人気ブログランキング |

英米児童文学のベストセラー40

c0025724_22474183.jpg副題は「心に残る名作」
成瀬俊一編著。
19人の児童文学研究者や翻訳者がそれぞれ、2つないし3つの作品を紹介している。
1作品あたり、写真を含めて4ページしかないので、それほど深いことは書いていない。悪く言えば「とおりいっぺん」。でも、普通の人にはこのぐらいがちょうどいいのかもしれない。私は普通じゃないから(自爆)

今年の6月に出たばかり。
めったに新刊を買わない私がなぜ買ってしまったのか。
ここまで言えば、このブログをいつもご覧になっている方には想像がつくはず。

本を開くと紹介されている40作品の表紙のカラー写真がずらりと並んでいます。
その中でひときわ地味なためかえって悪目立ちしているのが、そう、我が愛する「ツバメ号とアマゾン号」なのです。
紹介者は小野俊太郎という成蹊大学の先生でして、この人が相当のランサム好き。読めばわかります。「とおりいっぺん」の紹介文ではないのですよ。だからつい買っちゃったんです。
どこがどう、ということは、ここでは差し控えます。
ARC会員の方は(忘れなかったら)9月のお茶会(8月はルイス島に行ってるので行けません)に持っていくので、ご自分の目で確かめてください。

40作品の中には日本人しか知らない「フランダースの犬」があったりするので、日本の一般人対象の本であって、決して児童文学のマニア向けの本ではないことがわかります。
もちろん「ハリポタ」もあり。井辻朱美さんが当たり障りのないことを書いてます。

作品紹介ばかりではなく、いくつかのコラムもあります。
その中のひとつ、「イギリス児童文学と食べ物」というコラムに、ランサム・サガの言及がないのが非常に残念。ターキッシュ・ディライトにふれていることには全然文句無いんだけれど。

この本に関する情報はこちら

by foggykaoru | 2009-07-21 22:44 | 児童書関連

<< 日本語が亡びるとき--英語の世... 旅ときどき沈没 >>