人気ブログランキング |

旅行人No.159(創刊20周年記念号)

c0025724_21143623.jpgおなじみバックパッカー御用達の雑誌。
意外に思われるかもしれないけれど、私はこの雑誌、今までに1冊か2冊しか買ったことがない。こういうところからも、私は自分をバックパッカーとは言ってもしょせんは「えせ」なのだと思っている。

今回迷わず買ったのは創刊20周年だからではなくて、「ルーマニア特集」だから。
サブタイトルは「ヨーロッパ最後の中世」。私はこういうのに弱い。

この国には10年ぐらい前から行ってみたいと思っているのだが、いまだに行けない。

なにしろ公共の交通網がいまひとつ発達していないわりに大きくて、みどころがばらばらに分散している。首都ブカレストから入ってもうまくコースが設定ないし、だからと言ってハンガリーあたりから入ろうとしても、行きたいところをはずさずに終点ブカレストに到達するコースを描きにくい。
急がなくていいのだったら、のろのろと旅情あふれる旅ができるだろう。
ああ、1か月ぐらいあればなあ・・・。

これを読んでますます行きたくなった。

ブカレストにあるチャウシェスクの負の遺産・国民宮殿は今や観光名所になっているそうだ。負の遺産というものは、えてして時がたつと極上の「ネタ」と化すものである。

そして何といっても田舎。
やっぱりこの国は田舎が良さそう。
田舎が田舎であるうちに行かなくちゃと思うのだが、今のルーマニアは物価高騰が激しいようで、ブカレストの安宿なんか、1泊5000~6000円するらしい。南仏あたりと遜色ないではないか。うーん、もっと早く行くべきだったかなあ。


創刊20周年記念の記事のほうだが、これもなかなか面白かった。
「出版社・旅行人ができるまで」では若き日の蔵前仁一編集長の写真が見られる。

そして、全体的な感想は・・・
あれれっ、旅行人ってこんなに大人の雑誌だったの?!
今までなめてました。ごめんなさい。
・・・というかんじ。

読みながら、深く感じ入った点が多々有り。
これを機会に、旅行人関連のライターの本を読んでみようかな。

by foggykaoru | 2009-01-14 21:13 | その他のジャンルの本

<< グワイヒアさんへのお土産 音楽家の社会史--19世紀ヨー... >>