タグ:東欧 ( 62 ) タグの人気記事

オリガ・モリソヴナの反語法

熱帯雨林のレビューが好評だったから読んだ。
というわけで、この本に関する情報はこちら


米原万理さんが初めて書いた長編小説、なのだそうだ。
他に長編書いてるの?という疑問はさておき、大変面白かった。
世界広しといえども、この本を書けるのは彼女だけ。大げさかな。少なくとも、日本でこういう本を書ける人は彼女以外にありえない。

解説はロシア文学者の亀山郁夫。
調べてみたら、彼と米原さんは東京外語大の同窓ですね。1歳しか違わないし、もしかしたら同級生?
だからというわけじゃないと思うけれど、絶賛してます。
「翻訳するべき」と。ロシア語に、ということですよね。
旧ソ連の負の歴史(どうもあの国は「負」のイメージばかり強いけど)を、外国人が描き切った小説、というところがすごいのだと思います。

慣れない長編ということでしょうか、最後は走りに走ってゴールテープを切ったような印象。

最近読んだ米原さんのエッセイで、「幼少時にロシア語に浸り、日本語でまとまった文章を書くようになったのはその後なので、自分の日本語は自然ではない」というようなことを読んだが、なんとなくわかる気がしました。
不自然というわけではないけれど、外国語でものを考えることに慣れた人の文章だという感じがするんです。それがマイナスに作用しているわけではなくて、むしろわかりやすい文章なのだけれど。
だから、普通の日本の小説っぽくなくて、読み応えのある外国文学」の趣あり。

長い本を読みたい人にお薦めします。

ただ、亀山氏も言ってるけど、この本、タイトルがあまりよくない。
覚えられません。
たった今、この感想文を書こうとしたんだけど、手元に本が見当たらなかったので、「オリガ 反語法」で検索して確認しなくちゃなりませんでした。私の脳細胞が死にかけてるせいなんだけど(自爆)
[PR]

by foggykaoru | 2014-03-30 09:45 | 普通の小説 | Trackback | Comments(0)

心臓に毛が生えている理由

米原万理著。
あちこちに掲載されたエッセイを集めたもの。
それもかなり短めのエッセイばかりなので、1つ10分足らずで読めてしまう。
毎日、電車の中でちょこちょこ読むのには最適だけれど、家で腰を据えて読むのには向かない。
一つ一つは、文字通り小粒だけれど、そこそこ面白いです。
2006年に単行本で出たものを文庫化したものなので、もはや過去となった話題もある。ネットが人間に及ぼす影響とか、現在を予言しているような部分もあり、古いなりに興味深いのだけれど。

いちばんおもしろかったのは、巻末の池内紀氏との対談かも。
[PR]

by foggykaoru | 2014-03-16 09:36 | エッセイ | Trackback | Comments(0)

聖なる酔っぱらいの伝説

ヨーゼフ・ロートの短編集、、、とか言って、この人のことは何も知りませんでした。古本屋で見つけて、持ち運びに便利な薄さと軽さで、翻訳が池内紀だったから買ったまでのこと。
私が買った白水Uブックスは、ユーズドでしか入手できません。
岩波文庫版なら在庫あり。

解説によると、著者は現在のウクライナにある東ガリシアというところの出身で、ドイツ系ユダヤ人。流転の末、パリで亡くなったのだとか。

ウクライナと言えば、今、大騒ぎしてます。
一時はリヴィウを中心とする地域が独立するとまで言い出したそうで。

忘れもしないリヴィウ。
でもこの名前を聞いてピンとくる日本人、何人いるんでしょうか。
チェルノブイリの管理はどうなるんでしょうか。あの原発、ウクライナにあるんです・・・。

私のウクライナ旅行記、よろしかったらお読みください。こちらです。

メインサイトの宣伝はここまで(笑)

ウクライナの東部はハプスブルク家の支配下にあったのです。
その中心地だったリヴィウ。
実にオーストリアっぽい町でした。。。

ということを知らなくても楽しめる小説ですが、知っていたおかげで興が乗ったことは否めません。
特に最後の「皇帝の胸像」という作品は。

とにかく渋いです。
しみじみしたい人にはいいでしょう。

映画化されたそうで。ちょっと観てみたい気がします。
でもDVDも新品では入手できず。ユーズドもすごい値段。「知る人ぞ知る」名画なんでしょうね。
[PR]

by foggykaoru | 2014-02-26 21:05 | 普通の小説 | Trackback | Comments(2)

ドライフラワー

c0025724_2054962.jpg

リュブリャーナの市場の近くにはドライフラワー屋が並んでいました。
うまいこと人間の姿を入れることができた写真のほうをメインサイトにはアップ。
でも、色彩はこちらのほうがきれい。
[PR]

by foggykaoru | 2013-11-21 20:58 | メインサイトのボツ写真 | Trackback | Comments(0)

スウォッチ

ではなくて

c0025724_19503882.jpg

スロウォッチ。

ここはリュブリャーナ。スロベニアの首都。
[PR]

by foggykaoru | 2013-11-15 19:54 | メインサイトのボツ写真 | Trackback | Comments(0)

今になってみると

なぜボツにしたのかわかりません。
リュブリャーナのこの写真。

c0025724_19374254.jpg


観光客相手のレストランが立ち並ぶ通りなので、もろ観光的過ぎると思ったのかな?
それとも日が当たっているところが露出過度だと思ったのかな?
観光客の姿が入ってしまったせいかな?
[PR]

by foggykaoru | 2013-11-14 19:41 | メインサイトのボツ写真 | Trackback | Comments(0)

ナポレオン記念碑

c0025724_22225663.jpg

リュブリャーナにはこんなものがあるんです。ホテルのすぐそばだったので、着いた早々見つけました。近寄っていって名前を確認したときには心底驚きました。

翌日、リュブリャーナ城にある博物館に行き、ナポレオンが、ごく短期間にせよ、ハプスブルク家支配下のスロベニアを解放したため、敬愛されているということを知りました。

フランス国外にある、唯一のナポレオン記念碑なんだそうな。
[PR]

by foggykaoru | 2013-11-12 22:28 | メインサイトのボツ写真 | Trackback | Comments(2)

マンホール工事

c0025724_1275560.jpg

スロベニアの首都リュブリャーナにて。
マンホールの蓋を取り替えるだけではダメらしい。

1年以上かかったスロベニア旅行記、ようやく完結です。
よろしければメインサイトへどうぞ。
[PR]

by foggykaoru | 2013-11-10 12:08 | メインサイトのボツ写真 | Trackback | Comments(0)

海と言えば

c0025724_10362171.jpg

海洋博物館?

スロベニアのピランの海洋博物館の展示物です。
他の(もっとわかりやすい)写真はメインサイトの旅行記「スロベニアひとめぐり」でご覧ください。
[PR]

by foggykaoru | 2012-12-16 10:37 | メインサイトのボツ写真 | Trackback | Comments(0)

アドリア海の夕暮れ

c0025724_20301211.jpg
スロベニアに行って、わざわざアドリア海まで足を延ばす人はめったにいません。
旧ユーゴ諸国の中で、海を楽しむために行くのならクロアチアが定番。
(ちょっとマニアックならモンテネグロのコトル)

写真はスロベニアの数少ない海辺の町コーペルのマリーナ。

「スロベニア旅行記」はメインサイトで連載中です。
[PR]

by foggykaoru | 2012-11-27 20:42 | メインサイトのボツ写真 | Trackback | Comments(0)