タグ:飲食物 ( 53 ) タグの人気記事

その手をにぎりたい

柚木麻子の小説。

時代はバブル期。
主人公の女性は銀座の超一流の寿司屋に通い詰めながら、仕事にまい進する。
そしてバブルは終焉する。

ちょっとほろ苦いところが、今まで読んだ柚木さんの小説とは違う。
で、ちょっとほろ苦いせいか、これは文庫化されていないみたい。(たぶんね。確認したわけじゃない)
で、ちょっとほろ苦いところが、わりと気に入ったのでした。

でも、柚木さんの小説はもういいかな
とも思いました。




[PR]

by foggykaoru | 2017-10-04 23:02 | 普通の小説 | Trackback | Comments(0)

パリ仕込みお料理ノート

石井好子の料理エッセイ。

この人の本は古いので、刊行当時は新鮮だった料理も、今の日本人にとってはもはやおなじみだったりする。

で、今の私にとって新鮮だったのは、食べ物関係よりも、往年のシャンソン歌手の逸話。
「ラ・メール」で有名なシャルル・トレネが、実はとっても嫌な人だったとか・・・。

どうでもいい話ですがね。

しかも、こんな話が通じる人は、あんまりいない。
私の同年代にも古すぎる話。
私は、父が愛聴していたNHK・FMの「午後のシャンソン」(by葦原英了)を、なんとなく聴いていたからこそ、わかるんです。

もしも父が存命だったら、貸してあげたい本でした。






[PR]

by foggykaoru | 2017-08-29 21:11 | エッセイ | Trackback | Comments(0)

まひるの散歩

角田光代のエッセイ。
もともと雑誌「オレンジページ」に連載されていたものだそうで、最初のほうは食べ物関連のネタ。
でも、後半は種が尽きたらしく、普通のエッセイになってしまった。

さすが売れっ子作家だけあって、まあまあ面白かったけど、一つ一つが短すぎ。

再読は無いな。即処分箱行きです。

[PR]

by foggykaoru | 2017-07-20 20:54 | エッセイ | Trackback | Comments(0)

東京の空の下オムレツのにおいは流れる

石井好子著。
「暮らしの手帖」連載時にリアルタイムに読んでいた「巴里の空の下・・・」とは違い、こちらは(たぶん)初読。

柳の下の2匹目のドジョウだし、と思って、あまり期待しないで読んだのだけれど、これはこれで面白かった。

食べ物を美味しそうに書いている点では文句なし。
文章に関しては、前作よりもむしろ練れている。
飲食物エッセイが好きな人にはお薦めです。






[PR]

by foggykaoru | 2016-12-23 08:09 | エッセイ | Trackback | Comments(0)

HITACHINO

メインサイト、更新することができました。

c0025724_18591499.jpg

リトアニアの首都ヴィリニュスのスーパーにて。
HITACHINOという日本メーカーのビールとジンジャーエール。
検索してみたら、常陸野ネストというのは、海外でとても評判のいいビールらしいです。







[PR]

by foggykaoru | 2016-12-11 19:05 | メインサイトのボツ写真 | Trackback | Comments(0)

娘の味

副題は「残るは食欲」
阿川佐和子のエッセイ。
彼女のエッセイはン十年前、実家でちょくちょく読んでいたが、自ら選んで読んだのはこれが初めてかも。

とっても久しぶりに読んだら

・・・達者ですなあ

と感心しました。

もしかしたら、昔よりも文章が上手になった?
それとも、久しぶりだから新鮮に感じた?

石井さんの「巴里の空の下・・・」に続けて飲食物エッセイを読み、両者の違いを強く感じた。
比べると石井さんのほうが私は好きです。
一つ一つの味わいが深い感じがする。
(あくまでも個人的な好みの問題です)

こちらはクロワッサンに連載していたということで、1か月に1本のペースで書かれていたもの。
きっと大変なんだろうなあ
と思いました。
そう思わせてしまうところが、ちょっぴりマイナス。




[PR]

by foggykaoru | 2016-11-26 21:24 | エッセイ | Trackback | Comments(0)

巴里の空の下オムレツのにおいは流れる

石井好子のこのエッセイは、子供の頃、「暮らしの手帖」の連載で読んだもの。
朝ドラ「とと姉ちゃん」はとうの昔に終わったけれど、私の読書生活にはまだ影響を及ぼしているのです。
しみじみ思うのですが、私の小学校時代の2大読書体験は「暮らしの手帖」とランサムだったみたいで。
まあなんと健全、なんとまっとうだったことでしょう(苦笑)

たぶん今から20年ぐらい前、石井好子が「徹子の部屋」に出ていて、この本について「今読むと大したことない」と言っていました。

そりゃそうかもねえ
と思って、今回の「『暮らしの手帖』を懐かしむ読書イベント」でも、この本は後回しになってしまったのですが


いやいや

今読んでも面白い。

もちろん、昔読んだときは、全く知らない料理だった。
だから、新鮮味とか驚きが今よりもはるかに大きかった。
たとえば「ハムとメロン」
昔は食べたことがなかった。それどころか聞いたこともなかった。
今なら生ハムとメロンはよく知った味。
でも、今読んでも面白いことは面白いのです。
それぐらい、文章が上手。

(という話を母にしたら、「彼女は歌手としてよりも、よっぽど物書きとしての才能のほうがあると思う」と言っておりました。)

もっとも、最後のほうは、ネタが尽きた感があって、ちょっと残念なことになってます。

フランス以外の国、たとえばスペインの食糧事情が意外です。
あの国はレストランで食事をするより、バルでつまみを食べるほうがおいしい。
石井さんもレストランではあまり感動しなかったようで。
たまたま立ち寄ったバルで食べたものがよかった・・・という話になるかと思いきや、バルも全然ダメだったようで。

それはたまたま「ハズレ」だったのか?
それとも、当時のスペインがそれほどまでに貧しかったのか?
永遠に解けない謎なのであります。




[PR]

by foggykaoru | 2016-11-22 20:42 | エッセイ | Trackback | Comments(0)

食の地平線

玉村豊男のエッセイ。1988年刊。
今や田舎暮らし&農業メインになってしまい、わざわざ取材して何かを書くということがめったにない玉村氏だが、この本はちょうど軽井沢移住の頃に刊行された
ということで、つまりは真面目に取材して書いた最後の頃のエッセイ。

項目によって面白さに差がある。

個人的にはフランス人に食生活をインタビューした話が面白かった。
フランス人って、年がら年じゅうビフテキ食べてるんですよねー
よく英国人がフランス人を「蛙喰い」と呼び、フランス人が英国人を「ビーフイーター」と言う、ときくけれど、
他人のことなんか言えないじゃん!
あと、ラーメンのことを「支那そば」と言ったのは、ラーメンが関東(東京)から広まったからである、
なぜなら関西からだったら「うどん」となったはず、なぜなら長崎では「皿うどん」ではないか、という話に納得。

それ以外はどうってことなかったかな。

納豆だけでハードカバー1冊書きあげてしまう高野秀行氏とは比べるべくもない。

[PR]

by foggykaoru | 2016-10-14 22:01 | エッセイ | Trackback | Comments(0)

新宿ベルクに行きました

生まれて以来ずっと、新宿は私にとって最も身近な都会。
なのにベルクのあたりはなぜかめったに通らない。

先日、新宿駅をおりたとき、思いついてベルクに行ってみました。

東口改札手前にはおなじみ「ベッ◎ス」
改札を左に出るとまたチェーン系飲食店があり、個人商店にとっては厳しい環境であることを感じさせます。

ベルクはその少し先。

おお、繁盛してるじゃん!
入ってみると、店内のごちゃごちゃ感が「昭和」です。

アンパンとコーヒーを注文。安いね!
おっ、一味違う。

右隣のおじさんが食べてるカレーも美味しそう。
左隣の女性はビールとつまみ。これまた美味しそう。

なんというか、すべての飲食物が「立っている」
生きている。元気です。
そういう意味でも「昭和」です。

ちょくちょく利用する、チェーン系のカフェのものは、すべて半分死んでいるのだと感じました。

これからは、新宿で小腹が空いたときは、なるべくベルクに行こう
と決心した私でした。





[PR]

by foggykaoru | 2016-10-01 08:58 | ちょっとおでかけ | Trackback | Comments(2)

ハルバ

c0025724_2211316.jpg

ちょっくら旅に出てました。
旅先のスーパーで見つけたのがこれ。

正確に言うと、見つけたのは相棒でして。
「ハルバだ!」という喜びの叫びをきいても、何も反応できなかった私。
米原万理さんの「旅行者の朝食」に出ていたのだ、という説明をきいても、ぽかーん。

あの本は読んだけどさ。

あとでこのブログを探したら、感想文の中でしっかりハルバのことを書いてあった(自爆)
こちらです。

本を読んでも霧のように忘れてしまう私です。。。

ハルバはほんのり甘くしたきなこを固めたようなものでした。
旅行中、折りにふれて、塊を崩しながら食べてました。
なかなか美味しかったです。
[PR]

by foggykaoru | 2016-08-16 22:19 | 旅先で買ったもの | Trackback | Comments(2)