人気ブログランキング |

ヤマネコ号との再会

c0025724_20531186.jpg

わたしたちがヤマネコ号と呼ぶAmi号に、1年ぶりに乗ってきました。

c0025724_21332279.jpg船長曰く「絶好のトレーニング日和」とあって、空は晴れ渡っていて、荒れているというわけではないけれど、風も波もけっこう強い。

港を出て間もなく、デッキの上のロープをきちんとまとめようとしたとたん、「うっ」ときました。
これは危ない!
酔い止めを飲みに慌ててキャビンへ向かいます。

デッキに戻ろうとしたとき、船が大きく揺れ、バランスを崩した私は壁におでこをガツン! 
大きなたんこぶをこしらえてしまいました(涙)

このあとは動き回る元気もなく、デッキの最後尾でひたすらおとなしくしていたのですが、強いうねりはやむことがなく、ついには・・・ 隣にはTitmouseさんが座っていらしたのですが、いくらなんでも「この際、苦しみをともにしてくれませんか」と頼みこむわけにはいかないわけでして。 
どうやら他に何人も同類がいたようなのですが、船べりに仲良く並んで・・・という図にはなりませんでした(苦笑)

昼食は沼津漁港で。
評判の「宝石丼」をいただきましたが、船酔いの後遺症でその美味しさを存分に味わえなかったのがかえすがえすも残念です。 

c0025724_21503355.jpg午後は午前中と比べて風も波もぐんとおだやかになり、体調もなんとか復活。ようやくロープを引っ張ったり緩めたりという作業にちょこっと参加することができました。

でもね。
やっぱり帆やロープの名前は覚えておかなくちゃいけないのですよ。
ほんと、役立たずでゴメンナサイ。

役立たずでも、吹き抜ける風や、足元の朗らかな水音だけが聞こえるひとときを楽しませていただきました。
真っ青な空と海、帆と青空のコントラストも目にしみました。
そして雪をいただいたカンチェンジュンガならぬ富士山の息をのむほどの美しさ。沼津の人は、こんなに美しいものを冬の間中ずっと見て過ごすのですね。。。


c0025724_2274551.jpg


写真は上から順に
(大)乗船準備をする船乗りたち
(小)同上。逆方向から。富士山がちらっと見えます。
(小)ピーター・ダックと富士山♪
(小)船尾から船首方向を見たところ。富士山♪
(小)富士山♪
(小)夕暮れの富士山♪
(大)さらばヤマネコ号

by foggykaoru | 2008-12-01 22:04 | ほんとうの生活

<< 「不機嫌なメアリー・ポピンズ」 デュ・モーリア著「レイチェル」 >>