人気ブログランキング |

英仏百年戦争

佐藤賢一著。

「カペー王朝」のほうが面白かったかな。

いちばん興味深かったのは、なんと「序」。
イギリス人はこの戦争に負けたとは思っていないらしい。
それはシェークスピアが、ヘンリー5世を最高の名君として描いているからなんですって。
彼の史劇としては「リチャード3世」しか知らない私は、「へえそうなんですか」状態なのですが。
ヘンリー5世の息子であるヘンリー6世は、生後9カ月で王位を継ぎ、生後11カ月でフランス国王をも兼務することを宣言したそうです。
宣言って・・・「ばぶー」しか言えないだろうに。というのは単なる上げ足取り。
イギリス人としては、ここで勝利した気分になる。
その後、ジャンヌ・ダルクが登場し、フランスが猛然と巻き返すことになるんだけど、そのあたりは「せっかく勝利したのに、薔薇戦争のせいで台無しになっちゃった」と片づける。
これを「シェークスピア症候群」と呼ぶ。

でもそれが間違っているとは言えない。
というのは、この長い小競り合いを「百年戦争」と呼ぶようになったのは、ごく最近、20世紀になってからのことだから。当時はそんな名称はなかった。
はあ、なるほど、そりゃそうだね。
ちなみに「薔薇戦争」の名付け親は19世紀のウォルター・スコットだそうだ。

佐藤氏がくどいほど繰り返しているのは、「英仏が戦ってフランスが勝ち、イギリスが負けた」のではないということ。
百年戦争が始まった当時のイギリス国王は、まぎれもないフランス人だったのだから。
フランス人同士が戦って、そのうちに、大陸側と、島側に、それぞれ国家意識が芽生え始め、島の人間が大陸から追い出されたことによって、フランスとイギリスができた、ということなのである、ということ。
うん、そりゃそうだ。

今のイギリスとフランスになっちゃってから後の両国間の歴史には、あんまりロマンをかきたてるものがないと、かねがね私は感じている。
それぞれの歴史は別個に楽しめるのだけれど。
「もしも百年戦争でイギリスが大陸から撤退させられることがなかったら、今もなお、フランスの半分はイギリス領土だったかもしれない。そうなっていたら、フランス語や英語はどういう言語になっていただろう?」という無意味な妄想を楽しむ人が、フランス語・フランス文学関係者には少なくないらしいのだけれど、英語・英文学関係者はどうなのだろう?

あと、ジャンヌ・ダルクですが、彼女はただ旗を振って「フランスを救え~」と金切り声をあげていただけなのだそうです。
彼女が登場したオルレアン攻防戦でフランスが勝ったのは、多分に「気分」が影響しているのだそうで。
でも、彼女のおかげで王太子シャルルがランスのカテドラルにたどりつき、戴冠式を執り行い、正式に国王になれたのは大きかった。彼女の存在価値はそこで終わる。

ジャンヌが神の声を聞いたのかどうかは別として、ロレーヌなどという、フランスの端っこにいた娘っ子が「王太子を国王にしなくては。フランスを救わなくては」と思ったのはなぜか。
ロレーヌは親王派。だが、フランス中央との間には、ブルゴーニュがいる。ブルゴーニュはイギリスと結んでいた。だから、ロレーヌはしょっちゅうイギリスに攻め立てられていた。
そんな中で「フランス」という国家意識がいち早く芽生えたということが言えるらしい。

この本の巻末の年表はなかなかすぐれもののような気がします。
その点に関してだけは、借りた本だから返さなくちゃならないのが残念。

この本に関する情報はこちら

by foggykaoru | 2009-11-07 21:02 | 西洋史関連

<< 風が強く吹いている 天才について >>