人気ブログランキング |

年をとったらかくありたいものです

ミシェル・サルドゥー・シリーズの続きです。
「恋のやまい」「司祭」の次のお気に入りだったのがこれ。
かなり意訳ですが、雰囲気的には正しいはず。

======================
『老夫婦』

末っ子も無事結婚した
もう子供たちはぼくたちがいなくても幸せにやっていけるわけだ
で、今夜思いついたんだけど
これからはぼくたち自身のことを少しは考えてみないか

ぼくたちは十分愛し合ってきた
でもぼくたち自身のことを本当に考える暇はなかった
で 思いついたんだ
2人で年甲斐もなく浮かれてでかけてみないか

ホテルに滞在しよう
ベッドでコーヒーを飲もう
南仏の小さいホテルがいいな
今夜思いついたんだよ

ぼくたちは今まで一生懸命働いてきた
辛くてもうだめかと思うこともあった
今こそぼくたち2人
幸せになることを考えてみないか

君はぼくにかわいい子供たちを与えてくれたんだし
休みをとる権利がある
で、思いついたんだ
ぼくも子供たちのように旅行をしてみたいな

でもそんなに遠くには行けない
それにほんの数日だけだ
ぼくの手をしっかり握ってくれたら
昔のように君に愛の言葉を贈ろう
今夜思いついたんだ

一緒に幸せな日々を送ろう
最後の日までぼくには君しか見えない
時がぼくたちを年老いさせてしまった
けれど そんなことでぼくの心は変わらない
そんなことでは
===================

年をとってもラブラブ全開なところが、さすがフランス男!
長年連れ添った夫からこんなことを言われたら、最高に素敵でしょうね。

日本人であっても、亭主持ちのみなさんにはとりあえず可能性はあるわけです。
楽しみですね!


この曲を聞きたい(サルドゥーを見たい)方はこちら

by foggykaoru | 2009-05-25 22:06

<< 相手は冬将軍? 年老いた英国女性 >>