忘れやすい。なにしろ読んだとたん忘れてしまいました。

ていうか、読んだということすら、忘れていた(苦笑)


楽しい本を読みたい人にお勧めします。


この本に関する情報はこちら
[PR]

by foggykaoru | 2013-10-22 19:52 | 普通の小説 | Trackback | Comments(2)